快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



40代男性。右肘が痛い。

パソコンに向かってキーボードに指を置いた姿勢のとき、上になる側の、肘の角が痛いそうです。

左と比べると、周辺の筋肉がコリコリしています。そのさらに奥の肘関節内、二の腕の骨(上腕骨)と前腕の骨(撓骨)をつなぐ関節(腕橈関節〜わんとうかんせつ〜)から、深く曲げたり伸ばしたりしたときにシャリシャリと音が出ていました。

腕橈関節は、手のひらを「きらきら星」のように表裏に動かしたとき、クルクル回るようにできています。

スムーズに回るためには、腕橈関節を支えている靭帯(撓骨輪状靭帯など)がやわらかく保たれていなければなりません。

やわらかく保つためには、普段からきらきら星のような動作をしていることが必要ですが、パソコン作業にはあまり関係のない動作。逆に多いのは、前腕の動きを固めたまま、指先だけを細かく動かす動作でしょう。

この腕橈関節付近には、前腕の筋肉が何本も集まってついているため、マウスのクリック動作なども含め、それらの筋肉を酷使した結果、肘全体を、より硬くしてしまいます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
〜東京校24年度生(夜間コース・土日コース)募集中〜

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


立ち仕事から、業務内容が変わり、慣れないパソコンに向かう時間がとても増えたとおっしゃっていました。

施術としては、肘関節と関わりの深い頚椎6番を中心に回旋型調整。

さらに右肘と同じ高さにある肝臓、肘と隣り合わせている関節である手首と肩関節をそれぞれ整えていきます。


※回旋型など12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-10-29 08:02 | 腕の痛み

30代女性。腰痛を起こしやすい。

立った姿勢では左に体を捻りやすくなっている、左回旋型の姿勢。

うつ伏せで背骨の一番下(腰椎4,5番間)の関節や、その下の背骨と骨盤の間(腰仙関節)を触らせていただくと、右が硬く固まっています。

長年その場所で体重を受け止め、関節周りの靭帯や筋肉が慢性的に凝ってしまっている場合は、何かゴリゴリした手触りを感じます。

そこだけにこだわらず、背骨のその他の関節にも出ている歪み、特に上の方(胸椎など)を整えていくと、つられて整っていくことが多いです。

今回の女性はそれだけでは無理でした。胸椎や頚椎を整えても、腰仙関節はまだ、貝が閉じたようにピッタリとくっつき、指が入りません。

このような場合は、どこか別のところに原因があります。探っていくと、右側の大腰筋に強い凝りが残っていました。

大腰筋は背骨(腰椎)の前側から骨盤、股関節にかけて、左右についていますので、右側だけが凝って縮まると、背骨もつられて右側にしなってしまい、腰椎部分の関節がつまるのです。

右大腰筋の凝りを取っていくと、ようやく腰椎も整いました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



運動不足で体に左右差が出てきたのかと思ってお話を伺っていくと、逆にがんばって運動をしすぎた結果だった様子。

週に何回運動をすると決めたら、気が乗らない日でも無理してやってしまうタイプだとおっしゃっていました。

このように心身ともにがんばるとき、人は体を無意識に捻って耐えます。がんばり屋さんに多い、捻じれからくる腰痛のようでした。

毎日体を左右に捻ってチェックし、左右の動きが日常的に同じになるくらいまで、運動の回数や時間を調節、要するにサボっても大丈夫ですよ、とお伝えしました。

よい意味でのサボりです。自分に適切な運動量は、体が知っているのです。


※左回旋型など12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-10-22 08:07 | 腰痛

70代女性。いつもは痛くないが、何かの拍子に左の脇腹がズキッと痛いときがある。

ちょうどあばら骨のあたりです。観させていただくと、左右12本あるうちの肋骨、左の6番目と7番目の間が狭く、硬くなっていました。

立った姿勢は、上半身がわずかに左に傾いています。長年、左半身に体重を乗せやすい姿勢だった様子。

左に傾いた姿勢が長年続くことにより、左の膝を痛める方もいれば、左足首、左股関節、左腰に影響が出る方も。

そして、左肋骨のうち、どれかの隙間を詰めたまま、周囲の筋肉を硬く強ばらせてしまい、今回のようなお悩みにつながる方もいらっしゃいます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


どちらに傾きやすいかは、これまでの生活習慣が総合されます。

肝臓の慢性疲労により、上半身が右に傾きやすい方も多いです。

その方のお話から、またお身体から直接、できる限り情報をいただき、判断していきます。

今回の方の施術では、見かけ上、短くなっていた左脚をゆっくり引いて左半身の緊張を取り、狭くなっている肋骨が付いている、胸椎6,7番を整えるなど、F3(フォーム3。左屈型)調整を進めていきました。


※「F3・左屈型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-10-15 10:17 | 肋骨

30代男性。3週間前、1mほどの高さから飛び降りたときに、左かかとの硬い部分から着地してしまい、しばらく松葉杖をつかなければならないほど痛かった。

骨には異常なしとのこと。さらに歩くことにはもうほとんど支障がないため、医学的にはこれ以上何もしなくてよさそうな状態でした。

しかし今回の男性は、何度も均整を受けて下さっており、どこかを打撲した場合、体に入った衝撃による歪みをきちんと処理しておくほうがよいことを知っていたためご来院。

かかとを左右比べてみると、確かに腫れなどはまったく見られないものの、左アキレス腱がかかとの骨(踵骨〜しょうこつ〜)に付着している部分に、かすかに凝りが感じられます。

アキレス腱はふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋)とひとつながりであり、ヒラメ筋は、腰から伸びる神経により動かされています。

うつ伏せの姿勢で腰から骨盤にかけて観させていただくと、左骨盤の関節(仙腸関節)の動きが硬くなり、膝を曲げてみると、左がずいぶんと曲がりにくくなっています。この2箇所が調整ポイント。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


均整法では後頭部と仙骨が影響し合うと考えます(「相関関係」と呼ばれます)。

左の仙腸関節を細かく探っていちばん硬い点を見つけたら、鏡に映したように後頭部の同じ箇所にも硬くこわばっている点を探します。

着地の際に打撲した左かかとから左足、左骨盤を通って、左の後頭部に衝撃が伝わったと考えてもよいでしょう。

左後頭部に見つけた硬い点を整えると、左仙腸関節の硬さがとれ、左足も右と同じように曲がるようになりました。

あとは、左足首周囲の関節を整え、調整終了です。


[PR]
by naotknet | 2011-10-08 08:09 | 打撲

前回は肩甲骨内側の痛みやこりについてでした。今回は外側について。

1ヶ月に1回、定期的に施術を受けに来てくださる30代女性。いつもは左肩甲骨の外側がこって仕方がないが、今回は右とのこと。

立った姿勢を観させていただくと、確かにいつもと違って、右側の肩甲骨周り、特に外側が硬くなっています。

さらに、これは前回の女性と共通していますが、右側の肋骨と骨盤(腸骨)を、グッと前に突き出した姿勢になっています。

12種体型に当てはめると、こちらも前回の方と同じく「F5・右回旋型」になっていました。

別の観方をすると、体の右側にある肝臓のこりに、右の肋骨と骨盤(腸骨)が引っ張られた姿勢とも言えます。

姿勢だけで、どこそこが疲れていると判断するわけではなく、神経や経絡、また、その方から伺うお話などをもとにして、どの臓器が疲れているかを絞り込んでいきます。

例えば暴飲暴食など、食事の不摂生が原因で肝臓に負担がかかっている方は、首の左側(頚椎2番あたり)に、押すと痛いコリコリが現れます。

これは、肝臓と脳をつなぐ神経「迷走神経」が、脳から頚椎の際を通っていく途中の箇所で、迷走神経の反応を観やすい点なのです(下図参照)。

e0073240_16534435.gif

イラストby肝臓と整体の情報館



今回の女性には、このコリコリが現れていませんでした。

コリコリがない場合、肝臓は別の理由で疲れている可能性があります。それは、ストレスによる疲れ。

心身ともに何らかのストレスを受け続けると、体は副腎という臓器からストレスに対抗するホルモンを出したりと、様々な対処をします。

肝臓も、ストレスを何とかしようとフル回転している脳に常にエネルギーを送らなければならず、同じくフル回転。その疲れが出ているようでした。

おでこ(前頭葉)にも、ふだん見られないこりが強く(考えすぎが続くとおでこは硬くなります)、伺ってみると、確かに最近いろいろあるとのこと。「よく分かりますね~っ」と驚いていらっしゃいました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


そこで、施術の主な方向は肝臓調整。

肝臓に関係する背骨(椎骨)の歪みを整えたり、肝臓を直接ゆるめたり、また「後頭部と下腹部」「おでこと上腹部」といった、均整法独特の考え方「相関関係」により、おでこによる肝臓調整を進め、「F5・右回旋型」として右にねじれている身体を整えていきました。
快風身体均整院 田川直樹)


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川 直樹, おかの きんや共著/リンダパブリッシャーズ刊)


『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』(田川 直樹, おかの きんや共著/リンダパブリッシャーズ刊)

[PR]
by naotknet | 2011-10-01 08:42 | 肩こり