快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:頭蓋骨( 1 )



そろそろ終盤に差しかかる受験シーズン。試験前、快風院にも受験勉強の疲労回復のために、何名かのお客様がいらっしゃいました。


そのうちのお一人、10代女性Aさん。お母さんと一緒にご来院。


勉強をがんばったことによる頭の疲れは、体の様々なところに歪みとして現れます。


なかでもやはり、頭(頭蓋骨)のかたちの変化は大きいです。


その方のよく使う脳の部分に対応し、頭の前や後ろ、てっぺんなどが硬くなったりゴツゴツした感じになったりするのです。


Aさんは側頭部が両側ともに固まって凝っていました。頭蓋骨でいえば「側頭骨(下図の赤丸部分)」。


e0073240_20014414.jpg

その奥には記憶に関わる「側頭葉」が収まっていますから、受験勉強により疲れて固まり、動きが少なくなるのも自然の流れでしょう。


施術としては、先週(2017年2月11日)の記事内、50代男性にも用いた「胆経ライン」調整が再び活躍します。


側頭骨だけが固まっているわけではなく、全身の連動の中での、一部分の硬さが側頭骨に現れているからです。

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂

その連動を読み取るときに、経絡ラインはとてもよい指標になります。


先週記事のように胆経ラインそのものを調整してもよいのですが、今回は「胆兪(たんゆ)」に近い胸椎10番を用いて、両側の胆経ラインを一気にほどき、側頭部をゆるめました。


e0073240_20274435.jpg
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

次にお母様の施術の番です。「最近、ふくらはぎがよくつります」とのこと。


こんなときには胸椎11番。胸椎10番のひとつ下にありますが、今度は経絡ライン視点ではなく、内臓視点から用います。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





胸椎11番は「副腎(下図の赤丸、腎臓の上の黄色っぽい臓器)」の近くにあり、その反応が現れやすい椎骨。副腎疲労が続くと、ふくらはぎがつりやすくなるのです。


e0073240_20351213.jpg
「Essential Anatomy 5」

娘さんの受験勉強を毎夜サポートしたり、受験結果に気をもんだりと、心身両面の疲労を、副腎ががんばって支えている姿と見て取れました。


胸椎11番が整うにつれ、ふくらはぎにもフワッとした弾力が戻りました。


すべての受験生の皆様、そしてお身内の方々にとりまして、最良の春でありますように。


全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さい。


快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「消化器型(左右型)」「泌尿器型(回旋型)」「頭脳型(前後型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


2月27日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集




[PR]
by naotknet | 2017-02-18 04:11 | 頭蓋骨