快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:顎関節( 5 )



40代女性。先週のある日、朝起きたら左の顎関節(がくかんせつ)がピキッと鳴ったまま、口が開かなくなった。レントゲン検査を受け、来週はMRIの予定。

施術にいらしたこの日も、スプーンをかろうじて差し込めるくらいしか開きません。1週間ほど食事や仕事に不自由な思いをしていらしたのです。

これを読んで下さっているあなたにも試していただきたいのですが、立った姿勢で顔を左へ向けるところまで向け、口を開いてみて下さい。正面を向いているよりも開きにくく感じるはずです。

そこからさらに、うつむいた状態で開いてみて下さい。もっと開きにくくなるでしょう。

今回の女性の場合、このような「顔の左向き+うつむき」の歪みが体に起こっていたのです。

もちろん、先ほど試していただいたように、大きく分かりやすく歪んでいるわけではありません。

一見まっすぐな、よい姿勢だと思うくらいの中で起こっている、均整師から観てようやく分かる微妙な歪みです。

顎関節(下図参照)の動きに関係の深い頸椎は2番と4番。2番は回旋の動き、4番は前後の動きにそれぞれ連動します。
e0073240_164768.jpg

e0073240_23253487.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


普段から顎の調子の悪い方は、このどちらかに歪みのあることが多いです。

どちらか一方の歪みだけのときは、まだ何とか調子を保つことができるともいえます。

均整法12種体型では、頸椎2番は「右回旋型(胴体は右に、顔は左に捻れるタイプ)」、頸椎4番は「前屈型(顔をうつむくなど、前に曲げる動作が楽なタイプ)」にそれぞれ属します。

今回の女性はもともと前屈型の要素が強いご様子。

そこに、ここ最近の忙しさから疲れがたまり、体ががんばっているうちに、徐々に捻りを加えていたのでしょう。

最終的に2番と4番の歪みを、ダブルでもらってしまったようでした。

よって、施術としては右回旋型+前屈型調整。

施術が終わって「どうですか?」と伺うと、「あれ? 開いた!? びっくり!」 とのこと。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


あなたの友達が、なぜか顔を左に向け、うつむいたまま「口が開きにくい」と言っていたら、「前を向いて開いてみたら?」とアドバイスしてあげたくなりますよね。

一見、よい姿勢の中に、わずかな左向き下向きを見つけてアドバイスと調整をさせていただくのが、均整師の仕事です。

もちろん念のため、MRIの検査は受けていただくようにお願いしました。

わずかな歪みでも、長年続けているうちに、顎関節内の関節円盤(上図参照)などを傷めているかもしれないからです。そうなれば、顎関節自体の治療はお医者さんの仕事。この連携が大切です。

今回は頸椎の歪みが、この女性のウイークポイントともいえる顎関節に影響していました。

直接頸椎に影響すれば「寝違え」に、同じことが腰椎に起これば「ぎっくり腰」につながります。その意味では、今回は「ぎっくり顎」ともいえるでしょう。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。
快風身体均整院 田川直樹)


【お知らせコーナー】

11月24日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館


[PR]
by naotknet | 2014-11-08 08:25 | 顎関節

30代女性。左の顎や首が慢性的に凝る。

例えばその凝った左顎を楽に支えておきたいとき、椅子に座って目の前にテーブルでもあれば、左手に左顎をのせて、頬づえをつくでしょう。

この女性が無意識に、ふだん体重をかけてしまう重心側(荷重側)を検査すると、大きくとらえた場合、左半身側でした。

調子のよいときには重心が、あるときには左膝であったり、右腰であったりと、動作に応じて体の様々な場所にスムーズに移動します。

重心移動がうまくできなくなってくると、重心や、それを支える重心支点がある場所に固着してしまい、そこを中心として凝りや痛みなど、不調の現れることが多いのです。

固着してつらくなってしまった左顎を楽に支えておきたいからと、会社で仕事中、デスクに頬杖をつくわけにもいかず、立ち仕事であれば、なおさらどこにも肘はつけません。

それでも左顎を支えておくために、体はどうしているか?

例えば下図のように、「胆経」ラインに沿って、左顎を支えているのです。
e0073240_11202073.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



今回の女性の場合も、顎と首だけが凝っているわけではなく、左の胆経ライン全体に凝りが出ていました。その中で、いつも不調を自覚できる部分が、たまたま顎と首なのです。

ある人は左腰が痛むかもしれませんし、またある人は左膝かもしれません。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術中、胆経ラインの中でも特に凝りが出ていた、足の左薬指の関節を整えていると、「先生、左顎や首が、なんだかフワーッとゆるんできました」とのコメントをいただきました。

均整法では今回のように胆経ライン重心であれば「左右型」、腎経ライン重心であれば「回旋型」など、その方の歪みと動きを12種類に分類し調整を進めていきます。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-07-09 11:34 | 顎関節

30代女性。右の顎関節からカクカク音がする。

前日に40代女性も同じお悩みで来院されました。お二人とも長年この状態とのこと。他にも多くの方が来院されます。

みなさん、もちろん音の出る側が気になりますが、大抵の場合、原因は逆の左顎関節にあります。

左顎関節が締まり過ぎたため、結果的に右が弛んでカクカクしてしまっているのです。

なぜ左が締まり過ぎてしまうのでしょう?下図をご覧下さい。
e0073240_726536.gif

(神経ネットワーク図by「肝臓と整体の情報館」)


青線で表しているのは「左迷走神経」と呼ばれる、主に内臓を動かしている神経です。

例えば、肝臓の慢性疲労が左迷走神経を伝わっていくとします。

すると、左首からアゴ周囲の筋肉が硬くなり、左顎関節が締まり過ぎてしまうのです。

「肝臓の慢性疲労→左迷走神経→左顎関節」40代女性はこの流れでした。他にも多くの方がこの流れに当てはまります。肝臓調整が必要です。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


30代女性には、別の流れが見られました。

左半身は交感神経、右半身は副交感神経の反応が強く現れるため、仕事が忙し過ぎるなど、心身に負担をかけ続けていると交感神経が亢進し、左半身が硬くなります。

その結果、左腰が痛んだり、左肩が凝ったりします。左顎関節周囲の筋肉も硬くなり、締まり過ぎて動きが悪くなる。逆の右顎関節は開いて弛んでしまうのです。

まとめると「交感神経亢進→左半身の硬さ→左顎関節」。

どちらにしても、大きな原因のひとつは「ストレス」。ストレスに対処しようと肝臓ががんばったり、交感神経ががんばったりした結果の歪みと言えます。

肝臓疲労であれば、均整法では消化器型調整、交感神経の亢進であれば頭脳型調整などで対応していきます。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。骨盤に関係する動きとしては、例えば開脚が得意か苦手かなど。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-11-13 07:52 | 顎関節

30代女性。3週間前に階段で転倒し、腰を打撲。痛みはひいてきたものの、違和感はあり。それよりも、あごを打ったわけでもないのに、腰の打撲後から今まで続いている、噛み合わせのずれ感のほうが気になっている。

立った姿勢で上体を左右に捻ってみると、右に捻ったときに、右の骨盤(仙腸関節)がつかえた感じになり、あまり捻ることができません。

また、噛み合わせの違和感も、右側に、より感じるとのこと。顎関節周辺の硬さを左右で比べると、右側が緊張して硬くなり、わずかに横に張り出しています。

顎関節と肩関節、そして股関節は、上下で連動してバランスをとっています。肩甲骨と骨盤などもそうです。均整では‘上下相関’といいます。

この方の場合、右側の顎関節と骨盤部の仙腸関節に違和感が出ています。となれば、やはり、肩関節や肩甲骨も観てみなければなりません。

予想通り、右肩甲骨と背骨の間の筋肉が非常に硬くなっており、背骨でいうと、胸椎3番が変位していました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


背骨も四つおき、あるいは五つおきに、上下でバランスを取り合っています。

よって、施術としてはF6調整(フォーム6、左回旋型の調整)で、胸椎3番の上下の椎骨を四つおきに整えていくと、胸椎3番も元の位置に戻り、右側3つの関節もバランスを取り戻しました。

※F6については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-12-27 08:18 | 顎関節

口を開けたときに、アゴがカクカクしたり音が出たりする場合、直接的には顎関節への施術も大切ですが、均整法ではその前に、やはり全身のバランス調整を重視します。

特に顎関節は骨盤や股関節と連動する傾向が強いです。「骨盤の捻れが強まって、時間とともに上に上ってきてアゴも捻れてくる」という言い方もできます。よって、まず骨盤、股関節の歪みを整えることが、顎関節調整の大前提になります。

顎関節のアンバランスの目安はいろいろあり、先述のカクカク感やクリック音ももちろんですが、他に、目で見たときに分かりやすいのは、ほお(鼻の両脇の盛り上がり部分)の幅を比べてみることです。

左右を比べて、幅のせまく見える側、もしくは盛り上がって凸状に見える側の顎関節が、前方に来ていることが多いです。

顎関節は、頭蓋骨の側面部分にあたる「側頭骨」やほおの部分の「頬骨」に、アゴの骨「下顎骨」がはまるかたちで構成されており、様々な要因(先述の骨盤との連動など)で側頭骨や頬骨のわずかな前方へのずれが起こると、顎関節自体も一緒に前方へずれることになります。
e0073240_2317376.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


すると逆側の顎関節は相対的に後ろに下がり、全体としてアゴの捻れが発生します。それら側頭骨や頬骨が前方移動している場合に、鼻横のほおの幅がせまく見えたり、盛り上がって見えるのです。

美容的には輪郭の矯正、シンメトリー(左右対称)矯正にもなりますが、一部分の見た目だけに注目するよりも、全体の一部として、全身のバランスを整えた結果、ほお骨の左右差もなくなってくることが理想です。

こちらも参考になさって下さいね。『均整法と美容』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2006-01-11 07:25 | 顎関節