快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:高血圧( 1 )



「肩がやわらかくなりましたね〜っ」とつい叫んでしまったほど、50代女性Cさんを久しぶりに施術させていただいて驚きました。


3年ぶりにいらっしゃいました。設計のお仕事のため、デスクワークは避けて通れません。


3年前は仰向けに寝てバンザイのポーズをしていただくと、両腕がまったくベッドにつきませんでした。


ところが今回は、なんとか両方ともつきます。つける努力やラジオ体操を、毎日続けていたそうです。


「先生のおっしゃるとおり、首や肩がとても楽になりました」とのこと。


見た目にもずいぶんすっきりしていました。以前は両肩が上って巻き込み、ボーンとした厚みがあったのです。


来月からまた忙しくなるので、その前のメンテナンス施術としてのご来院。


いろいろお話ししながら施術をする中で、喜んで下さった話題は、肩がやわらかくなることによる、高血圧予防の効用。


現在のところ血圧に異常はないそうですが、肩のやわらかさを保つことで将来も快調であるならばうれしいと、運動を続けるモチベーションアップにつながったご様子でした。


高血圧の方は、頸椎と胸椎の境目あたりの動きが硬く、盛り上がることが多いです。


e0073240_07065631.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

その近くに位置する交感神経「星状神経節(下図の青く色付けした神経)」などが、常にがんばりすぎてしまうからです。

e0073240_00340172.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

頸椎と胸椎の境目をやわらかく保つことは、星状神経節ケアになります。


ただし、首のストレッチだけでゆるめることは簡単ではありません。両肩の硬さがじゃまをするからです。


Cさんのように、肩の柔軟性を先に高めたほうが、効率よく首のやわらかさを実現することができます。


60代女性Dさんは、タオルを持っての肩回しを1ヶ月ほど前から始めたそうです。


タオルの両端を握って、前から後ろ、後ろから前などグルングルンと肩関節を回します。柔軟性が高まるほどに、握る手と手の距離を縮めます。

e0073240_15495015.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや


前回までは、施術の流れの中でよく「力を抜いて下さいねー」とお声がけをする場面が多かったのですが、それがほとんどなくなっていました。


施術では、施術者に自分の手や足、頭などを持たれるわけですから、最初は緊張することもあります。


普通は回を重ねるごとに力が抜けてくるものですが、何度いらしても力む方も。


体を動かす習慣のない方は、施術中はもとより、普段でも体が無意識に力んでいます。


このこともまた、肩こり・腰痛はもとより、高血圧など、生活習慣病の土台になります。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校・旭川校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


40代男性Eさんは、月に1度いらっしゃるようになって1年ほどが経ちました。


デスクワークと運動不足により、かなりの猫背でしたが、最近は見違えるようにスラッとした姿勢になりました。

e0073240_834271.jpg
c)フリーメディカルイラスト図鑑


運動を始めたわけでもなく、特に生活習慣は変わっていないそうです。


施術後、「何だかスーッと立てている気がします」「こんなふうに楽に立ちたかったんです」など、姿勢に関するコメントをいただきます。


施術を繰り返しているうちに、体が正しい姿勢を覚え、普段の姿勢や動作が変わり、徐々によい方に定着していきます。


施術だけでも、体の学習の機会になり、このように変化は出ますが、できれば運動などのよい習慣は、日常に取り入れていただきたいところです。


Cさんのバンザイストレッチやラジオ体操、Dさんのようにタオル肩回しなど、ワンポイントでもいいのです。それをきっかけに体は変わります。


「何をすればいいの?」と迷う方は、手前味噌ですがぜひ、8月4日発売予定の拙著


『体内疲労をとる5分間内臓ウォーキング
―脳から肝臓・胃腸・子宮まで若返る!(さくら舎刊)』

e0073240_07284611.jpg


をご覧下さい。手軽にできるワンポイントエクササイズから、全体の姿勢や動きを変え、内臓疲労も解消します。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)



※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

輪ゴム均整の本、好評発売中です。発売から1ヶ月、増刷も決定しました。ご購入下さった皆様、ありがとうございます。より多くの皆様のお役に立ちますように。

e0073240_15465422.jpg



7月24日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-07-08 07:45 | 高血圧