快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:呼吸( 2 )



40代女性。息が吸いにくい。50代男性。全体的な腰痛。どちらも慢性的。

お二人に共通した特徴的な部位は、肩甲骨間の背骨の硬さでした。

今回の女性の場合は、この部分が、肋骨を含めてやわらかく大きく動くようになれば、問題は解決しそうです。

同じことは男性にもいえます。実は腰と肩甲骨間の背骨にも、切り離せない関係があるのです。

下図をご覧ください。「胸部弯曲」と示されている部分に、本来は肋骨と、その上に肩甲骨が付いています。

e0073240_772461.gif

(骨格図by「アイリス・アイリスの作業現場」)



胸部弯曲を含む、脊柱全体のS字状カーブは「生理的弯曲」と呼ばれます。

正常な生理的弯曲に沿って筋肉や内臓、神経は配列されていますから、体に起こる様々な不調解決には、まずこの生理的弯曲の正常化が欠かせません。

きれいなS字カーブが乱れた上、どこかに動きの硬い部分が生まれると、その位置に配列されている内臓や神経も、働きに影響を受けます。

今回の女性であれば、上部胸椎とそこに付く肋骨の動きが硬くなり、肺をはじめとした呼吸器系の動きを制限している状態。

男性の場合は、少し視点を変えます。

胸部弯曲と仙尾弯曲、頚部弯曲と腰部弯曲とを見比べてみて下さい。弯曲の方向が同じです。

背中側だけで見ると、頚部と腰部は「谷」のかたち、胸部と仙骨は「山」のかたちといえます。

このようにかたちが似ている部分同士は、連動して硬くなりやすい性質を持ちます(同形相関)

そこで、どちらの方も、均整法12種体型「肋骨型(呼吸器型)」調整により、生理的弯曲を正す方向に施術を進めました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~
『各地の身体均整院』

『取材・広報』


不調が慢性化してくると、施術の最初から脊柱調整をしても、なぜか整いにくいことがよくあります。今回のお二人もそうでした。

その場合のコツとして、次のことを視野に入れておくとよいでしょう。

乱れた生理的弯曲を、さらに肩関節と股関節でロックしてしまっている状態が、慢性的な不調の方にはよく見られます。

そこで、今回の場合であれば、女性は股関節から、男性は肩関節から(不調の箇所よりも遠い場所から)よく整えてロックをはずし、脊柱が整いやすい下準備を最初に行いました。


※均整法では肋骨型(呼吸器型)、骨盤型(生殖器型)など、その方のどこに歪みが生じやすいかを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2013-03-02 07:43 | 呼吸

40代女性。最近息を吸いにくく感じることがあり、フルートのレッスン時、特に気になる。

呼吸ということからすると「肋骨」の開閉状態がどうかということになり、動きを観てみるとやはり硬さが感じられました。さらに目立ったのは、「頭蓋骨(特に頭の横の側頭骨)」が閉まり過ぎていることです。

息を吸うとき側頭骨は外に開き、吐くときに内に閉じるという微妙な動きをしています。

その動きが何らかの原因で内に閉じっぱなしになってしまった場合、息を吐けるけれど吸いにくいという状況が起こることがあります。

何らかの原因の主なものとして、交感神経の緊張状態があげられます。頭蓋骨は交感神経が緊張すると閉まり、副交感神経が緊張すると開くという性質も持っているのです。

よって、自律神経の(交感神経と副交感神経の)バランスをとっていくことが最優先です。

5月19日分『骨盤と肋骨』、5月24日分『骨盤と頭蓋骨』「頭蓋骨」「肋骨」「骨盤」の連動のことを書きました。肋骨が硬く閉まっているときには頭蓋骨も閉まり、逆に骨盤は開き気味になります。

これは交感神経が亢進しているときの全身のかたちでもある為、これを整える調整、具体的には12種体型での「骨盤型(胸椎4番、8番、12番、腰椎4番)」の調整を進めることで、施術の後半には呼吸が呼気吸気ともに楽になったとのことでした。

お話を伺うと、ここ最近お仕事の流れによる秋のイベントなどの行事が立て続けに開催され、休む間もなかったとのこと。交感神経の緊張が続いてしまったのは、その辺りに原因があったようです。

※ちなみに息が吐きにくい場合は副交感神経緊張タイプの可能性もありますので、その場合の調整も均整法では致します。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2005-11-17 19:26 | 呼吸