快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:副腎( 1 )



50代女性。薬指の曲げ伸ばしが痛くてしにくく、病院で腱鞘炎と診断された。

物を書くお仕事のために、指を使いすぎたそうです。

ぎっくり腰や寝違え、足首の捻挫、また花粉症による粘膜の炎症など、体のどこかに炎症が起こっている場合、それぞれ患部の治療は病院に任せた上で、均整法でできる、早く体調をもとに戻すための調整があります。

その代表が「副腎」調整。副腎を整え、抗炎症作用のあるホルモンを分泌しやすい状況を作ります。

今回の女性の場合も、副腎の反応が出やすい胸椎11番に歪みがあり、その周囲がパンパンでしたので、まずこれを整えていきます。

調整が副腎に届いたかどうか知る目安として、「ふくらはぎがやわらかくなったかどうか」を確かめながら施術を進めます。

(ふくらはぎと副腎の関係については6月14日の記事、「ふくらはぎが『張る』『つる』原因を探ってみると」をご参照下さい。)

さらにもうひとつ、「頭蓋骨の乳様突起の左右差がそろったかどうか」も目安にすることができます。

乳様突起は、下図の緑色「側頭骨」の下側にある、丸みを帯びた突起(ちなみに鋭い突起は「茎状突起〜けいじょうとっき〜」といいます)。
e0073240_2317376.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


体のどこかで炎症が起こっていて、副腎ががんばっている姿として、乳様突起の位置が左右でずれてくることがあるのです。

今回の女性も右の乳様突起が左に比べて下がっていました。

副腎ががんばって疲れると、胸椎11番を中心に背骨が捻れ、背骨のいちばん上に載っている頭蓋骨も連動して歪みます。「皿回し」の皿が、棒の歪みのために落ちそうになり、傾いているようなイメージでしょうか。

また、「側頭骨からぴょこっと出ている乳様突起」と「腎臓の上にぴょこっと載っている副腎」の、全体のかたちが似ているところから、同じかたちの部位同士が相関する「同形相関」とも言えるでしょう。

e0073240_0385828.jpg

iris-irisのフリーウェア

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


胸椎11番を含む回旋型調整により、ふくらはぎはやわらかくなり、左右の乳様突起の位置も揃いました。

このように、頭蓋骨が歪んでいても、背骨がきちんと整えば、多くの場合、連動して頭蓋骨も整います。

逆に、背骨をしっかり整えた結果、まだ頭蓋骨に歪みが残っている、あるいは無かった歪みが浮いてきた、などの場合には頭蓋骨調整が必要なこともあります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


腎臓は耳とも同形相関とされています(上図参照)。

原因不明のめまいなどは、背骨を整えたあとにも、側頭骨や頭頂骨に歪みが残ることがありますので、めまいと関連の深い耳を整えるため、耳の土台である側頭骨をしっかり整えていきます。

このように、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では体型を「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」「筋肉型(循環器型)」など12種類に分けて調整します。12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-07-12 07:21 | 副腎