快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:頭痛( 8 )



40代女性のお客様Nさん。以前から左足首を捻挫しやすいとのこと。


Nさん以外にもときどき、捻挫をしやすいとおっしゃる方が来院されます。


足首の靭帯など、病院での検査や治療は前提として、全体のバランスからも眺めてみると、ポイントは腰椎2番。


腰椎2番のしなやかさが落ちてくると足首全体が硬くなり、捻挫しやすくなります。


また、腰椎2番の下、腰椎4番や5番の調子も大切。


e0073240_07243644.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


4番は仙腸関節、5番は股関節の調子に主に関係します。


特に仙腸関節の動きの良し悪しは、足首や膝にも大きく影響します。


腰椎は1~5番までありますから、そのうちの2、4、5番。せっかくなので1番も3番も含め、全部がしなやかに連動している状態が理想です。


電車の時間に遅れそうで、駅に向かってヒールの高い靴を履いたまま走り、足首をグネッとしてしまったとき。


捻挫にまでいってしまう人と、ギリギリで耐えられる人との違いは、腰椎のしなやかさの違いともいえるのです。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


足首は外側を捻挫しやすいです。


e0073240_07093031.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

均整法視点では、足首の外側(外くるぶし側)と仙腸関節、後頭部が連動すると考えます。


e0073240_07113892.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


例えば、よく後頭部に頭痛を起こす人は、仰向けに寝たときに、捻挫しやすい足の外くるぶし側が出っ張ったかたちをしている方が多いです。

e0073240_07092271.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

内くるぶし側がギュッとかみ合いすぎ、その分、外くるぶし側がかみ合っていないイメージ。そんなときには同じ側の仙腸関節もかみ合っていません。


この状態のとき足首を整えると、連動して仙腸関節も整います。


さらに連動は上にも届き、後頭部の慢性的な緊張が解放され、頭痛の起こる土台も解消していくのです。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

輪ゴム均整の本、好評発売中です。発売から1ヶ月半、増刷も決定しました。ご購入下さった皆様、ありがとうございます。より多くの皆様のお役に立ちますように。

e0073240_15465422.jpg


※8月4日、内臓疲労解消ウォーキングの本が発売されます。施術後のお客様へのアドバイスをまとめ、生まれた本です

『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
―脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!(さくら舎刊)』

e0073240_07284611.jpg


7月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-07-22 07:18 | 頭痛


尻もちをついたときの体の歪みについて、ときどきお話しすることがあります。たとえばこちら。



最近いらした20代女性Aさんも上記の方々と同じく、うっかり尻もちをつき、その後、足首を捻挫もしたとのこと。病院へ通いつつ、均整院にもいらっしゃいました。

尻もちを始め、打撲をした場合に、その刺激が体に影響を与え続けているかどうか調べる方法がいくつかあります。

今回は、上記の過去記事中とは別の方法をご紹介します。

ポイントは頭の後ろ、ツボでいうと「絡却(らっきゃく)」の付近。

図は左を示していますが、打撲の体の歪みへの影響調べや、影響解消のためには右の絡却を用います。

右の絡却には静脈の戻りの状態が現れるからです。

そのことから、二日酔いのときにも反応が出やすいツボでもあります。

左に比べて凝りが出ていましたので、しっかりと調整しました。

ちなみに、尻もちをついたからこそ、捻挫も起こしやすかったといえます。

尻もちにより、右の仙腸関節に歪みを起こしていました。

仙腸関節と連動しやすいのが、足首の外くるぶし(外踝 〜がいか〜)。


仙腸関節の歯車のかみ合わせが悪くなると、同じように外踝もかみ合わなくなり、足首を捻りやすくなるのです。

快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆




20代女性Bさん。ここ最近、左の後頭部が痛いとのこと。

病院で異常がない場合、ここにも先述の仙腸関節と外踝が関わってきます。

仙腸関節と外踝は上記の通り、どちらかのかみ合わせが悪くなればもう一方も悪くなります。

その状態のとき、同じ側の後頭部は、逆にかみすぎ、締まりすぎてしまい、頭痛などにつながります。

具体的には側頭骨や後頭骨などの縫合部分(下図の赤丸)がギュッとしまってしまうのです。


逆にこの連動を利用して、後頭部、仙腸関節、外踝の同時調整が可能となります。

この秋に身体均整法学園の授業でもお伝えしましたので、ご参考にして下さいね。


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「骨盤型」「頭脳型」「消化器型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



 (来年3月まで毎月1回開催しますので、ご興味あればぜひ、ご参加下さいね。)

12月26日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-12-17 07:51 | 頭痛

新年度に入りました。3月から4月にかけての忙しさ、職場内の異動、就職・転職活動など、仕事に関わる様々なストレスから、頭痛を訴える方が増える時期です。

病院では原因が分からず、「首(頸椎)の歪みからでしょうか?」と心配して来院される方も多いです。

このようなとき、頸椎自体に歪みはないものの、肩の凝りすぎから、頸椎が傾いていることがよくあるのです。

左右の肩の凝り方に差があり、より凝った側に引っ張られるように首が傾き、血流や自律神経の働きを乱している場合を考え、肩のラインを整えると、よい調子につながります。

ある30代女性。仰向けに寝ていただくと、まっすぐ上を向いているつもりでも、首を左にかしげたようにしていらっしゃいます。

頸椎の左側のどこかに歪み(変位)があるのかな? とさぐっても、特に見当たりません。首の筋肉自体もやわらかです。

でも、お顔を天井に向けたまま、そっと頭をベッドに置かせていただくと、すぐまたお顔が左に向いてしまいます。

左肩が、肩甲骨一帯を含めてパンパンに凝っていました。

ときどき当ブログでお話しするように、左半身には交感神経の反応が出やすく、なかでも左肩周辺は、交感神経亢進による心臓疲労の様子が現れやすいのです。
e0073240_8203128.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


心臓疲労のことを考えず首だけに着目し、歪みのない頸椎や、やわらかな筋肉をさらに施術すると、余計に調子が悪くなる恐れがあります。

左肩をなんとかして、首の左側にかかっているテンションをゆるめなければなりません。

ただ、左肩を直接強めに施術してしまうと、交感神経を通して心臓に余分な負担をかけ、後で内側からさらに凝ってくる場合もあります。

別の40代女性の例ですが、心臓疲労がさらに長引き、左肩は凝りや張りを通り越して、フニャフニャとやわらかくなっていました。

言葉を変えれば、力が抜けたような状態。このようなときには、特に直接左肩を刺激してはなりません。

ではどうすればよいか?

例えば均整法では、首や左肩だけにこだわらず、心臓疲労調整を視野に入れた「循環器型」調整による、全身の体型調整を行います。

循環器型調整により、先の30代女性のお顔は、まっすぐ天井を向くようになりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに40代女性の訴えは、右首から肩にかけての張り感です。

左肩の力が抜けてしまった分、相対的に右肩が張っているだけですから、右肩を直接なんとかするのではなく、心臓疲労を解消し、左肩に‘適度な’張りを出させ、右肩とのバランスをとればよいのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

本日は午後から「身体均整法学園」入学式(開講式)です。均整法の基本から、上記のような実践例まで、ともにしっかり学んでいきましょう。


※均整法では心臓、肝臓、膵臓、胃腸など、その人のどこに無理がかかっているかを「循環器型」「消化器型」など12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-04-04 07:23 | 頭痛

30代女性。ときどき、頭のてっぺんから右側にかけての頭痛がする。

病院へ行って異常がないのであれば、均整法では、左側と右側のかたちを比べます。

痛いところと、そうでないところのかたちがどう違ってしまったのかを、手で感じるのです。

その上で、痛い側のかたちを痛くない側と同じにしていくのが、均整師の仕事のひとつです。

今回の女性は、頭の右側が左側に比べて、上にずれていました。

「えっ!?」と思われるかもしれません。「ずれ」といっても、ごくわずかです。

頭蓋骨は23個のパーツから成っており、頭のてっぺんは、左右から「頭頂骨(とうちょうこつ)」が2枚、前から「前頭骨(ぜんとうこつ)」が1枚、合計3枚が合わさってできています。
e0073240_21442562.gif

「アイリス・アイリスの作業現場」



頭のてっぺんの境目で、ほんのわずかなずれが起こり、なおかつ、右の頭頂骨だけが、他のパーツに比べて硬くキュッと締まったようになっていました。

このずれや硬さが、今度は全身へどのようにつながっていくかを調べます。ルートは骨格、筋肉、内臓、経絡と様々です。

お腹を触らせていただくと、胆のうに凝りが感じられました。
e0073240_3194714.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


頭頂骨と胆のうを結びつけるルートのひとつは「胆経(下図は左胆経ライン。右にもあります)」。
e0073240_3251531.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


右足の薬指、胆経ライン付近にも凝りがありました。そのようなことをお話しながら施術を進めていると、実は左足首も調子が悪いとのこと。

こちらも左足首の、ちょうど胆経ラインが通る部分で太くなっていました。

骨格でいえば、脛骨と腓骨の間、「脛腓関節(けいひかんせつ。下図の赤丸)」のずれです。
e0073240_857176.jpg

「アイリス・アイリスの作業現場」



これら、いくつかのルートが分かった上で、その中心となっている胆のうの凝りを解消できれば、ルート全体の渋滞が解消されます。

胆のう調整を含む、均整法12種体型「消化器型」調整の中で、右の足先の凝りをとると、連動して胆のうの凝りも解消し、頭のかたちや脛腓関節の太さも、左右同じに近づいていきました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


胆のうはどうして凝るのでしょうか?

脂肪分の消化に関わりますので、ケーキや油っこい料理が大好きでよく食べるなど、食事の習慣による負担がまず挙げられます。

加えて、以前(2013年10月)の記事「イライラすると寝ちがえを起こしやすい?」でも紹介しましたが、胆のうはストレスに反応しやすい臓器。よくイライラする人も胆のうが凝りやすいのです。

こちらの書籍が詳しいです。

『体からのシグナル』J.P.バラル著

『体からのシグナル』J.P.バラル著



すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会2月、3月開催のお知らせ

2月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-02-07 03:53 | 頭痛

40代男性。慢性的な頭痛。ずっと以前から鎮痛剤が手放せない。

妹さんを定期的に施術させていただいており、今年の3月に、初めてお二人ご一緒にいらっしゃいました。

遠方からということもあり、妹さんへの施術はこれまで多くて1ケ月1回。

3月以降も2回ほどお二人でご来院。お兄さんの強度の猫背が、回を追うごとにしゃんとしてきていました。

頭痛は毎年、梅雨時が一番つらいとのことでしたが、なんと、今回は何年ぶりかで鎮痛剤を手放せたとのこと。

言葉は悪いですが、初回は妹さんに引っ張ってこられたようなかたちで、やや半信半疑で施術をお受けになり、帰っていかれました。

今では妹さんよりも受ける気満々のように見えます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


均整師はお医者さんと違って、お薬をやめて下さい、などの指示はできません。

参考までに「頭痛がつらい」「腰が痛い」などのお悩みは伺いますが、させていただくことは、今回のお兄さんであれば「猫背の姿勢を正すこと」、これだけです。

お兄さんは肋骨に特徴のある体型をしていらっしゃいましたので、肋骨型調整。


脊柱には「生理的弯曲」と呼ばれる自然なカーブがあります(下図参照)。

e0073240_6141176.gif

(脊柱図by「アイリス・アイリスの作業現場」)



体は全体としてバランスをとるため、背中が後ろに丸まれば丸まるほど、首は逆に前へのカーブがきつくなり、頚椎に沿って走る血管や神経の働きに影響がでます。

猫背を正せば、連動して頚椎が整い、頭と胴体をつなぐ血管や神経の状態がよくなるのです。


※均整法では肋骨型、骨盤型など、姿勢を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-06-30 07:49 | 頭痛

30代女性。ここ最近、疲れてくると熱が出たり、頭痛がしたりといったことが多くなった。

過去に何度か観させていただいた方なので、現在の体型と比べることができました。

以前と大きく違っていたのが、まず皮膚の手触り感。足や腕、背中など、全身の皮膚がゆるゆるで、皮膚の下に水が多すぎるような手触りです。

また、体型は以前もF6(フォーム6。左回旋型)でしたが、その歪みが強くなっていました。

皮膚の手触りから、「ここ最近暑くなってきたので、水分を摂りすぎているのでは?」と伺うと、一日の仕事中、500mlのペットボトル1本くらいとのことで、それほどでもない様子。

ただ、トイレに立つ回数が極端に減ったとのこと。一日一回のこともあるそうです。

そのことから、水分を摂りすぎてはいないものの、排出がうまくいっておらず、体に不要なものをため込んでしまっていることが、今回の症状に影響していると考えられます。

F5、6の回旋型は、別名「泌尿器型」とも呼ばれます。

F6は尿、便、汗など、体から出ていくものが「出ない」、F5は逆に「出る」作用が強くなる体型。また、経絡の視点から観ると、膀胱経のラインは頭を通っており、頭に関する症状と関係しやすいのです。

腎臓や膀胱の神経と影響し合いやすいのは、もも内側の筋肉で、左足側が非常に凝っていましたので、その調整を中心にF6を整えていきました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

今回の女性の場合は当てはまりませんでしたが、水分の摂りすぎによって排出が滞り、F6が強くなることもあります。

体によいという思いから、一日2リットルなど、多めの水分補給を心がけているのに体調がすぐれない方は、皮膚を触らせていただくと、その量がその方個人にとって適切かどうか、すぐに分かります。

ノルマとして無理に飲んでいる分は、ほとんどの場合、その方にとっては摂りすぎといえるでしょう。

特にこれから夏にかけての季節、お腹を中から冷やさないためにも、みなさんご注意下さいね。


※F1〜12に分類される「12種体型」については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-06-13 06:17 | 頭痛

20代男性。散髪にいくとよく「頭皮が硬いですね〜」と言われる。

触らせていただくと、確かにピーンとした張りを、全体に感じます。ときどき頭痛にも悩まされるとのこと。お話を伺うと、とても頭を使うお仕事の様子。

多くの業種で、現代はパソコンへの長時間集中を避けられない状況にあります。

また、お仕事以外でも、テレビやインターネットなどから途切れることなく入ってくる膨大な情報。見たり聞いたりしていないようでも、脳はそれらを無意識のうちに常に処理し続けています。

それらのことによって頭の疲れが慢性化し、均整法で分類するところの「頭脳型」、頭の疲れがもとになった歪みが原因の、体調不良を訴える方がとても多いです。

それは直接的には頭痛やめまい、肩こりだったり、鬱のような症状であったり、間接的には腰痛や膝痛であったりします。

頭の疲れをうまく調整できたかどうかは、この頭皮の緊張感が施術後にゆるんだかどうか、施術前に頭を持たせていただいたときに感じられた、ずっしりとした重さが、軽くなったかどうかなどで知ることができます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


施術としては、頭蓋骨調整がよい場合、また、目の左右バランスを調整することで、頭皮の緊張もゆるむ場合など様々です。この方の場合は、頭蓋骨と骨盤の連動を整えることで、いちばん変化を得られました。


※頭脳型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-01-10 06:46 | 頭痛

20代女性。その週は仕事が忙しく(ずっと座りっぱなしで頭を使い続ける作業)、週末の土曜日、頭痛で起きられずに終日就寝。来院時の日曜日もまだ残る。

立った姿勢を見せていただくと、腰も肩も上(頭の方向)につり上がって硬くなっていました。次に仰向けで首から後頭部を触らせていただくと、とても熱く感じられます。一時的に「頭脳型」が際立った体型になっていました。

体をよく観てみると、そのときに疲れている部分に向かって、全体が集まっていく傾向にあります。

例えば胃が疲れていて胃を中心に体の歪みが発生しているとき、言い換えれば、胃に向かって体の各部分が引っ張られて、その結果、体が歪んで見えるのです。

今回の場合の施術では、頭や首、肩周りなど、上半身は硬過ぎる上に熱いので、最初は触ることができません。触ったとしても硬くて手が入らない上に、そこを無理に操作したら、ますます硬くなってしまう恐れがあります。

上半身から遠いところ、まずは足先、次に骨盤周りなどで逆に軟らか過ぎるところを見つけ、そこにある程度の弾力を取り戻させるような調整していくことで、上半身に行き過ぎた重心を下半身に移して安定させ、吊り上がった肩や腰をスーッと下げ、頭の緊張を抜いていきます。

※「頭脳型」については、こちらも参考になさって下さいね。快風院 症状別体型研究『12種体型』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2006-08-01 00:00 | 頭痛