快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧



30代女性。長靴を履くと、右の外くるぶしがあたって痛い。同じ靴なのに、以前はあたらなかったとのこと。

仰向けでつま先を内側と外側に倒してみます。右は内側に、左は外側に倒しやすくなっていました。

脚全体、股関節が右は内側、左は外側に回しやすいのです。

そのため、普段から右脚が微妙に内股、左は外股になっているようです。

ただし、歩いているときは、つま先を無意識に両方ともなるべく正面に向けているご様子。

晴れた日に履く靴は、長靴に比べて足首の自由が効きますから、多少、内股外股であっても、足首でまっすぐ正面へ補正することができます。

硬めの長靴やブーツでは、足首を靴にガッチリと覆われてしまうため、補正の動きをしようとすると、くるぶしが靴にあたってしまうのでした。

もちろん、足首のかたちにも差はありますが、足首だけ整えても、またすぐにもと通りになるでしょう。股関節を含め、全身の歪みの連動としての足首だからです。

立った姿勢での体を左右に捻る動きでは、左に捻じりやすくなっていました。

人には誰でもこのような動きの差があります。体を前に曲げるよりも後へ反るほうが楽、背伸びよりも縮むほうが楽etc.

均整法には「12種体型」として分類されています。
e0073240_0233818.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より


調子のいいときは差が少ないですが、疲れが進むにしたがって、動きの差が大きくなります。

今回の女性も、疲れがないときであれば、体の捻じりにも左右差がそれほどなく、長靴を履いてもくるぶしはあたらなかったはずです。

12種体型では、体を左に捻じりやすい姿勢は「左回旋型」として、左右どちらにも同じように捻れるように整えます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


女性は長靴を買うとき、たくさんのおしゃれなデザインの中から選ぶことができますよね。デザインや材質的に硬い物柔らかい物、いろいろあると思います。

昨日(1/30)は雪でしたから、履いて出勤、外出された方も多いでしょう。

またもし雪の日があれば、普段履く、足首の覆われていない靴と比べてみて、足首の感じの左右差など、体感してみて下さい。ただ、あまり集中しすぎて、すべって転びませんよう、お気をつけて。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。

快風身体均整院 田川直樹)



【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会2月、3月開催のお知らせ

2月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2015-01-31 07:43 | 足の痛み

40代男性。風邪の後、咳だけが残り、1週間ほどになる。

首のつけ根、下頚椎の動きが硬いと、咳が出やすくなります。

均整法では頚椎4番が吸気の中枢、6番が呼気の中枢と考えます。特に頚椎6番の歪みは、風邪でもないのにやたらと咳が出る方にも多い状況。

原因としてはタイトルにも掲げました、スマホ姿勢など、姿勢の悪さ。うつむき加減の頭を支える首は大変なのです。

スマホも含め、パソコン作業などによる指の使いすぎも、下頚椎をこわばらせます。指を担当する神経が下頚椎付近から伸びているからです。
e0073240_7354930.gif

「アイリス・アイリスの作業現場」より


さらに、内臓疲労も影響します。内臓疲労は経絡を通じて、指の動きに影響を与えます。

これらの原因を複合させると、解決が早まります。

今回の男性は下頚椎がガチガチ、指は右手の小指が一番硬く、肝臓と胆のうにコリが見られました。

手の小指には心経、小腸経ラインが通ります。足の親指には肝経、薬指には胆経ラインが。
e0073240_7343432.jpg
e0073240_7475345.jpg

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



漢方には「陰陽」という言葉があるように、陽に属する胆経と陰に属する心経をシーソーのような関係と考えます。同じく肝経と小腸経も。

よって、「肝臓・胆のうが整う→心臓・小腸とのシーソー関係が釣り合う→小指の動きが柔らかくなる→小指を通じて下頚椎が整う」と、調整の流れを組み立てることができます。

胆経、肝経を用いて、足の親指と薬指から手の小指に向けて、肝臓、胆のう、そして下頚椎がフワフワになるまで刺激を送り、均整法12種体型「消化器型」調整。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


スマホ姿勢を止(や)めるのは、今の時代、現実的ではないかもしれません。

ただ、頭のすみには置いておき、スマホ姿勢くらいで固まったりしない、しなやかな体づくりを普段から心がけましょう。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。「12種体型」が指標となります(下記「お知らせコーナー」内をご参照下さい)。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会1月、2月、3月開催のお知らせ
072.gif1月は本日(24日)開催です。朝10時〜ですので、お近くの方、ぜひ。午後から授業見学もできます。

2月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2015-01-24 08:22 | 咳(せき)

40代男性。年末の忙しさから疲れがたまったのか、先月、左足親指に痛風が再発。

施術に先立ち、何を通して不調の箇所の状況を知るかが大事です。均整法では「観察」といいます。

観察は大きく分けると、骨格・筋肉・経絡を通して行います。

骨格を通して今回の男性の足を観察するとすれば、例えば足の親指を含む足甲全体のかたちは、細かな骨がたくさん集まっているという視点から、肋骨と相関、連動すると考えます。「同形相関」と呼びます。
e0073240_20102876.jpg

「(c)フリーメディカルイラスト図鑑」


筋肉であれば、足の親指付近の筋肉(長母指伸筋など)のうち、どれがいちばん凝っているか、逆に力が抜けているかなどを観察し、その筋肉を動かしている神経の出発点(腰椎4・5番付近)や、筋連結を意識した全体調整を進めます。

そして経絡。親指には脾経や肝経ラインが走っていますから、これらを軸として観察・調整することもできます。
e0073240_20315117.png

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


肝臓に案の定、強い張りがありました。

「肝兪(かんゆ)」というツボに近い胸椎9番を含む、均整法12種体型「前後型」調整を選択。

前後型を構成する椎骨は胸椎9番の他に、寝不足からの心臓疲労反応が現れやすい胸椎5番、食べ過ぎによる膵臓疲労反応の腰椎1番なども含まれますので、年末から年始にかけての内臓疲労調整にはピッタリ。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


「肋骨型」を構成する椎骨とも重なることから、肝臓を包む肋骨も整い、連動して足甲全体もゆるみます。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。「12種体型」が指標となります(下記「お知らせコーナー」内をご参照下さい)。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会1月、2月、3月開催のお知らせ

2月23日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-01-17 07:03 | 足の痛み

前回の記事後半に、耳下腺炎のことをお話ししました。

後ろ重心や前重心タイプの人は、うつむいたりアゴが上がった姿勢になりがちです。

その重たい頭を支えようと、胸鎖乳突筋という首の筋肉(下図の赤い筋肉)が頑張り続け、耳下腺付近を常にこわばらせるため、疲れがたまったとき、体調を崩したときに症状が集中しやすいのです。
e0073240_16141977.png

(「ウィキペディア」より)


もう去年のことになりますが、12月19日の日経新聞夕刊に、子どもの中耳炎についての記事が掲載されていました。

均整法視点から、中耳炎にかかりやすいかどうかを見分けるには、やはり胸鎖乳突筋がポイント。

上図で、胸鎖乳突筋が付着する頭蓋骨の一部分は「乳様突起(にゅうようとっき)」と呼ばれます。

胸鎖乳突筋が凝ると、乳様突起を介して側頭骨を引っ張ります。

耳の土台である側頭骨が歪むことになり、中耳炎を初め、耳に関する様々な不調につながりやすくなるのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ここで、ご自身の乳様突起を触ってみましょう。耳の後ろにある、頭蓋骨の硬いふくらみ。下図の緑色の骨が側頭骨、その下側の、丸みを帯びた突起がそうです。
e0073240_23523379.gif

(「アイリス・アイリスの作業現場」より)


ちなみに乳様突起の前にある、尖った突起は「茎状(けいじょう)突起」と呼ばれます。

左右の乳様突起を触った手触りが同じであればよいのですが、中耳炎など、耳の不調になりやすい側の乳様突起は、そうでない側に比べて、より出っ張っているように感じます。

ときどき、女性のお客様から、「子供が中耳炎を繰り返しやすいのですが」と、相談を受けます。

そんなときにはよく、お母さんがお子さんにしてあげられる「乳様突起調整法」をお伝えし、喜ばれています。

左の耳鳴りに長年お悩みの75歳女性も、乳様突起を含む側頭骨に左右差がありました。両方の側頭骨を同時に触らせていただくと、左が硬く動きません。

動く動かないといってもほんのわずかですが、そのわずかな動きの改善が大切です。

子供のときは歪みも少ないため、お母さんが直接、乳様突起に触れるだけの、その部分だけの施術でも大丈夫。

大人になるにつれ、歪みの数や範囲が他の箇所とも連動して増えていきます。

肩甲骨や骨盤との連動も視野に入れ、全体の中の一部として、乳様突起を含め、側頭骨を整えていかなければなりません。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。「12種体型」が指標となります(下記「お知らせコーナー」内をご参照下さい)。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会1月、2月、3月開催のお知らせ

1月 12日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

※下図は2015年12月1日のフェイスブックへの投稿用に追加しました。

e0073240_2211251.jpg

ビジブル・ボディ『筋肉プレミアム』


[PR]
by naotknet | 2015-01-10 08:33 |

手の親指つけ根、「母指球」と呼ばれる部分がパンパンに張っている方をよく見かけます。

特に右手。マウスを使ってのパソコン入力や、カーボン複写業務を毎日がんばっているために、疲れがたまっているのです。

手技療法家もなりがちな状態。指先には頸椎から神経が伸びているため、指が疲れると肩、首にも影響が現れます。

研修会などでお互いにペアを組んでの練習中、開院して間もない若い先生の親指を調整すると、「えーっ、こんなに肩や首まで楽に! ここまで疲れているとは思っていませんでした」と驚かれることも。

自身の均整院にだんだんとお客様が増えてきたため、知らずに無理をしていたのです。

親指を初め、手指が神経を通って首までつながっているように、足指は腰とつながっています。

腰が硬い人は足指も硬く、施術の際、丸め込むように軽く曲げさせていただくだけで痛がる方も。

経絡から観ると、足指からは脾臓、肝臓、胃、胆のう、腎臓、膀胱に、手指からは肺、大腸、心臓、小腸などに関わる経絡ラインが伸びています(例:肺経、大腸経、胃経、肝経図)。
e0073240_10283978.jpg

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


硬いとは、例えるなら枯れた枝のような、しなやかさのなさ。

お腹の調子が慢性的に悪い方は、手指は反れない、足指は曲がらない状態になっていることが多いですよ。日頃から、よく曲げたり伸ばしたりして下さいね。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで今年の4月で10年目に入りました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


また、冒頭のようなデスクワークの多い方は、手指だけではなく、頭もとても疲れています。脳疲労の状態。

均整法では、頭の疲れは、前後にバランスをくずした姿勢に現れると考えます。うつむき姿勢、アゴが上がった姿勢など。支えるために、足指を知らずに酷使しています。

立った姿勢でうつむきながら前に体重をかけていくと、倒れないように足指に力が入るのが分かります。

逆にアゴを上げて後ろに体重をかけていくと、倒れないようにするためには、足指を浮かせて反らせて突っ張るような使い方になります。

これらの状態が続くと足指は慢性的に疲労を起こし、硬くなってしまいます。

長時間のデスクワークは手指の疲労、そして脳疲労姿勢から足指疲労も起こすのです。

この流れからの足指疲労を起こしていた20代女性。耳の下の頬が腫れぼったくなり病院へ行くと、耳下腺炎との診断を受けたそうです。耳下腺とは、おたふく風邪のときに腫れるところ。
e0073240_10591729.jpg

「(c)フリーメディカルイラスト図鑑」



足指疲労と耳下腺? まったく関係がなさそうですよね。

先の、うつむき姿勢やアゴを上げた姿勢を支える場合、足指だけではなく、この耳下腺の辺りの首に力を込め続けます。

こんな、一見何でもなさそうなことが、長い目で見ると、その人のウィークポイントになりやすいのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

【お知らせコーナー】

「身体均整法学園」来年度入学説明会1月、2月、3月開催のお知らせ

1月 12日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※12種体型についてはこちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-01-03 11:21 | 内臓