快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:外反母趾( 5 )



20代男性。マラソンに打ち込んでいる。走り込むと、左足の親指(左母趾)付け根が痛くなってくるのが悩み。

立った姿勢で上半身を左右に捻っていただくと、左に捻りやすくなっています。

つられて下半身も左に捻りやすくなっていることが多いのですが、今回の男性は上半身の左捻れとバランスをとるように、下半身が右に捻れていました。

下半身が右に捻れると、左母趾付近と右かかと付近に体重がかかります。試しに大きく右に捻ってみると分かりやすいでしょう。

今回の男性もそうですが、下半身が右に捻れているといっても、均整師から見てようやく分かる、ほんのわずかなものです。

それでも長時間、長期間の走り込みが続けば、そのわずかの差に疲れがたまってくるのです。

スポーツを通じてご自身の体の姿勢や動きを気にされている方は、練習や経験を積むにしたがい、そのわずかの差を、均整師でなくても、非常に敏感に感じとれるようになっていきます。

今回の男性も、レース中のフォーム写真を見るたび、左脚を外に跳ねるように蹴って走っているのがとても気になっていたそうです。

別の30代の男性は、右母趾付け根が痛いというお悩みで来院されました。

もう予想がつくと思いますが、こちらは先述した、上半身の左捻れにつられて、下半身も左に捻れ、右母趾付近と左かかと付近に体重がかかるタイプです。

春から秋にかけて、野球に打ち込んでいるそうです。特に右投げ右打ちのため、左に捻る動作が多く、よりいっそう左捻れが強くなります。

今回のお二人のように、母趾をはじめとして足の指を痛める可能性があるタイプ(女性なら外反母趾になりやすいです)、足首を痛める可能性があるタイプ、膝のタイプ、股関節、腰……と、様々なタイプに分かれます。

e0073240_5481738.gif

(「アイリス・アイリスの作業現場」より)


体の捻れを、どの部分で逆に捻り返してバランスをとっているかによって、足の指や膝に負担がかかる場合もあれば、上に上って頸椎や顎関節に来ることも。

例えば今回の30代男性のように、上半身と下半身が同じ左方向に捻れていれば、首から上を右に捻り返すため、頸椎や顎関節に負担がかかりやすいです。

均整法では右回旋型(F5)左回旋型(F6)など、体型をF1~12に分け、その方のどこに捻り返しが発生しやすいかを分析し、調整します(こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』)。

外反母趾、顎関節症など、痛めてしまったそれぞれの箇所の治療は専門の病院にお任せするとして、均整法は、捻り返しを解除し、その方が治る力を後押しするかたちで、趣味に仕事に全力を発揮できるよう、お手伝いさせていただきます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2013-11-23 06:10 | 外反母趾

それほど先の尖った靴やハイヒールを履くわけでもないのに、足の親指付け根が痛くて「外反母趾かもしれない、」と来院される女性が多いです。

例えばある30代女性は、右の親指付け根痛でした。痛いときもあれば、それほど気にならないときもあるそうです。

立った姿勢での動きを観させていただくと、左にはよく捻れるのに、右には捻りにくいという特徴がありました。

親指の状態はというと、目立った変形はありませんが、左右の親指つけ根を比べると、明らかに右の関節の動きや手触りが硬くなっています。


真似をしていただくと分かりやすいですが、立った姿勢で身体を左にどんどん捻っていくと、右足は親指側、左足は小指側に体重がかかっていきます。

この状態がふだんからわずかにあり、また、例えば疲れがひどいときなどはより強調されるため、少しずつ右の親指つけ根や、左小指つけ根が痛んでしまったようです。

ちなみに、この方の左小指つけ根には、痛くはないものの、大きなマメができていました。

施術としては12種体型のうちの「回旋型」調整で進めていきます。加えて、毎日続けていただきたい、簡単な体操をお伝えしました。


均整法では、均整師がお客様に対して行う施術を「他動法」、自分で行う体操を「自動法」と分けています。

自動法の中には、12種類の体型をそれぞれ整える体操、背骨をひとつずつ整えるC1(頚椎1番)〜S5(仙椎5番)体操、自律神経を整えるA〜G体操などがあり、それぞれを必要に応じて組み合わせたり、応用したりします。

外反母趾予防には、このうちの「G体操」が有用。うつ伏せになり、片側ずつかかとをお尻につける動作をしたときに、つきにくかったり、やりにくかったり、重たく感じる側の足を見つけたら、そのかかとを、すばやくお尻にぶつけるようにしてつける動作を2〜3回繰り返します(※腰や膝を痛めている方は、G体操は避けて下さいね)。

G体操を行う前に、立った姿勢でどちらに捻りにくいかを調べておいて、体操後に再度確認すると、左右差がなくなっているか、かなり軽減しているはずです。

今回のようなお悩みで来院された方には、手順の説明を兼ねて、施術の最初に行っていただき、全身の捻れを整えています。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

完全に変形した状態であれば、テーピングでの固定など、整形外科的な治療も必要でしょう。

しかし、今回の女性のように目立った変形がなく、まだ重心の偏りから親指つけ根に負担がかかって痛い段階では、このG体操で重心を整えていくことが、外反母趾予防につながります。

A〜G体操を始めとした各体操、及び均整法全体について、さらに詳しく知りたい方はこちら、「身体均整法」をご参照下さい。



G体操はもともと、骨盤を整え、自律神経を安定させるための体操なので、自律神経疲労を翌日に持ち越さないために、また美容的にはヒップアップにも、30秒でできる、毎日のG体操をお勧めします。


※「回旋型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』


※下の画像は2016年9月21日、フェイスブックへの投稿用

に追加しました。

e0073240_11051389.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

[PR]
by naotknet | 2009-09-05 05:56 | 外反母趾

20代女性。半年前から左足が外反母趾ぎみになり、痛む。

立った姿勢を観させていただくと、左の背中上部が非常に凝っており、そちら側に上体が傾き、左重心になっています。

このような場合に多いのは、胃の緊張状態。普段からの食べ過ぎ飲み過ぎに心当たりのある方はもとより、ストレスで胃が痛くなったりしやすい方にもよく見られる歪みです。

この方の場合、食べ過ぎなどの方面には心当たりがないとのことでしたが、1年前から職場の環境に変化があり、そのことによるストレスが胃を継続的に緊張させて、左重心にさせている様子。

次に骨盤の状態を左右で比べてみると、左が内側に閉じ、右が開いていました。

このことにより、左足は全体的に内向きとなるため、先述の、左重心による体重のかかり方が、左足親指の付け根に集中したまま、長期間過ごしてしまったようです。

施術としては、胃の緊張をほどいて左重心を整えた後、骨盤の開閉を左右同じにして、左足親指に、必要以上に体重がかからないようにします。

12種体型でいうと、「左右型(消化器型)」と「回旋型」を合わせた調整になります。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


ところが開いた右の骨盤(腸骨)を調整しても、なかなか閉じていきませんでした。

このようなときには、変化の出にくい箇所を過去に打撲したなど、大きなケガを経験している可能性があります。

伺うと、こちらも1年前の冬、雪の坂道ですべって右のお尻を強打し、かなり腫れたとのこと。その刺激がそのまま体に残って、右の骨盤を固めてしまっていたようです。

そのような刺激を抜くためには、均整法では後頭骨の「打撲点」という箇所を使うことが多く、この方の場合も、後頭骨を整えることで、右の骨盤は動き出しました。


※左右型(消化器型)、回旋型(泌尿器型)については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-03-28 06:55 | 外反母趾

50代女性。右足首痛。観させていただくと、左に比べて右足首の幅がずいぶんと広くなっています。

腫れているわけではなく、すねの骨(脛骨〜けいこつ〜)の外側で隣り合っている腓骨(ひこつ)が、脛骨の後ろに回り込んでいくような位置にずれて、ふたつの骨の間が広くなっている様子。(脛骨と腓骨の位置はこちらの骨格図をご参照下さい。)

立った姿勢で、体を左右に捻ってみると右へ捻りやすくなっています。右の腓骨が回り込もうとしている方向と同じですから、まずこの全身の右捻れを整えると、右の腓骨もある程度、もとの位置に収まってきました。

その後で腓骨を微調整すると、足首は左右とも同じ幅に。

『各地の身体均整院』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講)

東京校(来春~2009.4~開講)


施術中にお話を伺っていると、もともと外反母趾の傾向があるので、靴はなるべく幅の広いものを履くようにしていたけれど、最近買った靴の幅がせまく、特に右の外反母趾の位置に当たって痛いとのこと。

どうやら、それを当たらないように逃がそうとするかたち(ちょっと試していただくと解りますが、足首が外に張り出すようなかたちになってしまいます)が、腓骨をずらしてしまった様子。

せっかく買った靴はもったいないですが、まずはもともとの靴でお過ごしになって、それでも痛みが出るかどうか試してみて下さいとお伝えしました。

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-09-12 07:18 | 外反母趾

20代女性。両足、特に右足親指の付け根が痛い。

よく骨盤が締まる、開くのお話をさせていただきますが、これが外反母趾にも非常に関係してきます。

なぜそのように骨盤のかたちの変化が起こるのかというと、いくつかの理由があります。そのうちのひとつは姿勢の習慣によるものです。

例えばカイロプラクターの方々は、ベッドの横に立った位置から上半身だけベッド上に乗り出す姿勢で、うつ伏せになっているお客様の体(背中)の正中線と自分の顔の正中線を合わせるようにして背骨や骨盤がどうなっているかを調べたりすることが多いので、いつもベッドの端に近くなる方の骨盤(腸骨)が内側に巻き込むかたちになることが多いそうです。

均整法では座敷やマット、あるいは大きなベッドにこちらも一緒に上り、うつ伏せのお客様の真上に立たせていただく姿勢で背骨の状態を調べることが多いので、姿勢によって骨盤が巻き込むことはないのですが、中腰の姿勢がきついからと、ひざを伸ばしたまま腰だけ曲げて施術を続けていると、腰にはそうとう負担がかかるので、いつも気をつけています。

話が逸れましたが、このような姿勢の習慣による変化と、もうひとつは自律神経のバランスによる変化です。

7月14日付『腰痛』でお尻(骨盤)を上下に分けて上半分は副交感神経、下半分は交感神経のゾーンになるというお話をしました。

外反母趾の方の体を観させていただくと、この骨盤の下半分、要するに尾骨(尾てい骨)周辺がとても緊張していることが多いのです。

体がストレスを受けた場合、交感神経を緊張させてそれに対処しようとします。それが日常的に繰り返される場合に、身体各部にある交感神経の反応の出やすい箇所が硬くなったり動きが制限されてきたりします。

例えば首の真ん中付近(頚椎4番)左の上腰部などがそれに当たりますが、首でしたら肩こり、左上腰部でしたら腰痛の土台になり得ます。そういう箇所のひとつが尾骨周辺、骨盤底部なのです。

骨盤底部の緊張が長く続くと、骨盤は内側に締まり、足の内側からつま先の内側(親指側)までのラインに体重が掛かりやすくなり、これが足の親指付け根の痛みや、ひいてはかたちの変化の土台につながったりします。

よって、単に骨盤のかたちだけを整えるのではなく、まず交感神経の緊張がどこから(主にどこかの内臓が中心になっています)来ているかを見極めて、それを解除します。

それだけで、軽い骨盤の変位は体の中から整ってしまいますし、それでも整わない(=期間がかなり経っていたりした場合)ときには、呼吸に合わせたゆるやかな操作で骨盤自体を微調整していきます。

そうして、骨盤が中からも外からも整い、骨盤底部から足先内側までのラインの緊張がとれたところで施術は終了です。親指側に掛かり過ぎていた体重が足裏全体に自然に乗るようになります。

整形外科等でテーピングなどの治療を受けられている方も、この調整を加えることで、末端だけではなく体の中心からのバランスが整い、より早く、根本的な改善につながります。

※逆に副交感神経が亢進することによる骨盤変位もあります。現れやすい特徴など、こちらを参考になさって下さいね。快風院 症状別体型紹介ページ『外反母趾』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2005-10-06 10:31 | 外反母趾