快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



ここ何年かのランニングブームにより、ふだんのランニング疲れのケアのために来院されるお客様も増えてきました。

どこも痛めることなく、毎日調子よく走れていても疲れはたまってきます。それを解消するための施術は理想的な流れ。

走っているうちにどこかを痛め、「施術でなんとかできないか」とのご相談を受けることも、多くあります。

痛みがもとになり、ランニングから離れてしまう人もたくさんいることでしょう。膝の痛み相談率が高いです。

均整法から観た、なるべく分かりやすい説明として、施術中にお話しすること。

立った姿勢で体を左右に捻ってみると、ほとんどの人がどちらかに捻りやすくなっています。

例えばそれが左方向だとします。試しにやってみて下さい。

顔は前を向いたまま、首から下だけどんどん体を左に捻っていくと、最初は上半身だけですが、そのうちに下半身にも捻りが加わります。

さらに捻ると、左膝の外側と右膝の内側に体重がかかり、反ってくるはずです。

その状態のまま、歩いたり走ったりしてみたとしたらどうでしょうか。左膝の外側と右膝の内側とに、過剰な負担が生じます。

ここまで極端な捻れではないものの、ふだん真っ直ぐ前を向いて立ったり歩いたり走ったりしているつもりの姿勢には、微妙な捻れが含まれています。

微妙な捻れからの微妙な膝への負担であっても、それがランニングなどの長時間、長期間の負担によって積み重なり、膝を痛めるのです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


他の部位でも同じことが言えます。

例えば上記の姿勢では、首にも常に捻れが加わっています。体が捻れても、顔は前を向いていないと日常生活が不便だからです。そこから首や肩こり、手指のシビレ感につながったり。

このように膝を初めとして、さまざまな部位に捻れを加えたかたちで、知らずしらずのうちに酷使しているのです。

趣味の野球チームに所属している男性(30代。右投げ右打ち)は、シーズン中は体が左に捻りやすくなっていました。

理論上は、練習や試合で左に体を捻った分量と同じだけ、右にも捻り返しておけば、バランスが取れるかもしれません。

ただ、現実的には難しいでしょう。そこで手軽な方法としてはラジオ体操など、左右均等な動きによって全体をまんべんなく動かし、偏った姿勢による捻れ(歪み)をほどいておくことが有効です。

毎日のデスクワークも偏った姿勢のひとつ。「長時間座っていると左のお尻が痛くなる」とのお悩みで来院される方もいます。

施術(特に回旋型調整)、あるいは日々のラジオ体操、仕事の合間の背伸びなどにより、こまめに体の捻れをほどいておくことは、どこか一部分だけを酷使し、金属疲労的な傷め方を防ぐためにも非常に大切なのです。


※均整法では例えば座っていてお尻が痛くなる場合でも、状態を捻って左のお尻で座っているのか、単に左に上体を傾けて座っているのかなどにより、回旋型、左右型など12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-11-24 07:52 | 膝の痛み

30代男性。右膝が痛くて、スクワットのように深く曲げられない。

右膝と左膝を同時に触り比べさせていただくと、右のほうが硬く締まったように感じます。

次に右膝とその周辺を念入りに触らせていただくと、膝からももの外側にかけてパンパンに張っています。

経絡でいうと「胆経」のライン。右脚の胆経ラインで突っ張って、曲がりにくくなっていました。
e0073240_14273743.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



どこかが突っ張っていたり固まっていたりすると、体は別のどこかも突っ張らせたり固まらせたりしてバランスをとります。

逆にパンパンに対して別の箇所をフニャフニャにし、シーソーのようなバランスのとり方をすることも。

今回の男性の場合は、胆経とペアになることの多い「心経」が同じく突っ張って硬くなり、バランスをとり合っていました。
e0073240_14275148.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



胆経は膝を通り、心経は肘を通ります。右肘の心経ラインが硬くなっていましたので、心経に含まれるツボ(経穴)の位置も意識しつつ、右肘の動きを整えながら心経ラインをほどいていくと、締まりすぎていた右膝が徐々に弛んできました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



実際には肘と膝だけ、など部分的になんとかしようとせず、まず脊柱を整えてから手足の調整に入ることが多いです。

今回も脊柱に沿って点在する「心兪(しんゆ・胸椎5番)」と「胆兪(たんゆ・胸椎10番)」を、回旋型の内界調整(内臓疲労からの歪み調整)として整えてから、肘を調整しました。

脊柱を調整せず、右肘だけを弛めすぎてしまうと、今度は右膝も弛みすぎ、左膝が逆に締まりすぎてしまうなど、バランスが取りにくくなるからです。


※均整法では回旋型の外界(悪い姿勢や動作の影響による歪み)と内界(内臓疲労からの歪み)など、状況による歪みを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-11-17 08:21 | 膝の痛み

30代女性。首や背中が凝ることがあり、そういうとき、凝ったところに湿疹が出やすいとのこと。

凝っている筋肉は血流が悪く、老廃物も滞留します。

老廃物の体内処理に追われる日々であれば、中心となる肝臓は慢性疲労気味に。これらの状況が、湿疹の土台になりやすいのです。

今回の女性も、肝臓のある右胸の下付近が、左に比べて弾力がなくなっていました。(肝臓の位置はこちらの過去記事を参照して下さいね。)


暴飲暴食が原因した肝臓疲労には、均整法12種体型「消化器型」調整。ストレスによる脳疲労からであれば「頭脳型」調整。後者を選択しました。

施術の仕上げには、肝臓への直接調整をさせていただくことも多いのですが、今回は不要に。

脊柱の他、肘と足首の調整により、右胸下付近には、ほどよい弾力を取り戻すことができました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


血液の滞りを、漢方では「淤血(おけつ)」と考えます。

その淤血を調整するツボが、肘の内側や足首の前側にあるのです。

均整法ではツボそのものというよりも、肘の関節、足首の関節の動きをよくすることを目指します。

肘と足首を整えたことにより、肝臓への直接調整は今回不要となったのです。

弾力のある筋肉を保ち、血流をよくするには、地道ですが、運動がかかせません。

今回の2カ所のツボがある位置から考えても、例えばデスクワークで、常に肘を軽く曲げたままの姿勢ばかりで伸ばすことがなかったり、また、足首を曲げ伸ばしすることもないまま座りっぱなしで長時間過ごす習慣は淤血のもと。

運動への新たなモチベーションの視点として、肘と足首と淤血を頭に入れておいて下さいね。


※均整法では頭脳型、消化器型、泌尿器型、呼吸器型など、体質によって疲れの集中しやすい箇所を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-11-10 05:27 | アレルギー

40代女性。歩いているときに、左の腰からお尻、足の外側にかけて痛い。

立った姿勢で左右に体を捻っていただくと、左に捻りやすく、右に捻りにくくなっています。

体がタオルを絞ったようなかたちで捻れており、絞りの頂点が腰椎と仙骨の間である、腰椎5番(L5)くらいの高さに来たとき、そこから出ている坐骨神経を圧迫してしまい、足の不調につながりやすいのです。
e0073240_656682.gif

(骨格図by「アイリス・アイリスの作業現場」)



うつ伏せになっていただくと、背中の中央(中胸背部)の左側が、他と比べてもりっと盛り上がっています。胃の裏側辺り。

臓器が疲れたとき、その臓器の位置によって、背中に張りや盛り上がりが出てくる場所も決まります。

胃は中胸背部左側、肝臓は右側、肺や心臓は上胸背部、腎臓は下胸背部など。

今回の女性の場合、立った姿勢で右に捻ろうとすると、胃の疲れにより凝って盛り上がった左中胸背部の筋肉に引っ張られて、捻りにくくなっている状態でした。

よって、腰椎だけを整えても、すぐまた歪みは戻ってしまいます。胃を整えた結果、左背中の凝りの引っ張りによる、脊柱全体の捻れを解消させることが必要。

『身体均整法学園』東京校・大阪校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』



もともと体質的に胃が弱いのか、食べ過ぎなどにより一時的に胃に負担をかけたのか、ストレスにより胃に反応が出たのか。それらの状況から施術の流れを決めます。

お話を伺うと、「普段、食欲が落ちることはそれほどない」「お子さんの中学受験と新職場での慣れない仕事が重なって大変」とのこと。

そこで消化器型調整よりは頭脳型調整と判断。頭の疲れをとることを主に施術を進めるうちに、左中胸背部の盛り上がりは平らになり、立った姿勢での捻り動作の左右差もなくなりました。


※均整法では頭脳型、消化器型、泌尿器型、呼吸器型など、体質によって疲れの集中しやすい箇所を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-11-03 07:19 | 足の痛み