快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧



60代女性。商店経営。大雨のときに店内への浸水を防ごうと、物置から土のうを運ぶ際、しばらく調子のよかった膝を再び痛めた。

膝の調整の場合、均整法では骨盤の関節(仙腸関節)と腰椎3番を整えることがセオリーとなっています。

その2箇所を含めて、12種体型「回旋型」調整。左右の膝の動く範囲を最初に調べ、両方が同じ動きになるよう、全身とのバランスを考えながら整えていきます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

ところで、今回痛める前までの調子のよさには、施術もさることながら、以前から何度かご来院の際にお話しした「正しい片足立ちの方法」が役立ったようです。

ぐらつかずに片足立ちができますか?

しっかりと片足立ちのできる人が両足で立ったり歩いたりするのと、できない人のそれとは全く違うのです。

片足立ちをしてもぐらつかない人は、ももの内側の筋肉(内転筋)や骨盤の奥の筋肉(腸腰筋)で下腹に力を込めることにより、体幹を中心に寄せることができます。

その結果、立つときも歩くときも、例えば一本脚テーブルの中心に物を置くように上体を軸足に載せ、足に負担なく体重を支えられます。



ぐらつく人ほど、上体をテーブルのギリギリ端に置くようなもの。天板と脚の継ぎ目など、股関節や膝関節にあたる部分に無理な力がかかります。

歩きは片足立ちの連続ですから、片足立ちができなければ、ぐらついた上体を支えようと、あわてて逆の足を出し、その足でまたぐらついて、あわてて逆足を…を繰り返す歩き方になります。

軸足に安定して上体を載せ、余裕を持って一歩一歩踏み出す歩き方とでは、足への負担には、長年の間に大きな差がついてしまいます。

この例え話をきっかけに、下腹に力が入っているかどうかを意識するようになってから、膝の痛みがグッと減ったとおっしゃっていました。


理想をいえば、単なる筋トレではなく、正しい体の使い方を身につける視点からの内転筋、腸腰筋その他のエクササイズをお薦めします。

しかしそれにはある程度の時間を割いて、系統立てて学ぶ努力も必要。

いきなりでは敷居が高ければ、まずは私が本ブログ中で、いろいろな例えでお話しする中から、下腹への意識など、何か気になったひとつを心がけてみて下さいね。


「体玄塾」志水先生のブログは、日常の姿勢や動きを見直すよいきっかけになります。

※「回旋型」など「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-09-25 06:58 | 膝の痛み

前回、体によかれと思って食べていた玄米が、お腹の張りに関係することもあるとお話ししました。

「体によかれと思って」○○を食べる、飲む、あるいは使うという場面には、あなたにも心当たりがあるかもしれません。

例えば「水」もそうです。

先々週の日経新聞では、この夏に試みた暑さ対策として「水分を多く摂る」が第一位でした。

もちろん大切なことなのですが、その摂り方には注意しなければなりません。

一日に何リットルとか、ちびちび飲むとか、摂り方の目安はありますが、いずれにしろ個人差が大きいことを頭に入れておくべきです。

今回の7月〜8月にかけて、知らず知らずのうちに水分を摂りすぎている方を多く見かけました。

適正な水分摂取ができているかを見極める方法として「皮膚の手触り」が挙げられます。

水を入れて風船を膨らませたことがありますか?

あの「タプタプタプ」という手触り。水分を摂りすぎて、体内で余ってしまっているときの皮膚の手触りとよく似ています。

水分を摂りすぎた人の体表は、どこを触っても、このタプタプタプを感じられます。例えば二の腕などを触っても分かります。

もちろん水風船ほど分かりやすくはなく、もっと微妙な手触りですので、普段の状態を覚えておかないとタプタプしていても分かりにくいことがあります。常にあちこち触っておくとよいでしょう。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

さて、水分を摂りすぎるとどうなるのか?

水分を体外に排出する器官は主に腎臓や膀胱ですから、夏の間にこれら泌尿器系に負担をかけ続けると、これからの季節、泌尿器系を中心とした体の歪みを作ってしまうのです。

立った姿勢で体を左右に捻ってみると、一番捻れる胴体の部分にちょうど腎臓があります。

水分の排出量オーバーなどで、2つある腎臓自体が疲れ、さらにその疲れ方に左右差があると、腎臓に引っ張られるようにして、体が体内から捻れてくるのです。

これからの季節は上記の通り、夏の疲れ(水分の摂りすぎ、またエアコンなどによる体の内外からの冷え)から腎臓を中心に体が捻れ、ギックリ腰的な腰痛と、一見寝違えのような首の痛みが多くなってきます。

先日いらした30代女性もそうでした。急な腰痛です。

施術としては、12種体型中の「泌尿器型」調整。別名「回旋型」と呼ばれます。

この女性の場合も、まさに腎臓疲れからの捻れ(回旋)による腰痛姿勢になっていましたので、泌尿器系にたまった夏の疲れの調整をさせていただきました。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-09-18 10:45 | 腰痛

40代女性。もともと胃腸が弱く、最近お腹が張ってきて苦しい。心配になって婦人科なども受診したが異常なし。

仰向けで両膝を抱える動作をすると、張ったお腹にももがつかえてとても苦しそうです。

背骨に沿って、どの内臓に負担がかかっているかを調べていくと、婦人科系というよりは、腸の動きが鈍くなっている様子。

このようなときには身体均整法の技法のひとつである「内臓操縦法(内臓賦活法)」を使い、該当臓器の疲れをとっていきます。

先ほどの仰向け両膝抱え動作を再びしていただくと、とてもスムーズに。

施術を進めながら、お腹が張ってきた時期の前後に、何か変わったことがなかったかを訪ねると、健康のために玄米を食べ始めたとのこと。

玄米は体によいとされていますが、きちんと消化するためには相当噛まなければなりません。そのあたりが原因して、消化不良を起こしていたようです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

このように、何か急なことが起こり、病院での検査で異常がなかった場合には、その前後に何か普段と違ったことがなかったかをよく思い出してみるとよいでしょう。

他の例では、大人のアトピーや肌荒れなどが急に現れた場合には、転職をして2,3ヶ月目であったり、職場内で異動があったり、上司との折り合いが悪くなったりと、仕事がらみのストレスを境にして発生していることも多いようです。

このような場合でしたら、均整法では12種体型のうち「頭脳型」調整で頭の疲れをとっていきます。

先述の腸の動きを整えるのであれば、内臓操縦法を中心とした「消化器型」調整。

どのような場合でも、短期的には歪みを整え、かかった負担を受け止められる体にし、長期的には判明した原因にできる範囲からの対応をしていくとよいでしょう。


「内臓操縦法(内臓賦活法)」を始め、身体均整法の技法についてはこちらもどうぞご参考に。身体均整師養成講座カリキュラム

※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-09-11 07:08 | 腹痛

施術のペースについては、理想をお話しした上で、お客様にお任せしています。

健康管理のひとつとして、1週間〜1ヶ月に1回いらして下さる方。思いついたときに、半年に1回、1年に1回いらして下さる方と、いろいろです。

ある30代女性も約1年ぶりにいらして下さいました。

特につらいところはなく、全体の歪みを整えて欲しいとのこと。

施術後、「メガネを作り直さなければと思っていたのが、大丈夫そうなくらい目がはっきりしました」と、思いがけない変化に喜んでいらっしゃいました。

眼の状態には頸椎全体〜胸椎3番までの位置にある神経(上頸交感神経節星状神経節など。星状神経節は下図の赤丸内、青色を着けた部分)が関係します。
e0073240_2283294.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』



1年分溜まった頸椎の歪みが視力に影響していたとも言えるわけで、全身の歪みチェックの中で頸椎が整っていくと、特に視力のことを伺っていなくても、調子は変わってくるのです。

こんな悩みは均整院で話してもムダだろうと思わずに、何でもひとまず話してみて下さいね。

ある40代女性は約半年ぶり。こちらは腰痛で、整形外科や婦人科で検査したものの異常がなく、私のことを思い出して来て下さいました。

右の腰痛とのことで周辺を観させていただくと、右の腸腰筋(「大腰筋」と「腸骨筋」、ふたつを合わせて「腸腰筋」と呼びます)がパンパンに張っています。
e0073240_7593978.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


頭の疲れ(脳疲労)による頭蓋骨の歪みを整えると、頭蓋骨と骨盤の連動により、腸腰筋の張りは、すっきりとれてしまいました。

施術後、「こんなことなら、あれこれ悩んでいないで、最初から来ればよかった」と。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

体のお悩みの原因について、均整法からの様々な視点をブログに更新していますが、まだまだカバーしきれていません。

お医者さんで異常なし、ネットで検索しても今ひとつ原因が分からない、などのときは、ひとまずお近くの均整院へ直接問い合わせてみて下さいね。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2010-09-04 07:55 | どのくらい通えばいいの?