快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧



当院にご来院の20〜30代女性の中にも、最近の登山やランニングブームをきっかけに、運動を習慣にする方が増えてきました。

と同時に、「脚が太くなった気がする」「ふくらはぎばかり太くなってきた気がする」「足の爪のかたちが変わってきた」などのお悩みも増えました。

ある60代女性は、「室内での足踏みマシンを続けていたら、膝が痛くなった」とおっしゃっていました。

脚のかたちを見させていただくと、X脚気味です。屋外で自由にウォーキングをするだけであれば、また負担は少なかったと思います。

X脚用に設計されていないマシンに、無理に自分の脚を合わせていたところから、傷めたようです。

個人的には、まずは正しい動きかどうかは後回しにして、運動の習慣をつけたほうがよいと思っていました。

その後で、自分のふくらはぎが太くなってしまったことに疑問を感じたとき、ようやく正しい動きに興味が向くのではと。

しかし、上記の方々の流れが他にも多くの人に起こっているのであれば、運動が習慣づく前に、嫌気がさして、やめてしまう場合がほとんどでしょう。

均整法により歪みを整え、体のバランスを調整すると、例えば上に上がりすぎていた重心が、下腹のあるべき場所にストンと落ちて、気持ちよく立ったり歩いたりすることができます。

調整を繰り返しているうちに、何も言わなくても、姿勢や動きがよくなっていく方は多いです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



逆に言葉での説明や実際のレッスンによって変わっていくタイプの方もいます。

そのような方は、ぜひ系統立てて、正しい姿勢・動きを学んでください。こちら志水先生ブログがよい参考になると思います。

内股は不美脚とポッコリお腹のもと

この歩き方がウエスト・ヒップを崩す

チキンレッグの本場ハワイ

姿勢とダイエット

階段上りはヒップアップエクササイズ


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-07-30 08:29 | 整体って?

30代女性。寝違えたような首の痛みが一週間ほど続いている。

顔をどちらに向けても痛いとのこと。右に向けたほうがより痛くて、向ける範囲もせまくなっていました。

この時期であれば、暑さから冷たい物の食べたり飲んだりしすぎ、冬であれば、忘年会などの暴飲暴食による、寝違え的な首の痛みは多いのです。

消化器系の疲れが現れる、足の指の動きも硬くなっていました。一番硬くなっていたのは人差し指。

仰向けで、首の痛みが出ないところまで顔を向けていただき、以前の記事で示した胃経ライン先端にあたる足の人差し指をつまみ、ラインに沿って首までのストレッチをかけます。

次に二番目に硬くなっていた親指(肝経ライン)を同様に操作。首は左右ともスムーズに向けるようになりました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ここ最近の冷たい物状況にも思い当たることがあったそうで、気をつけてみます、とのこと。

均整法では胃や肝臓といった「消化器型」の疲れや、また、頭の疲れには「頭脳型」など、その方の歪みと動きを、まず12種類に分類します。

その上で、今回のように「経絡」から、他には「骨格」「筋肉」からの視点を使って、個人個人に合った方法を用いて施術を進めていくのです。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-07-23 08:07 | 寝違え

今月2日に発売された健康雑誌『安心』8月号(マキノ出版)に、南一夫先生(行徳均整指導所)の記事が掲載されています。

『安心』2011年 08月号

『安心』2011年 08月号


自律神経のバランスを取り、副腎を活性化させる、自分でできる整体法。

ご自宅の冷凍庫に余っている保冷剤を使って、手軽に試すことができますよ。一見の価値ありです。


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→
[PR]
by naotknet | 2011-07-16 07:58 | 自律神経

30代女性。左の顎や首が慢性的に凝る。

例えばその凝った左顎を楽に支えておきたいとき、椅子に座って目の前にテーブルでもあれば、左手に左顎をのせて、頬づえをつくでしょう。

この女性が無意識に、ふだん体重をかけてしまう重心側(荷重側)を検査すると、大きくとらえた場合、左半身側でした。

調子のよいときには重心が、あるときには左膝であったり、右腰であったりと、動作に応じて体の様々な場所にスムーズに移動します。

重心移動がうまくできなくなってくると、重心や、それを支える重心支点がある場所に固着してしまい、そこを中心として凝りや痛みなど、不調の現れることが多いのです。

固着してつらくなってしまった左顎を楽に支えておきたいからと、会社で仕事中、デスクに頬杖をつくわけにもいかず、立ち仕事であれば、なおさらどこにも肘はつけません。

それでも左顎を支えておくために、体はどうしているか?

例えば下図のように、「胆経」ラインに沿って、左顎を支えているのです。
e0073240_11202073.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



今回の女性の場合も、顎と首だけが凝っているわけではなく、左の胆経ライン全体に凝りが出ていました。その中で、いつも不調を自覚できる部分が、たまたま顎と首なのです。

ある人は左腰が痛むかもしれませんし、またある人は左膝かもしれません。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術中、胆経ラインの中でも特に凝りが出ていた、足の左薬指の関節を整えていると、「先生、左顎や首が、なんだかフワーッとゆるんできました」とのコメントをいただきました。

均整法では今回のように胆経ライン重心であれば「左右型」、腎経ライン重心であれば「回旋型」など、その方の歪みと動きを12種類に分類し調整を進めていきます。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-07-09 11:34 | 顎関節

50代女性。足で「グー」「パー」すると足裏のつま先側が痛い。特に左足。

両足の人差し指つけ根付近にマメができており、左の方が硬くなっています。

このことから、ふだん主にこのマメの部分に体重をかけてしまうと考えられます。

痛むのはこのマメの場所。マメは急に出てきたわけではなく、ずっと以前からあったはずです。

最近になって痛み出したということは、一時的に左足荷重+前荷重(分かりやすいように以後、「荷重」を「重心」とします)が強くなったのでしょう。

均整法では、頭を使い過ぎると前重心に、また、自律神経のうち、交感神経を使いすぎると左重心になると観察します。

伺うと、何年か実家を離れていた息子さんが戻ってきて一緒に住むことになり、あれこれ気を遣いすぎて疲れているとのこと。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


この時期になると胃の不調が現れる30代女性の足裏にも、同じ位置にマメがありました。押すと気持ちがいいそうです。

下図は「胃経」のラインを示しており、マメの位置は胃経の下から二番目のツボ「内庭(ナイテイ)」の、ちょうど真裏にあたります。
e0073240_7243146.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



重心は左や前、あるいは斜め後ろなど、体調によってあらゆる方向に偏る可能性があり、偏った先には胃経や肝経、様々なラインが存在します。

日常生活中、常に体重をかけやすい場所、あるいはラインに沿って、体の不調は起こりやすいのです。

均整法では前重心であれば「前後型」、左重心であれば「左右型」など、その方の歪みと動きを12種類に分類し調整を進めていきます。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-07-02 07:54 |