快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:甲状腺( 1 )



40代女性。朝起きてベッドから降り、床に足を着くと、左足の甲の小指側がしばらく痛い。

小指側をたどっていくと一ヶ所、膨らんだところがありました。「そこです!」と。

日中は立ったり歩いたりしていて痛むことはありませんが、膨らみを押すと痛いそうです。

腫れているわけではなく、たくさんある細かな骨のうち、立方骨(下図参照)と呼ばれる骨が、ほんのわずかとび出ていたのでした。
e0073240_2353373.gif

(「アイリス・アイリスの作業現場」より)


最近、捻挫などは特にしていないとのことなので、全体の歪みの頂点が集約された箇所と推測されます。

立った姿勢で体を左右に捻ってみると、左に捻じりやすくなっていました。

真似をしてみると分かりますが、体をどんどん左に捻じっていくと、右足裏は親指側に、左は小指側に体重がかかります。

今回の女性の場合、日常、無意識のうちに左に少し捻った姿勢をとるくせがあり、ちょうど立方骨にいちばん負担をかけてしまっていたようでした。

「立った姿勢で体を左右に捻ってみると、左に捻じりやすくなっていました」

このフレーズ、本ブログでは頻繁に登場します。「捻れ」はそれほど、様々な症状の土台になるということ。

例えば、外反母趾が右ばかり痛む人に多いのも、この左に捻りやすいタイプ。先述の通り、右足裏の親指側に体重がかかり続けるからです。

全身の捻れをもう少し詳しく見てみると、下半身が左に捻じれた分、上半身が逆に右に捻れたり、上半身も下半身も左に捻れたり。顔と上半身も逆に捻れることが多いです。

すると、例えば首(頸椎)と胴体(胸椎)のつなぎ目付近、頸椎6番は位置的に甲状腺(下図参照)と近く、6番の捻れに押されて甲状腺も捻れ、左右のどちらかが、ほんのわずかですが前に出ます。
e0073240_7365849.png
e0073240_02824.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


このような状態のときに職場の健康診断が重なると、甲状腺に関して再検査を促されたりしやすいのです。最近来院された、別の女性のお客様(40代)お二人もそうでした。

捻れは、均整法では方向に応じて「左回旋型」「右回旋型」と使い分けて整えます。

今回の女性も合わせて、みなさん左回旋型調整により、立方骨も甲状腺も、元の位置に収まりました。

外反母趾痛、足の甲痛ばかりでなく、これまで無理をし過ぎてたまった慢性的な疲れが、肝臓や胃腸、子宮・卵巣など、様々な臓器に顔を出しやすい40代。

捻れをこまめに取り去っておくことは、これら臓器の疲労を解消し、様々な症状の予防にもなるのです。

捻れた背骨の近くにある臓器に、働きの亢進や低下が起りやすいことを、ぜひ覚えておいて下さいね。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


※均整法では左回旋型、右屈型、前屈型、伸展型など、歪みを12種類に分けて調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2013-11-09 08:31 | 甲状腺