快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧



30代女性。3週間前に階段で転倒し、腰を打撲。痛みはひいてきたものの、違和感はあり。それよりも、あごを打ったわけでもないのに、腰の打撲後から今まで続いている、噛み合わせのずれ感のほうが気になっている。

立った姿勢で上体を左右に捻ってみると、右に捻ったときに、右の骨盤(仙腸関節)がつかえた感じになり、あまり捻ることができません。

また、噛み合わせの違和感も、右側に、より感じるとのこと。顎関節周辺の硬さを左右で比べると、右側が緊張して硬くなり、わずかに横に張り出しています。

顎関節と肩関節、そして股関節は、上下で連動してバランスをとっています。肩甲骨と骨盤などもそうです。均整では‘上下相関’といいます。

この方の場合、右側の顎関節と骨盤部の仙腸関節に違和感が出ています。となれば、やはり、肩関節や肩甲骨も観てみなければなりません。

予想通り、右肩甲骨と背骨の間の筋肉が非常に硬くなっており、背骨でいうと、胸椎3番が変位していました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


背骨も四つおき、あるいは五つおきに、上下でバランスを取り合っています。

よって、施術としてはF6調整(フォーム6、左回旋型の調整)で、胸椎3番の上下の椎骨を四つおきに整えていくと、胸椎3番も元の位置に戻り、右側3つの関節もバランスを取り戻しました。

※F6については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-12-27 08:18 | 顎関節

20代女性。ここ一週間くらい、左の手首に力が入りにくい。手をよく使う仕事なので、非常に困るとのこと。

両方の手首を観させていただくと、左手首が右に比べて細く、やわらかすぎるくらいフニャっとしています。

均整では「実」と「虚」という言葉で表しますが、そのうちの「虚」の状態。

よって施術では、両方の手首の太さと硬さ、やわらかさを同じくらいにすることが目標になります。

次に、立った姿勢で体を左右に捻ってみると、左は真後ろを見られるくらいまで捻ることができ、右にはほんの少ししか捻ることができなくなっていました。ふだんはそういうことはないそうで、むしろ右への方が捻りやすい、とのこと。

12種体型に当てはめると、いつもはF5(フォーム5。右回旋型)の動きなのに、ここ最近はF6(フォーム6。左回旋型)になっているようです。

痛いところ、違和感のあるところと、全身の姿勢や動きを合わせて観ると、現在の歪みの中心が、どこにあるのかが見えてきます。

年末に向け、時期的なこともあるのでしょうか、この方の場合は、上体の右側にある肝臓が疲れ、そのため、体を右に捻ろうとしても、肝臓の位置でつっかえてしまっていました。

左手首の状態は、体を‘でんでん太鼓’に例えると解りやすいかもしれません。太鼓の柄を手に持って左右交互に回そうとしたとき、右には回せなくて、左にばかり回していたとします。

すると、太鼓の両側にある、球のついたひもは、左のひもばかりがたくさん振り回されることになり、右よりも伸びてゆるゆるになってしまった、そんな状態です。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


施術としては、肝臓を整えることで、体を右にも大きく捻ることができるようにすると、手首の太さも、左右がそろってきました。

均整法では、凝って硬くなったところにやわらかさを、力が抜けてフニャフニャしているところには、ほどよい硬さを取り戻すことができるのです。

※F5やF6については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-12-20 06:23 |

‘巣ごもり消費’ということが最近いわれています。

食に関していえば、外食を控えて、その分自宅で、いつもよりも少し手間をかけた、安上がりだけれど豪華な料理を楽しんだり。キッチンに置ける燻製機なども売れているようです。

「一休さん」で、贅沢な食事を食べ飽きた将軍様が、もっとおいしいものを食べさせよっ、と無茶を言う話があります。

一休さんが将軍様に、一日中何も食べさせず田植えや薪割りをさせて、そのあとにたくわんと麦飯を出したところ、将軍様はおいしい、おいしいと非常に喜んでいました。今度は自分で体を使い、手間をかけて作った料理を食べれば一石二鳥ですね。

さて、その料理をおいしく味わうための、体のしくみはどうなっているのでしょうか。

栄養の面から見ると、亜鉛不足が、味覚障害につながるといわれています。よって、亜鉛をサプリメントで、という方法もありますが、それよりも、なるべく多くの食材を、バランスよく食べるのがよいでしょう。

体の歪みから見た場合にはどうでしょうか。

味覚に関する神経は、脳から12対出ている脳神経のうち、顔面神経舌咽神経に含まれています。それら主な脳神経の通り道になる首(頚椎)をきちんと整えることが大切といえるでしょう。

その場合、頚椎に直接触らなくてもよい場合が多いです。ポイントは「足首」「手首」

外に張り出してしまった外くるぶしを引っ込めたり、反らしにくくなっている手首をよく反れるようにするだけで、周囲の筋肉がガッチリ硬くなって、あちらこちらに歪んでいた頚椎も、そのほとんどが整ってしまいます。

先日いらした、首の左側、ある一点を押すといつも痛いとおっしゃっていた20代女性の方も、上からふたつ目の頚椎(頚椎2番)が左後ろに変位していましたが、左外くるぶしを整えるだけで、頚椎の調整も済んでしまいました。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

様々な原因のうちのひとつとして、外くるぶしが外に張り出しているということは、例えば歩いてるときに、交互に軸足になる、その軸をしっかり保つことができず、軸足の外側に体重を乗せてしまう習慣などが考えられます。

体は全体でバランスを保とうとしますから、張り出した外くるぶしの逆側に、頚椎のどれかを張り出させてなんとか対処します。

それが、今回の方の場合は頚椎2番であり、また、なんとか対処している部分が、その他にいくつも重なって、さらに複雑な歪みへと進んでいくのです。

そうしないよう、しっかり軸を保つためには、ももの内側の筋肉(内転筋)などをきちんと使って立てければなりません。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋~2008.10~開講中)

東京校(来春~2009.4~開講)


正しく立ち、正しく歩けることは、単にウォーキングが運動になってお腹が減るからということだけでなく、巡りめぐって頚椎を整え、味覚の神経を整えるから、ごはんをおいしく感じられる、ということにもつながっていくのです。

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-12-13 07:55 | 首の痛み

前回、「生理不順、不妊症など、婦人科系のお悩みに共通する根っこは同じ。股関節の動きをよくする意味でも、適度な運動に取り組みつつ、さらに全体的に生活習慣を見直し、弾力のある、理想的なおなかを目指しましょう。」とお話しさせていただきました。

では、‘適度な運動’とは、具体的にどのような運動を指すのでしょうか。

適度かつ手軽と言えば、やはりいろいろなところでお勧めの運動にもなっている、ウォーキングがいちばんです。

ただし、間違った歩き方をしていては、婦人科系はもとより、腰や膝その他、別のところまで痛めたりと、逆効果になってしまいますので、今回は正しい歩き方についてお話ししたいと思います。

歩いた歩数や時間ばかりではなく、体の使い方が正しく‘適度’になることを目指しましょう。

子宮・卵巣が緊張して、骨盤の中から周りの筋肉を引っ張るから、股関節の筋肉も硬くなり、開脚などの動きも悪くなる。それを、股関節を整えてやわらかくすることで、骨盤の中まで緊張を解き、整えていくのが、施術のポイントのひとつでした。

よって、ウォーキングの場合も、股関節をしっかり伸び縮みさせて、のびのび歩き、股関節の筋肉を通じてつながっている子宮・卵巣にまでよい刺激を与えることが大切なのです。

さらに具体的には、歩いているときに後ろ足になった側の股関節前、鼠径部(そけいぶ)付近がしっかり伸びているかどうかです。

解りやすく言うと、ビートたけしさんが「コマネチッ!」ってやっていたときに、両手でVの字にかたちを作っていたラインのところ。

女性のあなたであれば、ご自身のふだん歩いている姿を想像してみて下さい。このV字ラインを内側にすぼめたまま、ちょこちょこと歩いていませんか?

体質的に婦人科系統が弱くてそのような姿勢や動きになる方もいらっしゃいますが、多くは子ども時代の外遊び不足や運動不足により、正しい体の動きを身につけてこなかったためと思われます。

常に股関節を縮めて動作をし続けた結果、股関節周りの筋肉を硬くしてまうことから始まって、骨盤の中の筋肉も硬くなり、それら硬く動きのない筋肉に囲まれた子宮・卵巣も身動きがとれなくなってしまっています。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(今秋〜2008.10〜開講中)

東京校(来春〜2009.4〜開講)


ウォーキング開始前の準備体操として、片方の足を後ろに引き、前足の膝を軽く曲げ、後足のふくらはぎやアキレス腱を伸ばすストレッチがあります。その際に、アキレス腱だけではなく、股関節の前側も伸ばすように意識してみて下さい。

後足のつま先は外に開かず前に向け、後足と同じ側の腕を空に向かって伸ばすようにすると、より股関節前がストレッチされます。

仕事の合間など、気づいたときにはいつでもやってみましょう。Vの字ラインを伸び伸び動くようにすることが、骨盤を整え、骨盤の中も元気にします。

※正しい歩き方、体の使い方にさらに興味を持たれた方は、私の動きの師匠でもあるスポーツトレーナー、志水博彦先生主宰の「体玄塾」もお訪ねになってみて下さいね。

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2008-12-06 07:38 | 婦人科系