快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:心臓( 4 )



先週(2017年4月8日)のブログ「脳疲労のサイン、肉体疲労のサイン」では、深まった捻れの一例を紹介しました。


仰向けの姿勢で両膝を立てて左右に倒したとき、心臓疲労に引っ張られるかたちで、右に倒れにくくなるというものでした。

e0073240_07434045.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

心臓疲労からもう少し視野を広げて、交感神経の反応が左半身に現れやすいことにも触れました。


e0073240_07291549.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑


この場合、見た目上の特徴として、左足が短く見えたり顔の左半分がキュッと縮こまります。


(c)フリーメディカルイラスト図鑑
かわいいフリー素材集 いらすとや


「ここ最近、左耳の後ろが凝ってしかたがないんです」とおっしゃっていた40代女性のTさんは、まさに左足が短く、左顔半分が縮こまった、上記の状況でした。


生まれて初めて帯状疱疹になったという70代女性のUさんも同じ状況。


帯状疱疹が現れた場所も左胸から肩にかけてだそうですので、関連はありそうです。


1週間お薬をちょうど飲み終えたタイミングでご来院でしたが、まだ足の長さもそろっていませんでしたので、整えさせていただきました。


月に1度、定期的にご来院のVさん。お仕事が立て込んでくると、決まって左足が短くなっています。そろえることで、新たな気分で仕事へ向かえるそうです。


ところで、冒頭の骨格模型による動作写真のように、両膝が右に倒しにくい状況は、左胸に引っ張られるだけではなく、左腰であったり、左背中であったり、左半身の様々な場所で起こります。


左腰に引っ張られて腰で捻れれば、腰痛のベースになります。


また、このような例もありました。


50代男性Wさん。「寝違えたのか、右首から右肩の前側が痛むんですが……」とのこと。


観させていただくと、これまでの方々と同じく左足が短く、両膝が右に倒せない状態。


心臓疲労からでしたが、冒頭の例のように左胸ではなく、左背中上部、左肩甲骨付近に引っ張られるかたちになっていました。


左肩甲骨が矢印の方向に引っぱる分、さらにその先の右肩が前に巻き込んでしまっていたのです。


e0073240_06481472.jpg


心臓疲労解消調整として、先週は「循環器型」による全身調整をご紹介しましたが、さらにポイントをしぼれば、左の股関節も心臓疲労と直結する大切なポイントです。


整えさせていただくと「首、楽です〜」とのことでした。

逆に、もしも左股関節の調子が悪い方の場合、そこには触らずに、他の場所、特に背骨を通した循環器型調整を行えばよいのです。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが3年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





ただ、その他の要因により、左股関節に不調が及んでいる場合もありますので、そこは観察の腕の見せどころ。


2017年2月4日のブログ「股関節の痛みは肝臓疲労から?」では、心臓ではなく、肝臓疲労から左股関節に影響が及ぶ流れを、下図を用いてご説明しました。


e0073240_04221878.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「循環器型」「泌尿器型」「消化器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


本日は「身体均整法学園」29年度クラス開講式。ご入学の皆様、おめでとうございます。

 開講式後も、まだしばらくは入学に間に合うようです。均整法、一緒に勉強してみませんか。
 
 私も2科目担当しています。授業はこんな様子です(身体均整法学園ブログより)。

「自他動操縦法」


「救急操縦法」



4月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-04-15 07:29 | 心臓

うつ伏せの施術中、左股関節をカエル足にさせていただこうとしたとき、「股関節がつりそうです~」とおっしゃった40代男性。

ご来院の目的は、左の股関節や腰ではなく、ここ最近起こってきた「左の首こりをなんとかしたい」でした。

実は、左の股関節と左首や肩には深い関係があることは、先月のブログ(2016年7月23日分)でもお話ししました。

復習のためにもう一度おさらいしながら進めます。

均整法では心臓や血管など、循環器系の乱れが現れやすい部位のひとつに股関節をあげています。

柔軟体操などの開脚動作が柔らかかったり、歩くときに大股で歩けるほど、循環器系は快調です。

逆に開脚動作であまり脚を開けなかったり、歩くときに小股になるなど、股関節の動きが硬い人は要注意。

理由のひとつとして腹部の大動脈、静脈のかたちがあげられます。股関節の奥で「逆Yの字」に分かれています。

e0073240_15192845.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


動脈と静脈が折り重なるように配置されていることもあり、ここを中心に血管全体の動きが硬くなりやすいのです。

普段から股関節をのびのびとよく動かせば、この逆Y字にほどよい刺激を常に与えることになり、血管全体としてのしなやかさを保つことができます。

さて今回の「首こり」に戻ります。

施術の最初に首の下、肩甲骨の間に触れさせていただくと、左側がヘニャッと柔らかくなっていました。

とても簡単に言えば、モリッと硬く凝っていれば筋肉疲労、柔らかくて力の抜けた感じがあれば、それは体の内側、内臓の凝りから引っ張られている姿です。

ときどきお話する「夏は心(心臓)の季節」。夏の間にたまった「心臓疲労」が響いていたようです。


心臓や腹大動脈が体幹の少し左寄りに配置されているため、体の左側には心臓疲労の影響が現れやすいのです。そのひとつが左股関節なのでした。

このようにして、左首こりと左股関節はつながります。

ちなみに右股関節や右脚には、静脈の状態が現れやすいです。

最近いらした、足のむくみでお悩みの20代女性は、右股関節が左に比べて動きが硬く、開脚しづらくなっていました。

さて、冒頭の40代男性には、これらのことを視野に入れた均整法12種体型「循環器型」調整を進めていました。

もちろん、股関節その他がつりそうだったり、痛かったりするのを無理にギューギューすることはありません。

つらない範囲にポジジョンを合わせたり、別の箇所から遠隔で操作したりしますのでご安心を。

股関節の開きが徐々によくなるにつれ、ヘニャッとしていた左肩甲骨の間に、よい意味での硬さ、弾力性が戻ってきました。


『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


この夏特有の心臓疲労からの不調も、ときどき見かけました。オリンピック観戦です。

70代男性。オリンピック中、深夜の観戦、応援が続き、そのときに変な姿勢でテレビ前にいたら左首を寝違えたとおっしゃっていました。

変な姿勢もきっかけではありますが、根本は寝不足からの心臓疲労です。

夏の旅行先から電話を下さった40代男性。「着いた翌日、右首を寝違えたんですが……」。

右の場合は肝臓疲労。2016130日投稿「なぜ、何もしていないのに、いつの間にか首が痛くなるの?」をご参照下さい。


旅行初日の宴会だけが原因ではなく、たまっていた、夏の疲れからのご様子でしたので、心を鬼にして、「ビールなど、なるべく控えて下さいね」とお伝えしました。帰京後、しっかり整えさせていただきますね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。



※均整法では「循環器型」「消化器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



9月26日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-08-27 09:08 | 心臓

心臓に持病のある70代男性のお客様。ご来院の際には、左肩こりの訴えををよく伺います。

心臓の位置的に、心臓疲労は左肩甲骨の間など、左肩周辺に凝りとして現れやすいのです。
e0073240_8203128.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


この日は左肩ではなく、左のお尻が凝るとのこと。うつ伏せで触らせていただくと、いちばん凝りが強い筋肉は「梨状筋(下図の小さい赤丸)」でした。
e0073240_1623239.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


梨状筋は、坐骨神経(上図、小さい赤丸内からももの裏に伸びる黄色い太い神経)の上に位置するため、梨状筋の凝りは、坐骨神経痛の原因にもなることがあります。

今回の男性はそこまで強い凝りではありませんでしたが、坐骨神経痛予防という意味でも、この梨状筋をやわらかく保つことは必要です。

ではどのようにゆるめればよいでしょう?

同じかたち同士は関連し合うという、均整法独特の「同形相関」で観てみると、今回の男性の施術ポイントがはっきりします。

今回、左肩周辺の凝りには悩まされていなかったものの、触ってみると凝っている箇所はありました。小円筋(下図の小さい赤丸)。
e0073240_1623195.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


大きな赤丸で囲った、小円筋を含む肩周りの筋肉の配列と、梨状筋を含むお尻の筋肉の配列、なんだか似ていませんか?

そこで、均整法12種体型「循環器型」調整により、「心臓疲労を解消→小円筋の凝りがとれ→同形相関により梨状筋もゆるむ」との流れを組み立てることができます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに、他にもこの筋肉の配列パターンで、似ている箇所があります。
e0073240_16233573.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


左右の目の大きさが違う場合に、股関節を用いた調整法があります。

重心側の目は小さいことが多いため、左右の股関節の動きをそろえ、重心バランスを整えると、目の大きさ調整にもなるのです。

お尻の中の筋肉と、目の奥の筋肉の同形相関としても連動がありそうですね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※「循環器型」「泌尿器型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集
 6月22日開催分は、おかげさまで満員となりました。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-06-20 06:18 | 心臓

60代男性。夏に入ってから現在まで左肩が凝る。最近では左膝も痛い。

観させていただくと、凝っていると感じる位置は左肩甲骨の内側。胸椎5番の左側が凹んでいました(下図参照)。
e0073240_7531276.gif

(「アイリス・アイリスの作業現場」より)


その付近の筋肉も硬くなく、逆に周囲に比べてフニャフニャッとやわらかくなっています。

椎骨が凹んでいたり、凝っていると感じる箇所の筋肉がやわらかいのは、内臓疲労の現れであることが多いです。位置的に、心臓の疲れが出た様子。

立った姿勢を観させていただくと、少し右に捻れた姿勢になっていました。

通常はその姿勢の向きに沿って、体は捻りやすくなっていますが、今回の男性の場合、逆に左に捻りやすくなっていました。右には少ししか捻れません。

このように、姿勢と動きが逆になる場合も、内臓疲労のひとつの指標です。

これらを総合して判断すると、心臓疲労から体が左に捻りやすくなり、夏から最近にかけ、日常動作中、左足に体重がかかり、左膝への負担となった様子。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術としてはF5内界(フォーム5内界)調整。

胸椎5番の凹みが徐々に上がり、周囲の筋肉に、いい意味での張りが出てくるのをチェックしながら施術を進め、左右同じように捻れるように調整させていただきました。

夏の疲れが様々なかたちで顔を出す時期です。「これも、もしかして?」と心当たりのある方、遠慮なくお問い合わせ下さいね。


※均整法では悪い姿勢や動作が原因する歪み(外界からの歪み)ばかりではなく、その方のどの内臓から歪み(内界からの歪み)が生じやすいかを12種類(F1〜12)に分けて考え、調整することもできます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2013-08-31 06:57 | 心臓