快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧



30代男性。階段から落ちて、右手を強く床に付き、肩を傷めた。

2週間経過し、痛みはほとんどないものの、投球ポーズや、帯を結ぶポーズの動く範囲が以前よりせまくなった。

整形外科でレントゲンやMRIも撮り、大事には至っていないとのことで安心しました。

観させていただくと、肩関節よりも、鎖骨と肩甲骨をつなぐ肩鎖関節の動きが硬くなっています。

肩関節は頚椎5番(C5)、肩鎖関節は頚椎3番(C3)と関係が強いです。

骨盤型(頚椎3番、7番、胸椎4番、8番、12番、腰椎4番、仙椎3番に歪みが出やすいタイプ)調整により頚椎3番以外の椎骨から順に整えていくと、C3も連動して整い、肩鎖関節が弛み、投球も帯結びポーズも動く範囲が広がりました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



今年もこのように、均整法12種体型にお客様の歪みを当てはめ、施術させていただきました。

「痛みや不調」を「歪み」に翻訳し、整える施術が主なため、例えば特に小顔矯正や美容整体をうたっているわけではありません。

ただ、このようなことが年末にありました。

お姉さんと一緒に部屋を借りて同居している30代女性が、初めての施術を受けに来て下さいました。

帰宅したときに、お姉さんが妹さんの顔の変化(‘小顔’や‘シンメトリー’)にびっくりしたそうです。

すぐにお姉さんからもご予約電話をいただきました。

妹さんは美容のためというよりは、不調解消のために来院されました。

不調から来る歪みが整い、姿勢と動きが改善されると、背骨の正しいカーブ(生理的湾曲)が復活します。

その上に頭蓋骨を安定して載せ続けることができるため、頭蓋骨は自ら整い、自然な顔の変化が現れるのです。


※「骨盤型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-12-31 08:58 | 肩の痛み

30代女性。ウエストのくびれが左右で違っていて気になる。

観させていただくと、右の骨盤が前に回転している分だけ、右のくびれが深くなっています。

骨盤の右側だけがヒップアップのかたちなのです。

右の肩甲骨ばかり凝るともおっしゃっていました。

立った姿勢を観させていただくと、右胸だけを前に突き出した姿勢になっています。

真似をしてみると分かりやすいですが、この姿勢をとるためには、右の肩甲骨辺りに力を入れなければなりません。

つられて右の骨盤も前に出て、さらに上にも引き上がってくるのが感じられるでしょうか。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


これは、肝臓慢性疲労の方に多く見られる姿勢です。

例えばストレスの多い生活が続き、肝臓が脳に常にエネルギーを送り続けていなければならない状態。

体幹を歯磨き粉のチューブだとすると、残り少ない歯磨き粉を、チューブをギューッと捻ってしぼり出している姿勢です。

今回の女性では、胸椎8番や腰椎2番など、肝臓と関わりの深い背骨を整えたのち、おなか側から肝臓自体の調整(肝臓賦活法)に時間をかけ、チューブの捻じれ(均整法では「回旋型」と呼びます)をもとに戻させていただきました。


※「回旋型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-12-24 00:37 | 美容

40代女性。右腰の上の方が痛む。

忘年会シーズンの時期には多いです。腰椎2番の右側に、肝臓疲れの反応が出やすいからです。

ただし今回の女性は、お酒はまったく飲まない方でした。

肝臓疲れのことをお話ししたときに「お酒はまったく飲まないのですが」と、よく質問されます。

体内に入ってきた毒物をチェックし、害があると分かれば無毒化して、体外に排出する役目を負っている臓器が肝臓。

お酒は主にアルコールがその毒物にあたります。

お酒を飲まなくても、何かの病気治療のためにお薬を飲んでいれば、必要のない分は肝臓が解毒、排出します。

また、普通に食事をしているだけでも現代では、体に必要のない物まで、知らず知らずに大量にとり込んでいるはず。

「体重が増えてきた」とのことでしたので、今回は食事関係に原因があるのかもしれません。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

胸椎と腰椎の境目が腰椎1番(L1)、そのひとつ下が腰椎2番( L2)にあたります。
e0073240_710737.gif

イラストby「アイリス・アイリスの作業現場」

腰椎2番を軸として体を左右どちらかに倒しにくくなってきたときが、肝臓疲労の目安。

均整法「左右型(消化器型)」調整により、肝臓疲れを整えると、腰椎2番の歪みもなくなります。

お酒や食事は自分の意思によりコントロールできますが、必要があって投薬治療中の方は、肝臓疲労調整によって、できるだけ体に負担をかけないように過ごされるとよいでしょう。


※「左右型(消化器型)」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-12-17 07:16 | 腰痛

40代女性。首の右側に、骨(頚椎)の歪んでいるような箇所があり、気になる。

観させていただくと、首の真ん中あたり、7個ある頚椎のうちの4番目に、確かに歪みがあります。

ただし、4番自体が歪んでいるわけではなさそうでした。

例えば、テントの支柱を立てるときに、何本かのロープのうちの1本をきつく張り過ぎると、その側に支柱がしなります。

長い間そのままにしておけば、支柱のどこかがグニャッと曲ってしまうかもしれません。

こうなると頚椎の歪み(変位)と言えますが、今回の女性の4番は、まだテントの支柱全体が、どこからかのロープによって引っ張られ、しなっている状態でした。

そのロープの出発点を探すと、肩甲骨間にある、胸椎5番。こちらが本格的に歪んでいます。

胸椎から頚椎にかけては、体幹の奥のほうで何本もの筋肉が、それこそ支柱とロープの関係のごとく張り渡されています。

5番が歪んだことで、そのうちの何本かにより、頚椎全体が右側に引っ張られ、中でも4番に一番テンションがかかっている様子でした。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


頚椎4番や胸椎5番に歪みが現れやすい方は、頭に疲れがたまりやすいタイプに多いです。

12種体型「頭脳型」調整により胸椎5番が整うと、頚椎のしなりも、もとに戻りました。


※疲れがたまりやすい箇所の分類とも言える、「頭脳型」「消化器型」「呼吸器型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-12-10 08:18 | 首の痛み

30代女性。ある日突然、左の股関節が痛くなった。

何もしなければ痛くないのですが、例えば仰向けになって両方の股関節を曲げていくと、右は最後まで曲がるのに、左が途中でつかえて痛みが出ます。

股関節は腰椎5番、膝は腰椎3番、肩関節は頚椎5番など、各関節と神経的に関連の強い背骨(椎骨)が決まっています。

そこで腰椎5番を観させていただくと、左側に相当強い筋肉の凝りがありました。

最近何か日常生活で変わったことはないか伺うと、何ヶ月か前から、自宅でできるDVDでのトレーニングを始めて、かなり熱心に取り組んでいるご様子。

腰椎5番そのものには、それほど強い歪み(変位)はなく、それよりも5番周辺の筋肉の凝りのほうが目立っていました。

例えばトレーニングにより左腰を使いすぎて筋肉が疲労し硬くなり、一時的に股関節への神経を圧迫していることが原因として考えられます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


一部の凝りや歪みを整えるためには、全体を観ていかなければなりません。

今回の場合であれば、背骨をタオルに例えると、そのタオルをしぼったとき、しぼりのもっとも強い箇所が腰椎5番にあたるとすると分かりやすいでしょう。

腰椎5番は背骨と骨盤の境目、腰の一番下。その周辺の凝りを取るには、背骨全体のタオルしぼりを、すべてもとの状態に戻せば、結果的に5番の凝りや歪みも整います。

しぼり方を均整法では12種類に分けています。今回は「前後型」というしぼりに合わせた調整により、股関節は右も左も同じだけ曲がるようになりました。

股関節が痛くなったのは突然かもしれませんが、腰椎5番周辺には、痛みは出なかったものの、何ヶ月分かの疲労が徐々にたまっていたのです。


※「前後型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2011-12-03 10:02 | 股関節の痛み