快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧



50代女性。起床時に腰が重かったり痛かったり。起きてしばらく動いているとよくなる。

腰痛に限らず、肩こり、背中のこりなどのお悩みがかなり長引いているときには、その違和感部分の血流が滞りがちになっていることが多いです。

特に就寝中の夜間は身体の動きが少なくなるために血流の停滞がさらに増し、不調箇所周囲の筋肉が硬く強ばってしまい、目覚め時の不快感につながります。起床して動いているうちに、ある程度血流が回復し、筋肉の強ばりがほどけてくると調子も上がってくる、というわけです。

この方の場合は左の腰でしたので、よく観させていただくと、腰そのものには、腰椎4,5番の左回旋というかたちが出ていました。

その部分だけが不調で血流も滞るけど、あとは元気いっぱい、ということはなく、たまたまその方のいちばん弱い箇所であるために目立っている腰部の血流停滞を解消するには、やはり全身の血流もスムーズにする必要があります。

ということは、腰のみを施術して整えるのではなく、鏡の前に立ったときに、どこからみても自然に立てているという、全身のバランスが大切です。

均整法では、まず12種体型に基づいて全身のバランスを整えたあとに、腰なら腰、肩なら肩といった、個別の施術に入ります。

この方は左右型(F3)の体型調整後に、左の腰の施術をさせていただきました。※ただし左腰は痛いわけですから直接は触らずに、右腰などを施術することにより、左腰を間接的に整えていきます。

今回は腰痛を血流という視点から眺めてきましたが、均整法で全身のバランスを施術の最初に整えることには、不調の‘枝葉’に当たる部分をすべてはがし、いちばん整えるべき箇所、‘幹’のみをはっきりと浮き上がらせる目的もあります。

浮き上がってきた真の歪みをねらって個別の施術をすることで、よりすばやく整えることができるのです。

※「左右型」については、こちらも参考になさって下さいね。快風院 症状別体型研究『12種体型』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2006-08-28 21:37 | 腰痛

20代女性。その週は仕事が忙しく(ずっと座りっぱなしで頭を使い続ける作業)、週末の土曜日、頭痛で起きられずに終日就寝。来院時の日曜日もまだ残る。

立った姿勢を見せていただくと、腰も肩も上(頭の方向)につり上がって硬くなっていました。次に仰向けで首から後頭部を触らせていただくと、とても熱く感じられます。一時的に「頭脳型」が際立った体型になっていました。

体をよく観てみると、そのときに疲れている部分に向かって、全体が集まっていく傾向にあります。

例えば胃が疲れていて胃を中心に体の歪みが発生しているとき、言い換えれば、胃に向かって体の各部分が引っ張られて、その結果、体が歪んで見えるのです。

今回の場合の施術では、頭や首、肩周りなど、上半身は硬過ぎる上に熱いので、最初は触ることができません。触ったとしても硬くて手が入らない上に、そこを無理に操作したら、ますます硬くなってしまう恐れがあります。

上半身から遠いところ、まずは足先、次に骨盤周りなどで逆に軟らか過ぎるところを見つけ、そこにある程度の弾力を取り戻させるような調整していくことで、上半身に行き過ぎた重心を下半身に移して安定させ、吊り上がった肩や腰をスーッと下げ、頭の緊張を抜いていきます。

※「頭脳型」については、こちらも参考になさって下さいね。快風院 症状別体型研究『12種体型』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

[PR]
by naotknet | 2006-08-01 00:00 | 頭痛