快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



毎月1回、施術させていただいているお客様(30代男性)。約1年前に、「体の歪みが気になるので、一度観てほしい」と来院されました。

初回は、左肩が上がった姿勢でした。施術後、その肩のラインが左右均整になったことに感動され、定期的に観させていただくようになったのです。

次の月いらっしゃったときには、今度は右肩が上がっていました。その次は左、その次は右…と、ほとんど毎月、交互に上がる肩が変わります。

均整法では、左肩上がりは心臓疲れ、右肩上がりは肝臓疲れを表すと考えます。

心臓は上半身の左側、肝臓は右側に位置していますので、それぞれが疲れてくると、その周囲の筋肉にも凝りが現れ、肩を持ち上げたり、骨盤を引き上げたりして、全身の歪みにつながっていくのです。

心臓であれば寝不足や喫煙習慣、肝臓であれば食べ過ぎ飲み過ぎや夜遅い食事習慣が、よく見られる疲れの主な原因。

今回のお客様は仕事が相当にハードで、喫煙の習慣はないものの、ここ何年かは寝不足と毎夜の遅い食事がほぼ常態とのこと。その影響が、心臓に行くか肝臓に行くかの割合によって、上がる肩に月ごとの入れ替わりが起きた様子でした。

逆に体調がよいときなどは、施術前から左右差がほとんどありません。この「体調がよいとき」、がポイントです。

ただ肩のラインが整うからということだけで毎月いらしてくれているのではなく、ご自身の生活パターンに当てはめて、その根拠に納得いき、肩の上がり下がりを単なる歪みではなく、体調のバロメーターとして利用する方法を身につけられたのです。

歪みがない状態ばかりがよいのではありません。そのときどきの体調に応じて、体が自由に反応できている状態のひとつが歪みだと思って下さい。

反応できなくなってしまったとき、それは内臓疲れが慢性化してしまったときです。

一見すると歪みがないように見えますが、実は左右の肩が両方とも同時に上がって、下りてこられない状態なのです(こちらの図を参照して下さい)。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)〜

札幌校(2009.10〜開講中)


また、女性は月経のリズムの周期で歪みは変わりますし、男女とも、季節ごとのリズム「春は肝臓」「夏は心臓」「秋は肺」「冬は腎臓」に合わせるように、体を自ら反応させて(=歪ませて)対応しています。

そのときに、必要以上に強く現れてしまった歪みを、均整法では「左右型」「回旋型」「骨盤型」など、12種類の体型に当てはめ、整えていきます。


※「左右型」「回旋型」「骨盤型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-11-28 06:17 | 肝臓

頭蓋骨と肋骨は、どちらかが閉じるともう一方も閉じ、そのときに骨盤は開く。反対に、頭蓋骨と肋骨が開くと、骨盤は閉じる性質があるということを、以前にも何度かお話ししました。

「骨盤と肋骨」「骨盤と頭蓋骨」をご参照下さい。)

この三つの骨の「開く」「閉じる」がうまくいかないと、例えば次のような三つのお悩みを一度に抱えることになります。

「胃腸が弱い」「やせ型なので、少しだけ体重を増やしたい」「O脚」(30代女性)。

お身体を観させていただくと、頭蓋骨と肋骨は閉じる傾向に、骨盤は開く傾向にあります。

今回の女性には、最初に頭蓋骨を開く調整をさせていただいたところ、連動して肋骨も開き、骨盤は閉じていきました。

閉じた肋骨の状態では、胃腸は物理的に外側から抑えこまれることになります。

頭の疲れがとれて頭蓋骨が開き、肋骨もふんわりと開くことで、胃腸は快適に動けるスペースを手に入れることができました。

また、骨盤が閉じた分だけ、私の指で測って4本分開いていた両膝の間は、指3本分に狭まりました。

一回の施術としては成功ですが、このまま以前と同じ生活を繰り返せば、また元に戻ることは目に見えています。

どこに注意して、日常を過ごせばよいのでしょうか。最初の頭蓋骨調整がポイントです。

日々のストレスにより、頭(心・気持ち)の疲れやすい方は、その影響で頭蓋骨が閉まりやすく、連動して肋骨も閉めてしまいます。そのことで自ら、胃腸の動くスペースを狭めてしまっているのです。

さらに、頭蓋骨と肋骨が閉じたことで、シーソーのような関係で開いてしまった骨盤。そこから伸びる脚の骨は、閉まった骨盤から伸びる場合よりも、その間隔は開きます。

ということは、肋骨と骨盤の開閉のもとになっている頭蓋骨を閉まりすぎないようにするため、ストレスを解消すればよいのです!

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)

札幌校(2009.10〜開講中)


…と、非常に地道で漠然としたアドバイスになってしまいました。

一言でストレスを解消するといっても、いったいどうすればよいのでしょう。

様々な方法がテレビや雑誌などで紹介されています。そのうちのひとつに「運動」があります。

ジムに通うばかりが運動ではありません。朝晩のラジオ体操だけで、体調も体型も非常にすっきりされた方は大勢いらっしゃいます。

さらに時間のとれない方には「片足立ち」をお勧めします。1日1回、左右それぞれ20秒〜30秒。

バランスをとることで小脳を活性化し、ふだん仕事などで使い過ぎている大脳を休ませ、ストレス解消になるのです。そのときに、ひとつだけコツが。

多くの方が、軸足になった側の骨盤(股関節)を、外側にスライドさせてしまいます。片足立ちの際、股関節を内側、体の中心に向かってにグッと入れ込むようにして、骨盤の横スライドを防いで下さい。

そのためには、ももの内側にある「内転筋」をしっかり使わなければならず、これこそがO脚の矯正・予防になるのです。

歩きは片足立ちの連続ですから、正しい片足立ちは正しい歩きにつながり、日常生活での歩きはすべてよい運動、O脚矯正へとつながっていくでしょう。

片足立ちで内転筋を鍛えてO脚を矯正し、そのこと自体が運動になり、運動が頭の疲れをとって頭蓋骨を開き、連動して肋骨も開くため胃腸は快調に。そしてシーソー関係の骨盤は閉じて、O脚はさらに矯正されていきます。

このように、身体の部分部分で起こる状況はすべてつながっており、それらを均整法では12種体型に当てはめて読み取り、的確な施術とその後のアドバイスへと展開していきます。


※正しい歩き方、立ち方などをさらに系統立てて学びたい方は、私の動きの師匠でもあるスポーツトレーナー、志水博彦先生主宰の「体玄塾」もお訪ねになってみて下さいね。

※「回旋型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-11-21 07:46 | 美容

内臓と首は、迷走神経という自律神経を通じて密接に結ばれています。

そのため、寝違えなど首の痛みの多くは、暴飲暴食、お腹の冷えなど内臓疲れからくるということを、これまで何度かお話ししてきました(具体例はこちら、過去の記事「寝違え」「首が回しにくい」をご覧下さい)。

今回は、別の例として、外からの衝撃で、寝違え的な痛みにつながってしまった例を見てみましょう。

30代女性。何日か前、自宅で転倒した際に尻もちをつき、床で右のお尻を打撲。それ以後、首を動かすと右側が痛く、口も開きにくくなってしまったとのこと。

観させていただくと、首の右側は胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という筋肉を中心に強く張りが出ており、さらに右の下腹が左と比べて硬くなっています。

ここで、再度「迷走神経図(神経ネットワーク図)」をご覧下さい。

赤い色で区分けしてある神経「右迷走神経」が、首の右側から、右の下腹、大腸などに向かって伸びています。この神経により、右の下腹と首の右側は結ばれているのです。

暴飲暴食など、胃腸疲れもこの神経を伝わって首のコリとして現れますが、今回の女性の場合は、右のお尻を打った衝撃が、右迷走神経経由で首に送られてしまったようでした。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)

札幌校(2009.10〜開講中)


下腹の左右の硬さが違うため、全体としての姿勢も捻れてしまいます。

施術としては12種体型「回旋型」調整により、下腹を左右ともに同じやわらかさにすることで、姿勢の捻れを整えていきました。

捻れが整うに従い、右迷走神経経由で衝撃が伝わったルートを通じて、今度は首を整えるための心地よい刺激が伝わっていきます。


※「回旋型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-11-14 06:15 | 寝違え

ご来院されたお客様に、全身の映る鏡の前に立っていただくと、みなさんそれぞれに姿勢の特徴が現れています。

均整法ではこの姿勢の個人差を「12種体型」という分類法を用いて、そこにどのような意味があるのかを探っていきます。

施術ベッドに仰向けになっていただいた姿勢にも、様々なパターンを観ることができます。

例えば、「大の字」、「大の字よりもさらに、バンザイに近いくらい両腕を上げている」、「胸やお腹の上で指を組んでいる」、「ベッドに対してまっすぐ寝たつもりでも斜めになっている」、「お顔を左右どちらかに向けている」「両つま先の開く角度が違っている」、などです。

それぞれのポーズに、その方の歪みや、お悩みの原因につながる手がかりを見つけることができます。

得られる手がかりのひとつとして、その方は、自身の背骨や骨盤の歪みに沿ったポーズをとっているのではないか?ということ。

お顔を左に向けて寝ていれば、その方の頚椎は全体的に、あるいはどこかひとつが左に回転している可能性があります。

つま先が内に向いている側の骨盤(腸骨)は閉じ過ぎているかもしれない。全体のポーズ、部分部分のポーズから、その方の歪みを読んでいきます。

読み取った上で、そのポーズを活かしてそのまま施術する場合と、正しい背骨や骨盤の位置に一時的に戻してから施術する場合と、状況に応じて使い分けます。

一時的に戻すとは、例えば、閉じ過ぎている骨盤を開くために、その側の足を大きく開いたり、膝を曲げたり、下がっている肩甲骨を上げるために、その側の腕をバンザイしていただいたり。

完成した「背骨や骨盤を一時的に正しい位置に戻した姿勢」は、一見すると、かなりヘンテコなポーズになります。おそ松くんに出てくるイヤミの「シェー!」のようになってしまうことも(こんなことを書くと、来てくださる方が少なくなるかもしれませんが…)。

骨格をバランス的にいったん正しい位置にしてみると、全体の歪みの中に隠れていた歪みの中心、例えば、いちばん歪んでいた背骨のうちのひとつが浮いて出てきますので、それをねらって整えていくわけです。

大人の場合は、浮いてくる歪みの数が多いものですが、小さいお子さんの場合は一カ所か二カ所くらい。施術としては、先ほどの「シェー!」のポーズでバンザイしている腕を軽く引っ張るだけで、全体が連動して整い、施術は完了してしまいます。

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)

札幌校(2009.10〜開講中)


先日、お母様といらした8歳の女の子は、学校の健康診断で尿タンパクが出たとのこと。

姿勢を観させていただくと、腰の上部、ちょうど腎臓の位置での捻れがきつく、体を右には捻れるのに、左に捻りにくくなっていましたので、背骨、骨盤を正しい位置に戻しての腕引き調整で、左右同じように捻れるようにして差し上げました。

この一見ヘンテコなポーズは、基本のポーズが頚椎から腰椎、仙椎まで、一個一個個別に設計されており、均整法学園では「自他動操縦法」という課目で学習します。

私はその科目を担当しており、今日はこれから均整法学園21年度生の皆さんの授業にいってまいります。

「自他動操縦法」の他にも、全部で17の科目があります↓

『身体均整法学園』カリキュラム一覧


それでは今日も一日お元気で。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-11-07 06:50 | 骨盤