快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧



50代女性。朝起きたときや、日中、重い荷物を持って歩いたあとなどに、右の腰からふくらはぎの外側にかけて痛む。

痛みの現れるラインから、坐骨神経痛を心配する方も多いです。もちろんお医者さんでのレントゲン診断なども大切。

その結果、異常がないのであれば均整法など、整体的な視点から観ていくことも、解決の糸口になるかもしれません。

今回の女性の場合、立った姿勢で左側に体を捻りにくく、痛みも増し、右に捻ると痛まないとのこと。

これが逆に、右に捻ると痛みが増すのであれば、腰椎右側のどこかの関節に異常があり、その異常箇所や、その付近から足先に伸びる坐骨神経をさらに圧迫するためとも考えられます。

しかし、左に捻ったときに痛みが増すのであれば、腰椎や坐骨神経には異常がなく、単に右腰やもも、ふくらはぎの凝った筋肉が引き伸ばされるために痛みが出ている可能性があります。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)〜

札幌校(2009.10〜開講中)


『各地の身体均整院』

『取材・広報』

どちらにしても施術の際、痛む箇所は原則として触りません。

この方の場合は、右の腰やふくらはぎの筋肉がガチガチに硬い以上に、肋骨部分を含め、右の肩甲骨から二の腕の筋肉が、深い部分から凝って固まっていました。

12種体型のうち、肋骨型調整を取り入れながらそちらをほどいていった結果、立った姿勢での捻る動きに左右差がなくなり、ガッチリ固まったまま、触ってもゆれなかったふくらはぎの筋肉も、プルプルとゆれるようになりました。


※「肋骨型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-12-26 06:12 | 足の痛み

30代男性。ここ何日か、右足の人差し指に力が入らない。

一ヶ月に一度のペースで歪みを整えさせていただいている方ですので、いつもと違う歪みが出た場合はすぐに分かります。

普段は左の腰が硬くなりやすい方ですが、今日はなぜか右の腰でした。

足指を動かしている神経は、主に腰椎やその下の仙椎から出ています。

このように、お客様からお悩みを伺ったときには、まず「神経の流れ」、そして「経絡の流れ(足の人差し指であれば胃経といって胃のライン)」など、また、お医者さんに行っていないのであれば、「医学的な検査の勧め」を頭に浮かべながら、全体を観させていただきます。

この男性の場合は、右の後頭骨が下がっていて、右腸腰筋(〜ちょうようきん〜。骨盤の内側にある筋肉)に強い凝りが観られました。

「後頭骨が下がる」という状態は、イメージしにくいかもしれません。

頭蓋骨は、ヘルメットのように一枚板ではなく、ジグソーパズルのピースがたくさん、はまりあっているような状態です。

その中で、右の後頭部にあたるピースが、左と比べてほんのわずかに下にずれている、と思っていただければよいでしょう。

そのピースをきちんとはめなおす操作を行ったところ、右腸腰筋の凝りがとれ、人差し指にも力が満ちてきました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)〜

札幌校(2009.10〜開講中)


『各地の身体均整院』

『取材・広報』

なぜいつもと違う歪みが出たのかを明らかにするためいろいろ伺っていると、現在、左の歯を治療中で、ふだんは左噛みが多いのに、ここ最近は右噛みになっているとのこと。

このことが右の後頭骨に影響し、全体のバランスとして、普段の左重心傾向(体型でいえばF3など)が、一時的に右に移っていたと考えられます。

ちょっとしたことでも体の歪みは出現し、また変化します。不調を感じたとき、病院での受診で原因が分からない場合、均整法など、整体的な視点から体を調べてみると、よい手がかりが得られるかもしれません。


※「F3(フォーム3・左屈型)」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-12-19 06:05 | 足の痛み

30代女性。最近左肩が凝る。

何度か観させていただいている、この方の普段の体型は、均整法12種体型で分類すると「肋骨型(呼吸器型)」に当てはまります。

しかし、今日の時点では左肩が上がり、左の背中、胃の真裏あたりが膨らんでいる「左右型(消化器型)」の体型が強く現れていました。

このように、急な不調のときには、その方が体質的、遺伝的に持っている体型に、そのときどきの状況や季節によって、一時的な体型が上乗せされて現れることが多いのです。

そこで、まずは、その上乗せされた分を整え、本来の体型に戻すことが必要になります。

通常行う施術としては、肋骨型の歪みに対して肋骨型の調整方法、左右型の歪みに対して左右型の調整方法が基本。

ただし、今回のような場合には、もともと肋骨型の体が、一時的に「今日は左右型の調整をして欲しい」と訴えていると観て、左右型の歪みに対して、肋骨型の調整方法を施していくと、よく整っていきます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)〜

札幌校(2009.10〜開講中)


『各地の身体均整院』

『取材・広報』

タイトルにも書きました‘これからの時期’というのは、もちろん忘年会、お正月休み、そして年が明けての新年会などの時期を指します。

以前は、1月2日から営業していたこともありました。年末の食べ過ぎ飲み過ぎからくる寝違え等、急な依頼が多かったからです。

今でも少なくはないかもしれませんが、このブログや、日常の施術時のお話しを通して、暴飲暴食がどのように寝違えやぎっくり腰につながるか、その予防法をお伝えするようにしています。

基本は、地道ですが、胃腸や肝臓を休ませ、内臓から体表に現れる歪みを自力で整えることです。詳しくは、過去の記事

「寝違え」(※夏に書いた記事ですが、発生の流れは共通しています。)

「ギックリ腰を繰り返してしまう」

をご覧下さいね。

それでは元気に、よい年末年始を楽しみましょうっ。


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-12-12 06:08 |

今回は体に関するお悩みをお持ちの方向けではなく、主に整体や手技療法を勉強したいと考えている方の参考になればと思います。

私は2008年4月から、私の母校「身体均整法学園」東京校に於いて、「自他動操縦法」という科目を講師として担当しています。

その均整法学園では現在、来年度生の募集が始まっています(年内にお申し込みの方には特典もあるようです)。

学園サイトや募集案内パンフレット用の質問に、私は以下のように回答しました。

近々、上記サイト「身体均整法学園」内にも、私以外の講師が寄せた回答も含め掲載予定ですが、せっかくなので、少し先取りしてみます。
(12/9 掲載されました)

☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜

質問1:均整法の学校に入学する前にどんなことで悩んでいましたか?
回答1:フリーター生活が長く、年齢も30手前になり、そろそろ手に職つけてしっかりとした仕事をしなければ、と考え始めていました。

質問2:何がきっかけで、均整法の学校を知りましたか?
回答2:1999年の健康博覧会です。
「健康博覧会」というのは、毎年3月頃、晴海の東京ビッグサイトで行われる、健康グッズ、健康食品、手技療法など、健康に関する産業の展示会です。3年前まで、身体均整法学園も出展していました。

質問3:均整法の学校を知ってすぐ入学しましたか?しなかったとしたら
    なぜですか?
回答3:最初はお客として通うつもりで、「よい整体を見つけた!」と思っただけだったので、入学する気はありませんでした。

質問4:何が決め手となって均整法の学校に入学しましたか?
回答4:回答1に書きました、将来への迷いの時期に、健康博覧会でO先生に施術していただいたことを思い出しました。レスリングで痛めて、長年不調で動きの悪かった首と左肘が、O先生の施術により、その場で劇的に動くようになった均整を仕事にしようと決めました。

質問5:開業してみていかがですか?
回答5:順風満帆です。最寄り駅前周辺には様々な種類の手技療法やリラクゼーション店が乱立し、また入れ替わってもいますが、競争になったりするような恐れを感じないのは不思議です。自分なりに分析してみると、お客様の現在の症状について、均整法の視点からの、はっきりとした原因の説明と、的確な施術ができるということが口コミで正確に伝わりさえすれば、営業的にはまったく問題ないようです。

質問6:教える立場になってみていかがですか?
回答6:私は卒業後、均整のみで独立開業して食べていけていると公言できるまでに四年かかりました。人の体を扱う職業である以上、その技術習得をはしょったり促成栽培するわけにはいきません。ただ、現在と同じ東京校の教室で、同じカリキュラムの養成講座を卒業した先輩として、均整の技術はもちろんのこと、どのようにして宣伝・集客し、口コミを広げていったかをお伝えし、私が四年かかったところを、一年、二年と短縮していただけるよう、常に心がけています。

質問7:いま入学しようかどうか迷っている方へ一言お願いします。
回答7:ぜひ授業見学にいらして下さい。また、気になる均整師がいれば、一度施術を受けに、均整院を訪ねてみて下さい。その際、入学を検討している旨を伝えると、例え予約が混み合っていて通常1〜3ヶ月待ちであったとしても、何とか早めに時間を割いて下さるはずです。

☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜


『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
東京校22年度生募集中(2010.4〜開講)

大阪校(開講中)〜

札幌校(2009.10〜開講中)


※均整法の基本である「12種体型」については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

[PR]
by naotknet | 2009-12-05 05:11 | 整体って?