快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧



40代女性。左足首がときどき痛む。階段の昇り降りが辛いことがある。

かれこれ2年ほど前からだそうです。病院の検査でも異常がないのに、地味に不調が続く場合、無意識に重心を左足首で支える習慣が影響しているかもしれません。

両方の足首をフワッと包むように触らせていただくと、支える側の足首は太く感じます。

足首は下図のようにいくつかの骨が組み合わさっており、太い側は歯車がうまく噛み合っていないイメージです。
e0073240_7422245.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


詳しく見てみると、脛骨と腓骨の関節(脛腓関節)の動きが硬くなっていました。

どちらかの足をメインに重心を支えるタイプを均整法では「左右型(別名:消化器型)」、左足で支えるタイプは「F3(フォーム3)」と呼びます。

左足首には肝臓、右足首は胃の状態が現れます。

また、胃だけを当てはめれば、左足首(の少し上のところ)を胃の入口「噴門」右足首は出口「幽門」と観ることも。同じ足首周辺で、様々な臓器の状態が重なりあうように把握できるのも興味深いところです。

このような情報を頭に入れながら、実際の内臓の凝りを探り、左右型調整により、左足首にばかり負担をかけない日常を過ごせるよう、整えさせていただきました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』


『取材・広報』


ちなみにつま先や踵(かかと)で支えるタイプは「前後型(別名:頭脳型)」。

脳疲労から頭蓋骨の前側が締まりすぎればつま先で支え続け、外反母趾の痛みや、主に足の中指と薬指の付け根裏あたりに痛みの出やすいモートン病日本整形外科学会「モートン病」をご参照下さい)などの土台になることも多いです。

逆に後頭部が下がってアゴが上がれば、踵で支え続け、踵痛につながったりも。

これらのことから、頭脳型タイプの足先や足首の不調は、頸椎や頭蓋骨調整により、脳疲労を解消すればよい、と応用が効きます。

このように、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

◆◆◆8月25日開催「モデル施術」担当のお知らせ◆◆◆◆

「均整法研修センター」研修の一環として、お客様をお招きし、モデル施術を担当しています。


◯料金はセンター規定の3000円。2~3名の研修員がベッドの周りで見学しますが、それが気にならない方であれば、私の院に来院されるよりもお得です。


◯毎月第4月曜日、午前10時30分~午後4時30分(施術終了)。
7月28日分はおかげさまで満員となりました。8月は25日開催です。



◯私の施術を初めて受ける方を対象とします。


◯2回目以降もセンターでの施術をご希望の場合は、私の指導のもと、研修員が施術を担当します。


現在、均整法学園に通っている学生さん達や、卒業生のみなさんも歓迎します☆
(一人が施術を受け、他の方が見学もOK)


詳しくはセンターではなく、私(快風身体均整院)まで直接、メールかお電話(03-6904-3020)下さいね。

※均整法では体型を「前後型(頭脳型 F1・F2)」「左右型(消化器型 F3・F4)」「回旋型(泌尿器型 F5・F6)」など12種類に分けて調整します。12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-07-26 08:11 | 足の痛み

40代女性。ホットヨガに通っている。最近、開脚のときに、左ももの内側が痛くて開かなくなった。

施術の前と後に比べるため、無理せずに、どこまで開くか見させていただきました。

脚を内側に閉じる動き(内転)のときに働く「大内転筋(下図の☆印)」の、膝に近い部分が凝っていて、そこが伸びないために、あるところまでいくと開かなくなる様子。

e0073240_0223179.jpg

「筋肉.guide」より


均整法では、左脚は「下げる」作用、右脚は「上げる」作用があると考えます。

例えば左脚に故障が起こると「血圧が高い」「熱が高い」「脈が速い」などの状態のときにそれらを下げたり、「便秘」「おしっこが遠い」「汗をかきにくい」などでは、それらを出したりする働きに影響が出ます(右脚の故障ではこれらが反対になります)。

逆に何かを出すのを我慢していると、左脚に負担がかかり、今回のような不調につながることも。

そのような視点から、「近頃、会社で仕事が忙しかったりしてトイレに立つのを我慢していませんでしたか?」と伺うと、「我慢しているつもりはなかったのですが、気がつくと一日、一度も行っていなかったりしていました」と。

脚を開いたり閉じたりする動作(外転・内転)に関係の深い均整法12種体型は「循環器型」。

変化が分かりやすいよう、ベッド上に開脚で座っていただいたまま、循環器型に含まれる椎骨(胸椎7番、腰椎3番)を整えていくにつれ、徐々に脚が開くようになり「おーっ!」と、喜びの声をいただきました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに腕にも「上げる・下げる」の作用があります。脚とは逆で、左腕が「上げる」、右腕が「下げる」。

歩くとき、「上げる」の右脚と左腕が振り出され、次に「下げる」の左脚と右腕が振り出され……と繰り返すうちに、人は自然と体各部の「上げる・下げる」のバランスをとっているのです。

歩くことが体によい理由は数多く挙げられます。

この「上げる・下げる」から見ても、左右の脚運び、腕振りの動きにできるだけ差がなく、なおかつ伸び伸びとした歩きが、健康には大切と言えるでしょう。

今回のようなお悩みを初め、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

もちろん病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

◆◆◆7月28日開催「モデル施術」担当のお知らせ◆◆◆◆

「均整法研修センター」研修の一環として、お客様をお招きし、モデル施術を担当しています。

◯料金はセンター規定の3000円。2~3名の研修員がベッドの周りで見学しますが、それが気にならない方であれば、私の院に来院されるよりもお得です。

◯毎月第4月曜日、午前10時30分~午後4時30分(施術終了)。
7月は28日開催です。


◯私の施術を初めて受ける方を対象とします。

◯2回目以降もセンターでの施術をご希望の場合は、私の指導のもと、研修員が施術を担当します。

現在、均整法学園に通っている学生さん達や、卒業生のみなさんも歓迎します☆
(一人が施術を受け、他の方が見学もOK)

詳しくはセンターではなく、私(快風身体均整院)まで直接、メールかお電話(03-6904-3020)下さいね。


※均整法では体型を「外転型(循環器型・F11)」「内転型(循環器型・F12)」「右回旋型(泌尿器型・F5)」「左回旋型(泌尿器型・F6)」など12種類に分けて調整します。12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館


[PR]
by naotknet | 2014-07-19 07:50 | 足の痛み

50代女性。薬指の曲げ伸ばしが痛くてしにくく、病院で腱鞘炎と診断された。

物を書くお仕事のために、指を使いすぎたそうです。

ぎっくり腰や寝違え、足首の捻挫、また花粉症による粘膜の炎症など、体のどこかに炎症が起こっている場合、それぞれ患部の治療は病院に任せた上で、均整法でできる、早く体調をもとに戻すための調整があります。

その代表が「副腎」調整。副腎を整え、抗炎症作用のあるホルモンを分泌しやすい状況を作ります。

今回の女性の場合も、副腎の反応が出やすい胸椎11番に歪みがあり、その周囲がパンパンでしたので、まずこれを整えていきます。

調整が副腎に届いたかどうか知る目安として、「ふくらはぎがやわらかくなったかどうか」を確かめながら施術を進めます。

(ふくらはぎと副腎の関係については6月14日の記事、「ふくらはぎが『張る』『つる』原因を探ってみると」をご参照下さい。)

さらにもうひとつ、「頭蓋骨の乳様突起の左右差がそろったかどうか」も目安にすることができます。

乳様突起は、下図の緑色「側頭骨」の下側にある、丸みを帯びた突起(ちなみに鋭い突起は「茎状突起〜けいじょうとっき〜」といいます)。
e0073240_2317376.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


体のどこかで炎症が起こっていて、副腎ががんばっている姿として、乳様突起の位置が左右でずれてくることがあるのです。

今回の女性も右の乳様突起が左に比べて下がっていました。

副腎ががんばって疲れると、胸椎11番を中心に背骨が捻れ、背骨のいちばん上に載っている頭蓋骨も連動して歪みます。「皿回し」の皿が、棒の歪みのために落ちそうになり、傾いているようなイメージでしょうか。

また、「側頭骨からぴょこっと出ている乳様突起」と「腎臓の上にぴょこっと載っている副腎」の、全体のかたちが似ているところから、同じかたちの部位同士が相関する「同形相関」とも言えるでしょう。

e0073240_0385828.jpg

iris-irisのフリーウェア

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


胸椎11番を含む回旋型調整により、ふくらはぎはやわらかくなり、左右の乳様突起の位置も揃いました。

このように、頭蓋骨が歪んでいても、背骨がきちんと整えば、多くの場合、連動して頭蓋骨も整います。

逆に、背骨をしっかり整えた結果、まだ頭蓋骨に歪みが残っている、あるいは無かった歪みが浮いてきた、などの場合には頭蓋骨調整が必要なこともあります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


腎臓は耳とも同形相関とされています(上図参照)。

原因不明のめまいなどは、背骨を整えたあとにも、側頭骨や頭頂骨に歪みが残ることがありますので、めまいと関連の深い耳を整えるため、耳の土台である側頭骨をしっかり整えていきます。

このように、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では体型を「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」「筋肉型(循環器型)」など12種類に分けて調整します。12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-07-12 07:21 | 副腎

40代女性。左の人差し指がしびれる。

施術ベッドの端に座ってお顔を左右に向けていただくと、左にはグルンと真横まで向くことができますが、右には斜め45度くらいまでしか向けません。

このように、手指のしびれやすい人は、顔を左右に向けたり倒したりしたときの動きに、大きな差のあることが多いです。

首の動きに左右差があれば、大抵は頸椎にも歪みがあります。今回の女性の場合、人差し指への神経が伸びる出発点(3月8日の記事「手指のしびれ、原因は骨盤から?」をご参照下さい)付近に位置する、頸椎6番が左に大きく捻れており、そこでひっかかって右に向けない様子。

e0073240_23253487.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


整形外科では下頸椎の間がせまいとレントゲンにより診断されたとのこと。

施術では頸椎の手触り感だけは確かめさせていただき、あとは基本的には触りません。

脊柱には、頸椎が左に捻れていれば、どこか別の箇所で、逆に右に捻ってバランスをとっているところがあります。そこを解除すれば、連動して頸椎の動きも整うからです。

今回の女性の場合、胸椎7番が右に大きく捻れていました。施術の最初に、座ったまま5分ほど時間をかけて静かに調整すると、右にも真横まで向けるようになりました。

これだけの施術でも、回を何度か重ねるうちに、右への動きは安定してくるでしょう。

頸椎6番や胸椎7番の歪みが内臓からなのか、悪い姿勢のくせからなのかを見極めて調整しておくとさらによしです。

見極め方には様々ありますが、例えば手足の関節を指標とする方法。

左右の手首、肘、肩、足首、膝、股関節、合計6つの関節を、包むように触らせていただきます。関節の硬さ(締まり具合)を感じるのです。

硬さが左足首、右膝、左股関節、などジグザグの場合は悪い姿勢のくせから、右足首、右膝、右股関節、など同じ側のときには内臓疲労からの歪みである可能性が高いです。

悪い姿勢からの歪みであれば、胸椎7番から筋肉や骨格へ響くように、内臓疲労からであれば、同じ胸椎7番からでも、膵臓や肝臓など、その方のいちばん疲れた内臓に向けて、施術の刺激を伝えます。

今回の女性の場合、6つの関節がすべて右に硬さを感じられましたので、胸椎7番を通じた内臓調整により、首の動きを整える流れになりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』
 
『取材・広報』


このようなお悩みを初め、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

 もちろん病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。
 

※均整法では悪い姿勢や内臓疲労からの歪みを「回旋型(泌尿器型)」「左右型(消化器型)」「前後型(頭脳型)」「筋肉型(循環器型)」など12種類に分けて調整します。12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』
 
※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-07-05 07:45 |