快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

足裏のマメから分かること〜ある日の施術より〜


ほとんどのお客様に共通してさせていただく施術のひとつに「ねじれを取る」と呼ばれる、均整法の技術があります。

頚椎や腰椎、ひとつひとつの歪みももちろん大事ですが、まずは全体として、例えば上半身が左へ、下半身が右へなどと大きくねじれている場合、それを整えてからでないと、本来の歪みが浮き出てきません。

また、軽い不調であれば、施術の最初に行う、この「ねじれ取り」だけでも十分なのです。

ねじれを取る方法は数多くあります。そのうちのひとつをご紹介すると。

立った姿勢のときに、その方が無意識にいちばん体重をかけてしまう足裏の点を操作すると、全体のねじれが取れます。

多いのは、右足の人差し指と中指の間付近に常に体重をのせてしまうかたち。

右足裏のその辺りにマメができていないでしょうか。

そのマメから頭の先まで、あなたの‘凝り線’とでも呼ぶラインが走っており、そのライン上に位置する腰、背中、肩、首などに、凝りを始めとした不調が起こりやすくなります。

e0073240_17423292.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂
かわいいフリー素材集 いらすとや

よく話題になる「骨盤の開き」も、凝り線が骨盤(腸骨)の外側にくれば骨盤は開き、内側なら閉じるのです。

敏感な方は、先述の足裏点を操作しているうちに、ご自身の骨盤が動き出すのを感じることができます。

先日いらした女性のお客様もそうでした。操作中、開いていた骨盤の右側が閉じていくのを感じられたそうです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに両足のその位置にマメができている方は、全体として前に体重がかかりすぎ、脳疲労が起こりやすい姿勢になっています。

この場合はマメを両側操作するよりも、「頭脳型(前後型)」の調整を用いて脊柱を整えたあとに、マメの部分が弛んだかどうかを観て、脳疲労の解消度を確認していきます。


※均整法ではその人のどこに無理がかかっているかを「頭脳型(前後型)」「捻じれ型(回旋型)」など、12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2012-04-07 07:03 | 整体って?