快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧



「先生、最近、くるぶしのところ、トントン叩くかい?」
「うん、叩く、叩く。何しているんだろうね?」
「鉋(かんな)の刃の調整みたいなものかな?」
「あ、そうかもしれない。」

月に一度のペースで通って来て下さっている30代女性と、そのお父様の会話です。

お二人は別々の日にいらっしゃって、自宅へ帰ると、それぞれ受けてきた施術について、「何をしてくれたんだろう?」と、ときどき議論しあうそうです。

均整を受け慣れていない、特に初回のお客様には、施術中にも、現在行っている技や歪みの状況を、なるべく説明させていただいています。

ただ、会話が過剰になってしまうと、受けている最中、常に頭が働いてしまって体も緊張し、施術が浸透しにくくなってしまうことがありますので、回が進むにつれ、その日に現れていた歪みの状況などを、ポイントをしぼってお話しさせていただくようになります。

そのようなわけで、あとでふと気がつくと「あれ?先生、今日はいつもと違うことしてくれていたよな?あれは何だったんだろう?」という疑問がわくこともあるかもしれません。今日はそのことについて、少し補足説明をしたいと思います。


均整法には、施術の最初にこれをして、次にあれをして、というようなマニュアルはありません。その日ごとに表情を変えて現れる、お客様の姿勢や動きが、マニュアルといえばマニュアルです。

さらに、強いてあげるなら、「お悩みの箇所から見て、いちばん遠いところから整えていく」ことでしょうか。

お悩みが上半身にあれば下半身から、背中にあればお腹から、手にあれば足からというように、全体のバランスという視点から観ると、自然と、痛んだ箇所から、最も距離の遠いところをスタート地点として、整えていくことになります。

よって、施術の流れは、お客様の体調に合わせて、毎回少しずつ変化していくのです。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


また、定期的に施術を受けて下さるお客様の体は、同じ技を繰り返していると、同じ刺激に慣れてしまい、整いにくくなってきます。

それを防ぐためにもあるときは微妙に、あるときはガラッと、技を変えることもあります。

ちなみに、くるぶしトントンは、今回のお二人への場合は、頚椎を整えるためにさせていただきました。鉋の刃調整のイメージは、かなり近いと思います。

同じくるぶしトントンでも、ときには狙う箇所が骨盤であったりすることもあります。角度や強さを変えることで、整える箇所を変えることができるのです。

くるぶしトントン以前は、手首や肝臓、あるいは直接の施術で頚椎を整えたりしたこともありました。

技が毎回違ったとしても、歪みの状態と、それが整ったかどうかは、常に「12種体型」を基準として検査し、仕上げていますので、ご安心下さいね。


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-07-25 06:43 | 整体って?

50代男性。何年も前から、腰が痛いというより、全体的に重い。

「どこが痛いですか?」と伺って、「ここです」と指一本で示せる場合は、背骨を構成する各椎骨間の関節(椎間関節)や、その周辺の筋肉を痛めたことによる、一時的な腰痛の場合が多いです。

しかし、今回の男性のように、「このあたりです」と、手のひら全体で覆うようにしか場所を示せず、痛いよりも「重い」「ダルい」という状態が強い場合、慢性的な内臓疲れが根本にあると観て、ほぼ間違いないといえるでしょう。

首を観させていただくと、内臓へ向かう神経(迷走神経)の反応がよく出る箇所に、かなり芯のある凝りが感じられます。その凝りに引っぱられるようにして、頚椎2番も左側へ変位していました。

このような場合のバランス調整としては、内臓の疲れをとることが最優先です。

内臓賦活法で、疲れの中心になっていた肝臓を念入りに整えていくと、首の凝りや変位は、直接施術をしなくても整っていきました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


ギックリ腰など急性の腰痛でなければ、施術の最初に、腰を中心にして前後左右に動かし、「前後屈」「左右屈」「左右回旋」の各動作に、大きな差がないかどうかを検査しておくことができます。

例えば、仰向けの姿勢で両膝を立て、左右に倒してみるのは「左右回旋」動作の検査になります。

その際、右に倒したときには楽に倒れ、左には硬くて倒れにくいとしたら、どこでつかえて倒れにくいのかをよく観察します。

右の腰だけが硬い人もいれば、右肩まで浮き上がるくらい、右半身全部が硬い人もいます。

肩まで浮いてしまうのは、右の肋骨までもが相当に硬く、その中に収まっている肝臓の疲れかもしれない、というように観察を進めていきます。

このように、まだ何とか動かせるうちに、「前後」「左右」「回旋」までの各動作の差ができる原因をつきとめ、整えておくことが、慢性的な腰の不調から脱するための第一歩になるとともに、ギックリ腰などの予防にもつながるのです。

均整法では「前後」「左右」「回旋」に、その方の身体的特徴である「肋骨」「骨盤」「筋肉」を加えた「12種体型」という考え方で歪みを分類し、整えていきます。


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-07-18 07:09 | 腰痛

40代女性。右腕をバンザイして下ろすときなどに、肩関節が途中で引っかかる感じがして少し痛む。過去に患った四十肩の名残なのでしょうか?とのこと。

肩関節との連動が強い、右の股関節を回してみると、内側へ回すときに引っかかる箇所があり、こちらには痛みがありません。

均整法では痛むところを直接治療するのではなく、痛む箇所と連動する部位で、痛みがなくバランスが乱れている箇所を優先して整えていきます。

今回の女性の場合は、右股関節の動きを整えていくことにより、肩の動きにも変化が出てきました。


慢性化した肩の不調は、その部位だけではなく、同じ側か、さらに年月が経っている場合には、逆側の股関節の動きが悪くなっていることが多いです。

昨日(7/10)の夕方、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」の中で特集されていたトリガーポイントにも通じるところがあります。

肩周辺の筋肉にトリガーポイントができてしまうくらい、肩の動きが悪いのであれば、肩以外の他の部位が快調ということは、まずありません。

痛みが出ているのは肩やその周辺であったとしても、その真下では、股関節がだまって無理を続けてくれている可能性が高いのです。

トリガーポイントを解消するだけではなく、再び発生しないようにするためには、例えば立った姿勢で、股関節の真上に、自然に肩を載せておけるバランスを保つことも必要。

それができていないと、不安定さから、自ら力んで位置を保ってしまう肩周辺の筋肉は再び凝り出し、その力んだ肩を、無理して載せている股関節の動きも悪くなっていきます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

よって施術の大きな目的のひとつは、痛みを訴えている肩は後回しにして、肩の筋肉が力む必要なく、無理なく位置を保っておけるバランスを、股関節など他の部分を整え、作り上げていくことなのです。

その際には、各関節と内臓との関係も視野に入れ、調整を進めていきます。


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-07-11 07:20 | 肩こり

背中への施術では、うつ伏せになっていただく場合が多いです。

その背中を、あるときは弾くように刺激したり、あるときは皮膚を引き伸ばすようであったり、またあるときにはじっと押さえていたり。箇所によって、刺激の方法が違うのだなと、感じられる方も多いと思います。

また、「なぜ左の背中ばかり弾いて、右には何もしてくれないんだろう?」と疑問を感じたりもするかもしれません。

背骨(椎骨)の間からは、各内臓に向かって神経が伸びており、疲れた内臓の反応は、その神経を伝わって、椎骨の変位(背骨の歪み)や、その周囲の筋肉の凝りなどとして現れます。

その性質を利用すると、働きすぎている内臓にはOFFの刺激、働きが停滞している内臓にはONの刺激を入れることができます。

背中には内臓のON、OFFを切り替えるスイッチがたくさんあり、各内臓ごとに分類されているのです。


例えば先日いらした30代女性。膨満感があって食欲がないとおっしゃっていました。

仰向けの姿勢で、胃の付近を観させていただくと、胃が収まっている肋骨下部、ハの字型部分の、ハの字(下図参照)がとてもせまく、急角度になっています。
e0073240_853113.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


ストレスにより胃の動きが停滞し、胃を包んでいる肋骨が内側へ引っ張り込まれているかたちと考えられますので、施術としては、この肋骨の角度を広げていくことが目標になります。

その後、うつ伏せになっていただき、胃のOFFスイッチには触れずに、ONスイッチを順番に入れていきます。

スイッチによっては弾かないとONにならないものもあれば、しばらく押さえていることで入るものなど、いろいろありますので、間違わないように入れていきます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

先ほどの肋骨「ハの字」が広がったかどうかで、スイッチの正しいON、OFFが確認できます。

また、今回の女性の場合、施術後「おなかが空いてきました〜」とお話しして下さったことが、何よりの確認となりました。


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-07-04 07:18 |