快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年 08月 26日 ( 1 )



50代女性Mさん。「ここのところ、めっきり頭痛が減りました」


40代女性Nさん。「最近、頭痛が起こらなくなってきました」


施術の回を重ねるうちに、このようなうれしいお言葉をいただくことがよくあります。


頭痛は健康雑誌や新聞の健康記事などでも、頻繁に取り上げられる不調のひとつ。


いくつかのタイプに分類され、中には重大な病気が隠れていることもありますから、必ず病院で受診もして下さいね。


その上で、均整法視点からは、まずは頸椎の状態がとても大切。歪みに加えて、動きがとても硬くなっている人が多いです。


特に頭蓋骨と頸椎の境目、そして頸椎と胸椎の境目の2ヶ所(下図の赤丸部分)。この2ヶ所にしなやかな動きを取り戻せるよう、脊柱全体を整えていきます。


脊柱を下図のように横から見たときに、「生理的弯曲」と呼ばれるS字カーブが浅くもなく深くもなく、ちょうどよいところに落ち着くようにするとよいです。


e0073240_07053419.jpg
c)フリーメディカルイラスト図鑑


また体を正面から見たとき、「鎖骨(胸鎖関節)〜鳩尾(みぞおち)」「鳩尾〜へそ」「へそ〜恥骨」のそれぞれの長さがほぼ等しくなっていることも理想です(下図参照。少し無理やり重ねてしまいましたが……)。

e0073240_15575873.jpg
c)フリーメディカルイラスト図鑑


たとえばMさんは、上図のいちばん上の赤丸部分「鎖骨(胸鎖関節)〜鳩尾(みぞおち)」が他に比べて短くなっていました。


これは心肺系統に負担がかかっていると観ることができます。


また上図の真ん中「鳩尾〜へそ」が他と比べて長くなっていました。鳩尾が張り出した感じともいえます。


これは胃や肝臓など、消化器系を使いすぎていると観ることができます。


合わせると、消化器系の疲労が鳩尾からへそまでを内側から張り出させ、その分、心臓や肺を押し上げて窮屈な思いをさせているという全体像です。


このことによってMさんの、頸椎を含む脊柱の生理的弯曲が乱れています。


Mさんの頭痛は、もとを正せば「消化器系疲労から生理的弯曲の乱れによる頭痛」とも言えるわけです。


そこでMさんの頭痛調整は、消化器系を整えた結果、脊柱全体、ひいては頸椎の状態が整っていくことを毎回目指しています。


e0073240_07163503.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


Nさんの場合は、上図のいちばん下の赤丸部分「へそ〜恥骨」が、他に比べて短くなっていました。


この部位は、女性であれば、子宮や卵巣など、婦人科系の臓器の状態が現れやすいのです。


よって、Nさんの頭痛調整は、婦人科系調整によって生理的弯曲が整った結果として達成されます。


女性はたとえば電車の中で座るときなど、マナー的に膝を閉じる習慣が身についています。


そのため、歩く姿も股関節の前のVゾーンを自ら縮めてしまうことが多いのです。


普段からVゾーンを伸び伸びさせて歩く、立つような日常生活を送ることは、女性の健康にはかかせません。


もちろん男性にも、前立腺の調子などに関わりますから、同じく大切なゾーン。


ぜひ拙著、『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング』を参考に、Vゾーンを伸び伸び使える歩き方に変えて下さい。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
―脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!(さくら舎刊)』

e0073240_07284611.jpg

ちなみに生理的弯曲を整えるには、胸椎11番や12番もポイント。自分でできる11番、12番体操もあります。


書店で販売もされている『身体均整法(不昧堂出版刊)』に収録されていますので、お持ちの方はご覧下さいね。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。


快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「頭脳型(前後型)」「消化器型(左右型)」「泌尿器型(回旋型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


1)本日(8月26日)は、「身体均整法学園」東京校、来年度生募集説明会です。私も担当の一人として参加します。飛び込み参加可能ですので、ご興味のある方は、学園サイト内の地図をご覧になり、いらして下さいね。午前10時から開催です。お待ちしています。



2)10月開講の「身体均整法学園」大阪校。8月6日が入学説明会の最終日でしたが、申し込みはまだ間に合います。詳しくは下記をご覧下さい。
http://ameblo.jp/kinseihou/entry-12073795518.html


3)9月には旭川校も開講します。こちらもまだ間に合いますので、下記をご参考に、お早めにお申込み下さいね。
http://ameblo.jp/kinseihou/entry-12279117857.html



4)8月28日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



5)8月4日、内臓疲労解消ウォーキングの本が発売されました。施術後のお客様へのアドバイスをまとめ、生まれた本ですおかげさまで今月はアマゾン「肝臓・膵臓の医学」カテゴリ、楽天ブックス「胃・腸」カテゴリで1位をいただきました。


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
―脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!(さくら舎刊)』

e0073240_07350280.jpg

e0073240_07233228.jpg


6)輪ゴム均整の本、好評発売中です。発売から1ヶ月半、増刷も決定しました。ご購入下さった皆様、ありがとうございます。より多くの皆様のお役に立ちますように。

e0073240_15465422.jpg


[PR]
by naotknet | 2017-08-26 07:41 | 頭痛