快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

唾を飲み込んだときの喉の違和感と骨盤(特に恥骨)の関係とは?~ある日の施術より~


60代女性。唾を飲み込んだときに、喉の右側に違和感を感じる。

喉の中ではなく表面で、昨日からとのこと。そっと触らせていただくと、首の前側に2本ある筋肉「胸鎖乳突筋」の、右側の1本がとても凝っていました。
e0073240_19461185.jpg

「ウィキペディア」より


胸鎖乳突筋を動かす神経(副神経)は、内臓の神経(迷走神経。下図参照)と出発点近くで重なっている部分があるため、特に胃腸など消化器系統の疲れにより、胸鎖乳突筋にも連動して凝りの現れることがあります。
e0073240_16534435.gif

迷走神経図(「肝臓と整体の情報館」より)


胃の付近のお腹を触らせていただくと、出口の側「幽門(ゆうもん)」に、こちらも相当な凝りがありました。伺うと、胃の疲れには心当たりがあるご様子。

背骨の施術の際に、均整法12種体型「消化器型」調整を当てはめ、加えて、胃の反応を表すツボ「胃兪(いゆ)」に近い、胸椎12番(ガチガチでした)を整えると、お腹はふんわり、右胸鎖乳突筋の凝りも解けました。

ただ、解けた凝りの奥には、まだ舌骨(ぜっこつ)が右に歪んだままになっています。

舌骨とは、のどぼとけの上にある骨。上から見ると、こんなかたちをしています。
e0073240_19124094.png

「ウィキペディア」より


一番上の図、胸鎖乳突筋のかげからも、少しのぞいているのが見えます。

右胸鎖乳突筋の凝りと舌骨の右への歪みが、唾を飲み込んだときの、喉の動きをじゃましていたのでしょう。整えるためには骨盤(恥骨)が活躍します。

舌骨と、骨盤の恥骨付近とは、均整法から観ると「同形相関」として連動しやすいのです。舌骨と恥骨、上下の図を見比べてみて下さい。どことなくかたちが似ていますよね。
(※先週は「骨盤と頭蓋骨」の同形相関についてお話ししましたので、ご参照下さい)
e0073240_1914071.png

「ウィキペディア」より


左と比べてわずかにずれていた恥骨の右側を整えると、舌骨ももとの位置に戻り、唾を飲み込んだときの舌骨の動きにも、引っかかりがなくなりました。

今回のようなお悩みを初め、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

もちろん病院での受診も常に頭に置きながら、それでも異常がない場合には、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



※均整法ではかたちや動きを「消化器型」「頭脳型」「循環器型」など12種類に分けて調整します。12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-05-31 07:56 | 首の痛み