快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧



前回はストレスの影響が、心包経と呼ばれる経絡ラインを通って、前腕の張りとして現れる流れを追いました(9月20日記事参照)。

経絡ラインをたどると、離れた箇所にいくつか歪みや不調があるときに、実は同じライン上でつながっていることも多いのです。

例えばある40代女性。定期的に施術させていただいているので、いつもと違う歪みはすぐに分かります。

その日は、ごくわずかですが、不自然に胸を張った息苦しそうな姿勢でした。加えて前腕にも張りが見られます。

最近お忙しいですか? と伺うと、忙しくはないけれど、メンタル面で疲れることがありました、と。

前回と同じ「心包経」図をご覧下さい。心包経のラインは、前腕から胸の中央を通っています。
e0073240_23364637.gif

「経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂」


このため、ストレスの影響が前腕の張りとして現れることもあれば、肋骨部の中央を膨らませたり、逆にへこませたりもするのです。

肩がパンパンとのことでしたので、両肩を下から突き上げるように胸を張っている姿勢をなんとかすればよさそうです。均整法12種体型「肋骨型」調整の出番。

胸を張るタイプの肋骨型調整では、腰椎5番を整えるとよいのです。股腰椎5番と連動の深い股関節を、引いたり押したり回したりして調整。

左右両方の動きが同じになるにつれ腰椎5番も整い、肋骨部もおだやかさを取り戻しました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


細かくお話ししましたが、もっとシンプルな見方も。

言いたいことがあってもぐっと飲み込んでいると、その思いが体内から胸を突き上げる、今回の女性のような姿勢になります。

逆に誰から言いたいことを言われ、そのきつさから身を守ろうとすれば、肩を巻き込ませ胸をすぼませたり。

体を捻じって身構える人もいれば、疲れ果て、もうどうでもよくなり、ボーッと空を見上げる姿勢になっている人も。

これらの姿勢を、筋肉や骨格の連結、神経の流れ、そして経絡と、様々なラインを用いて分析しながら、調整を進めていきます。

そのガイドラインが12種体型なのです。
e0073240_0233818.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より


ストレスからの影響を均整法はかたちや動きに置き換え、何かあっても受け流せる体作りのお手伝いをします。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

◆◆◆11月24日開催「モデル施術」担当のお知らせ◆◆◆◆

「均整法研修センター」研修の一環として、お客様をお招きし、モデル施術を担当しています。

◯料金はセンター規定の3000円。2~3名の研修員がベッドの周りで見学しますが、それが気にならない方であれば、私の院に来院されるよりもお得です。

◯毎月第4月曜日、午前10時30分~午後4時30分(施術終了)。
10月は身体均整師会全国講習会のため研修センターは臨時休業、モデル施術は11月24日に開催致します。


◯私の施術を初めて受ける方を対象とします。

◯2回目以降もセンターでの施術をご希望の場合は、私の指導のもと、研修員が施術を担当します。

現在、均整法学園に通っている学生さん達や、卒業生のみなさんも歓迎します☆
(一人が施術を受け、他の方が見学もOK)

詳しくはセンターではなく、私(快風身体均整院)まで直接、メールかお電話(03-6904-3020)下さいね。


※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-09-27 08:31 | 自律神経

20代女性。左首が痛い。顔を左に向けると、首の左側のつけ根がつっかえる感じがする。

胃の凝りが非常に強く、それが左迷走神経(下図の青色ライン)を伝わって頸椎の左側に届き、そこから左首や肩の筋肉が凝っている様子。胃の凝りが解消されれば大丈夫そうです。
e0073240_726536.gif

「肝臓と整体の情報館」より


ただし、もう1ヶ所目立つところがありました。それは胸椎4番の歪み。

胸椎4番は心包経(下図参照)の反応が出やすい椎骨。心包経はストレスに反応しやすい経絡ラインです。心包経の通る前腕もパンパンでした。
e0073240_23364637.gif

「経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂」



胃の凝りが暴飲暴食によるものかストレス性かは、この胸椎4番や前腕の張り具合いで見分けることができます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


同じ左首の痛みでも、その背景は様々です。

ある30代男性は、夜中の午前1時~3時の間になると、左首から肩にかけての痛みでほぼ毎夜、目が覚めるとのこと。

この時間帯は、漢方では「肝」の時間とされ、肝臓の活動が盛んになります。

こちらの男性は、お体を観させていただいたところ、仕事上のストレスから、長年がんばりすぎた交感神経が疲弊しきっていました。上記の胸椎4番などは、歪みというよりは、力が抜けたようにフニャッとしています。

交感神経と副交感神経にはシーソーのような関係があり、消化器系の内臓である肝臓や胃腸にとっては、交感神経がブレーキ、副交感神経がアクセル。

睡眠中は副交感神経が働いてこれら内臓を動かし、明日に向けて体の準備をします。

こちらの男性の場合、交感神経ブレーキが効かずに、副交感神経アクセル全開で肝臓が暴走している状態。

ルートとしては女性の場合と同じく、左迷走神経を伝わった肝臓の暴走が、毎夜、同じ時間の左首痛につながっているようです。

交感神経が疲れ果てているわけですから、強い施術で元気づけようとしではいけません。余計に疲れてしまいます。

ストレスの原因と折り合いながら交感神経をできる限り休ませ、徐々に復活させる道を、一緒に探すことが大切です。

先述の女性は心包経の胸椎4番と胃の胸椎12番を同時に整えられる均整法12種体型「骨盤型」調整。

男性は、漢方で肝臓と表裏一体を成す小腸を、脳との同形相関ととらえた「頭脳型」調整。

胃と心包も表裏の関係です。症状が強く出ている表には触らずに、その裏から調整すると、体にやさしいのです。
e0073240_0384187.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑



話が細かくなってしまいましたが、均整法ではシンプルに、「男性は頭から、女性は骨盤から整えるとよい」とも言われています。

このようにすべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

◆◆◆9月22日開催「モデル施術」担当のお知らせ◆◆◆◆

「均整法研修センター」研修の一環として、お客様をお招きし、モデル施術を担当しています。

◯料金はセンター規定の3000円。2~3名の研修員がベッドの周りで見学しますが、それが気にならない方であれば、私の院に来院されるよりもお得です。

◯毎月第4月曜日、午前10時30分~午後4時30分(施術終了)。
9月は22日開催です。


◯私の施術を初めて受ける方を対象とします。

◯2回目以降もセンターでの施術をご希望の場合は、私の指導のもと、研修員が施術を担当します。

現在、均整法学園に通っている学生さん達や、卒業生のみなさんも歓迎します☆
(一人が施術を受け、他の方が見学もOK)

詳しくはセンターではなく、私(快風身体均整院)まで直接、メールかお電話(03-6904-3020)下さいね。


※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-09-20 07:47 | 首の痛み

40代女性。左腕をバンザイすると左肩が痛い。右腕バンザイの半分くらいまでしか挙がりません。

同じお悩みが施術により解消した、30代男性からご紹介いただいたお客様です。

ご自身が辛かった体験と同じ状況の友人や知り合いを見かけたら、何とかしてあげたくなるもの。そんなとき、均整法で辛さから脱することのできた方が、ご紹介下さいます。

こちらのお二人は、同じ状況に見えても、原因は違いました。男性はお酒がもともと好きなのに加え、仕事上の付き合いも多く、左迷走神経(下図青色ライン)を伝わった肝臓疲労から左首を経由して、左肩を痛めていました。
e0073240_726536.gif

「肝臓と整体の情報館」より



肝臓調整を含む、均整法12種体型「消化器型」調整で、肝臓の凝りがほどけると、左腕も右腕と同じようにバンザイできたのです。

女性はお酒は飲めません。肝臓疲労からではなく、仕事上のストレスにより、交感神経の緊張状態が続いたことが原因でした。

交感神経の緊張が続くと、体は左重心が強くなります。例えば同じ方を定期的に施術させていただいていると、仕事が立て込んできたり、何か心にひっかかることがある時期は、左重心が強くなる姿勢から分かります。

この状態で長期間過ごすと左半身全体が緊張し、ある人は左腰痛、ある人は今回の女性のように左肩の痛みへと、左半身の中でも、その方の弱い部分にしわよせしてくるのです。

今回の女性は「頭脳型」調整により交感神経を整え、左半身の緊張を解消させていただきました。

では右肩の、同じような不調にはどんな原因が考えられるでしょうか。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

肝臓は上図の通り、上半身の右側にありますから、肝臓本体の凝りが、右肋骨部分から右半身全体へと広がり、右肩の動きに影響します。

先述の男性のようにお酒や、その他食べ過ぎなどによっても、また今回の女性のようにストレスによっても肝臓は凝ります。

また、特に女性では、左重心や肝臓凝りの他にもうひとつポイントがあります。それは骨盤。

交感神経の過緊張は、子宮・卵巣の凝りにも影響します(下図参照)。
e0073240_854395.jpg

「肝臓と整体の情報館」より



肝臓凝りが肋骨を固めるように、子宮・卵巣凝りは、器である骨盤のテンションを内側から強めます。

すると、骨盤と腕(上腕骨)をつなぐ「広背筋」を骨盤側から引っ張り、肩の動きを制限、痛めることもあるのです。

この場合は、12種体型「骨盤型」調整が当てはまるでしょう。
e0073240_7592231.png

「ウィキペディア」より


このようにすべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

◆◆◆9月22日開催「モデル施術」担当のお知らせ◆◆◆◆

「均整法研修センター」研修の一環として、お客様をお招きし、モデル施術を担当しています。

◯料金はセンター規定の3000円。2~3名の研修員がベッドの周りで見学しますが、それが気にならない方であれば、私の院に来院されるよりもお得です。


◯毎月第4月曜日、午前10時30分~午後4時30分(施術終了)。
9月は22日開催です。


◯私の施術を初めて受ける方を対象とします。

◯2回目以降もセンターでの施術をご希望の場合は、私の指導のもと、研修員が施術を担当します。

現在、均整法学園に通っている学生さん達や、卒業生のみなさんも歓迎します☆
(一人が施術を受け、他の方が見学もOK)

詳しくはセンターではなく、私(快風身体均整院)まで直接、メールかお電話(03-6904-3020)下さいね。


※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-09-13 08:31 | 肩の痛み

40代女性。階段を下りるとき、両膝が痛む。

前回のテーマは膝の内側の痛みでしたが、今回の女性は膝の前側。お皿(膝蓋骨)とももの筋肉(大腿直筋。下図の赤色)をつなぐ腱の付近が、階段を下りるときに辛いとのこと。

e0073240_7463253.png

「ウィキペディア」より



定期的に体のメンテナンスとして、施術にいらして下さっており、いつもはこのようなことはありません。ごく最近だそうです。

何か日常で変わったことはなかったか伺うと、新しく始めるお仕事の関係で、配布用チラシを長時間うつむいて何日も折り続け、首と肩がコリコリです、とおっしゃっていました。

首の動きを前後で比べさせていただくと、前にはうつむきにくく、後ろにとても曲がり、真上の天井よりさらに後ろが見えるほど。

チラシ準備のうつむき作業により、ある角度のまま首の筋肉が凝り固まって、それ以上うつむけなくなり、その分、後ろへ曲がりやすくなってしまったようでした。

結果として、立った姿勢のときに頭が後ろへ持っていかれるため、一時的に後ろ重心の姿勢が強くなっています。

後ろへ持っていかれた頭を、膝を前に出して、全体として支えていたために、大腿直筋と膝蓋骨をつなぐ腱(大腿四頭筋腱)が疲れてしまったのでしょう。

施術としては、均整法12種体型「後屈型」調整。首の動きを前後ともに楽に動かせるようになると、膝を前に出してバランスをとらなくて済み、腱にかかっていた負担が軽減しました。

別の40代女性は反対に、前には楽にうつむけますが、後ろには途中でつっかかり、天井を見上げにくくなっていました。

お悩みは膝痛ではなく、眠りの浅さ。明け方目が覚めると、その後寝られなくて辛いとのこと。

途中でつっかかるのは、後頭骨が上がりすぎ、つられて後ろに出過ぎていた頸椎1番(下図の赤色の一番上)でした。
e0073240_17181783.png

「ウィキペディア」より

e0073240_2317376.gif

「iris-irisのフリーウェア」より


後頭骨(上図の紫色)の上がりすぎは交感神経優位を、後頭骨の下がりすぎは副交感神経優位を表すことが多いです。

職場の環境が変わり、精神的な緊張が続いていたようでした。「前屈型」調整を通じて、後頭骨がよい位置まで下がると、首の動きがつっかからなくなりました。

冒頭の膝痛の女性では、後頭骨が下がりすぎ、頸椎1番は後頭骨と頸椎2番(上図の赤色の上から二番目)との間に隠れたようになっていたため、つっかかることなく、天井を見上げやすいのです。

もしもこちらの女性に睡眠に関するお悩みがあったとしたら、「寝ても寝ても眠い」など、副交感神経優位に関わる傾向になるでしょう。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』
『取材・広報』


このように、首の動きは悪姿勢からも、自律神経のアンバランスからも影響を受けます。

逆に、首の動き調整を通じて、膝の状態を含む全身姿勢や、自律神経バランスを整えることもできるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

◆◆◆9月22日開催「モデル施術」担当のお知らせ◆◆◆◆

「均整法研修センター」研修の一環として、お客様をお招きし、モデル施術を担当しています。

◯料金はセンター規定の3000円。2~3名の研修員がベッドの周りで見学しますが、それが気にならない方であれば、私の院に来院されるよりもお得です。


◯毎月第4月曜日、午前10時30分~午後4時30分(施術終了)。
9月は22日開催です。


◯私の施術を初めて受ける方を対象とします。

◯2回目以降もセンターでの施術をご希望の場合は、私の指導のもと、研修員が施術を担当します。

現在、均整法学園に通っている学生さん達や、卒業生のみなさんも歓迎します☆
(一人が施術を受け、他の方が見学もOK)

詳しくはセンターではなく、私(快風身体均整院)まで直接、メールかお電話(03-6904-3020)下さいね。


※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

[PR]
by naotknet | 2014-09-06 08:06 | 膝の痛み