快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

肩甲骨外側の痛みやこりを解消するには〜ある日の施術より~


前回は肩甲骨内側の痛みやこりについてでした。今回は外側について。

1ヶ月に1回、定期的に施術を受けに来てくださる30代女性。いつもは左肩甲骨の外側がこって仕方がないが、今回は右とのこと。

立った姿勢を観させていただくと、確かにいつもと違って、右側の肩甲骨周り、特に外側が硬くなっています。

さらに、これは前回の女性と共通していますが、右側の肋骨と骨盤(腸骨)を、グッと前に突き出した姿勢になっています。

12種体型に当てはめると、こちらも前回の方と同じく「F5・右回旋型」になっていました。

別の観方をすると、体の右側にある肝臓のこりに、右の肋骨と骨盤(腸骨)が引っ張られた姿勢とも言えます。

姿勢だけで、どこそこが疲れていると判断するわけではなく、神経や経絡、また、その方から伺うお話などをもとにして、どの臓器が疲れているかを絞り込んでいきます。

例えば暴飲暴食など、食事の不摂生が原因で肝臓に負担がかかっている方は、首の左側(頚椎2番あたり)に、押すと痛いコリコリが現れます。

これは、肝臓と脳をつなぐ神経「迷走神経」が、脳から頚椎の際を通っていく途中の箇所で、迷走神経の反応を観やすい点なのです(下図参照)。

e0073240_16534435.gif

イラストby肝臓と整体の情報館



今回の女性には、このコリコリが現れていませんでした。

コリコリがない場合、肝臓は別の理由で疲れている可能性があります。それは、ストレスによる疲れ。

心身ともに何らかのストレスを受け続けると、体は副腎という臓器からストレスに対抗するホルモンを出したりと、様々な対処をします。

肝臓も、ストレスを何とかしようとフル回転している脳に常にエネルギーを送らなければならず、同じくフル回転。その疲れが出ているようでした。

おでこ(前頭葉)にも、ふだん見られないこりが強く(考えすぎが続くとおでこは硬くなります)、伺ってみると、確かに最近いろいろあるとのこと。「よく分かりますね~っ」と驚いていらっしゃいました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


そこで、施術の主な方向は肝臓調整。

肝臓に関係する背骨(椎骨)の歪みを整えたり、肝臓を直接ゆるめたり、また「後頭部と下腹部」「おでこと上腹部」といった、均整法独特の考え方「相関関係」により、おでこによる肝臓調整を進め、「F5・右回旋型」として右にねじれている身体を整えていきました。
快風身体均整院 田川直樹)


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川 直樹, おかの きんや共著/リンダパブリッシャーズ刊)


『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』(田川 直樹, おかの きんや共著/リンダパブリッシャーズ刊)

[PR]
by naotknet | 2011-10-01 08:42 | 肩こり