快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧



30代女性。10代の頃から生理痛が重く、鎮痛剤がかかせない。過去、病院での何回かの検査では常に異常なし。

仰向けの姿勢で寝てもらうと、左足のつま先が強く内側に倒れていました。右はやや外側に、自然なかたちで開いています。

この場合、生理痛に関連して考えられるのは、左の卵巣の緊張や、やはり体の左側にある脾臓の疲れなどです。

さらに全身を観てみると、おへそから上の上半身は非常に硬く緊張しており、逆に下半身は柔らかすぎるほどに力が抜けています。ここから読めることは、上半身の活動が亢進し過ぎ、その分下半身の働きが抑えれられてしまっているのでは、ということです。

このように人の体は上と下、他に左と右、前と後ろなど、様々な場面でシーソーのような関係を取り合っています。

上半身は胸椎3番の硬さから、の働き過ぎが観て取れましたので、施術として12種体型「肋骨型」の内界調整胸椎3番と8番、腰椎1番のバランスを取ると、上半身の緊張が弛むととともに、下半身にも適度な弾力が戻り、左足のつま先が自然に開くようになりました。

均整法では、姿勢など外的要因の歪みを「外界」、内臓疲れなど内的要因の歪みを「内界」として分類した上で、全身のバランス調整を進めます。詳しくはこちらを参考になさって下さいね。快風院「現代人の歪みのしくみ・整え方」

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2005-11-28 13:41 | 生理痛

40代女性。最近息を吸いにくく感じることがあり、フルートのレッスン時、特に気になる。

呼吸ということからすると「肋骨」の開閉状態がどうかということになり、動きを観てみるとやはり硬さが感じられました。さらに目立ったのは、「頭蓋骨(特に頭の横の側頭骨)」が閉まり過ぎていることです。

息を吸うとき側頭骨は外に開き、吐くときに内に閉じるという微妙な動きをしています。

その動きが何らかの原因で内に閉じっぱなしになってしまった場合、息を吐けるけれど吸いにくいという状況が起こることがあります。

何らかの原因の主なものとして、交感神経の緊張状態があげられます。頭蓋骨は交感神経が緊張すると閉まり、副交感神経が緊張すると開くという性質も持っているのです。

よって、自律神経の(交感神経と副交感神経の)バランスをとっていくことが最優先です。

5月19日分『骨盤と肋骨』、5月24日分『骨盤と頭蓋骨』「頭蓋骨」「肋骨」「骨盤」の連動のことを書きました。肋骨が硬く閉まっているときには頭蓋骨も閉まり、逆に骨盤は開き気味になります。

これは交感神経が亢進しているときの全身のかたちでもある為、これを整える調整、具体的には12種体型での「骨盤型(胸椎4番、8番、12番、腰椎4番)」の調整を進めることで、施術の後半には呼吸が呼気吸気ともに楽になったとのことでした。

お話を伺うと、ここ最近お仕事の流れによる秋のイベントなどの行事が立て続けに開催され、休む間もなかったとのこと。交感神経の緊張が続いてしまったのは、その辺りに原因があったようです。

※ちなみに息が吐きにくい場合は副交感神経緊張タイプの可能性もありますので、その場合の調整も均整法では致します。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2005-11-17 19:26 | 呼吸

50代男性。先週のゴルフ中にだんだんと腰(上腰部)が痛くなってきて、いったん治まったものの、今日になって再び痛くなってきた。立った姿勢で左に捻っても右に捻っても痛い。

痛い箇所を詳しく見せていただくと、5つある腰の骨(腰椎)のうち、上から2番目の腰椎2番が右に捻れていました。

そのかたちからすると、腰椎2番が捻れている方向に沿って体を右に捻ったときには痛くなく、逆の左に捻ると痛くて、動きも制限されることが多いのですが、この方の場合はどちらに捻っても痛いということで、体の中(内臓)からの歪みに、ゴルフでの捻れの刺激が強く作用してしまった、ということが考えられます。

腰椎2番付近からは肝臓他に神経が伸びているので、それら消化器系の内臓疲れがとても影響しやすい箇所なのです。

この方の場合もやはり非常に強い肝臓の疲れが観られ、そのことをお話しすると、週末のゴルフの2,3日前から飲み会が続き、確かに肝臓は疲れていたはず、とのこと。

今日の施術では肝臓調整のみを行うと、立った姿勢で右方向へはスムーズに捻れるようになりました。

左への動きを出す為には腰椎2番も調整したいところですが、2番自体は痛みが激しいので今日は直接触らずに、日を変えて調整させていただくと、左右共に動きのバランスが回復しました。

※内臓と背骨の関係については、こちらも参考になさって下さいね。快風院 症状別体型紹介ページ『骨格矯正』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2005-11-08 22:54 | 腰痛