快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



30代女性。仰向けで寝ると、背骨に擦れて痛いところがあるので、いつも横を向いてしか寝られない。

立った姿勢で、背骨を上から指でスーッとなぞらせていただくと、一カ所、キュッと硬く凝っているところがあり、「ここがいつも擦れるところですか?」と伺うと「そうです、そこですっ」とのことでした。

ちょうど腰椎1番(L1)という、5つある腰椎のうちの一番上、背中の真ん中から少し下ぐらいの場所にあたります。L1周辺が凝って凸になっているために、仰向けになると床面に当たってしまうようです。

女性の場合のL1は、子宮や卵巣を動かしている神経が集まっているところですので、月のリズムによって凸になったり平らになったりすることを考慮に入れなければなりません。L1が凸だからといって、単純にギューッと押し込んではダメなのです。

排卵時は交感神経の働きが優位になり、L1は緊張して少し凸(床と擦れないくらいの)、生理時では副交感神経の働きが優位になり、L1はやわらかく平らになるのが正常な動きです。

この方の場合は、時期に関係なくいつでも凸なわけですから、常に交感神経が優位になっていると推測されます。

なぜそうなっているのか、原因をさぐっていく必要もありますが、施術としてはひとまず前後型調整が当てはまります。

L1は均整法でいうと前後型(頭脳型)の椎骨といって、頭の疲れの影響が非常に現れやすいところなのです。

『各地の身体均整院』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


以前のブログ(4月18日分『頭重』)でも書きましたが、頭を持たせていただくと、使い過ぎているために、ずっしりと重たく感じましたので、前後型調整により頭を軽くしつつ、全体のバランスをとっていくと、その過程でL1も、仰向けになっても擦れないくらいの位置まで、ほどよく平らになってきました。

※前後型(頭脳型)については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-10-31 07:18 | 背中

女性の方によく見られ、初回の来院では言い出しにくいお悩みですが、別のお悩みで何度か来院されているうちに「実は、尿漏れにも悩んでいたのですが、最近全然気にならなくなりました」とお話しして下さる方が多いです。

20代、30代、40代…と年代は様々ですが、共通する特徴としては、出産後の発生が多いことと、立った姿勢のときに、左右どちらかのお尻が、極端に出っ張っているということです。均整師が観なくても分かるくらいの左右差です。

均整でいうと「出る」「出ない」のお悩みに関わる、F5(フォーム5。右回旋型)、またはF6(フォーム6。左回旋型。回旋型は別名‘泌尿器型’ともいいます)に当てはまりますので、これらを整える調整により、からだ全体の回旋(捻れ)をとっていきます。

お尻の左右差=骨盤の調整ということにもなりますが、そこだけに注目するのではなく、F5、F6を見立てた上での全身調整により、結果としてお尻の左右差をなくしていきます。

『各地の身体均整院』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


骨盤底部筋トレーニングなどをやるように指導された経験のあるお客様もいらっしゃいましたが、その底部筋を「太鼓の皮」に例えると、太鼓の枠である骨盤に左右差があっては、皮をピーンと張ることはできません。

底部筋トレーニングに励んでいらっしゃる女性の方。一度骨盤を含め、全身の捻れを整えてから、再度取り組んでみてはいかがでしょうか。

※「回旋型(泌尿器型)」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-10-24 07:58 | 尿漏れ

ヨガやストレッチで、片手は上から、もう一方は下から背中へ回して手をつなぐポーズがありますが、たいていの方はどちらかがやりにくいのではないでしょうか。

右利きの方の多くは、左手を上から、右手を下から回すのがやりにくいようです。先日来院された、ヨガのレッスンに通っているという、30代女性の方もそうでした。

上から手を背中に持っていく動作のときには、主に棘下筋(きょっかきん)という、肩甲骨の表側で下半分についている筋肉が、下から背中に持っていくときには、肩甲下筋(けんこうかきん)という、肩甲骨の裏側についている筋肉が働きます。

施術でこのふたつの筋肉を整えるだけで、どちらからもスッとつなげるようになる方がいる反面、そう簡単にはいかない方もいます。

その違いは、筋肉の硬さの左右差だけではなく、利き腕側のこれらの筋肉が太かったり、肩関節自体に動きの左右差があったり、もっと全身に目を向けると、肩甲骨と骨盤との連動がスムーズでない、などの理由からくるものと考えられます。

『各地の身体均整院』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


そのどれに該当するとしても、施術で骨格(関節)、筋肉、そしてそれらに影響を及ぼしている内臓(例えば肝臓と右の肩甲骨の動きは、場所が近いだけに、強く連動しています)、などを整えつつであれば、今と同じ時間のヨガやストレッチで、より大きな効果が期待できるでしょう。

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-10-17 07:20 |

テレビなどで、いたずらっこがお母さんに「こらっ!」と耳をひっぱられて「痛てててっ」なんていうシーンなどありますけど、やってはだめです。

こんなことをすれば鼓膜その他、耳の奥の精密な器官を壊してしまうかもしれません。でもそれと似たことを、知らないうちに自分の姿勢によって、自分自身に対して、やっている場合もあるのです。

先日、耳鼻科でタイトルのように診断された方(30代女性)と、まだ病院には行っていないけど、最近耳の調子が悪いという方(40代女性)を、たまたま続けて観させていただきました。お二人とも右耳でした。

まず、病院での診察を受けていない方には、すぐの受診を勧めます。その上でのお二人への施術ですが、共通しているのが、首を左右から触らせていただくと、左が硬くて右が柔らかいということです。

右首は柔らかいというよりも、力なく、ヘニャヘニャしている感じです。このような状態を均整では「虚している」と表します。

全身を観させていただいているうちに、再び共通な点を見つけました。どちらの方も左お尻を下にした横座り歴が長かったのです。

仰向けで、両膝が胸に着くように曲げていくと、膝から下が「//」このように右に流れていくことから判明しました。

この右流れの横座りをしてみると分かりますが、上半身を正面に保っておくためには、上半身を右に捻った姿勢をとらなければなりません。

次に、そこから顔を正面に向けておくためには、常に首を左に捻ったかたちをとることになります。そのときの首の筋肉の状態は、左側が緊張し、右側が伸ばされます。

さらに、右肩を後ろに引いているため、右の首は必要以上に常に伸ばされ続け、言い換えると、右耳の付け根を右肩で引っ張っているかたちになってしまうのです。

長期間の横座りによる全身の捻れや、硬く強ばっていた右肩(右肩甲骨の裏側の肩甲下筋など)を回旋型調整で整えると、右首にもほどよい弾力が戻ってきました。

『各地の身体均整院』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


その後のアドバイスとしては、もちろん横座り禁止です。もっと積極的には、逆の横座りを、ストレッチという意味でやるとよい方もいらっしゃいますが、人によっては別の関節に大きな負担をかけてしまうことがあるので、一概にはお勧めできません。

また、横座り自体が、慢性的に疲れた内臓をかばっている姿勢である方もいらっしゃいますので、やはり施術と併用しつつ、徐々に整えていくのがよいでしょう。

※「回旋型(泌尿器型)」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-10-10 12:22 |

30代女性。立った姿勢で左へ体をひねると、右腰の上部が痛い。

痛い箇所を観させていただくと、力がなくヘニャヘニャしており、逆に左側の同じ箇所はガチンと硬くなっています。この左右差を整え、なくしていくことが、今回の施術の目標となります。

その位置には何が収まっているかというと、左右の腎臓。均整法の施術では主に「回旋型(泌尿器型)」の調整をしていくことになります。

人の姿勢(体型)は一日のうちでも、また季節によっても、微妙に変化していきます。

夏から秋にかけての体型の移り変わりを、均整法では「左右型(消化器型)に回旋型(泌尿器型)が加わってくる」と表すことができます。

夏は毛穴が開いて老廃物を外に出す時期。この時期に、冷たい物を飲んだり食べたりして胃腸を冷やし過ぎると強調されてくる体型が消化器型です。

ただでさえ冷房などでからだ全体も冷えているところに、暴飲暴食でお腹の中からも冷やし続けていると、本来開く季節であっても毛穴は縮こまり、老廃物を排出しにくい体のまま、秋を迎えることになります。

秋口になって涼しくなり、毛穴がさらに閉じてくると、まだまだ出し切れていない夏の老廃物を毛穴からは出せなくなってくるので、尿として出す頻度が多くなります。

そのことで、だんだんと泌尿器系統の疲れがたまり、夏の消化器型に、泌尿器型が加わってくるのです。

よって、施術としては、体ががんばって行っている夏の後処理作業を、泌尿器型調整でお手伝いすることで、腎臓の位置である、上腰部の左右差を整えていくことになります。

『各地の身体均整院』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講)

東京校(来春~2009.4~開講)


ですが本当は、夏の間も胃腸に負担をかけないようにしつつ、消化器型の調整で胃腸を整え続けておくことで、今回のような、季節の変わり目の様々なお悩みを事前に予防しておくほうが、体にとってはやさしいのです。

※「左右型(消化器型)」や「回旋型(泌尿器型)」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-10-03 09:08 | 腰痛