快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧



30代男性。首の右側がいつも凝っている。右腕、肩まで痛くなることがあり、整形外科でレントゲンなどの検査を受けるも異常なし。

立った姿勢で、両方の肩に手を置かせていただくと、どちらかの肩が上がっている、下がっているというよりも、両肩、特に首の付け根付近が、下から押し上げられるように持ち上がり、パンパンに張っているという状態が目立っていました。

例えていうなら、首の付け根に、伏せたお椀が入っているような、ドーム型に感じられます。そのことで首がつまり、慢性的な凝りや痛みにつながっている様子。では、何が肩を押し上げ、ドーム型を作っているのでしょうか。

首の下には肋骨があり、その中に収まっているものといえば、肺や心臓。これらに負担がかかり過ぎて、体内から肋骨を押し上げ、押し広げている姿と考えることができます。

体表には、体内の臓器の様子が、場所ごとにはっきりと現れます。

不規則な食事や暴飲暴食、あるいは強いストレスなどの理由で、常に胃に負担をかけている方であれば、胃がある場所、みぞおちあたりが中から押し広げられ、ドーム型になっています。

最近よく耳にする「脳疲労」であれば、頭蓋骨全体がピーンと張りつめたようであるとか、女性で生理痛など婦人科系でお悩みであれば、骨盤自体がはち切れるように中から押し広げられ、パンパンに張っている方もいらっしゃいます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


話をもとに戻して、首の付け根にドームが感じられた場合、「タバコは吸われますか?」と伺うと、ほぼ間違いなく喫煙の習慣をお持ちです。

別の男性のお客様で、首の不調から、MRIでの検査まで受けられた方もいらっしゃいました。

その方も同じく喫煙歴が長く、均整の施術をきっかけに、意識して一日の本数を減らしたところ(本当は禁煙していただきたいのですが)、前のように、夜も寝られないような状況にはならなくなったとのことで、ドームも目立たなくなってきました。

施術としては、均整法の12種体型別に、肋骨型循環器型調整により、肺や心臓の疲れをとることで、首の下のドームを、ひとまず低くしていきます。

同時に、上記の男性の例からもお分かりのように、喫煙の習慣を改善していくことは、施術での変化を最大限に引き出すために、とても大切です。


※肋骨型、循環器型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-02-28 20:40 | 首こり

2、3日前、朝のワイドショーで、花粉症についての話題を取り上げていました。

医学的に見ると、完全な予防法や治療法はないとのことでしたが、一度、他の視点から考えてみてはいかがでしょうか。

例えば、帰宅したときに、玄関先で急いで脱いだ靴。あとで見てみると、つま先が両方とも内側を向いていたりしませんか?

もしそうなら、あなたは歩くときに、やや内股になりがちかもしれません。

本日ご来院の40代女性もそうでした。この方に限らず、特に女性で花粉症にお悩みの方々には、内股傾向の方が多いです。内股と花粉症、どのような関係があるのでしょうか。

足の人差し指と中指から胃を通って、鼻や目に伸びる線を引くと、それが経絡でいう「胃経」というラインになります。内股傾向の方は、このラインが硬く凝りやすく、過敏な反応が出やすいのです。

よって、この視点から考えた場合の予防法は、いかに胃経のラインを、常日頃からのびのびやわらかく保っておくか、となります。

具体的には、例えば股関節の前側をしっかり伸ばした歩き方ができるようになるとよいでしょう。

そこで役立つのが、以前紹介した「卵巣ストレッチ(=股関節ストレッチ)」。http://kaihuu.exblog.jp/9147819/

‘卵巣’を‘胃経’にかえて「胃経ストレッチ」とします。方法は同じです。腸腰筋ストレッチともいえますし、実は正しい足首使いのトレーニングにもなっています。

生理痛には卵巣ストレッチ、花粉症には胃経ストレッチ、ダイエットには足首トレーニングと、同じエクササイズをお悩み別にネーミングすることもできますが、要するに元気な体作りのためのエクササイズは、このように共通してくるのです。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


胃経というくらいですから、胃そのものを快調にすることでも、もちろんのびのびさせることができます。

「ストレスで胃が痛い」とおっしゃる方の声をよく耳にします。体のしくみから見ても、ストレスが自律神経を介して胃と密接に関わっていることが分かっています。

ワイドショーで、杉の森から花粉がわさわさと飛び広がっている映像を見るだけでもストレスになりそうです。

現在すでに花粉でお悩みの方に対しては、回旋型調整で胸椎11番や7番をよく動くようにすることで、炎症を抑える、またストレスに対抗するホルモンを分泌する副腎を整えていきますが、これはあくまでも短期的な対処法。

来年の花粉の時期に向けて、長期的な視点で、ぜひ胃経ストレッチをしたあとに、のびのび歩く習慣をつけて下さいね。


※回旋型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-02-21 07:33 | アレルギー

40代女性。左手の指が常にしびれている。特に中指。整形外科でも治療中。

首の付け根付近(下部頚椎)からは、腕、肘、手首、指先へと神経や血管が伸びています。それらが、

(1)首にある何本もの筋肉(主に前斜角筋と中斜角筋)の間から出てくるときに、その凝りなどによって、圧迫された状態

(2)鎖骨とその下にある第一肋骨の間が、鎖骨下筋などの凝りにより、せまくなって圧迫された状態

(3)胸の深部の筋肉(小胸筋)の凝りによって、小胸筋と肋骨にはさまれ、圧迫された状態

などの場合に、今回のような症状につながりやすいです。

これら(1)斜角筋症候群(2)肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)(3)小胸筋症候群の三つを合わせて、胸郭出口症候群と呼びます。

このように、現在痛めている部位がどのような状態になっているのかを、病院での検査により、はっきりさせておくことは大切です。その上で、均整法的に、全身的な視点でとらえていきます。

この方の場合、例えば仰向けの姿勢を観させていただくと、左肩は、内側に巻き込んだかたちになっています。右肩の後ろはベッドに自然に着いていますが、左肩は少し浮き上がってみえます。

さらに、骨盤の左側も巻き込み、左のつま先が内側を向いています。左半身がすべて内側に巻き込んだ姿勢になっているのです。

左肩だけを観れば、巻き込んでいてきゅうくつそうだから、なんとかして開くことができれば楽になりそうに思われますが、骨盤からつま先まで一体として巻き込んでいるのですから、もしも左肩だけ無理にこじ開けたとしても、すぐにもとに戻ってしまいます。

さらに言えば、左肩は硬く凝りすぎて、どのような施術も受け付けないような反発を感じます。

繰り返しになりますが、左肩だけ硬いのではなく、左半身全体が硬く、巻き込んで閉じているわけですから、症状の出ている左肩から指先にかけては氷山の一角と考えたほうがよいのです。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


現在いちばん硬くなっているその一角は後回しにして、海に沈んでいて見えない部分、一見問題のなさそうな骨盤や足先を、均整法では「回旋型(捻れ型)」調整などで全身の捻れをとりながら開いていくことで、連動して左肩が開き、右肩と同じように、自然にベッドに着くように持っていきます。

ちなみにここでの「骨盤を開く」というのは、閉じすぎ(巻き込みすぎ)ている骨盤(腸骨)を、ちょうどよい状態まで開くということです。

骨盤は、その方のいちばん自然な状態より、さらに閉まりすぎているのもよくないのです。


※回旋型(捻れ型)については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-02-14 18:41 | 腕の痛み

50代男性。慢性的な腰痛で、調子がよいときと悪いときの波がある。今回来院時は、ちょうど悪い波のときで、昨日から念のために腰痛ベルトを巻いて仕事をしていたとのこと。

立ち姿を観させていただくと、右腰(右骨盤)を外側に張り出すような姿勢になっています。

この姿勢はギックリ腰など、急性の腰痛を起こした方がよくとり、痛い箇所を避けられるような腰の位置を、無意識に体が探しているということです。

腰の筋肉を痛めたのであれば、そこを引き伸ばしてしまうと、より痛みが増すので、痛い箇所を縮めるようなポーズをとり、結果的に、痛い側と反対の方へ腰を張り出すような姿勢になることが多いです。

腰椎の関節(椎間関節〜ついかんかんせつ〜)のどこかを痛めたのであれば、そこに圧迫が加わると痛みが増すので、痛い側に腰を張り出すことで、関節に圧迫が加わらないような姿勢をとります。

また、これら急性の腰痛の場合は、痛いところが筋肉や関節の一カ所に限定されているので、その場所を指ではっきりと差すことができます。

しかし、この男性の場合は慢性的な腰痛で、「痛いところはどこですか?」と伺うと、「この辺です」と、手のひらで右腰全体をおおうように示すことしかできません。

このようなとき、とっている姿勢は急性腰痛時と同じでも、その意味するところは異なります。

全身を詳しく観させていただくと、右の肋骨全体が、左に比べてとても硬く、弾力がなくなっていました。

右の肋骨が緊張して右の骨盤を引っ張り上げたために、それを上下につなぐ右腰の筋肉に負担がかかっており、見た目では右の腰が横に張り出し、急性腰痛のときと同じ姿勢になってしまったようです。

右の肋骨内に収まっているものといえば肝臓ですから、施術は12体型でいうと左右型(消化器型)調整により肝臓を整えていきます。

肝臓が整い、外側の肋骨にまで及んでいる緊張感をゆるめていことで、引っ張り上げられている骨盤は、もとの位置に下がっていきました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』
大阪校(2008.10~開講中)

東京校(2009.4~開講)


施術中、最近の生活状況を伺うと、先週、飲み会が何度か続いたとのこと。

すべてをお酒のせいにするわけではありませんが、このようなあとに、腰に限らず体のどこかに不調が現れる方は、今回の男性のような歪みが、一時的に強くなっている可能性が高いです。

そこで、その週は意識してお酒を控え、また、食事もよく噛んで腹八分目にするなど、肝臓、胃腸を休ませてあげることで、自力で歪みを整え、持ち直していけることも多いのです。

また、腰痛とまではいかなくても、朝起きたときなど、慢性的に腰が重いと感じている方には、このような肋骨と骨盤の歪みが、時間をかけて体にくせづいてしまっているかもしれません。

その歪みに気がつかないままでいると、特に無理をした覚えがないのに、床の物を拾ったとか、何気ない日常動作が歪みを刺激し、急性の腰痛につながることもあります。

本格的に痛めてしまう前の「これは、やばいかも」と思った時点で、腰痛ベルトよりも大切なのは、意識して内臓を休ませること。

それでも間に合わなければ、均整法による歪みのチェックと姿勢のメンテナンスで、あなたの腰の危機を、無事に乗り切って下さい。


※「左右型」については、こちらもどうぞご参照下さい。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所などをキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-02-07 07:46 | 腰痛