快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:PMS(月経前症候群)( 1 )



均整法では施術のことを「調整」といいます。

骨格や筋肉、内臓、自律神経などをすべて視野に入れ、身体のバランスを調整します。

調整がうまくいったかどうかは、姿勢と動きによって観察します。

例えば、自律神経の慢性疲労は、立った姿勢から前に身体を曲げると硬いのに、後ろへは柔らかいなど、前後動作のアンバランスとして現れることがあります。

このような指標が12通りあり、照らしあわせて読み解きながら、その人にとっての最善のバランスへと調整していきます。

読み解きが正しければ、施術が終わって鏡の前に立っていただいたときに、下がっていたどちらかの肩は上がり、片側だけ開いていた骨盤も整い、前後や左右に身体を動かしても、スムーズに均等に動くようになるのですが。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


いくら調整を進めても、なぜか変化が出にくい人もいます。そのようなときに見落としてはならないポイントが「尾骨」
e0073240_749986.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


尻もちをつくなど、尾骨を打撲した経験があると、自律神経のアンバランスが強度になり、調整が浸透しにくくなるのです。

また、胃が痛くなりやすい、生理が不順、生理痛がひどすぎるなど、様々な症状があるのにも関わらず原因不明の場合も、尾骨の歪みが大きく関係しているかもしれません。

昨日、もうひとつのブログに書かせていただいた、20代前半の女性もそうでした。

尾骨の歪みがあるときに、均整法では「相関」という考え方を用いて調整ができます。

尾骨を直接調整しなくてもよいので安心してください。

例えば「頭のてっぺん(百会〜ひゃくえ〜)と尾骨(上下相関)」、「中胸背部と尾骨(仙骨を含めての同形相関)」など、離れたところからの連動により、尾骨も整います。

何年も気になっている症状があって、病院では原因が分からず困っている方。

ご自身で尾骨を触ってみて、先のほうに痛みや違和感を感じる場合には、一度均整からの視点で調べてみると、解決への道が見えてくるかもしれません。


※均整法では前屈(F1)と後屈(F2)、右屈(F4)と左屈(F3)の他、、右捻れ(F5)、左捻れ(F6)、伸び(F7)と縮み(F8)など、正反対の動きやかたちを12種類に分けて考え、バランスを調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-06-23 08:19 | PMS(月経前症候群)