快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧



20代女性。ここ最近、夜中に咳き込んで目が覚め、眠れない。

「目が覚める時間は毎回同じですか?」と伺うと、いつも明け方とのこと。このような場合、各内臓の、いちばん活動する時間帯を知っておくことがとても大切です。

例えば夜中では、午後11時〜午前1時「胆のう」、午前1時〜午前3時「肝臓」、午前3時〜午前5時「肺」…と、2時間ごとに活動時間帯が移っていきます。

これらの臓器の多くは「迷走神経」という、脳から出発し、途中で気管や気管支を通り、各臓器に枝分かれしている自律神経で動いています。

よって、いずれかの臓器が疲れたり、また活動しすぎたりした場合、その反応は迷走神経を伝わって、途中の気管や気管支を刺激しますから、この刺激が強すぎて咳につながっている可能性が高いのです。ではなぜ、強すぎてしまうのでしょう?

ある時間帯に働きが強まる臓器がある裏側で、同じ時間帯にいちばん働きが弱まる内臓もあります。シーソーのような関係だと思って下さい。

この女性の場合、咳き込む時間帯が明け方ですので、午前3時〜午前5時に、肺の活動が強まりすぎていると観ることができます。

ということは、シーソーのもう一方、肺に対しては「膀胱」がそれに当たるのですが、膀胱の働きが弱すぎて、肺の活動を抑えきれない状態が続いていると考えられるのです。

そこでお話しを伺うと、ここ何ヶ月か、水分を意識して多くとっていたとのこと。さらには季節柄、冷たい飲み物も多かったとのことで、膀胱を疲れさせてしまう要素がいくつか挙げられました。

肺と膀胱の反応点を観ても、「中府(チュウフ・肺の反応点)」は実(ジツ・硬く凝っている)」、中極(チュウギョク・膀胱)」は虚(キョ・ヘニャッと力の抜けた状態)」となっています。

施術としては、12種体型の「回旋型(泌尿器型)」調整により、ふたつの点が、同じ手触りになるように整えていきました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

まだしばらく暑い日が続きそうです。前回、前々回とお話ししましたギックリ腰も含め、原因不明の不調に対しては、そのときの季節を頭に入れ、今の時期は水分の取りすぎ、お腹の冷やしすぎに注意して下さいね。


※「回旋型(泌尿器型)」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-08-29 05:35 | 自律神経

前回は、冷たい物の食べすぎ飲みすぎにより、骨盤がロックしてしまうギックリ腰についてお話ししました。

骨盤の動きが固まり、背骨の動きについていけずに、骨盤と背骨のつなぎ目あたりでギックリ腰を起こしてしまうのです。

今回は、骨盤から上の背骨が、冷たい物の食べ飲みすぎで、どのように歪むかを見ていきましょう。


夏は通常、暑くてよく汗をかきます。このことは、腎臓の疲れをカバーする作用もあります。

もしも汗をあまりかかずにいると、暑さにより、他の季節以上に摂取した水分のほとんどを、腎臓がおしっことして外に出すことになりますから、腎臓は仕事が増え、疲れてしまうのです。

現代はエアコンの発達や運動不足、また、夏場は入浴がシャワーのみになり、湯船にあまりつからない、などにより、その状況を作りだしています。


背骨には、肋骨や周囲の靱帯の支えが少ない胸椎11番や腰椎3番など、捻れやすい箇所がいくつかあります。

ちょうどその高さに腎臓が位置していることから、腎臓の疲れは胸椎11番から腰椎3番を中心として「回旋型(泌尿器型)」と分類される、背骨の捻れを引き起こします。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

定期的に観させていただいている50代女性。いつもと違う肝臓の凝りが目立つので、ここ最近の食生活を伺ったところ、コーヒー牛乳が好きで、粉末タイプのコーヒーを牛乳に溶かし、水代わりにジョッキで一日何杯も飲んでいる、とのこと。

この場合、単に水分の処理だけではなく、脂肪やタンパク質の消化仕事が増え、肝臓、胆のう、膵臓など消化器系も疲れますから、腎臓による背骨の捻れとは、また違った捻れ方が現れます。

よって、均整法では、「左右型(消化器型)」「回旋型(泌尿器型)」など、背骨の歪みを12種類に分け、どの臓器がいちばん疲れているのかを見極め、その方の背骨の歪み、骨盤ロックのタイプにいちばん適した方法で解除していきます。

なかなか運動に時間を割けない方は多いと思います。せめて入浴によって意識的に汗をかくようにして腎臓をいたわり、夏場の、また夏の腎臓疲れが積み重なった秋口のギックリ腰予防を心がけて下さいね。


※「左右型(消化器型)」「回旋型(泌尿器型)」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-08-22 06:29 | 腰痛

30代女性、20代女性、40代男性、50代男性と、この時期、急性の腰痛で来院される方が多いです。

ギックリ腰は俗称で、正確には「腰部捻挫」。では、なぜ腰部が捻挫を起こすのでしょうか?

起こしやすいのは、背骨と骨盤のつなぎ目。背骨が、骨盤も含めてしなやかに動けているとき、ギックリ腰にはつながりにくいでしょう。
e0073240_21351698.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


しかし、この時期のギックリ腰発生には、背骨と骨盤の連動を分断してしまう理由があるのです。


骨盤内には、自律神経が多く集まっており、主に上半分が副交感神経、尾骨のある下半分が交感神経の働きが強いしくみになっています。これをまず覚えておいて下さい。

暑い夏の時期には、飲み物や食べ物を選ぶとき、どうしても冷たい物を手に取りがちになるのではないでしょうか。

このことにより、胃腸を始めとした消化器系の内臓を冷やしてしまいますので、働きが鈍ります。

しかし、その状態であっても、入ってきた食べ物は消化・吸収しなければなりませんので、胃腸は無理して働きます。

その胃腸を動かしているのは、先述の副交感神経。副交感神経も無理して胃腸をコントロールし続けます。その影響は体中の副交感神経に及び、副交感神経全体として、疲れが蓄積していきます。

すると、骨盤上半分の筋肉も副交感神経の疲労につられて凝り始め、骨盤上部にある、背骨と骨盤をつなぐ関節(仙骨と腰椎5番間)や、骨盤を構成する、仙骨と腸骨間の関節(仙腸関節)の動きをロックしてしまいます。

こうなると、背骨と骨盤との間にしなやかな連動がなくなりますので、その部分で上半身の動きを支えきれず、度を超えたときに「ピキッ!」といってしまうのです。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

よって、施術としては、腰を直接整えることはありません。

腰回りの筋肉の張りや凝りだけは観ておいて、その後に、その方の消化器系でいちばん冷えて疲れている胃なら胃、肝臓なら肝臓を、腰回りの筋肉がゆるんでくるまで整えていきます。

2009年3月14日分には、骨盤の下半分、交感神経側の凝りによる腰痛の例を挙げてありますので、今回の副交感神経側の例と、照らし合わせてご覧下さい。


※どの臓器がいちばん疲れているのか、見極める指標が12種体型です。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-08-15 06:46 | 腰痛

20代女性。ウォーキングを始めたが、少し歩くと、右足が痛くなる。

立った姿勢で動きを観させていただくと、体が左に捻りやすくなっています。仰向けで両膝を立てて左右に倒してみると、こちらも左に倒しやすくなっています。

「胃の調子はよろしいですか?」と伺うと、以前は痛くなったり、かなり不調が続いていて、タバコとお酒とコーヒーをやめてからは、症状はなくなった、とのこと。

なぜ胃の調子を伺ったかというと、先ほど検査した動きが、立った姿勢でも、仰向けの姿勢でも、胃のある左側へ向かって、動きやすくなっていたからです。逆に言うと、緊張した胃が引っ張るために、右側には動きにくくなっているのです。


仰向けで立てた両膝を右に倒したとき、左股関節、左腰、左肋骨など、どこが硬くて倒れにくいかを観ていくと、その倒れにくくなっている箇所から、その方の歪みの中心が分かります。

この女性の場合、腰や股関節まではやわらかいのですが、その上の肋骨でひっかかり、右側に倒れにくくなっていました。

肋骨の中には胃や心臓、肺などが収まっていますので、背中や首にある各臓器の反応点や、ご本人への質問などと総合して、どこにいちばん負担がかかっているのかをしぼりこんでいきます。

また椅子に座って左足を上にして組むクセなども大切な情報です。実際に試していただくと解りますが、左足を上にすると、胃をかばうポーズをとることができるのです。ちなみに、右を上にすると肝臓をかばえます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

今回、ご本人はまっすぐ立っているつもりでも、実は、胃に引っ張られた左捻れの姿勢を無意識にとったまま、右足はつま先内側、左足はかかと外側へと、不均等に体重をかけてウォーキングを続けていたことが主な原因と考えられました。

そこで、施術の最初に、右足裏にある胃の反射点を調整することで、まず左右動作の差をなくし、その後、背中の反射点、お腹へと、少しずつ胃を深くゆるめ、左捻れの姿勢を整えていきました。

※捻れの姿勢は、12種体型の一種です。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-08-08 06:23 |

均整法では、骨格の調整に「最密位(さいみつい)」を用います。

最密位とは、関節が最も密になる位置という意味。

こう書いてしまうと難しく聞こえますが、例えば手首(手関節)や足首(足関節)であれば、いちばん反らせた状態。肘(肘関節)や膝(膝関節)であれば、いちばん伸ばした状態がそれにあたります。この最密位は、全身の各関節において決まっています。

最密位は、例えば歯車がきちんと噛み合っている状態といえます。少しでもずれていると、歯車はうまく回りません。

何らかの原因で、自力では最密位をとろうとしてもとれなくなっている関節を、最密位のかたちがとれるように整えていきます。

無理矢理に持っていくのではなく、結果的に最密位がとれてしまうように、といえるでしょう。具体的には、まず体型調整から始めます。

例えば仕事先での作業中、鉄パイプ製の大きなカートの角に、恥骨の左側をぶつけてしまった20代女性。

恥骨の真後ろ、お尻側にある仙腸関節(骨盤を構成する、腸骨と仙骨の間の関節)に、打撲の影響と思われる、かなりの左右差が見られました。

骨盤(腸骨)は一枚板でできていますから、前をぶつければ後ろにも影響が出ます。逆に、尻もちをつけば、恥骨側にも影響が出るでしょう。

そのことを踏まえつつも、いきなり仙腸関節には手を出さず、12種体型を基準として、現在の姿勢や動きが、打撲の影響を含めてどうなっているかを調べ、まず脊柱を中心に全体を整えていきます。

その後、恥骨や仙腸関節のある骨盤からできるだけ遠いところにある、頭や足首の関節から順番に整えていき、最後に仙腸関節の最密位をとってみます。

脊柱やその他の関節調整が終わっているので、連動して仙腸関節もあるべき位置に戻る準備が十分にできており、グィッ!あるいはボキッ!などと、強く持っていかなくても、仙腸関節の最密位を静かにとらせるだけで、「ポコン」という小さな音とともに、もとの位置に収まりました。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


特に不調の自覚はなかったのですが、施術の流れの中で、左の股関節がポコンと音を立てた、30代女性もいらっしゃいました。

何かありましたか?と伺うと、思い当たるといえば、冬にスノーモービルで転倒したことかな?とおっしゃっていました。

このまま放置しておいたとしたら、左の股関節は、何かの拍子でもないと、自力では最密位に持っていきにくく、長期に渡ると、全身のバランスを崩すもとになっていたでしょう。

また、打撲の影響が、単に骨格の変位というだけではなく、自律神経に刺激を与えて、それが体内にとどまることもあります。

このときのひとつの目安としては、尾骨に痛みや過敏さが現れることです。

尻もちで直接尾骨を打撲したりすればもちろんですが、そういうことがないにも関わらず、なぜか尾骨を触るとピリピリする、などという場合には、過去に大きな事故などの経験はないかどうかをよく思い出してみて下さい。

原因のよく分からない長年の不調がもしもあったとしたら、その手がかりになるかもしれませんので、思い出した情報とともに、お近くの均整院をお訊ねになってみて下さいね。

※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-08-01 05:20 | 骨盤