快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



30代女性。2,3日前から左腰痛。立ったまま左足を上げて靴下が履けない。

腰の様子を観させていただくと、背骨と骨盤との境目にある腰椎5番と、骨盤の関節(仙腸関節)の、それぞれ左側がガッチリ固まって動かなくなっていました。

腰椎5番から4つ上(腰椎1番)、さらに4つずつ上(胸椎9番、5番)とたどっていくと、それぞれ右側、左側と、動きの硬い部分が現れています。

均整法では、背骨(椎骨)が4つおき、あるいは5つおきに重心の支柱になっていると考えます。

腰椎5番は痛い箇所なので触らずに、それ以外の4つおきの椎骨を順番に整えていくと、腰椎5番にも自然に動きが出てきました。

仙腸関節にも少し動きが出てきたもののあと一歩。仙腸関節付近を詳しく探ると、腰椎5番の下、仙椎1番の動きが制限されています。

そこから上に4つおきに上がると腰椎2番があり、その左側がやはり硬くなっていましたので整え、靴下が履けるようになったところで終了です。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



例えば仰向けで靴下を履くように膝を引きつけたり、開脚して左右に上半身を倒すなどのストレッチは、単に体をやわらかく保つだけではなく、左右に同じだけ動くようにすることで歪み予防、ひいては腰痛予防にもなります。

しかし、ストレッチだけでは、今回のように主に4つおきに現れる、背骨の関節(椎間関節)の固着まではなかなか取り切れません。

よく首をポキッと鳴らす方がいますが、ほとんどの場合、鳴りやすい椎間関節ばかりがいつも鳴り、その隣にある、固着の強い関節は固まったままです。

その隣り合わせの関節の動きの差が開けば開くほど、急な動作や衝撃に耐えられず捻挫や腰痛につながる原因のひとつになります。

ストレッチなど、自力の努力をメインとして、たまには補助として人の手を借り、椎間関節のお手入れもしてみてはいかがでしょうか。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。例えば骨盤に関係する動きである、開脚が得意か苦手かなど。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-11-27 07:55 | 腰痛

30代女性。今朝起きたら痛かった。右に向いても左に向いても痛い。

痛くないところまで向いていただくと、左右どちらにも30°くらいまでしか向くことができません。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。下図をご覧下さい。
e0073240_726536.gif

(神経ネットワーク図by「肝臓と整体の情報館」)


青線は「左迷走神経」赤線は「右迷走神経」と呼ばれます。

主に胃腸や肝臓など、消化器系の疲れは、迷走神経を伝わって首周辺の筋肉を硬くしてしまいます。

今回の女性の場合、まずいちばん疲労が目立っていた肝臓を整えさせていただくと、青線に沿って歪みが整い、左へは90°向けるようになりました。しかし、まだ右には思い切って向けません。

2番目に疲れが観られた心臓も整えることで赤線も弛み、右にも90°向くことができました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



この夏の猛暑による冷たい飲み物・食べ物のとりすぎ、冷房の効きすぎなどで、内臓を体の中からも外からも冷やした疲れが、今頃になって出てきています。

また毎年、正月明けにも寝違えでのご来院は多くなります。正月休み中の暴飲暴食が影響するのです。

普段から摂生している人がたまにはめをはずすのは、内臓にも刺激になり、いい面もあります。

普段からはずし気味の人は年末年始、心も体も内臓も、一度ゆっくり休ませてあげて下さいね。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。骨盤に関係する動きとしては、例えば開脚が得意か苦手かなど。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-11-20 07:31 | 寝違え

30代女性。右の顎関節からカクカク音がする。

前日に40代女性も同じお悩みで来院されました。お二人とも長年この状態とのこと。他にも多くの方が来院されます。

みなさん、もちろん音の出る側が気になりますが、大抵の場合、原因は逆の左顎関節にあります。

左顎関節が締まり過ぎたため、結果的に右が弛んでカクカクしてしまっているのです。

なぜ左が締まり過ぎてしまうのでしょう?下図をご覧下さい。
e0073240_726536.gif

(神経ネットワーク図by「肝臓と整体の情報館」)


青線で表しているのは「左迷走神経」と呼ばれる、主に内臓を動かしている神経です。

例えば、肝臓の慢性疲労が左迷走神経を伝わっていくとします。

すると、左首からアゴ周囲の筋肉が硬くなり、左顎関節が締まり過ぎてしまうのです。

「肝臓の慢性疲労→左迷走神経→左顎関節」40代女性はこの流れでした。他にも多くの方がこの流れに当てはまります。肝臓調整が必要です。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


30代女性には、別の流れが見られました。

左半身は交感神経、右半身は副交感神経の反応が強く現れるため、仕事が忙し過ぎるなど、心身に負担をかけ続けていると交感神経が亢進し、左半身が硬くなります。

その結果、左腰が痛んだり、左肩が凝ったりします。左顎関節周囲の筋肉も硬くなり、締まり過ぎて動きが悪くなる。逆の右顎関節は開いて弛んでしまうのです。

まとめると「交感神経亢進→左半身の硬さ→左顎関節」。

どちらにしても、大きな原因のひとつは「ストレス」。ストレスに対処しようと肝臓ががんばったり、交感神経ががんばったりした結果の歪みと言えます。

肝臓疲労であれば、均整法では消化器型調整、交感神経の亢進であれば頭脳型調整などで対応していきます。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。骨盤に関係する動きとしては、例えば開脚が得意か苦手かなど。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-11-13 07:52 | 顎関節

30代女性。1ヶ月に1度、体のバランスを整える目的で来院。

先月と違い、施術をする前から、骨盤と頭蓋骨に歪みや硬さがほとんどなく、左右ほぼ対称な、とてもよいかたちをしていました。

「何かいいことありましたか?」と訊ねると、「半年ほど続いていた、きつかったプロジェクトがようやく終わって、解放されたんです」とのこと。

このように、心の状態は、よくも悪くも体に直接現れます。心身は相関しているのです。もちろん今回の女性の場合は、よい現れ方ですから心配ありません。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



施術の最初に頭を持たせていただくことが多いのは、まず心身のうち「心」の状態を知りたいからです。

心を読み取っているわけではないので、ご安心を。冒頭のように、直接伺わなければ分かりません。

具体的には「脳疲労」があるかないかを観させていただいています。

脳疲労がある場合には、特におでこにあたる前頭部、その他に後頭部や側頭部のいずれか、もしくは全体的に硬くなっていたり、左右のかたちが違っていたりします。

また、頭の重さが、その方であればこのくらいの重さであるという基準よりも、ずっしり重たく感じます。

使い過ぎた部分に血液が集まりすぎた状態であり、首の筋肉が凝りすぎて力が抜けない状態でもあります。


これらをそのままにして施術を進めるよりも、最初に解消しておくほうが、後の施術が、より深く体に届くのです。

解消方法は頭蓋骨、とくにおでこ(前頭骨)調整、足首をよく回して左右の動きを同じにする調整、お腹の調整など、その方のタイプに応じて使い分けます。

お腹の調整で、例えばおへそが左右どちらかに寄ってしまっている人のおへそが真ん中にくると、連動しておでこの歪みや緊張も解放され、脳疲労の解消につながります。


※均整法では施術前、体の各動作を12通りに分けて調べ、最もやりにくい動作を中心に整えていきます。骨盤に関係する動きとしては、例えば開脚が得意か苦手かなど。その指標となる「12種体型」についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2010-11-06 08:30 | 疲れ