快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:自律神経( 32 )



30代男性Bさん。「前は左半身にばかり不調が出ていたのに、ここ最近、右に移ってしまいました。なぜでしょう?」とのご質問をいただきました。


何年か前、ときどき施術させていただいたことがあり、久しぶりのご来院。


初めていらした頃は確かに左半身が凝って硬くなり、左の腰痛や背中痛にお困りでした。今度はそれが右に出るとのこと。


何度かこれまでにお話ししているとおり、左半身には交感神経の反応が出やすいです。

e0073240_07291549.jpg
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

人は、昼間仕事などに集中しているときには左重心に、夜リラックスすれば右重心にと、振り子のように自由に重心を切り替えられると調子がよいです。


現代人は交感神経ががんばる時間が長かったり場面が多かったりで、だんだんと左重心を翌日、また翌日と積み残し、左半身を固めてしまうのです。


逆に、右半身には副交感神経の反応が出やすいです(上図参照)。


あまりストレスを感じていなかったり、全体的におっとりタイプの人は右重心になりやすいです。


また、胃腸や肝臓といった、消化器系の内臓は副交感神経がアクセルとなるため(下図の2を参照)、日常的に食べすぎ飲みすぎ傾向にある人も、右重心になりがち。


e0073240_749152.jpg
e0073240_74913100.jpg
「肝臓と整体の情報館」


よって、男性によく見られる、結婚を機に食生活が充実して食べすぎてしまう「幸せ太り」も、重心から見ると右重心になる傾向があります。


Bさんの質問への答えは、どうやらこちらでした。


お伝えすると「そうですか(笑)」とうれしそうなご様子(ごちそうさまでした)。


快風院『均整日記』、おかげさまで13年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。実は身につけるための学園があります。日々の授業の様子など、下記リンク先をご覧下さい☆


身体均整法学園』ブログ

『身体均整法学園』Facebookページ

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『快風身体均整院』取材・広報


他にも例をあげてみると。


昼間、緊張の続く仕事を終え、帰宅後、あるいはどこかに立ち寄ってちょっと一杯は、ホッとする時間ですよね。


体のしくみから見ると、交感神経ががんばりすぎている状態から、胃腸が動いて副交感神経が働き始めた状態です。


たまになら、あるいは適量ならいいですが、毎日毎日、目一杯食べ飲みしていては、いずれ交感神経も副交感神経も、両方とも疲れて大変です。


その疲労度の目安に役立つのは、「姿勢」と「動き」が一致するかどうかのチェック。


自律神経の疲労が浅いうちは下図の(2)「かたち(姿勢)と動きが一致している状態」です。


右重心の人が上体を右に傾けやすいなら、まだ浅いといえます。

e0073240_05005786.jpg
快風身体均整院


深まるにつれ(3)「かたち(姿勢)と動きが逆転している状態」に。右重心なのに、上体は左に傾けやすくなってきます。


もっとも深いのは(4)「バランスが崩れたままで安定している状態」。


一見すると歪みはなさそうですが、どこか不自然な釣り合い方をしています。


ここまでくると不調を感じる力がダウンしていることが多く、どこも辛くないとおっしゃる方もいます。


(4)の方は、施術の回数が進むにしたがって(3)→(2)→(1)と戻っていきますから、途中、歪んでいなかったのに歪みが出てきたようにみえることもあります。


ここから戻すのは時間も手間もかかります。できれば(2)を感じたあたりでご来院されるのが、ほどよいペースです。


具体的には月に1回がお薦めです。


ひとまず月1回で受けてみて、足りない人は少し短めの2〜3週間、大丈夫そうなら1ヶ月半〜2ヶ月に1回と、ご自身のいちばん快調なペースに調節していけばよいのです。


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。


医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「右回旋型」「左回旋型」「前屈型」「後屈型」「右屈型」「左屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】


6月26日(月)開催:均整センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-04-29 07:21 | 自律神経

30代女性のお客様Aさん。施術中、こんなご相談をいただきました。


息子さん(3歳)が保育園から帰宅したときなど、ホッとするとおしっこを少し漏らしてしまうことがよくあり、なんとかならないでしょうか、とのこと。


そこで、お母さんがお子さんにしてあげられる、均整操法をお伝えしました。


おねしょやおもらしの場合、子どもはもともと「副交感神経が優位」と考えると、対策が見つかります。


膀胱は副交感神経で収縮し、おしっこが出ます。


ホッとしたときは、副交感神経が優位になるとき。


子どもはもともと副交感神経が優位ですので、ホッとしたことで副交感神経を刺激し、その影響が膀胱に及んでしまうことがあります。


そこで、お子さんのおもらしには仙腸関節を整え、膀胱に直接関わる副交感神経のスペースを整備するとよいですよと、お話しさせていただきました。

e0073240_21341007.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


具体的には、お尻のかたちの左右差を整えます(ここでは手順の説明が難しいので、お悩みのお母様がいらっしゃいましたら、ご来院の際に遠慮なくご相談下さいね)。


操法をお伝えさせていただいた2週間後、「あれほど頻繁だったのが、うそのように止まりました!」とうれしいご報告をいただきました。


快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆





大人は仕事その他、長年がんばりすぎて交感神経優位な生活が続き、そのためにおねしょやおもらしをするほど副交感神経優位な状態にはなりにくいです。


ただ、ホッとする瞬間、例えば会社の定時や週末をきっかけに、交感神経→副交感神経がうまく切り替わらず、蕁麻疹や頭痛につながる方もいます。


また、がんばりすぎた交感神経によって、肩や腰を痛める方も。


たまたま同じ日にいらした3名様。Bさん(50代女性)は腰痛、Cさん(50代女性)は腰よりさらに上の背中痛、Dさん(40代女性)は右肩痛。


それぞれ不調の箇所は違いましたが、させていただいた施術のポイントは共通しています。


それは過敏になりすぎた交感神経に鎮まってもらうこと。


具体的には下図の交感神経幹という、背骨の前側に左右1本ずつ走っている交感神経のメインルートを整えていきます。


e0073240_21371450.jpg
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


不調の現れる箇所が三者三様であっても、どれも交感神経幹に沿っていることを頭に置いておくと、落ち着いて施術に向かうことができます。

e0073240_21143043.jpg
かわいいフリー素材集 いらすとや

また、これらが日替わりや週替り、あるいは不定期で移動する方にとっては、「交感神経幹」というキーワードをお伝えすることで、不調のしくみが分かり、安心することができます。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひご活用下さいね。

※「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?
バックナンバーはこちらからご覧下さい。
快風身体均整院 田川直樹)


※均整法では「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」「回旋型(泌尿器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労や脳疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】



4月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集



[PR]
by naotknet | 2017-03-25 07:29 | 自律神経

20代女性。子育て中の疲れからか、最近夕方になると、下を向いたときに頭がフワフワする感じがして辛い。

「フワフワする」「フラフラする」「グルグル回る」などを感じる不調は、耳や脳に関わる場合もありますから、病院での受診は大切。

その上で、現在の姿勢や動きに、普段と違ったどのような不自然さがあるかを見つけます。

この日はお子さんを預けての、午前中のご来院でした。

そっと下を向いていただくと、とても向きにくそうです。アゴが胸につきません。

逆に、上を向くのは真上の天井を通りすぎるほど、どこまでも行きそうです。

均整法では、このような「前後の動き」に特徴がある体型を「前後型」として調整します。

前後型は別名「頭脳型」。頭の疲れ(脳疲労)は、前後の動きのアンバランスとして現れやすいのです。

丸一日、気を張って育児に追われ、夕方になる頃、脳疲労が増すと、さらに下を向きにくくなると考えられました。

前後の動きを支えている椎骨の中から、胸椎1番、9番、腰椎5番(下図参照)を整えると、「えっ? アゴって胸につくんですね!」とのこと。

e0073240_07471576.jpg
「iris-irisのフリーウェア」

中でも胸椎1番は脳に血液を送る「椎骨動脈(下図参照)」との関係が深く、動きが硬くなると脳への血流にも影響します。

e0073240_08230405.jpg
3D4Medical『Essential Anatomy 5』

ちなみに胸椎9番は肝臓と、腰椎5番は股関節と関係が深いです。

このように椎骨は1つひとつにも役割があり、またいくつかが連動して前後左右などの動きを担当する役割もあるのです。


『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


例えば、冒頭の女性とは逆に、上を向くと首が辛くてご来院の40代女性。甲状腺の手術経験がありました。

甲状腺(下図の赤褐色の臓器)と関係が深いのは頸椎5番や6番。甲状腺の不調により、この2つの椎骨の動きも硬くなっていたようです。

e0073240_08060811.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

特に頸椎6番でつかえて、上に向きにくいご様子。真上の天井を見ることができません。

このようなとき、頸椎6番は直接触らずに、6番と連動する役割を持つ椎骨は、胸椎3番、7番、11番……と順に整えていくとよいのです。

お帰りの際には、真上の天井を見ることができました。

全ての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「前後型」「回旋型」「左右型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



10月24日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-10-15 08:51 | 自律神経

30代女性。ここ最近、生理周期が不規則。今月は3回あった。

施術後「(私の体)どんな状態ですか?」とご質問いただきました。

「いちばん目立っていたのは、上半身がガチガチで、下半身がフニャフニャなところです」とお答えしました。

多くの部下を抱え、毎日とても忙しくされている方。仕事に向けて頭をフル回転させる割合が多すぎていたようです。

体は様々なバランスの取り方をしています。

皆様もよくご存知の自律神経「交感神経」と「副交感神経」のバランス。

全身の筋肉を「伸筋」と「屈筋」に分けた場合のバランス。

心臓と胆のう、肝臓と小腸など、内臓同士のバランス。

そして今回のような「上半身」と「下半身」のバランス。他にもたくさんあります。

デスクワークで体をあまり動かさないまま、頭脳労働で頭ばかり使い続けていると、今回のように上半身が「実(じつ)」で、下半身が「虚(きょ)」の状態が生まれます。

「頭」と「体」のバランスが乱れた状態とも言い換えられます。

脳は、仕事のことだけを「頭」で考えていればよいわけではありません。生命を維持するために「体(内臓)」にも指令を出し続けています。

ところが、頭ばかり使って体を使わないと、使わない部分のコントロールがだんだんと効かなくなってきます。

分かりやすく極端な例を挙げると、2年前の大河ドラマ『軍師官兵衛』での、官兵衛少年時代。

何にでも興味を持つ官兵衛が、大人から武勇伝など面白い話を聞いているうちに、興奮してお漏らしをしてしまうクセのエピソードが描かれていました。

脳がひとつのことに集中して興奮の度が過ぎてしまい、下半身のコントロールが効かなくなった例です。

官兵衛少年はきっと野山を駆け回っていたことでしょうから、体を使っていなかったわけではないと思います。

その官兵衛少年でさえそうなってしまうのですから、現代人はなおさらです。

施術により上半身と下半身のバランスを取りながら、日々、体を使い、特によく歩くなど足腰を動かして、下半身コントロールを取り戻す必要があるのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


逆に生理がずっと止まってしまう方もいます。

過去のブログ(2009年8月15日)でお話ししましたが、仙骨の上は副交感神経、下は交感神経のゾーンです。

e0073240_7294166.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


このふたつの自律神経の切り替わりにより、正しい生理周期が保たれます。

周りに気を遣いすぎるなど、常に交感神経ががんばるタイプの女性は、仙骨の下を中心にお尻の下側が固まり、切り替わりがうまくいかなくなります。

上半身と下半身だけではなく、お尻(骨盤)の上下でもこのようなバランスの取り方を体はしています。

よって、フニャフニャになった下半身の中にも、妙に硬い部分、逆にさらに柔らかい部分ができたりします。

この組み合わせの状況により、生理が止まったり止められなかったりが起こるのです。

下半身全体に張りを取り戻すためには上半身と下半身のバランス施術。その上で、骨盤上下のバランス施術。

そして歩きを中心とした日常の習慣改善により、正しい周期を取り戻すことができます。生理周期にお悩みの方、ぜひご相談下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「骨盤型」「肋骨型」「消化器型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

6月27日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集
(5月の第4月曜日は身体均整師会全国講習会のため、センター営業をお休みします。)

5月~6月毎週月曜日開催:「輪ゴム1本で歪みを整える」セミナー(熊本地震復興支援)

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

『あなたがいい。超訳手塚治虫』

e0073240_724368.jpg



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-05-28 08:16 | 自律神経

40代男性。左のお尻からももにかけて、痛みが半年ほど続いている。病院も受診しているが、あまりよくならない。

ご自身でもいろいろ調べた結果、坐骨神経と梨状筋が関係あるのかもと、お尻にある梨状筋をゆるめてみたりもしたそうです。
e0073240_725181.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


立った姿勢をまず見せていただくと、とても左重心が強くなっていました。

もうひとつ目立っていたのは、梨状筋も含め、お尻の筋肉がへナッとやわらかいこと。逆に上半身、特に肩周りはがっしり硬いのです。

別の50代女性。やはり左の同じところに痛みを訴えていました。

お尻は、上記の男性とは逆にパンパンに張っています。施術が終わると張りが引き、小さくなりました。

先々週にお話しした、「男は頭から、女は骨盤から」を覚えていますでしょうか。まさにそれに当てはまる例です。

転職して夜勤のある仕事となった今回の男性。

夜勤ということは、無理をして夜に起きていることになります。

夜は本来であれば副交感神経がメインとなっている時間帯。そこで起きているためには、交感神経が残業をしなければなりません。

均整法視点から観ると、交感神経ががんばっているときには、体は左重心になります。

また上半身と下半身で分けたときに、頭に近い、やはり交感神経に分類される「星状神経節(下図の上段)」「大内臓神経(下図の下段)」を中心に肩や背中が力み、上半身がガチガチ、パンパンになりやすいのです。
e0073240_2283294.jpg

e0073240_822197.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


この状態が長引くと、上半身が硬くなった分だけ、下半身はヘナヘナと力が抜けたように、上下のバランスを崩します。

体は左半身と右半身だけでなく、上半身と下半身でもバランスを取り合っているのです。

今回の男性は、左重心となった上半身を支えようとしても、下半身がヘナヘナしてうまく支えられず、そこから左の坐骨神経に負担がかかっている様子でした。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今月から12年目に入ります(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


今回の女性はといえば、仕事が忙しくなりすぎたときに痛み出すとのこと。

先ほどの男性と同じく自律神経から眺めてみると、がんばりすぎた交感神経に子宮や卵巣が反応してしまい、そこからの左腰痛の様子。

下図をご参照下さい。男性と違って、女性は交感神経の亢進により、婦人科系臓器がつられてがんばりすぎ、腰痛をはじめとした不調につながりやすいのです。
e0073240_749152.jpg

e0073240_74913100.jpg

「肝臓と整体の情報館」


このような場合に、男性は均整法12種体型「頭脳型」、女性は「骨盤型」として調整すると、同じ交感神経でも、性別を考慮した、よりピンポイントな施術が可能となります。

下半身が自律神経の影響でヘナヘナッとしたり、逆にパンパンになったり。2009年3月14日のブログ「自律神経と腰痛」でも詳しく解説していますので、ご参照下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「頭脳型」「骨盤型」「消化器型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

4月25日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。この時期、鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。
『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。
『あなたがいい。超訳手塚治虫』

e0073240_724368.jpg



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-04-09 07:32 | 自律神経

20代女性(大学生)。勉強のため長時間机に向かう生活を続けているうちに、肩甲骨の間が辛くて仕方がなくなった。

胸椎6~8番がガチガチで、左に捻れていました。
e0073240_744356.gif

「iris-irisのフリーウェア」


右利きのため、ペンでノートしたり、あるいはパソコンの入力のときにも、わずかに上半身を左に捻ってしまうからです。
e0073240_1414789.jpg

無料イラスト かわいいフリー素材集 |「いらすとや」


上記を含め、胸椎5~9番の前側には「大内臓神経」という交感神経が位置しています(6〜9番、5〜10番、など個人差があります)。
e0073240_822197.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


大内臓神経は胃や肝臓、膵臓、小腸などに伸び、消化活動のコントロールを受け持っています。

勉強や仕事に集中すれば交感神経ががんばります。胸椎5~9番には大内臓神経の作用により、交感神経の反応が現れやすいのです。

加えてデスクワーク姿勢の、体を捻る支点が同じ付近に重なれば、Wパンチになってしまいます。

Wのうちのどちらかを取り去れば、パンチ力は半減され、楽になると観ました。

均整法12種体型「回旋型(捻れ型)」は、ちょうど胸椎7番を含みますので、7番を主にした回旋型調整をセレクト。

結果として大内臓神経調整となり、自律神経バランスを整えることになります。

日常のアドバイスとしては、地道ですが、例えば勉強の一環として組み込むくらいの意識で、ウォーキングやラジオ体操を通じて、体を動かすことをお勧めしました。

そうすれば、大内臓神経と関わりの深い胸椎5~9番もよく動かされ、結果的にラジオ体操が、自律神経のための体操になるのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ところで、「ガチガチ」も解消すべき状態ですが、「フニャフニャ」すぎてもいけません。

「目が充血しがち」「冬になると肌が荒れる」「お風呂で頭を洗うとき、髪がたくさん抜けているようで心配」「目の下のクマが気になる」など、美容相談を受けることがあります。

漢方では「肝」は「目」、「肺」は「皮膚」、「腎」は「髪」や目の下の「クマ」など、内臓の状態が体表に現れるとされています。

ときどき当ブログでお話しする「秋は肺の季節」など、季節ごとにリーダーとなる臓器の視点で観れば、「春は肝」「冬は腎」を意識した調整が必要。

さらに、全体として観ると、「内臓の弱り」としてくくることもできます。

内臓全体の弱りを表すサインが、先ほどの「フニャフニャ」。

腕や脚、体を曲げたり伸ばしたりしたときに、柔軟体操の必要がないくらい、フニャッとしすぎた柔らかさを感じる人の多くは、内臓の働きが体質的に弱いです。

よって上記のような、内臓が原因する美容のお悩み解消のためには、体を‘いい意味で’、もう少し硬くしなければなりません。

適度に体を動かし、弾力のあるしなやかな体を作ることが、内臓全体を疲れにくく丈夫にし、肝は目など、個別に考えなくても美容面のお悩みを一掃、また、健康増進にもつながるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「回旋型」「頭脳型」「骨盤型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

※過去記事「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その1〜4)はこちらからご覧下さい。

11月23日(月・祝)開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-11-14 07:52 | 自律神経

「休日になると……」が、不調のキーワードの人、意外に多いです。

休日になると頭痛がする、便秘になる、アトピーの症状がひどくなる、じんましんが出るetc.

逆の人もいます。休日になると、これらが軽くなる。

改善のポイントは自律神経のバランス。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、各内臓にとってのアクセル、ブレーキの役割をしています。

また、ふたつの神経はシーソーのような関係になっていることも覚えておいて下さい。

例えば便秘について見てみましょう。腸にとっては交感神経がブレーキ、副交感神経がアクセルになります。
e0073240_749152.jpg

e0073240_74913100.jpg

「肝臓と整体の情報館」


便秘は様々な原因が重なり合いますが、自律神経のシーソー関係視点からは大きく二つに分けられます。

腸にブレーキがかかって便が出にくくなる「弛緩性便秘」と、腸がアクセルを踏みすぎて必要以上にキューっと締まりすぎて出にくくなる「痙攣(けいれん)性便秘」です。

腸にブレーキをかけがちな人は、全体として交感神経寄りの体質。アクセルを踏みがちな人は副交感神経寄りの体質といえます。

交感神経寄りの体質とは、ざっくりと言えば「緊張しい」なタイプ。周りに気を使いすぎ常にピリピリしていたり、細かいことが気になって落ち着かない人。副交感神経寄りは「のんびりおっとり」タイプです。

「交感神経寄り体質で便秘」の人が平日、仕事に追われて忙しすぎると、活動のための神経である交感神経をさらに使うため、腸にとってのブレーキをさらに踏みこんでしまいます。

ブレーキのかかった腸は動きが止まってダラっと伸びてしまい(弛緩してしまい)、便秘がよりひどくなります。

休日になると、仕事へ回す分の交感神経がOFFになり、腸へのブレーキも解除されやすく、お通じもある程度はよくなるでしょう。

「副交感神経寄り便秘」の人は、もともと副交感神経によるアクセルを踏みすぎて、腸がキューっと締まり気味(痙攣気味)。

仕事の忙しさによる交感神経の働きがほどよいブレーキとなり、腸のアクセルを少しゆるめるので、平日はまだなんとかお通じがあります。

休日になると、仕事へ回す分の交感神経がOFFになり、副交感神経アクセル全開、腸は痙攣が過剰、便秘はひどくなります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


他には、嫌な上司から解放される休日はアトピーの症状が軽くなり、月曜になるとひどくなる人。会社の定時を境に頭痛が起きる人。

緊張時に働いていた交感神経から、リラックス時の副交感神経への切り替わりの落差が大きすぎるのです。

では、嫌な上司が異動でいなくなればいい、となるのですが、現実的ではありませんよね。さらに言えば、似たような環境にあっても、なんとか折り合いをつけ、体調に影響しない人もいるわけです。

違いはどこにあるのか?

「嫌な上司用」交感神経だけをONにするような、偏った使い方をしないところです。

例えば仕事以外の時間がいくつかあると、交感神経の使われ方が分散されます。

趣味に打ち込む、家族と遊びに出かける、カラオケに行く、ジムで汗を流す……いつも嫌な上司用に使っているのとは違う部分の交感神経を日頃から使っていると、全体としてバランスが取れます。

「趣味用」「家族用」「カラオケ用」「ジム用」交感神経を、まんべんなく持つイメージ。

趣味も何もないと、休日に「嫌な上司用」交感神経を使わなくてよくなったとき、他の交感神経もすべてOFF状態。すると副交感神経側へとシーソーが急に跳ね上がってON、その落差が様々な症状につながるのです。

よって施術では、「嫌な上司用」にONになりすぎている交感神経を鎮めるばかりでなく、日頃あまり使われていない「◯◯用」交感神経を見つけてONにしたりと、状況に応じて使い分けるのです。

均整用語では「鼓舞」「抑制」と呼ばれます。

これまでにも自律神経のバランスを取ることについて、書いてきましたので、参考にして下さいね。

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その2)

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その3)

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では、「頭脳型」「消化器型」「骨盤型」など、歪みをまず6種類に分け、それぞれを「陰(副交感神経寄りタイプ)」「陽(交感神経寄りタイプ)」にさらに分け、合計12種類として考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-16 07:19 | 自律神経

これまでどこも調子が悪くないと思っていたのに、職場の健康診断で再検査を告げられ、あわててその内臓について調べているうちに当院を見つけ、ご来院下さる方、けっこういらっしゃいます。

再検査をクリアしてひとまず安心。でも、来年の健診に向けて何かできることはないか。

そんなとき、内臓そのものばかりにとらわれず、内臓のブレーキとアクセルである自律神経に注目してみませんか?

例えば視力に左右差があって、知らず知らずのうちによい側の目を酷使しながら、パソコン業務を毎日がんばって何年も過ごせば、その側の首が凝り、頸椎にも歪みが現れます。

すると、頸椎の間から各内臓へ伸び、胃腸や肝臓のアクセルとなる自律神経「迷走神経(下図、首から下の神経)」の働きがうまくいかず、結果的に内臓にブレーキばかりかけ続けることに。
e0073240_4333779.gif


「肝臓と整体の情報館」より


自転車のブレーキを握りしめながら、「タイヤが動かないのはなぜだろう?」と言っているようなものです。

ブレーキから手を放さず、チェーンやタイヤにいくら油をさしても、自転車は動きません。そのうちどこかが壊れます。「自転車のブレーキから手を放す」が、体でいえば「頸椎を整える」なのです。

別の例。「うなづく」よりも「天井を見上げる」動作が得意な人は、後ろ重心であることが多いです。

後ろに倒れてしまわないよう、無意識に首の前、「胸鎖乳突筋(下図参照)」に力を込めて支え続けます。
e0073240_16141977.png

(「ウィキペディア」より)


コリコリになった胸鎖乳突筋が、近くの迷走神経を通して、やはり胃や肝臓のブレーキ・アクセルを乱すのです。

せっかく再検査を受けるのであれば、生活習慣を見直すことと合わせ、体の歪みを整えて、内臓のブレーキ・アクセルを整備しましょう。

視力でいえば、肩の下がっている側の悪いことが多いです。胸鎖乳突筋のコリコリは、後ろ重心になりすぎないよう、全体のバランスを調整します。

1年に1度、均整法からの健康チェックにいらっしゃる、ある50代男性に、「今回は膵臓に凝りがみられました(悪いという意味ではなく、その方のどこに疲れが集まりやすいかという視点です)」とお伝えしました。

すると、「実は半年前の健康診断で膵臓に関して再検査となり、大さわぎだったのです! 事なきを得たので今日の施術前にはお話ししませんでした」と。

自律神経と膵臓の関係をお伝えすると、「へえーっ」と納得され、最近はチェックだけではなく予防のため、ご来院の回数を増やして下さいました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


さらに自律神経のアクセル・ブレーキに大切なポイントは尾骨。

……長くなりそうですので、過去ブログ「尾骨の歪み」を参照して下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では胃腸、肝臓、膵臓、心臓など、その人のどこに無理がかかっているかを「消化器型」「循環器型」など12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-03-28 07:13 | 自律神経

このブログでときどき、左半身は交感神経、右半身は副交感神経の反応が出やすい、とお話しします。

例えばある40代女性。年末からここ最近まで海外出張続き。寒い中国の北方からいったん帰国したと思ったら今度は、飛行機を3回乗り継いで、南方の小さな島国へ。次に再び中国出張が控えているそうです。

それも今回はすべて初めての国への一人旅。交感神経はフル回転です。

このようなときに、体は左重心が続き、左半身が硬くなるのです。この状態で旅にはかかせない、重たいトランクを持ち運びしていたらどうなるでしょうか。

移動の際の上げ下ろしなどで、左肩の動きが右肩よりも悪い分、痛める率が高まるのです。今回の女性も南方へ出発の前、突如現れた左肩の痛みで、移動の飛行機の中、寝られないほどだったとのこと。

肩には触らずに、左半身調整=交感神経を鎮める調整をさせていただきました。施術後に「まだちょっと……」とおっしゃっていましたが、そこで追いかけて肩を触るようなことはしません。

3日後メールが届き、「あれから調子がよくなり、ヨガのレッスンに行っても大丈夫でした、感謝☆」とのこと。うれしかったです。

このように、自律神経にフォーカスした調整は、その場での変化が今ひとつのこともあります。2、3日かけて体をめぐり、内側から整えていくからです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


右半身ばかり不調が続くという、別の40代女性。先の理論では、副交感神経亢進によって右重心となります。

多いのは食べ過ぎ飲み過ぎにより胃腸や肝臓を酷使し、アクセルである副交感神経がフル回転の状態。

私自身、去年のお正月に経験した右肩の痛みは、このことがベースにありました。

ただ、今回の女性に「最近食べ過ぎていませんか?」などと言ったら失礼です。パソコン業務過多による、目の疲れからの肝臓疲労でしたから。

漢方では肝は目と関係が深いとされています。
e0073240_74536.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


実際に今回の女性も、目の調整により肝臓の凝りがとれると、体の右側にある肝臓自体が軽くなり、右重心が解除されました。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

※均整法では自律神経の状態を12種類に分類し、整えます。「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会3月開催のお知らせ

3月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-02-28 08:02 | 自律神経

40代女性。ここしばらく体調よく過ごしてきたが、昨日からなぜか腰が全体的に痛くて辛い。

女性の体調には月のリズムがとても関係します。排卵の時期には交感神経、月経の時期には副交感神経がいつもより働くからです。

二つの切り替えがうまくいかないときに、子宮・卵巣のアクセルとブレーキが混乱し、腰周りの不調につながります。

切り替えがうまくいかない原因として、例えば交感神経優位時期にストレスにより交感神経(子宮・卵巣にとってのアクセル)をより刺激してしまう(下図参照)、
e0073240_749152.jpg

副交感神経優位時期に飲み会続きで胃腸を酷使し、ますます副交感神経(胃腸にとってのアクセル=子宮・卵巣にとってのブレーキ)を刺激してしまう、などが考えられます。
e0073240_74913100.jpg

「肝臓と整体の情報館」


今回の女性の場合は前者でした。普段、排卵時期の腰痛はないこと、また、腰に加えてふくらはぎがパンパンなところに手がかりがありました。

「副腎」が疲れると、連動してふくらはぎもパンパンに張ります。

副腎は体がストレスに対処するときに頑張る臓器(下図参照)。
e0073240_7395567.gif

「iris-irisのフリーウェア」


よって、今回の女性の場合、副腎を整えてストレス対処能力を回復させ、月のリズム以外からの交感神経への刺激を減らすことができればよいのです。

施術としては、副腎の反応点である胸椎11番を含む、均整法12種体型「回旋型」調整。

パンパンだったふくらはぎが弛むにつれ、同じくパンパンだった骨盤周りもおだやかな状態に。「助かりました~」と、ホッとしたご様子でお帰りになりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術により、自律神経バランス(交感神経と副交感神経のシーソー関係)を整える一例でした。

自律神経バランスを、日常生活の中で無理なく整えるにはどうしたらよいか?

たまたま手にとった本がとても参考になったので、ご紹介します。

“『蘇活力(実践篇)』”

『蘇活力(実践篇)』



すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会2月、3月開催のお知らせ
(2月は本日〜21日〜開催です。飛び込みでのご参加も歓迎致します)

2月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-02-21 07:59 | 自律神経