快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧



前回「内臓疲労からの膨らみ猫背」に続き、今回は「脳疲労からの丸まり猫背」についてお話しします。

膨らみ猫背は内臓疲労により体内から膨らんでいるため、がんばって背筋を伸ばしても、膨らんだままです。

丸まり猫背は、背筋を伸ばすと、ひとまずよい姿勢を作ることができます。ではなぜ丸まってしまうのでしょうか。

それは頭の重さを支えきれないからです。

施術中、仰向けのお客様の頭を持たせていただくと、寝不足やストレスなどで頭が疲れている方は、ずっしりと重たく感じます。

頭に血液が集まりすぎているのです。消化の際、胃に血液が集まるように、体の中でよく使われている場所には、血液が集まります。

その重たくなった頭が一時的な状態ならよいのです。夏休みの宿題を、8月末に一気に片付けた7歳の女の子もそうでした。

しかし、慢性的になると、背骨で支えきれなくなり、うつむき加減や、アゴが上がった姿勢に固着してしまいます。

均整法では「消化器型」「泌尿器型」「呼吸器型」など、姿勢や動きをもとに、体型を12種類に分けて考えます。その中のひとつ、「頭脳型」がこれにあたります。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

よって、頭脳型用の調整方法で歪みを、主に頚椎を整えて頭と胴体の血流の行き来を開放すると、その場でスッと軽くなります。

頚椎調整は、例えばこのような手技。身体均整師会新着動画に、私、田川の頚椎調整例がリンクされています。

あるいは目の疲れがひどい方には、目を整えることで頭の重さが軽くなることも。

あらゆる可能性を視野に入れつつ、調整は進んでいきます。

※「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-08-28 07:00 | 姿勢

50代女性。以前から姿勢の悪さや猫背を家族に指摘される。

立った姿勢を観させていただくと、確かに背中が丸く膨らんでいます。

「膨らんでいる」状態と「丸まっている」状態は、一見似ているようで、原因が異なります。

今回は膨らんでいる猫背について。下記の図をご覧下さい。
e0073240_726536.gif

(神経ネットワーク図by「肝臓と整体の情報館」)



内臓の位置はおおざっぱに、上段「肺・心臓」、中段「肝臓・胃」、下段「小腸・大腸」と三段に分けることができます(図では「腎臓」や「膵臓」は略してあります)。

そしてそのすべてに、首から伸びる神経「迷走神経」が配分されており、そのコントロールにより、各内臓は動いているのです。

今回の女性は、肝臓や胃の真裏に当たる背中が膨らんでいました。

例えばタバコをよく吸う人は、もっと上の、俗に「上猫背」と呼ばれるような姿勢になりがちです。

下猫背(とはあまり言いませんが)では、例えば冷たい飲み物、ビールなどが大好きで、毎晩飲み歩き、下腹を体内から常に冷やしっぱなしの人。腰の自然な反りがなくなり、後ろに膨らんでしまいます。

つまり、どの位置の内臓疲労かによって、猫背になる位置が決まってくるのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

このような訳で、膨らみタイプの猫背の場合、その膨らんだところを後ろからギューギュー押しても、もとには戻りません。その位置の内臓が余計に苦しがるだけです。

どうすればよいかというと、首(頚椎)をしっかり整えていくのです。

すると図にある迷走神経の流れに沿って無理なく該当の臓器が整い、背中の膨らみも穏やかになっていきます。

今回の女性は「肝臓・胃」の位置での膨らみタイプ猫背ですから、均整法12種体型「消化器型(左右型)」として、頚椎から骨盤まで整えさせていただきました。

「膨らみ猫背は内臓疲労」を表し、「丸まり猫背は脳疲労」を表す、と覚えておいて下さい。丸まり猫背についてはまた次回に。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-08-21 08:07 | 姿勢

夏になると冷房や冷たい食べ物、飲み物によって体を冷やしすぎ、その結果、ギックリ腰につながるしくみをお話しする機会が多くなります。

例えばこちら

2009年8月15日
「冷たい物の食べ飲みすぎによる、仙骨ロックのギックリ腰」

2009年8月22日
「冷たい物の食べ飲みすぎによる、背骨捻れのギックリ腰 」

先日もやはり30代女性が、仙骨ロックタイプのギックリ腰で来院されました。

腰は痛い最中なので、もちろん触りません。右のこめかみを調整し、冷えて疲れた腸を整え、施術前に調べておいた体の各動作のうち、最もやりにくかった「前に曲げる」動作を改善していきました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

施術後「なぜこめかみを?」とのご質問をいただきました。

下図をご覧下さい。赤い線で表した神経が、首の赤丸印から腸まで届いています。

e0073240_726536.gif

(神経ネットワーク図by「肝臓と整体の情報館」)



脳から出発し、頭蓋骨の下側の穴をくぐり、右の首を通って各内臓へと伸びていく、主に赤丸印から下の神経が「右迷走神経」。

頭蓋骨は23個の骨が立体ジグソーパズルのように組み合わさってできています。

そのうち、頭蓋骨下側のパズルの隙間(側頭骨と後頭骨で構成される頚静脈孔)を迷走神経はくぐっていきます。

こめかみからはパズルのピースのひとつ、蝶形骨(ちょうけいこつ)に触れることができます。

蝶形骨、側頭骨、後頭骨が組み合わさって頭蓋骨の下側を作っているため、こめかみから蝶形骨を整えることで、側頭骨、後頭骨との組み合わせが正しくなり、迷走神経の出入り口を通りやすく整備することができるのです。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-08-14 11:27 | 腰痛

おでこのアトピーではなく、おでことアトピーの、歪みから観た関係についてです。

10代男性。ずっと治まっていたアトピーが、高校生になってから再び出てきた。

歪みの目立つ箇所は、おでこでした。正確には前頭骨。

今回の男性に限らず、大きくなってから初めて、あるいは再びアトピーにお悩みの方は、この前頭骨が硬く、ギュッと締まっていることが多いです。

頭蓋骨は前頭骨を始め、23個の骨が歯車のように組み合わさってできており、頭(脳)に疲れのある箇所は、その噛み合わせがきつく締まってしまいます。

前頭骨の奥に収まっているのは前頭葉。現代人の脳疲労は、主にこの前頭葉に起こると言われています。

脳疲労は、大まかに言えばストレスが原因。ストレスに対抗するために、各臓器は様々な働きをします。

例えば肝臓は、ストレスに対抗している脳や全身に向けて、エネルギーを供給し続けます。

そして体が活動したあとにできる老廃物の処理も同時に行うのですが、ストレスが続くと、そこまで手が回らなくなってしまいます。

よって、その老廃物は一時的に体のどこかに放置しておかなければならず、その場所を皮下としてしまった状態がアトピーにつながると考えられるのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

今回の男性は、運動部の練習がかなりハードで、その競技が好きではあるものの、心身ともに、かなり負担だった様子。

均整法「12種体型」の頭脳型調整により、おでこをふっくらさせ、脳疲労を解消し、ストレスを受け流せる体質作りが鍵になります。

おでこの歪みからのアトピーは、会社で働く女性にも非常に多く見られます。

仕事の忙しさもさることながら、上司や先輩、同僚などとの人間関係によるストレスから、おでこがカチカチに硬くなっている女性の多さを感じる毎日。

細やかな感受性の、よいところはどんどん活用して、必要以上に受け止め過ぎたときには、この前頭骨の歯車を、ぜひ調整してあげて下さいね。


※「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-08-07 00:52 | アレルギー