快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

50代男性Mさん。何ヶ月か前から急に、靴を履いて外を歩くと、つま先側の右足裏の1点が痛むようになった。


痛くならない靴もあるが、手持ちのほとんどの靴で痛むようになったため、それらを捨てようかどうしようか迷っているとのこと。


ときどき当ブログに登場する図を再び。


e0073240_07211957.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

体が左に捻れると、足裏の「左かかと」側と「右つま先」側で体重を支えやすくなります。


その右つま先側をさらに細かく観ていくと、足の人差し指と中指のつけ根、ツボでいうと「内庭(ないてい)」付近で支えやすくなっています。


e0073240_07253623.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


上図の赤丸の足裏に、大きくてぶ厚いマメができている人もいらっしゃるのではないでしょうか。


Mさんが痛いとおっしゃる1点も、まさにここでした。


体が長年のうちに捻れて、右の内庭に体重をかけ続けたからこそ現れた痛み。突然現れたわけではないのです。


そんな内庭を用いると逆に、内庭から頭の先まで伸びる体の捻れラインを一気にほどくことができます。


e0073240_07273714.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


「痛めている右の内庭を直接施術されたら痛いんじゃ?」と心配された方、ご安心下さい。


均整法では、施術時の足の開き方を調節することで、左の内庭から操作できます。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


Mさん曰く「姿勢を正しくして……たとえば頭のてっぺんを天井から吊り下げられているように一日を過ごせたときには、痛むことが少ない気がします」とも。


姿勢がよい悪いは、言い換えれば、重力にきちんと抵抗できているかどうか。


重力に抵抗して立っているとき、人は下図のように、いろいろな耐え方をし、そのときに支える点が両方の、あるいは片方のつま先であったりかかとであったりします。


e0073240_07380642.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

Mさんは胃経ラインに沿って、長年なんとか体を支えていた結果、地面と接している内庭付近にいちばん負担がかかってしまいました。


だからこそ、自ら正しい姿勢を意識すると、胃経ラインにばかりかかる重力を分散でき、内庭への負担が減るため、楽になるのです。


対策としては、まず内庭操作を中心として、均整法12種体型「回旋型(捻れ型)」調整をさせていただきました。


その上で、Mさんにとって必要な、正しい姿勢エクササイズもお伝えしました。


約1ヶ月後、再度ご来院のMさんより、「靴を捨てずに済みました。どの靴もみんな履けるようになりました。ありがとうございました」と、うれしいお言葉をいただきました。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「左回旋型」「右回旋型」「左屈型」「右屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


6月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集


[PR]
# by naotknet | 2017-05-27 08:01 | 足の痛み

40代女性Jさん。施術中にお話ししているとき、ご自身のおでこを指差しながら「食べすぎた日の夜はいつも、寝ているうちに左のおでこを無意識にひっかいて、朝起きると赤くなっているんです。今日もこれがそう……なぜでしょう?」とご質問をいただきました。


食べすぎたということは、胃腸や肝臓など、消化器系の内臓疲労の現れだと考えられます。


おでこには肝臓や胆のう、腸などの反射区(下図は参考として手足の反射区の図)があったり、また胃経ラインも伸びていたりします。


e0073240_07263513.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


考え方はいくつかありますが、Jさんは頚椎1〜3番(上部頚椎)の左側が硬くなっていたことが手がかりです。


内臓疲労が迷走神経(下図参照)を伝わって上部頚椎の左側に届き、そこからおでこへの神経へと、刺激が伝わりやすいのでしょう。


e0073240_7243720.jpg
肝臓と整体の情報館


無意識にJさんが、おでこを通じて内臓疲労を癒そうとしている姿ともいえます。


ちょうど均整法12種体型「消化器型」調整では、上部頚椎の最上部である「頚椎1番」を調整することになっていますから、この日のJさんにピッタリでした。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


他にも頭や顔には、体中の様々な状態が現れます。


40代女性Lさんは、足の親指をテーブルの脚にかなり思い切りぶつけ、しばらく腫れて痛かったとのこと。


ご来院の際には、もうほとんど治っていたようですが、このような打撲のときに、病院での治療とはまた違った視点から見ておくと、後々の体調によい結果をもたらします。


たとえば、原因がよく分からない胃痛、よく分からないだるさなど、「よく分からない」不調の予防につながるのです。


その視点のひとつが、やはり頭にある「絡却(ラッキャク)」というツボ(下図参照)。


e0073240_09345778.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


打撲をした箇所を中心に静脈の流れが悪くなっているとき、右の絡却に凝りや緊張が現れますので、整えると血流をよくし、回復力を高めることができます。


Lさんも右の絡却が左に比べてコリコリになっていましたので、しっかり整えて差上げました。


打撲と絡却の関係は「身体均整法学園」では「救急操縦法」という科目で習います。


ちょうど打撲と絡却についての授業風景が、学園ブログありました。


本日は学園土日コース(1年生)の担当授業にいってきます。


先月開講したばかりのクラスなので、まずは椎骨の触診からしっかり学び、身につけます。


こちらも学園ブログに2年生の授業風景が。頚椎1番の触診方法もお伝えしている最中でした。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「消化器型」「泌尿器型」「呼吸器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


6月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-05-20 07:46 | 打撲

40代男性Eさん。何ヶ月か前に病院で足底筋膜炎と診断された左足裏はいつの間にか治ったが、今度は右足裏が痛くなってきたとのこと。


当ブログによく登場するこちらの図。体が左に捻れると、左足裏に体重がかかりやすいです。

e0073240_08310113.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

長年続くと、Eさんの左足裏のような不調につながります。


それがいつの間にか治ったとおっしゃるEさん。しかし、足裏を触らせていただくと、まだ左のほうがパンパンでした。


治ったわけではなく、左足裏が痛くないように体を使う方法を、体が知らず知らずのうちに身につけたようです。


全体としてはまだ左捻れなのですが、そのまま今度は体を右に傾けて、右足に乗れるようになったのです。

e0073240_08041243.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

「左捻れ」に「右倒れ」が加わったということですから、歪みがひとつ増えました。歪みが深まったともいえます。


そのため、よく「痛い側をかばっているうちに、反対側が痛くなった」といわれる状態に進んだのでした。


Fさんは20代女性ですが、四十肩のように右肩が痛くて、右腕が上がらないとのこと。


そしてその前に痛かった左肩が、Eさんと同じく「いつの間にか治った」とおっしゃっていました。


両肩を比べさせていただくと、もしも痛いのは右肩だと事前に伺っていなければ、「痛いのは左肩ですか?」と聞いてしまうところでした。


それほど、左肩のほうがガチガチに固まっていたのです。


やはり、痛い左肩をかばう方法を、体が自然に覚えてしまったようです。


全体の姿勢としてはEさんと同じく左捻れ型。ただ、捻れのポイントが違います。


Fさんは骨盤で、Eさんは肝臓を中心に左捻れになっていましたので、それぞれ整えさせていただきました。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


右腕が上がるようになった初来院のFさんは喜んで下さり、次回ご来院のご予約をいただきました。


右腕を直接施術したわけではありません。あくまでも骨盤からの左捻れを整えた結果、もともとかばっていた左肩のガチガチさがほどけて、結果的に右腕への負担が減ったのです。


約半年ぶりにいらっしゃったEさんには、歪みの深まりを上記のようにお話しし、施術のペースもさることながら、日常生活の見直しを薦めさせていただきました。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「左回旋型」「前屈型」「右回旋型」「右屈型」「左屈型」「後屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


6月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-05-13 07:31 | 足の痛み

50代男性Cさん。右首の上のほうが、寝違えたように痛い。


さらにお話を伺うと、お仕事柄、筒状の重い荷物を左脇に抱える姿勢が日常になっているとのこと。


このような場合には、どこに負担がかかるか、姿勢を真似させていただくと施術の手がかりがつかみやすいです。


「いつもの姿勢は、こんな感じでしょうか」と、私がストレッチポールを荷物に見立てて真似させていただくと「そうです、そうです」。


左脇にストレッチポールを抱えてみると、左肩が少し後ろに引けて右肩が前に出る姿勢になりました。上半身を左に捻った姿勢です。


顔を正面に向けておこうとすると、首を胴体とは逆の、右に捻ることに。


e0073240_10230131.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

この首の捻れが続くと、頚椎には思った以上に負担がかかります。


また、捻ってがんばる姿勢を支えている椎骨には、頚椎以外にも胸椎3番や7番、11番などがあります。


e0073240_07233183.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


これら椎骨は捻れ姿勢を支える他、肺や胃、肝臓など、内臓疲労も反映されます。


そのため、お酒を飲む機会や、タバコの本数が増えたりすると、それぞれに関係する椎骨を中心に、いつもよりも全体の捻れがきつくなり、首を痛めるきっかけとなるのです。


Cさんの場合も、普段の仕事姿勢に内臓疲労が上乗せされ、脊柱が下から捻れて、頚椎の上部を痛めた流れが見えました。


首に触ると痛いですから、Cさんには胸椎3番を整え、連動して頚椎ももとに戻るよう調整させていただきました。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


内臓疲労が直接頚椎に影響するルートもあります。


Dさん(30代男性)は、お酒は飲みませんが、食べるのが大好き。


消化活動にも肝臓の働きはかかせませんから、日常的な食べすぎは、肝臓の慢性疲労を招きます。


Dさんは左首の痛みでのご来院。特に左に振り向こうとすると、痛くて体ごと振り向かねばならない状態です。


頚椎上部の左側からは、肝臓のアクセルである「左迷走神経」が伸びています(下図の一番左)。


e0073240_10303257.jpg
快風身体均整院

肝臓の慢性疲労が度を越すと、左迷走神経を通じて、左首の凝りや痛みにつながるのです。


このときの調整法の例としては「肝経調整」や「「足ブラブラ調整」。


足先の肝臓疲労に関わるツボをそっと押さえておいたり、また、足首を持って肝臓に揺れが伝わるように足全体をブラブラさせたり。


e0073240_11011866.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂

(c)フリーメディカルイラスト図鑑

Dさんには、仰向けの姿勢での足ブラブラをしつこく5分くらい。

ときどき、お顔を左右に向いていただきながら、動く範囲が徐々に広がっていくのを確認しつつ施術を進めました。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「右回旋型」「左回旋型」「前屈型」「後屈型」「右屈型」「左屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


6月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-05-06 07:27 | 寝違え

30代男性Bさん。「前は左半身にばかり不調が出ていたのに、ここ最近、右に移ってしまいました。なぜでしょう?」とのご質問をいただきました。


何年か前、ときどき施術させていただいたことがあり、久しぶりのご来院。


初めていらした頃は確かに左半身が凝って硬くなり、左の腰痛や背中痛にお困りでした。今度はそれが右に出るとのこと。


何度かこれまでにお話ししているとおり、左半身には交感神経の反応が出やすいです。

e0073240_07291549.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

人は、昼間仕事などに集中しているときには左重心に、夜リラックスすれば右重心にと、振り子のように自由に重心を切り替えられると調子がよいです。


現代人は交感神経ががんばる時間が長かったり場面が多かったりで、だんだんと左重心を翌日、また翌日と積み残し、左半身を固めてしまうのです。


逆に、右半身には副交感神経の反応が出やすいです(上図参照)。


あまりストレスを感じていなかったり、全体的におっとりタイプの人は右重心になりやすいです。


また、胃腸や肝臓といった、消化器系の内臓は副交感神経がアクセルとなるため(下図の2を参照)、日常的に食べすぎ飲みすぎ傾向にある人も、右重心になりがち。


e0073240_749152.jpg
e0073240_74913100.jpg
「肝臓と整体の情報館」


よって、男性によく見られる、結婚を機に食生活が充実して食べすぎてしまう「幸せ太り」も、重心から見ると右重心になる傾向があります。


Bさんの質問への答えは、どうやらこちらでした。


お伝えすると「そうですか(笑)」とうれしそうなご様子(ごちそうさまでした)。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


他にも例をあげてみると。


昼間、緊張の続く仕事を終え、帰宅後、あるいはどこかに立ち寄ってちょっと一杯は、ホッとする時間ですよね。


体のしくみから見ると、交感神経ががんばりすぎている状態から、胃腸が動いて副交感神経が働き始めた状態です。


たまになら、あるいは適量ならいいですが、毎日毎日、目一杯食べ飲みしていては、いずれ交感神経も副交感神経も、両方とも疲れて大変です。


その疲労度の目安に役立つのは、「姿勢」と「動き」が一致するかどうかのチェック。


自律神経の疲労が浅いうちは下図の(2)「かたち(姿勢)と動きが一致している状態」です。


右重心の人が上体を右に傾けやすいなら、まだ浅いといえます。

e0073240_05005786.jpg
快風身体均整院


深まるにつれ(3)「かたち(姿勢)と動きが逆転している状態」に。右重心なのに、上体は左に傾けやすくなってきます。


もっとも深いのは(4)「バランスが崩れたままで安定している状態」。


一見すると歪みはなさそうですが、どこか不自然な釣り合い方をしています。


ここまでくると不調を感じる力がダウンしていることが多く、どこも辛くないとおっしゃる方もいます。


(4)の方は、施術の回数が進むにしたがって(3)→(2)→(1)と戻っていきますから、途中、歪んでいなかったのに歪みが出てきたようにみえることもあります。


ここから戻すのは時間も手間もかかります。できれば(2)を感じたあたりでご来院されるのが、ほどよいペースです。


具体的には月に1回がお薦めです。


ひとまず月1回で受けてみて、足りない人は少し短めの2〜3週間、大丈夫そうなら1ヶ月半〜2ヶ月に1回と、ご自身のいちばん快調なペースに調節していけばよいのです。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「右回旋型」「左回旋型」「前屈型」「後屈型」「右屈型」「左屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


6月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-04-29 07:21 | 自律神経

40代女性Aさん。ここ1ヶ月ほど両方の足の甲が痛くて、つま先を深く曲げられない。


たとえば床のぞうきんがけなどのときに、このようなかたちにできないそうです。

e0073240_06570106.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


前々回のブログ(2017年4月8日分)では、頭の疲れている方が、下図のように前重心をつま先で踏んばって支え続けてしまうお話をしました。

e0073240_07283444.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


頭の疲れている人は、後重心になることもあります。ボーッと天井を見上げる姿勢です。


真似をしてみると分かりますが、天井を見上げてそのままどんどん後ろ重心にしていくと、倒れないためには、足の甲に力をこめ、足指を浮かしぎみにして踏ん張るかたちも、ひとつの方法になります。

e0073240_06571755.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

このような持続的な力みが毎日続くと、力んでいる箇所には相当な負担となります。


Aさんはこちら、後重心タイプでした。ここ何ヶ月か、お子さんの学校に関する行事などで、心身ともに疲れる場面が多かったとのこと。


Aさんのように後重心になりやすい方は、その逆方向の動き「前屈」が苦手なことが多いです。

e0073240_07153648.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


試しにAさんに前屈していただくと、手の指先が、床から30センチは離れていました。


後重心を支える主な椎骨のうち、腰椎5番をまずは整えると、30センチが20センチくらいに。


e0073240_08224703.png
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


後重心姿勢が弱まったことを示します。

その後に胸椎9番や1番も調整。こうしておくと、足の甲を常に力ませて後重心を支えずに済みます。

Aさんの足の甲も、いつもゆるんでいられるようになるわけです。

快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


足の甲だけではなく、力みからの不調は足全体でも起こります。

体を傾けたり、捻ったりして、どちらかの足に体重をかけすぎていると、たとえば坐骨神経痛のベースになることがあります。

e0073240_10494654.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

特に上図の右のように、捻った姿勢がくせの人に起こりやすいです。

その場合は、捻った姿勢の重心を支え、体の「しびれ感」にも関係する胸椎7番を中心に、体の捻れ調整(回旋型調整)を行うとよいのです。

e0073240_10565960.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「右回旋型」「左回旋型」「前屈型」「後屈型」「右屈型」「左屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


4月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-04-22 07:25 | 足の痛み

先週(2017年4月8日)のブログ「脳疲労のサイン、肉体疲労のサイン」では、深まった捻れの一例を紹介しました。


仰向けの姿勢で両膝を立てて左右に倒したとき、心臓疲労に引っ張られるかたちで、右に倒れにくくなるというものでした。

e0073240_07434045.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

心臓疲労からもう少し視野を広げて、交感神経の反応が左半身に現れやすいことにも触れました。


e0073240_07291549.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑


この場合、見た目上の特徴として、左足が短く見えたり顔の左半分がキュッと縮こまります。


(c)フリーメディカルイラスト図鑑
かわいいフリー素材集 いらすとや


「ここ最近、左耳の後ろが凝ってしかたがないんです」とおっしゃっていた40代女性のTさんは、まさに左足が短く、左顔半分が縮こまった、上記の状況でした。


生まれて初めて帯状疱疹になったという70代女性のUさんも同じ状況。


帯状疱疹が現れた場所も左胸から肩にかけてだそうですので、関連はありそうです。


1週間お薬をちょうど飲み終えたタイミングでご来院でしたが、まだ足の長さもそろっていませんでしたので、整えさせていただきました。


月に1度、定期的にご来院のVさん。お仕事が立て込んでくると、決まって左足が短くなっています。そろえることで、新たな気分で仕事へ向かえるそうです。


ところで、冒頭の骨格模型による動作写真のように、両膝が右に倒しにくい状況は、左胸に引っ張られるだけではなく、左腰であったり、左背中であったり、左半身の様々な場所で起こります。


左腰に引っ張られて腰で捻れれば、腰痛のベースになります。


また、このような例もありました。


50代男性Wさん。「寝違えたのか、右首から右肩の前側が痛むんですが……」とのこと。


観させていただくと、これまでの方々と同じく左足が短く、両膝が右に倒せない状態。


心臓疲労からでしたが、冒頭の例のように左胸ではなく、左背中上部、左肩甲骨付近に引っ張られるかたちになっていました。


左肩甲骨が矢印の方向に引っぱる分、さらにその先の右肩が前に巻き込んでしまっていたのです。


e0073240_06481472.jpg


心臓疲労解消調整として、先週は「循環器型」による全身調整をご紹介しましたが、さらにポイントをしぼれば、左の股関節も心臓疲労と直結する大切なポイントです。


整えさせていただくと「首、楽です〜」とのことでした。

逆に、もしも左股関節の調子が悪い方の場合、そこには触らずに、他の場所、特に背骨を通した循環器型調整を行えばよいのです。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが3年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





ただ、その他の要因により、左股関節に不調が及んでいる場合もありますので、そこは観察の腕の見せどころ。


2017年2月4日のブログ「股関節の痛みは肝臓疲労から?」では、心臓ではなく、肝臓疲労から左股関節に影響が及ぶ流れを、下図を用いてご説明しました。


e0073240_04221878.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「循環器型」「泌尿器型」「消化器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


本日は「身体均整法学園」29年度クラス開講式。ご入学の皆様、おめでとうございます。

 開講式後も、まだしばらくは入学に間に合うようです。均整法、一緒に勉強してみませんか。
 
 私も2科目担当しています。授業はこんな様子です(身体均整法学園ブログより)。

「自他動操縦法」


「救急操縦法」



4月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-04-15 07:29 | 心臓

施術の最初には、足先に触れさせていただくことが多いです(靴下をはいていても素足でも、楽なスタイルで構いません)。


その方の歪みが頭の疲れから来ているか、体の疲れから来ているか、足先の状態を通して分かるからです。


具体的には足甲の骨(中足骨)の間隔がせまく、キュッと縮こまっているところを探します。


特に2、3指間(下図の赤ライン)を、左右の足で比べるのです。

e0073240_07275038.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

片方の足だけせまい場合もあれば、両方がせまい場合もあります。


頭の疲れている方は、重たくなった頭を無意識に両足の2、3指間で支え続け、両方がせまく、つまっています。

e0073240_07283444.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

その調整としては、たとえば両足の2、3指間を、足の角度や持ち方を変えて順番に整えるか、後頭部に現れた緊張をゆるめます。


交感神経の反応は左半身に現れやすく、左半身が全体に縮こまった結果、見かけ上、左足が短く見えたり、左後頭部のある点がキュッと凝ったりします。


e0073240_07291549.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑


その点を整えれば、両方の2、3指間のつまりは一気に解放されるのです。


頭ではなく体の疲れの場合は、2、3指間のどちらか片方がせまく、そちらのみを整えます。


よい季節になり、ゴルフや野球を久しぶりにやりすぎた人は、右打ちの場合、からだ全体が左捻れとなり、大抵は右の2、3指間がせまく、そこを最初に整えることになります。


e0073240_07401073.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


捻れがそれほど深まっていなければ、その1点の調整で左右への捻れの動きがそろいます。

e0073240_09224643.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

先日いらした、野球が趣味の40代男性Yさんも、「え? それだけでこんなに変わるんですか?!」とおっしゃっていました。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





ただ、たとえばマラソンが趣味で、1年を通じてかなり走り込んでいる人であれば、2、3指間1点だけでは変わりにくいこともあります。


心臓疲労により捻れが深まっていることがあるからです。


両膝を立てて左右に倒したとき、心臓疲労による左胸や左肩、左腕の凝りに引っ張られて、右に倒れにくくなるのです。

e0073240_07434045.jpg
c)フリーメディカルイラスト図鑑
(c)快風身体均整院

この場合はYさんのように2、3指間だけで整えようとせず、均整法12種体型「循環器型」を用いた心臓疲労解消調整により、深まった捻れをほどいていきます。


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「循環器型」「泌尿器型」「消化器型」「頭脳型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】



4月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-04-08 08:52 | 整体って?

均整施術を体験し、体の「捻れ」について興味を持って下さるお客様は多いです。


「歪み」というよりも「捻れ」。よく「しぼったタオル」にたとえます。


しぼったタオルの、いちばんしぼりの強い部分が、首と肩の境目あたりだとします。


キュッとしぼれている(捻れている)からカチカチ。


それが肩コリだとすると、捻れたまま揉んでもさすってもどうにもなりません。

e0073240_07035665.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


タオル全体のしぼりを広げてはじめて、コリが自然にほどけます。


e0073240_07041902.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


肩といえば、40代女性Kさんは右肩の痛みでご来院。病院では「四十肩」と診断を受け、少しショックとおっしゃっていました。


四十肩、あるいは五十肩には軽いものから重いものまであります。


Kさんは、前からバンザイしたときに痛むだけで、横や後ろに上げても大丈夫とのこと。


これも体をタオルと考えると分かりやすいです。


たとえば上半身を左に捻った状態でバンザイをしてみると、どちらかの肩の動きがぎこちなくなり、腕が上がりにくく感じるはずです。


e0073240_07241321.jpg
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」

実際の捻れはもっと微妙なものですが、それでも長年のうちに、上がりにくい側の肩のどこか一点に負担がかかり続けます。


その点が徐々に痛み出し、「前からバンザイするときだけ痛くて、あとは平気」など、一方向だけ痛むタイプの四十肩につながります。


今度は上半身を左に捻ったあと、右に倒し、ついでに前にも曲げてからバンザイしてみましょう。相当やりにくいはずです。


e0073240_07243046.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや
身体均整師会「12種体型シルエットチェック」


この延長線上に、どの方向に動かしても痛くて、夜も寝られないほどの四十肩があるのです。


Kさんの場合の施術は、捻れをとればいいだけなのでシンプルです。捻れ以外の歪みが重なってくると、ひとつずつほどくのには、施術の回数が相当かかります。


Kさん、施術後に「なるほど、捻れですね!」とおっしゃっていました。


腰や首、アゴなども同じです。


アゴ(顎関節)については、2014年11月8日のブログに詳しく書きましたので、ご参照下さい。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





ベンチプレスで何度も世界チャンピオンになっている、児玉大紀(こだまだいき)選手の記事が、先日(2017年3月22日)の日経新聞夕刊にありました。


競技生活を続けるうちに肩をひどく痛めて(腱板断裂)、引退を考えたことがあったそうです。


それでも、「壊れたということは、体の使い方に無理があったということ。関節の向きを考えて、スムーズな方向に動かせばできるんじゃないか(記事より)」と思い直し、来る日も来る日もミリ単位のフォーム修正を続けた結果、見事、世界チャンピオンに返り咲いたそうです。


「今はちょっとした骨格のゆがみも自分で気付き、それに合わせた日常動作でコンディションを回復するという達人めいた芸当までできるという(記事より)」とも。


均整法でいえば、自力で感覚を研ぎ澄まし、捻れをとる方法を身につけたといえるでしょう。


ここまでできればもちろん素晴らしいですが、自力では難しい人は均整施術を活用し、肩や腰が悲鳴を上げる前にぜひ、捻れをとってみて下さい


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】



4月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-04-01 07:47 | 肩の痛み

30代女性のお客様Aさん。施術中、こんなご相談をいただきました。


息子さん(3歳)が保育園から帰宅したときなど、ホッとするとおしっこを少し漏らしてしまうことがよくあり、なんとかならないでしょうか、とのこと。


そこで、お母さんがお子さんにしてあげられる、均整操法をお伝えしました。


おねしょやおもらしの場合、子どもはもともと「副交感神経が優位」と考えると、対策が見つかります。


膀胱は副交感神経で収縮し、おしっこが出ます。


ホッとしたときは、副交感神経が優位になるとき。


子どもはもともと副交感神経が優位ですので、ホッとしたことで副交感神経を刺激し、その影響が膀胱に及んでしまうことがあります。


そこで、お子さんのおもらしには仙腸関節を整え、膀胱に直接関わる副交感神経のスペースを整備するとよいですよと、お話しさせていただきました。

e0073240_21341007.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


具体的には、お尻のかたちの左右差を整えます(ここでは手順の説明が難しいので、お悩みのお母様がいらっしゃいましたら、ご来院の際に遠慮なくご相談下さいね)。


操法をお伝えさせていただいた2週間後、「あれほど頻繁だったのが、うそのように止まりました!」とうれしいご報告をいただきました。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





大人は仕事その他、長年がんばりすぎて交感神経優位な生活が続き、そのためにおねしょやおもらしをするほど副交感神経優位な状態にはなりにくいです。


ただ、ホッとする瞬間、例えば会社の定時や週末をきっかけに、交感神経→副交感神経がうまく切り替わらず、蕁麻疹や頭痛につながる方もいます。


また、がんばりすぎた交感神経によって、肩や腰を痛める方も。


たまたま同じ日にいらした3名様。Bさん(50代女性)は腰痛、Cさん(50代女性)は腰よりさらに上の背中痛、Dさん(40代女性)は右肩痛。


それぞれ不調の箇所は違いましたが、させていただいた施術のポイントは共通しています。


それは過敏になりすぎた交感神経に鎮まってもらうこと。


具体的には下図の交感神経幹という、背骨の前側に左右1本ずつ走っている交感神経のメインルートを整えていきます。


e0073240_21371450.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


不調の現れる箇所が三者三様であっても、どれも交感神経幹に沿っていることを頭に置いておくと、落ち着いて施術に向かうことができます。

e0073240_21143043.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

また、これらが日替わりや週替り、あるいは不定期で移動する方にとっては、「交感神経幹」というキーワードをお伝えすることで、不調のしくみが分かり、安心することができます。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

※「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(泌尿器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】



4月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集



[PR]
# by naotknet | 2017-03-25 07:29 | 自律神経