快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧



冷えと免疫力から見た風邪の抜けなさについては、5月18日分で書かせていただきましたが、今度は均整法的な見方です。

風邪を引いたあと1ヶ月ほど、鼻がつまったり鼻水が出たりが続いている男性。定期的に観させていただいていますので、いつもの状態と比べることができます。

すると、いちばん目に付いたのは、足の人差し指と中指の間(2,3趾間)が両方とも硬く緊張して、つまったようになっていることでした。この方は、いつもは右だけつまっていることが多いです。

体調不良時によくあるパターンは、こちらのお客様に限らず、左か右の2,3趾間、どちらか一方だけが硬くつまる状態。

これは、からだ全体の捻れが強くなっていることを表します。捻れて偏った重心を、右、あるいは左のつま先で受け止め続けているということです。

さらにそれが長引くと、そのつまったところから伸びている経絡線(全身にあるツボ〜経穴〜を結んでできるライン。例えば胃に関係する経穴を結んだラインは胃経。大腸なら大腸経など。)に沿って、重心の偏りを支え続けていることからくる緊張感が上っていき、この場合は胃経という、胃の経絡線上に不調を示したりします。

胃経は鼻のすぐ脇を通りますので、鼻に関する何らかの不調にもつながりやすいのです。

お話しを伺うと、お仕事の締切が迫り、何日も集中してパソコンに向かう日が続いたとのこと。

頭を集中して使い過ぎると、姿勢としてはうつむき加減になることが多く、そのため片足ずつではなく、両足のつま先に重心が偏ります。

F1(フォーム1・頭脳型)調整でそれらを解除すると、鼻の穴の大きさが両方とも拡がりました。やはりこのことが影響していた可能性が大きそうです。

一ヶ月後にいらした際に伺うと、その後、鼻は大丈夫で、調子よく仕事ができていますとのことでした。

しかし、やはりお仕事柄、同じような状況になることは今後もあるでしょうから、同じく頭を使い過ぎれば、やはり今回と同じような歪みになります。

よく話題にされる「整体で歪みを整えても、またもとに戻るのでは?」という質問の答えもここにあります。

いつも真っ直ぐであり続けるということは、逆にいえば真っ直ぐのまま、硬く固まってしまったということで、これはこれで具合が悪いのです。

大切なのは、何かに集中したりして疲れが深まったときに体の歪みが出てきても、一段落付いたときには、自然ともとの状態に戻れるかどうかです。

本来このように歪みと真っ直ぐの間を自力で行き来し、そのときどきの環境に柔軟に対応できる体が健康体なのです。

施術には、歪んだまま動きがとれなくなってしまった方だけでなく、真っ直ぐのまま動きがとれなくなってしまった方も再び動き出せるように、後押しする役目もあります。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2007-06-30 07:01 | 風邪

第二の心臓


先々月、健康雑誌「日経ヘルス」さんから取材依頼をいただきました。

テーマが「代謝アップ」とのことでしたので、‘肝臓’に加えて、ちょうどタイミングよく注目していた‘ヒラメ筋’と‘前脛骨筋(ぜんけいこつきん)’についてお話しさせていただきました。

本日(6/2)発売の「日経ヘルス7月号」に、ふたつの筋肉のしくみとトレーニングについて、イラスト入りで詳しく掲載していただいています(感謝)。

今回のブログには、取材用に私が作成した資料をそのままアップしてみました。

本誌ではトレーニングがメインでしたので、こちらの資料により理論編、特に均整法の視点で見た場合の重要性を、より深く知っていただければと思います。

******以下、取材用資料より***********************

代謝アップの2つのポイントは‘肝臓’と‘ヒラメ筋’。肝臓とヒラメ筋を同時に活性化する方法として「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」を鍛えるトレーニングをご紹介します。

代謝アップの2つのポイント:‘肝臓’と‘ヒラメ筋’

このふたつを活性化することで、心臓へ戻ってくる血液(静脈血)を、スムーズに戻す環境を整えることができます。

肝臓はお腹の、ヒラメ筋は足のうっ血解消のポイントになり、ひいては全身のうっ血解消、代謝アップにつながります。

‘肝臓’

主な内臓(胃や小腸、大腸、膵臓、胆のうなど消化器系の内臓)から心臓に戻る血液は、「門脈」という血管を通っていったん肝臓に集まってから心臓に戻ります。

肝臓はその働き自体、代謝に深く関わります。体内の不要物、老廃物などを、体外へ排出できるように分解するからです。

肝臓の疲れが長引いてくると、その働きは低下、また、それぞれの臓器から来た静脈血が、疲れて張ってしまった肝臓の手前で渋滞を起こし、お腹の中全体にうっ血が起こります。そこから全身の静脈系にまで渋滞が広がっていくパターンが多いのです。

ところで、体の歪みには「普通の歪み」「内臓からの歪み」があり、通常このふたつが混ざり合っていますが、現代人は不規則な生活習慣により、上記のような肝臓の緊張、お腹のうっ血などから起こる「内臓からの歪み」の割合の大きい方がほとんどです。

均整法では両方を視野に入れて施術を行いますが、「内臓からの歪み」が度を超すと、1、2回の施術を受けるだけではどうにもならない場合もあります。

よって、当院では均整法の技法である「肝臓賦活法(かんぞうふかつほう)」を用いて、3ヶ月間(週に1回で10回)、徹底的に肝臓を中心に内臓を整えていくおなかの整体「肝整(かんせい)」というコースを設置、肝整を専門に行う均整院を「肝整 池袋」として快風身体均整院内に併設しています。

肝整の後には、肝臓を疲れさせないための、日常生活のアドバイス(食事、睡眠、運動など)をさせていただいています。その「運動」のうちのひとつを、今回はご紹介させていただきます。

‘ヒラメ筋’

上記のように、肝臓を整えるだけでも、静脈血の帰り道を整備することができますが、その整備された道へ静脈血を流す大きな役割を担っているのが‘第二の心臓’と呼ばれる「ヒラメ筋」です。

ヒラメ筋はふくらはぎにある、アキレス腱と一体になった筋肉で、その強力な伸び縮みにより、ポンプのように、足先の静脈血を心臓のほうへと送り返します。

ヒラメ筋がよく伸縮するためには、足首がやわらかく使え、よく返らなければなければなりません。これがとても硬い人が多いのです。

日常生活のアドバイスで「運動」をお伝えするときに、これまでは、足首、ヒラメ筋をやわらかくするために、アキレス腱のストレッチなどをお勧めしてきました。しかし、私自身はそれほど熱心にアキレス腱ストレッチを続けてきたわけではないのに、足首を比較的やわらかく使えます。

それはなぜなのかと考えたとき、20年来続けているレスリング、サンボなどの格闘技において、自然と自分にとっていちばん効率のよい足首の使い方を身につけてきたのでは?ということでした。

練習前の準備体操時にわずかな時間行っているアキレス腱ストレッチだけが有効なのではなく、その後の練習や試合の中で、相手に勝るスピードで動くために、自分がいちばん楽に動ける足首の使い方を身につけてきたのではないかと思います。

それを漠然とではなく理論的にお伝えでき、かつ効果的な方法はないものかと、ずっと探していました。

そして出会った、肝臓とヒラメ筋を一気に活性化する方法→「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」を鍛える!

そんな中で出会ったのがスポーツトレーナーの志水博彦先生(NSCA認定パーソナルトレーナー)でした。

さきほど私が足首を‘比較的’やわらかく使えると書いたのは、この先生の、素晴らしい足首の動きを見てしまったからです。目から鱗でした。

志水先生は、私が通っている大久保のスポーツジム「スポーツ会館」で、「動きの達人」というクラスを受け持っています。クラスでは若者からお年寄りまで、正確で快適な体の使い方を、トレーニングを通じて学んでいます。私も参加しています。

その志水先生に、ヒラメ筋をやわらかくするためには、前脛骨筋(ぜんけいこつきん)を正確に使えるようにするということ、また、歩き方を通じてそのトレーニング法を教わりました。

前脛骨筋とは、すねの前側にあって、足首を曲げる(背屈させる)ための筋肉です。これがうまく使えて、足首をよく曲げられるようになると、後ろにあるヒラメ筋とアキレス腱が伸びます。歩行中、日常的にこの動作が繰り返されるようになると、ヒラメ筋はよく伸び縮みする環境に置かれますから、常にやわらかい状態に保たれます。

しかし前脛骨筋を使わず、あまり足首を曲げないまま歩くと、それを補うために、足先を外返しにしたり、内返しにしたりして、足首を曲げずに済むようごまかしてしまうので、ヒラメ筋はほとんど使われず伸び縮みできません。そのうちに、だんだん硬くなって、第二の心臓としての役割が果たせなくなってきます。

よってヒラメ筋、アキレス腱のストレッチとともに、前脛骨筋のトレーニングが必要になるのです。

均整法では、ヒラメ筋など、ふくらはぎの筋肉は肝臓と関係が深いと考えます。各筋肉はそれぞれ内臓と対応し、内臓の状態が反射して現れると考えれられており、均整では逆に筋肉に刺激を与えることで、内臓を整えたりします。その意味では、ヒラメ筋は‘第二の肝臓’ともいえます。

また、足首は腰椎2番(均整で肝臓の調整点として使う背骨)と関係が深いと考えます。そして、その足首が硬いままだと、先ほどの「足先を外返し」にする歩き方により、外反母趾にもつながります。

足の親指は「肝経」という経絡(気の流れる経路)が始まる部位でもあるので、外反母趾により、足の親指を硬くしたり痛めたりすると、この経絡の流れを滞らせることにもなります。

これらのことから「前脛骨筋」トレーニングによって日常的にヒラメ筋がよく伸び縮みできるようし、足首をやわらかく使えるようにすると、肝臓も元気にすることができます。

志水先生は前脛骨筋を‘美脚筋(びきゃくきん)’と名付けました。前脛骨筋が正確に使えるようになると、足首のかたちも美しくなるというおまけがつきます。均整法でも、外見上の美容と、内面の健康は同じものとしてとらえます。時間もかからず簡単にできますので、ぜひお試し下さい。

プロフィール

志水博彦パーソナルトレーナー
1957年、熊本県生まれ。79年、熊本商科大学商学部卒業。大学時代に始めた少林寺拳法にはまり、サンフランシスコに渡り一年間ボランティアで普及に努める。帰国後、武道具メーカーやフィットネスクラブに勤務し、エアロビクスインストラクターなどを経験。2000年にNSCA認定試験に独学で合格し、パーソナルトレーナーとして本格的に活動する。プロスポーツ選手のトレーナー等も努める。

田川直樹:「肝整 池袋/快風身体均整院」院長
「肝整 池袋ホームページ」http://www.kan-sei.net/

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2007-06-02 23:26 | 整体って?