快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧



30代男性(主訴:疲れやすい)、40代男性(主訴:左足首痛)、50代女性(主訴:強い肩こり)。

三人の方に共通するのは、胸郭(肋骨や胸骨など、あばら骨の部分)が前にせり出していて、鳩胸のような姿勢になっていることでした。

また、30代男性、50代女性のお二人は、胸郭全体を押してみると非常に硬く、弾力が感じられません。40代男性だけは、弾力性があります。

弾力性のないお二人に共通しているのは、タバコを吸われることです。お二人とも、かなりの長期に渡って喫煙の習慣がある様子。

主訴とのつながりを考えれば、「強い肩こり」は、胸郭の硬さ(慢性的な強い緊張)が、肩甲骨を始め、首や腕、肩周りの動きを制限してしまうのが大きな要因のひとつであることは明らかであり、「疲れやすい」は、均整法的に申し上げるまでもなく、喫煙によって心肺機能に負担をかけ続けているからでしょう。

トレーニングで筋肉を鍛えるのと同じく、体の中でよく使う部分は、それに耐えるために自然と強くなりますが、使い過ぎれば疲労し、硬く凝ったようになります。

胸郭には肺や気管、気管支などが収まっていますから、これらの疲労が長期間続くと、体の表面にまで硬さとして影響が出てくるのです。

均整では一見すると何も異常がなさそうな部分の、ごくわずかな硬さや凸凹、緊張感などをとらえて施術を進めていきますが、このお二人の胸郭は、均整師でなくても、押せば(硬いな〜)と感じることができるくらいだと思われます。

先述の40代男性は、お仕事柄アジア地域への長期出張が多く、いつも帰国した際に観させていただいています。

帰国直後の胸郭には比較的硬さも感じられ、全体的にもわずかに前にせり出していますが、日本に滞在中、何度か観させていただいているうちに、この硬さがとれて、せり出しも引っ込んでくるのです。たぶん、出張国の空気の状態に影響を受けているのではと思われます。

ちなみに、この方の足首ですが、帰国後しばらくして、からだ全体のねじれがとれてくるにつれ、片足に乗り過ぎていた重心が左右均等に近づくと、調子がよくなってきます。

人はこのように、環境に応じて、そのときに必要な体の部分のかたちや動き、硬軟を変化させて対応することができます。言い換えれば、歪むべきときには自ら体を歪めることができ、緊急事態が過ぎれば、また自力でもとに戻れる体こそ健康体なのです。

喫煙の習慣が何年も何十年も続けば、胸郭は歪むべきときも、そうでないときも、常に同じかたちでガッチリ固まったまま、環境に対応しにくくなる可能性が高く、そうなってしまってからでは、いくら施術で一時整えても、生活習慣を変えない限り、焼け石に水。

タバコや暴飲暴食、睡眠不足などの悪習慣を控えて、あるいは思い切って断ち、体への負担を減らせば減らすほど、施術による体の変化が大きくなっていきます。

今回はタバコについてお話ししましたが、その他、あなたの心にひっかかっている悪習慣があれば、どうぞこれをきっかけに改善していって下さいね。

病院の禁煙外来に通院されつつ、当院にも月に一度来て下さっている別のお客様(喫煙歴20年以上。一日一箱以上。男性)は、半年前に比べて顔色が格段によくなり、やつれたようになっていた頬もふっくらしてきました。

「何であんなに一生懸命吸っていたんでしょうね?」との言葉が印象的でした。もちろん身体バランスも体調も良好です。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2007-08-27 17:47 | 整体って?

30代女性。スポーツジムでのトレーニングで脚やせ(下半身やせ)を目指しているのに、なかなかやせない。

同じお悩みを他の女性のお客様からもときどき伺います。みなさんにほぼ共通していることは、骨盤の前側が閉まり過ぎて、それにつられて股関節やももの骨(大腿骨)が内側に巻き込むかたちになるため、本来ももの後ろ側にあるべき筋肉も横に回り込んできて、正面から見たときに、回り込んできた筋肉の分だけ、ももが太く見える状態です。

このかたちは、婦人科系のお悩みをお持ちの方に多く見られます。骨盤内にある子宮や卵巣が慢性的に疲れ、緊張して、骨盤を内側に引っ張り込んでいます。

よく「骨盤は閉まっているのがよい」といいますが、身体の中からのサインとして観た場合、一概に閉まっているのがよいとばかりは言えないのです。

なぜ子宮や卵巣が緊張するのか、そのしくみについては、詳しくはこちら肝臓と整体の情報館をご覧いただきたいのですが、いくつもある原因として、今の時期だと、例えばビールなどの飲み過ぎが挙げられます。

アルコールの過剰摂取が自律神経のバランスを乱すことに加えて、冷たいビールで下腹を冷やすことが、さらに直接的に婦人科系統の働きを低下させます。

冬でもビールやお酒を飲む機会の多い現代ですが、昔から言われているように、本来女性にとっての飲酒は「閉経後に少したしなむ程度」というのが理想なのです。もちろん飲まないにこしたことはありません。

こういうことを書くと「何をバカなことを。。」「そんなの絶対ムリ。」といった女性陣からの声が聞こえてきそうですが、一応知識としては知っておいていただければと思います。

例えば、毎回の生理痛が気絶するほど苦しいのに、婦人科の診察ではどこにも異常がない。そのような場合に、長年の多量の飲酒習慣がある方であれば、そのことが自律神経のバランスを大きく狂わせ、脳から子宮や卵巣へ、排卵、生理の命令がうまくいっていない可能性がありますから、まずはストイックな断酒をお勧めします。

そこまでではないのであれば、あとは体調のお悩みに合わせて、どの程度の制限が必要かを考え、調節していくのが、現実的でしょうか。

施術によっても楽にはなりますし、骨盤のかたちにも変化は出てきますが、だからといって定期的に施術を受けていればあとはお酒もタバコも夜更かしも自由でいいかというとそんなことはなく、施術での変化を最大限に引き出すためには、やはりある程度、もしくはきっぱりとした節制が必要になります。

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2007-08-12 10:19 | 骨盤