快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧



60代女性。最近、右腕をバンザイすると右肩が痛くて、最後まで挙がらない。

70代男性。最近、右膝を痛めて、階段の上り下りがつらい。

体はすべてがつながっています。

体をテーブルクロスに見立てての例えが、手技療法の世界ではよく使われます。

テーブルクロスのどこか一ヶ所をつまんで捻ると、そこを中心に全体にシワができます。

そのシワの行く先々に、何かが起こりやすいのです。

つまんで捻られた状態になりやすい箇所が、胃と十二指腸のつなぎ目、十二指腸と小腸のつなぎ目、小腸と大腸のつなぎ目など、それぞれが連結されている部分(下図参照)。
e0073240_1042764.gif

(内臓図by「アイリス・アイリスの作業現場」)


そしてシワの先には、肩や膝、腰などがあります。

今回の女性は胃と十二指腸のつなぎ目の位置にあたる、みぞおちから少し右側の部分にコリがあり、それを軽く押さえたまま右腕をバンザイしていただくと最後まで挙がりました。

均整法の勉強会でもこのようにして、肩や膝の動きに左右差がある人をモデルに、どこで捻って引っ張っているかを探す練習をします。

70代男性では、小腸と大腸のつなぎ目に同じくコリがあり、そこを中心に施術を進めました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


忘年会のシーズンは終わろうとしていますが、これからはお正月休みや新年会などで、やはり胃腸を疲れさせる日々は続きます。

飲み過ぎ食べ過ぎがテーブルクロスのどこかを捻る大きな原因のひとつである、と頭の隅に置いて、無理せずに、楽しい年末年始をお過ごしくださいね。


※均整法では回旋型、左右型など、テーブルクロスの捻れを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-12-29 10:50 | 肩の痛み

30代女性。両方の肩が上がって、巻き込んだようにすぼまるのが気になる。

施術の前後には鏡の前で、姿勢の変化を確認していただいています。

肩周り周辺については特に変化が目につきやすく、みなさん「肩のラインがそろった」「胸が開いた」「首が長くなった」「呼吸がしやすくなった」などの感想をお話しして下さいます。

背骨の自然なカーブ(生理的弯曲)がくずれると、姿勢に大きく影響します(下図参照)。
e0073240_8223850.gif

(骨格図by「アイリス・アイリスの作業現場」)



例えばカーブが強くなりすぎると猫背になり、今回の女性のように肩も前に巻き込みます。

逆にカーブがなさすぎても、様々な症状の原因となります。

頭痛や肩こりがひどくて整形外科を受診したときに「頚椎のレントゲンを撮ってもらったら‘ストレートネック’と言われました」など。

頚椎だけがまっすぐなのではなく、背骨全体的に自然なカーブがなくなっていることが多いのです。

自然なカーブの形状に合わせて神経や内臓が配列されていますから、生理的弯曲がくずれると、それらの調子にも影響します。

そこで施術では、部分的な歪みだけではなく、全体としての姿勢、生理的弯曲を整えることを、大きな目的のひとつに置いています。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


部分的に肩のすぼまる原因を眺めてみると、今回の女性もそうでしたが、股関節がとても硬く、開脚の苦手な方が多いです。

女性は特に、椅子に座るときなどの膝を閉じる習慣からか、日常生活全般としても内股ぎみに行動し、股関節前がすぼまりやすい様子。

股関節前のVゾーンには、骨盤の両側の角(上前腸骨棘)から恥骨に向けて、「鼠径靭帯(そけいじんたい)」と呼ばれる強い靭帯がピーンと張られています。

股関節前をすぼめて行動すればするほど、鼠径靭帯でできたVゾーンは縮められっぱなして硬くなり、開脚もしにくくなります。

Vゾーンの角度がきつくなると、つられて硬く、角度もきつくなりやすいのが、形が似ている肩(鎖骨)のVゾーン。

均整法では「同形相関」「上下相関」と考えます。

今回の女性の場合も、開脚がスムーズにできるよう、鼠径靭帯を調整し、生理的弯曲が整った結果、施術後に鏡に向かっていただいたとき、肩のラインの大きな変化に気づいていただけたのでした。


※均整法では回旋型、左右型、骨盤型など、姿勢や動きを12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-12-22 08:19 | 美容

40代女性。便秘にお悩み。30代男性。トイレ(小)が近いことにお悩み。

どちらも排出に関わり、「出ない」か「出る」か、反対の性質を持っています。

もしかすると、体の歪みも正反対になるのでしょうか?

そうなのです、お悩みの性質が逆だと、歪みも逆になります。

立った姿勢で体を捻ってみると、今回の女性は左へ、男性は右へ体が捻りやすくなっていました。

均整法では、右捻れの姿勢と動きを持つタイプを「右回旋型(F5)」、左捻れの姿勢と動きを持つタイプを「左回旋型(F6)」と分類しています。

F5は汗でも便でもおしっこでも、何かにつけ体から「出やすい」傾向が、F6は出にくい傾向があります。

自律神経が歪みに及ぼす影響から見ると、交感神経が高ぶりやすい人は左半身が緊張しやすく、そのため、体が左に傾いたり捻れたりします。交感神経の作用により腸にはブレーキがかかり、便秘へとつながります。

副交感神経が高ぶりやすい人はその逆、右半身が緊張し、右傾きや右捻れに。副交感神経の作用により膀胱の働きが活発になり、トイレが近くなるでしょう。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


今回の女性の場合、便秘解消が主目的で来院したのではなく、さらに深刻なお悩みは、長年続く腰痛でした。

海外在住で、現地では腰への施術を中心とした手技療法を数多く受けているのですが、いっこうに改善しないとのこと。

年末の一時帰国に合わせて、日本でどこか自分の悩み解消につながる整体はないかと、一生懸命検索して下さったそうです。

伺うと、非常に強いストレスにさらされる生活を続けており、先述の交感神経亢進から上半身が左ねじれに、下半身はそれを受けとめるため、逆の右捻れになっていました。

上半身と下半身のしぼりのいちばんきついところで腰痛が起こりやすいのです。このしぼりを無視して、腰だけにいろいろ手を加えても、改善は難しいでしょう。

施術によって、交感神経亢進状態を鎮めると、左半身の緊張がゆるみ、自然としぼりがとれてきます。

今回の女性も左回旋型調整により、左右の捻り動作が均等になり、驚かれていました。

施術に頼りっぱなしにならなくても、別の方法でストレス解消ができれば、交感神経亢進状態は解消でき、体の捻れ予防ができます。

今回の女性も現地で、ストレス解消のために運動するようには言われるのですが、例えばウォーキングしようにも、少し歩くと腰が痛んできて歩けなかったそうです。(このことの理由については先月、膝を例にして「ランニングの均整法的ケア」記事内でお話しましたので参考にして下さい)。

よって、まずは施術で捻れをとってからウォーキングなどの運動を始めるとよいのですが、海外在住のため、頻繁に均整法を受けるわけにはいきません。

そこで、室内で手軽にできる体操を通じて自律神経のバランスをとる方法をお伝えし、ご自身で体の捻れをとってから、少しずつウォーキングを試してみて下さいね、とお見送りしました。


※均整法では歪みを回旋型、左右型など12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-12-15 08:14 | 自律神経

40代男性。あぐらをかくと、右膝の内側が痛む。

立った姿勢で体を左右に捻ってみると、左へ捻りやすくなっています。

前々回の記事「ランニングの均整法的ケア」でも書きましたが、体をどちらかに捻っていくと、そのうちに、膝の内側と外側が伸ばされたかたちになります。

ほとんどの人の姿勢には、左右どちらかに向けて捻れが加わっています。

捻れがその人の許容範囲であれば、痛みや不調として現れることはありませんし、逆に、その人がいちばん動きやすい「構え」とも言えます。

今回の男性の職業は理容師さん。右利きです。普段からハサミを使ってお客様の髪を切るときに、体を左に捻る姿勢になる様子。

長年のお仕事姿勢ですから、膝のかたちも上記のように、右膝の内側と左膝の外側が伸ばされ、両脚を正面から見ると「 〉〉」このようなかたちに、わずかですがくせづいていました。仰向けに寝ると、右のつま先が大きく外に開いています。

こうなると、均整法の体型調整セレクトはとてもシンプル。「回旋型」調整です。

うつ伏せで、回旋型の椎骨である胸椎7番を中心に調整し、仰向けに戻っていただくと、右つま先の開きが、左とほぼ同じくらいに起きてきていました。あぐらをかいても問題ないようです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


つま先の開きが‘ほぼ’同じくらいな状態を、左右ピッタリにすることも、施術を頻繁に繰り返せば叶うかもしれません。

ただ、先述のとおり、長年のお仕事姿勢によって習得したとも言える、その人がいちばん動作をしやすい「構え」があるのです。

スポーツ選手でも芸術家でも、素晴らしいプレーや作品を生み出す人達の体に歪みがまったくないかというと、そんなことはありません。

テレビを通じて観ているだけでも、けっこう派手に歪んでいる人も多いです。

それでも、その歪みが本人の構えの許容範囲内にあって役だっているのであればそれでOK。

構えとして均整がとれているかどうかが大切なのです。

範囲を超えて歪んでしまったかな?と思ったときにはぜひ、均整法をお試し下さいね。


※均整法では歪み、あるいは構えを回旋型、左右型など12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-12-08 07:01 | 膝の痛み

20代女性。右手を、手のひらが上に向くように捻る(回外〜かいがい〜といいます)と、前腕の小指側が痛い。

40代女性。ギックリ腰の一歩手前のような、腰の不安定感。仰向けで両膝を立て、右側へ倒していくと、途中で「わ、それ以上倒すのは恐いです」と。左へ倒すのはなんともありません。

20代女性とともに共通している歪みの箇所は、右の腰椎5番と骨盤(仙骨)との間の「腰仙関節」と呼ばれる部分。

そして、共通して整えた部分は首。頭蓋骨と頚椎の間にある「頭頚関節」です。首と腰と腕にはどのような関係があるのでしょうか。

40代女性は腰が不安定で動かすのが恐いため、腰仙関節にはさわることができません。

また、20代女性の腰仙関節も、腰が痛いわけではないのですが、40代女性に負けないくらい、ひもを硬く結んだ結び目のようにギュッと締まっており、直接どうにかできそうにもない状態。

このような場合に、均整法では「相関関係」という考え方を使います。

腰椎と骨盤との境い目は、頭蓋骨と頚椎との境い目と、かたちがよくにています。「同形相関」あるいは「上下相関」と言えるでしょう。

お二人とも、頭頚関節の左がガチガチに固まっていました。それでも腰仙関節よりはやわらかく、なんとか手が出せそうな状態。

そこでこちらを念入りに調整した結果、40代女性は「わ、それ以上倒すのは恐いです」が、「あれ?大丈夫です、びっくりっ」に変わりました。

『身体均整法学園』東京校・大阪校
~東京校25年度生募集中~

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


20代女性も回外がスムーズに。

こちらの場合は、頭頚関節との連動により腰仙関節が整い、そこから前後型の椎骨をたどって腰椎5番→腰椎1番→胸椎9番→胸椎5番、そしてその次、前腕の小指側担当のC8神経と隣り合わせている胸椎1番が解放されたようです。

均整法では、頭の疲れ(脳疲労・自律神経の疲れ)が、頭頚関節の左側に出ると言われています。

現代人の体の、様々な不調に脳疲労が関わっていますから、前後型(頭脳型)調整は、非常に現代人向けと言えるのです。


※頭脳型、消化器型、泌尿器型etc.こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2012-12-01 08:03 | 腕の痛み