快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:施術はどんなことするの?( 4 )



40代男性Aさん。施術途中に「あれ? 鼻水が止まった」とのこと。

毎年、秋の花粉に悩まされるそうで、うつ伏せの施術の際、ご持参したハンカチをたたみ、鼻の下に敷かれていました。

何度か施術を受けて下さっている方はお分かりかもしれませんが、うつ伏せでの背中施術を受けた感じ、日によって違うことがあると思います。

たとえば背中の筋肉を頭や足の方向にスーッと引き伸ばされているようなときもあれば、どこかをピンポイントでポンッ、ポンッとはじかれているようなときもあります。

大きく分けると、スーッと引き伸ばす刺激は頭の疲れた方に、ポンッとはじく刺激は内臓疲労の方に用いている場合が多いです。

はじく刺激をうまく用いると、疲れた交感神経を元気づけることができます。

冒頭の「鼻水」は、副交感神経が働きすぎるとよく出ます。交感神経が元気になるとシーソーのように副交感神経がしずまるのです。

鼻水が止まったのは、内臓疲労調整の副産物だったというわけです(手前味噌ですが、拙著『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』の足首輪ゴムも、この原理を応用しています)。

快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみにAさんは胆のうを中心とした内臓疲労でした。
そのAさんと同じく胆のう疲労からの肩こり、30代女性Bさん。以前いらしたときはそんなご様子はありませんでした。

近況を伺うと、海外赴任中とのこと。休暇で帰国されているときにご来院下さったのでした。

日本にいるときと食事の内容がずいぶんと変わったそうです。全般に油っこい料理が多いとのこと。それで合点がいきました。

前回いらしたときの「スーッ」刺激よりも、「ポンッ」刺激が多めの施術となりました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「頭脳型」「消化器型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



11月28日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

 (来年3月まで毎月1回開催しますので、ご興味あればぜひ、ご参加下さいね。)

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-11-26 08:06 | 施術はどんなことするの?

施術には足から始めて腕にいって…など、一定の手順はありません。お悩みを伺い、その箇所にいちばん遠いところから、その日の状態に沿って整えていきます。

例えば腰痛であれば、腰から遠い肩や首、腕から整えていって、最終的に腰に触らなくても、腰椎や骨盤が上半身の各部位と連動して整ってしまう流れが理想です。

もちろん最初に、腰椎や骨盤のかたちや動きだけは調べておきます。

遠いところから整えていくうちに、様々なことが分かります。

30代女性。腰痛調整のため、左の前腕を整えていると、「先生、触られて分かりましたが、相当痛いですね。右は全然だったのに」と。

別の日に、40代の女性も同じことをおっしゃっていました。

前腕の手のひら側は、ストレスの反応が現れやすい「心包経(しんぽうけい)」という経絡ラインが通っています(下図参照)。

その心包経に沿って筋肉がパンパンに張っていました。心臓に近いことから、左前腕が右よりも張りやすいとされています。
e0073240_16101279.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



結果的には心包経ラインの前腕調整にもなりましたが、最初からそれを狙っていたわけではありませんでした。

前腕に2本ある骨「尺骨」「橈骨」の間がつまり、動きが悪くなっていた手首を整えたかったのです。

e0073240_2114898.gif

(骨格図by「アイリス・アイリスの作業現場」)



手首の動きが悪くなると骨盤の開閉がうまくいかず、腰痛にもつながります。

その流れの中で心包経の張りを見つけ、最近のお仕事などの状況などを伺うと、相当忙しかったご様子。

そこでストレス調整を視野に入れ、「心包兪(しんぽうゆ)は胸椎4番だし、胸椎4番は骨盤型の椎骨でもあるから、その方向へ調整を進めていこう」と。

施術の流れは、こうして組み立てられていくのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



※均整法では骨盤型、肋骨型、頭脳型など、姿勢を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-10-06 07:35 | 施術はどんなことするの?

カルテについて


当院で使用しているカルテには、前面と背面から見た人の図が描かれており、初回ご来院時の歪みの状態、お悩みの内容、整えた箇所名(例:頚椎1番)などを詳しく記録させていただいています(画像右側)。
e0073240_7345126.jpg

歪みはずっと同じ状態にあるわけではなく、体のどこかを痛めていたり不調があったりしたときには、いつもより大きく歪みます。

調子のいいときにも歪みは多少はあります。その場合「歪み」というよりも、その人固有の「体型」と呼んだほうがよいでしょう。

無意識に長年積み上げてきた、その人がいちばん日常生活を送りやすい姿勢や動きができる体型があるのです。

均整法ではその体型を12種類に分けて、その人に最適なバランス調整の手がかりにしています。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


初回だけではなく、その後もご来院ごとに、前回から見ての変化、それに応じて組立てた施術内容を記録し続けています(画像左側)。

施術をお受けになった方は分かると思いますが、いつも同じ手順ではない理由がここにあります。

ギックリ腰と寝違えでは、同じ人でも歪みは異なりますし、また季節ごと、ご来院の時間ごとでも、歪みは刻一刻と変化していきます。

視点を変えれば、体は歪むことによって、そのときどきの環境に対応しています。これができないときに不調は深まってゆくのです。

自由に歪んだり、自然にもとに戻ったりできるようにすることが、均整法の一番の役目と言ってもよいかもしれません。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-02-25 07:49 | 施術はどんなことするの?

5月29日「骨盤の歪みと腰痛」の50代男性。

2回目のご来院の際、うつ伏せの施術後に「背中(の施術)、気持ちいいですね〜っ」とのご感想をいただきました。

均整の施術では、背中の施術を上から下までまんべんなく行うことはありません。

今回の男性の場合、主に肝臓に関係する背骨の際を、上から5つおきに、あるときは左、あるときは右と、3ヶ所ほど触らせていただいただけです。

専門的にはF4内界調整(フォーム4の消化器型調整)といいます。

均整法では、姿勢や歪みを12種類に分類したF1〜12の中から、その人に当てはまる歪み(今回であればF4)を検出し、整えていくのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

背中以外の施術の際も、例えば左腕だけ回したり、右腰だけを捻ったりすることもあれば、右腕はバンザイして左足を開いた左右非対称な仰向けポーズで、お腹を整えたりもします(このポーズでは、肝臓を整えることができます)。

また、同じ捻る施術でも、息を吸ったときに捻ることもあれば、吐いたときの場合もあります。

均整法では、前後や左右どちらかに偏った姿勢を平衡体に戻していきます。

もともと歪みのない部分に加える施術は体にとって負担と考え極力避け、最小限の施術を目指すのです。

整えるべきポイントにしぼった施術の気持ちよさを一度、体験してみて下さいね。


※「F4」「消化器型」など12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-06-19 08:46 | 施術はどんなことするの?