快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧



40代女性。息が吸いにくい。テーブルなどに両手をついて突っ張り、胸を広げるようにするとようやく深く入ってホッとする。

肋骨はじゃばらのように伸び縮みします。

上記の動作では、そのじゃばらを強制的に伸ばして広げているわけです。

均整法では「伸び・縮み」「前屈・後屈」「左捻り・右捻り」など、動作を12種類に分けて、その方のお悩みと歪みのつながりを絞り込みます。

今回の女性は、まさに「伸び・縮み」の「伸び」に該当しました。

伸ばす動作か、縮まる動作かで観ると、肋骨を伸ばすほうが呼吸が楽なタイプなのに、それがうまくいかない様子。

そこで施術は肋骨型のF7(フォーム7。伸展型。肋骨をはじめ、他の各部位も、伸ばすほうが動作が楽なタイプ)。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


とはいえ、肋骨自体を直接施術するのではなく、ポイントは股関節。

ヨガも習っているとのことでしたが、「股関節の硬さが半端じゃないのです」と本人談。確かにそのとおりでした。

股関節が硬くなると肋骨の動きも硬くなります。

体には、ある部位同士が相互に関係し合う「相関関係」と呼ばれる性質があります。他に主な相関部位としては肘と膝、手首と骨盤など。

この性質を利用して、直接施術するにはすでに硬くなりすぎて、手が入りそうもない肋骨を、股関節経由で弛めていくことができるのです。


※F1~12について、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-08-25 00:38 | 肋骨

30代女性。寝付きが悪く困っている。

長期出張で都内に滞在し、すでに何ヶ月か経っているとのこと。その精神的な疲れもあるのでしょう。

寝付きに関係するポイントが3つ見つかりました。

1)肩甲骨外転:脊柱と肩甲骨内側との幅は、その人の手指幅3本がちょうどよいといわれます。今回の女性は4本でした。交感神経亢進を表すことがあります(右図が肩甲骨外転の状態)。
e0073240_6143312.gif

(骨格図by「アイリス・アイリスの作業現場」)

立った姿勢の見た目として、大きめの肩パットが入っているような、頑張っている感じの肩の様子になります。

2)腰椎1番(L1)の歪み:動きがなく、硬くなっていました。頭の疲れが現れやすい椎骨です。

3)足関節底屈:仰向けでも足首が伸びたままで、つま先立ちをしているようなかたち。足関節が底屈しっぱなしの状態です。やはり頭の疲れから、頭〜背中(膀胱経ライン)が突っ張っている姿と考えられます。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



施術は、L1をメインとした前後型調整をうつ伏せで行いました。

再び仰向けになると、つま先立ち状態は解消され、立った姿勢での肩甲骨の間は指4本→3本に。

来月には地元に帰れるとのこと、よい秋を過ごされますように。


※均整法では前後型、回旋型など、動きやかたちを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-08-18 06:39 | 自律神経

40代女性。最近、足がつりやすくなった。それも左ばかり。

足がつる原因としては、筋肉の疲労や冷え、ミネラルバランスの乱れなど、様々なことが言われています。

椎間板ヘルニアなど腰椎の問題、脳梗塞や糖尿病など、病気との関わりも潜んでいることがあるため、症状が頻繁であれば、一度は病院での受診をお薦めします。

体の歪みからの視点で観させていただくと、腰椎4番と5番の間や、5番とその下の骨盤(仙骨)との間(腰仙関節)が、足がつりやすい側に歪んでいることが多いです(下図参照)。

e0073240_0113689.gif

(脊柱図by「アイリス・アイリスの作業現場」)



今回の女性もその状況にありました。

また、立った姿勢では体が左に捻りやすくなっていることから、長年、左腰に体重をかけがちな姿勢や動きの習慣があると推測されます。

施術としては、体を左に捻りやすい人向けの左回旋型(F6〜フォーム6〜)調整。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



病院で診察を受けて、医学的に何も異常がなかったとしたら、それは安心材料としてはとてもよいこと。

ただ、異常はないみたいだけど、やっぱり足のつるのがちょっと気になるなど、体からのシグナルがあれば、素直に耳を傾けて下さいね。

そのシグナルを歪みの視点からたどると、長年負担のかかっている部位が見つかり、早い段階(未病の段階)で整えることができますよ。


※均整法では捻り動作を右回旋型(F5)と左回旋型(F6)、前後動作を前屈型(F1)と後屈型(F2)、など、正反対の動きやかたちを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-08-11 00:17 | 足の痛み

30代女性。最近おなかをこわしている。

暑い毎日ですから、冷たい物の食べ過ぎ飲み過ぎにより、みなさんの中にも同じように困っている方、けっこう多いのではないでしょうか。

腹部には「募穴(ぼけつ)」と呼ばれるツボが集まっています。

臓腑に異常のあるとき、圧痛などの反応が現れやすい募穴。

いくつか探ってみると、へその下にある小腸経の募穴「関元(かんげん)」に圧痛がありました(下図参照)。

e0073240_0145943.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



軽く押させていただくと「うっ」という、重だるさを感じるとのこと。

均整では「バランス」がキーワードです。

背骨のバランス、筋肉のバランスの他、臓腑のバランスも大切。

肺と膀胱、大腸と腎、胆と心など、臓腑はそれぞれがペアになってバランスを取り合っています。

小腸とバランスを取り合っているのは肝。

肝の募穴は「期門(きもん)」。左右の胸の下側にそれぞれあります(下図参照)。

e0073240_0165059.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



よって、2つの期門とおへそ近くに1つある関元を結んだ3点が、硬さ的にちょうど釣り合うようにバランス調整すると、おなかをこわしやすい姿勢、逆に便秘しやすい姿勢などが整うのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~24年度大阪校10月開講~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



※均整法では消化器型、泌尿器型、生殖器型など、臓腑も視野に入れた姿勢を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-08-04 00:20 | 腹痛