快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


カルテについて


当院で使用しているカルテには、前面と背面から見た人の図が描かれており、初回ご来院時の歪みの状態、お悩みの内容、整えた箇所名(例:頚椎1番)などを詳しく記録させていただいています(画像右側)。
e0073240_7345126.jpg

歪みはずっと同じ状態にあるわけではなく、体のどこかを痛めていたり不調があったりしたときには、いつもより大きく歪みます。

調子のいいときにも歪みは多少はあります。その場合「歪み」というよりも、その人固有の「体型」と呼んだほうがよいでしょう。

無意識に長年積み上げてきた、その人がいちばん日常生活を送りやすい姿勢や動きができる体型があるのです。

均整法ではその体型を12種類に分けて、その人に最適なバランス調整の手がかりにしています。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


初回だけではなく、その後もご来院ごとに、前回から見ての変化、それに応じて組立てた施術内容を記録し続けています(画像左側)。

施術をお受けになった方は分かると思いますが、いつも同じ手順ではない理由がここにあります。

ギックリ腰と寝違えでは、同じ人でも歪みは異なりますし、また季節ごと、ご来院の時間ごとでも、歪みは刻一刻と変化していきます。

視点を変えれば、体は歪むことによって、そのときどきの環境に対応しています。これができないときに不調は深まってゆくのです。

自由に歪んだり、自然にもとに戻ったりできるようにすることが、均整法の一番の役目と言ってもよいかもしれません。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-02-25 07:49 | 施術はどんなことするの?

20代女性。歩くと左股関節の奥が痛い。

右と比べ、どの方向に動きが悪いのかを検査します。検査はしますが、痛いところそのものは施術しません。

流れとしては、脊柱を12種体型に当てはめ整えてから、股関節が痛いなら、主に肩関節を整えていきます。

股関節と肩関節、あと顎関節は連動して動きが悪くなったりよくなったりします。

3つのうち、痛めた関節以外を整えると、痛めた関節の動きにも変化が出てくるのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


例えば今回の女性の場合、股関節と関係の深い椎骨である腰椎5番(L5)を含め、肋骨型調整により脊柱全体を整えてから、このような方法(AKA)を用い、肩関節を整えていきました。


※均整法では脊柱の歪みを「肋骨型」「骨盤型」など、12種類に分けて考えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-02-18 07:53 | 股関節の痛み

30代女性。非常に疲れやすい。病院では自律神経失調症と言われたこともある。

1ヶ月ほど後、2回目の施術にいらした際に、前回以降、すっかり調子がよくなったとのこと。

させていただいた施術は、主に頚椎と頭蓋骨の連結部調整。

体には、自律神経の働きによって自動的に動いている部分が多くあります。

頭蓋骨や骨盤が開いたり閉じたりする動きもそのひとつ。

骨盤が開くと頭蓋骨は閉じ、閉まると開くというシーソーのような動きも、自律神経の調子がよくてこそ。

逆にいえば、骨盤か頭蓋骨、どちらかの動きが何らかの原因(例えば昔ひどく打撲したことがある等)で固まってしまうと、自律神経がいくら開閉を行おうとしても、固まった部分が動いてくれず、自律神経は無理をし続けることになります。

施術によって固まった部分を解放してあげると、自律神経の無理がなくなり、全身の調子も上がるのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


今回の女性のように、頚椎と頭蓋骨のかみ合わせが悪いだけで、まだ自律神経が元気なうちであれば、そのひっかかりを取り除けば、自律神経の無理がなくなり、すっきりします。

ひっかかりが他にも何箇所も、長年に渡って続いていると、自律神経も肉体の一部ですから、働きすぎると筋肉が疲れるのと同じように、神経自体が慢性疲労を起こします。

ここまでくると、ただひっかかりをなくすだけで足りません。

ひっかかりをなくして自律神経が自由に動けるようにした上で、早寝早起き、規則正しい食事、適度な運動などを通じて自律神経の仕事を極力減らし、しばらくは休ませてあげる生活が必要でしょう。


※均整法ではその人のどこに無理がかかっているかを「頭脳型」「消化器型」など、12種類に分けて考えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-02-11 08:14 | 自律神経

内臓美人学


昨年の年末に取材していただいた女性誌『MISS(ミス)』3月号が、先週(1月28日)発売されました。

【送料無料】MISS (ミス) 2012年 03月号 [雑誌]

『MISS (ミス) 2012年 3月号』
(世界文化社)


取材テーマは「内臓美人学」。

P.166に掲載されています。同じページ、隣の先生は腎臓、こちらは肝臓担当。

均整法において、肝臓を初めとした内臓調整(内臓賦活法)の流れは、今回の記事中、2枚の施術写真に表されています。

向かって右側の写真は、肝臓への直接法。

右手は肋骨の上から、左手は肋骨の下の縁から、それぞれ肝臓にコンタクトし、微振動により肝臓を弛めています。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校
~東京校24年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術の最初から、肝臓へ直接調整をすることはほとんどありません。

まずは左上の写真のように、お客様の右腕と左脚を開き、肝臓にいちばん刺激が届くポーズを作り、左の足先から遠隔的に微振動を加えて、肝臓を弛ませます。

直接調整への準備体操とも言え、ある程度肝臓の凝りをとったあとに、直接法へと進んでいくのです。

ポーズは肝臓、心臓、膵臓、脾臓、胃腸…と、各臓器ごとにすべて決まっており、「消化器型」「泌尿器型」「頭脳型」など、12種類の姿勢や動きの特徴に合わせて選んでいきます。


※「消化器型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-02-04 07:52 | 肝臓