快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:出産後の歪み( 4 )



子育て中の女性を施術させていただく際に、ときどき「右だけ出にくいんですが、体の歪みからでしょうか?」と、母乳の出具合のご相談を受けることがあります。

母乳マッサージは病院などにお任せするとして、施術では、たとえば出にくい側の大胸筋や、その下にある小胸筋を整えていきます。
e0073240_750275.jpg
ビジブル・ボディ『筋肉プレミアム』

長時間の抱っこなどにより使いすぎた側の、これらの筋肉の凝りによって、出にくくなっていることが多いのです。

これは乳房周辺の部分的な状況から観た場合。

全体的に観た場合には、出にくい側の骨盤が出産後、開いたままになっていることも。

骨盤の後ろ、仙骨の下の方「仙椎4番」には、乳腺機能を左右する点があります。

e0073240_7394561.jpg
ビジブル・ボディ『筋肉プレミアム』

骨盤が開いたままだと、この点がうまく働けないのです。

仙椎4番がうまく整うと、骨盤はヒップアップしたかたちになります。

出産後に、前よりお尻が下がった気がする方。加えて母乳の出にくい方は、ぜひ仙椎4番を中心とした骨盤調整を受けてみて下さいね。

また、骨盤の奥にある大腰筋と、冒頭で出てきた小胸筋は連動しやすいです。
e0073240_09463777.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑

抱っこ疲れからの小胸筋の凝りが大腰筋に伝わって骨盤下がりに影響し、歪んだ仙椎4番からまた胸に跳ね返るという、歪みのいったりきたりが始まることも。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今月から12年目に入ります(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


私は男性均整師ですから、女性のお客様の胸周辺への直接施術は憚(はばか)られます。

そんなときでも均整法は、連動を使って(均整法では「相関」と呼びます)大腰筋から遠隔で小胸筋を整えることができるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「頭脳型」「消化器型」「泌尿器型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

4月25日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。この時期、鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
『あなたがいい。超訳手塚治虫』

e0073240_724368.jpg



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』





[PR]
by naotknet | 2016-04-02 07:45 | 出産後の歪み

30代男性。1年ほど前に首凝りのお悩みで施術させていただき、以来、月に一度、全身のメンテナンスをさせていただいています。

この方には、体使いのくせとして、日常動作での負担が集中する左肩関節と左股関節の動きが悪くなる傾向があり、毎回整えさせていただいていました。

最近いつものように観させていただいたところ、左股関節の動きがとてもよいのです。左足がよく開くようになっています。

ただ、いつもと違い、右腰の硬さが目立っていました。痛みなどはないそうです。


もうひとつのブログに、子育て中のお母さんの話題を書かせていただいたことがあります。

今回の男性も、一ヶ月前にお子さんが生まれて、毎日抱っこする時間が長く、抱っこのときに右足を軸にしてあやすようにしているため、逆側の左股関節への負担は軽くなり、その分、右の腰ががんばっている様子でした。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)〜

札幌校(2009.10〜開講中)


『各地の身体均整院』

『取材・広報』

定期的なメンテナンスは、その人の持つ体質的・遺伝的な歪みが悪さをしないよう、常に監視し、整えておくという意味があります。

その体質的歪みに普段の無理やストレス、いつもと違った動作などによる一時的な歪みが重なったとき、首でいえば凝りや寝違え、腰でいえばギックリ腰などが発生する土台になります。

よって、歪みの監視を続けていると、これから起こりそうな問題、今回の男性であれば右腰の不調を事前に予測し、予防しておくことができるのです。


※均整法では「体質的・遺伝的な歪み」や「一時的な歪み」を12種類の体型に分類して整えていきます。その「12種体型」については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-01-16 06:00 | 出産後の歪み

お子さんが保育園に入園すると、お母さんの体は大きく変わります。特に目を見張るのが、背中の上部。

お子さんの入園前、自宅で子育てに日々追われているお母さんは、姿勢が悪くて猫背なのではなく、体内から何かがふくらんで、押し広げているような、パンパンな背中であることが多いです。

何がふくらんでいるのでしょう?それは例えば、積み重なる寝不足、毎日気を張っていなければならない状況などから、慢性的にたまってくる疲れを処理するので必死な、肝臓であったりします。

また、日に日に重くなるお子さんを長時間抱っこするために、肩甲骨付近、背中上部の筋肉そのものが、ガチガチに凝ってもいます。

そのようなわけで、お子さんが保育園に入園し、一日に何時間かでも、手の離れる時期になると、猫背のように見えていた背中は、とてもおだやかなラインに変わっていきます。

それまでの間、体をどのようにケアしつつ、楽に健康に過ごしていくかが、よく話題になる出産後の骨盤の開きや歪みも含め、子育て後まで、不調を引きずらないためには大切です。


パンパンな状態が背中だけではなく、頭、腰周り(骨盤周り)、おなか、腕、脚など、全身に及んでいる方もいらっしゃいます。女性に多いです。

子育て疲れではないですが、何度か観させていただいている、50代女性もそうでした。

筋肉の凝りというよりは、太鼓の皮をピーンと張り詰めたような、表面的にパンパンな状態。これは自律神経(交感神経)の緊張を表している場合によく起こります。

この方の場合、少しゆるんではまた戻り、を繰り返していましたが、何度目かの来院の際、施術前に観させていただくと、あれほど強かった張りが、まったく観られなくなっていました。主訴であった左肩から首にかけての痛みも、最近ほとんど出てこないとのこと。

伺うと、何年も深く悩んでいた、対人関係の問題が最近解決し、心がすごく楽になったそうです。施術の浸透度も格段に上がりました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

子育ての場合も、何か心に大きくのしかかっている問題がある場合も、体を部分ごと12通りに分けて観てみると、どこかに負担が集中しています。

それを手がかりに、子育て疲れの方の多くは肝臓を、左肩や首が痛む方であれば心臓を整え(心臓の位置的に、心臓の慢性的な疲れは左肩や首に反映しやすいのです)、さらには背中の筋肉をほどき、交感神経の緊張をゆるめていくことで、再び前向きに、子育てやお悩みに向かっていけるよう、体を最善の状態に保てます。

スポーツ選手が、スポーツトレーナーやマッサージ師、栄養士などと、チームを組んで戦うように、それぞれの課題を乗り越えていくために必要な体作り、メンテナンスとして、均整法をお役立て下さい。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-05-09 09:09 | 出産後の歪み

出産による骨盤の歪み


5月1日に両国で開催された「スピリチュアル・コンベンション(通称‘すぴこん’)」という、癒しのイベントに出展してきました。できるだけ多くのお客様に均整法を体験していただくため、普段よりも施術時間を短くし、その方に必要かつ最優先の調整ポイントを中心に、全体の調整をするようにしました。

それが1ヶ所のこともあれば、2ヶ所、3ヶ所の調整が必要な方もいらっしゃいます。例えば出産後、骨盤全体に違和感があり、中でも特に立った姿勢で左足に体重を掛けると左腰から股関節にかけてにそれを強く感じるとおっしゃっていた女性の方は、左の骨盤(左腸骨)が外側に開き、右が内に閉じすぎているというアンバランスが見られました。

もちろん出産の影響もありそうですが、出産によってそうならない方もいれば、なる人もいるということは、もともとそうなりやすい原因を何か持っていたのではないか?と考えるのも均整法の役目です。

その方は開いてしまっている左腸骨よりも、閉じ過ぎている右腸骨に原因がありました。腸(盲腸付近)に出産以前から長年に渡って疲労が溜まり、それが右腸骨を内側に引き込むようなかたちを作っていたのです。その為、左腸骨は右とバランスをとろうとして必要以上に開く傾向にあり、そこへ出産時の刺激が加わったと見立てることができました。

よって調整のポイントは胃と腸の右側となり、その緊張を取ると右腸骨はもとの位置に戻り、その後左腸骨とのバランスを少し調整。立った姿勢で左足に体重をかけていただくと、左腰から股関節にかけての違和感はなくなっていました。

その方にお話しを伺うと、遅い時間に食事を摂ることが多かったりと、やはり胃腸に負担をかけやすい生活習慣の傾向にあった様子。それを改善の方向に向けていかれることで右腸骨が内側に閉まり過ぎることを予防し、元気な体調を維持することができます、とお伝えさせていただきました。

※こちらも参考になさって下さいね。快風院 症状別体型紹介ページ『婦人科系の不調』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2005-05-03 12:11 | 出産後の歪み