快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:生理不順( 1 )



女性のお客様への施術全般に渡って心がけなければならないことのひとつに、月経のリズムがあります。

月経周期は二種類の自律神経によってコントロールされており、月経(生理)期には副交感神経、排卵期には交感神経が主に働きます。

例えば交感神経が主に働いている場合、全体的に左半身が硬くなりやすいので、体が左に傾いて見えたり、左足が短かったり、曲げても動きが悪かったりします。

いくら施術をしても左足は短いまま、動きもあまり改善しない、などの場合に、このことを頭に入れておくと、その方が現在排卵期にあたっているのであれば、この歪みは正常な歪みだと判断することができます。

逆に生理中なのにこの歪みがあるのは不自然で、加えて「生理痛がひどい」「生理が遅れがち」などにお悩みの方であれば、この歪みの原因を探って整えていかなければなりません。

女子スポーツ選手が試合に向けて練習に打ち込んでいる期間、生理が止まったりするということをよく聞きます。

試合への気持ちを高めていくのは交感神経ですから、試合までの期間、副交感神経が担当している生理は起こりにくくなります。

先日ご来院の20代女性の方にも、この状況が当てはまりました。

医学的な検査で異常なし。運動選手ではなく、会社員の方ですが、仕事のタイトなスケジュールをこなしつつ、帰宅後は資格試験の勉強で、常に交感神経を目一杯使っていたのです。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

このような場合、施術によって交感神経を鎮めていくことも大切ですが、その前にまず、日常生活の何が交感神経をピリピリさせているかを見直し、その改善によって交感神経を休ませるということを試みなければ、根本的な解決にはつながりません。

交感神経の働き過ぎ状態では、「生理が遅れる」「疲れが抜けない」「頭痛」「左腰や左肩など、体の左側が痛い」など、様々な症状が現れる可能性があります。

それを体のちょっとした不調ととらえて、見ないふりをしたり、市販薬などで抑えこんでしのぎ続けたりせず、体が相当無理をしているシグナルととらえましょう。

この方の場合であれば、勉強のペースを調節するなど、できる範囲で交感神経になるべく負担のかからない生活に改善し、その上でまだ足りないところを、施術で補っていくのが理想のかたちといえます。


※交感神経と副交感神経の関係について

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-04-25 07:14 | 生理不順