快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧



先週の記事で、横隔膜について触れました。

横隔膜は体内で胸とお腹を分ける筋肉の膜。上下に動いて呼吸のときに活躍します。
e0073240_4324268.gif

「iris-irisのフリーウェア」


普段から呼吸が浅く、横隔膜や肋骨(胸郭)など、胸全体の動きが硬くなってくると、様々な不調につながります。先日、フェイスブックで紹介した「機能性胃腸症」もそのひとつ。

今日は内臓ではなく、肩や腕の不調との関係について見てみましょう。

横隔膜を硬くする、浅い呼吸の原因はいくつもあります。ひとつには性格上、緊張しやすい方の場合。

例えば周りに気を使いすぎる方。気がつけば息をつめている時間が長いはず。

肩も前に巻き込んで、胸を縮めた姿勢でいることが多いのではないでしょうか。

すると、横隔膜はもちろん、肋骨も広がったり縮んだりの動きが少なくなります。

肋骨の動きが少ない状態は、肩甲骨の動きも制限し、そのうちに肋骨に肩甲骨が張り付き、一体化したように固まってしまいます。
e0073240_2321392.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


下図は肩甲骨や肋骨を上から見たところ。肩甲骨(水色)は本来、肋骨(白色)の上をスルスルとすべるように動きます。
e0073240_793770.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


肩甲骨が肋骨に張り付いてしまうと、腕を動かすときに「手首」「肘」「肩」で頑張らなくてはなりません。「肩甲骨」が戦力にならない分、他の3関節の負担が増えます。
e0073240_23273128.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


中でも肩関節ががんばりすぎれば、いずれ「四十肩・五十肩」と呼ばれる状態に。肘であれば、テニスもしていないのに「テニス肘」、手首であれば「腱鞘炎」などにつながっていくのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、この4月におかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ここまで、硬い肋骨から来る五十肩その他でした。

肋骨がしなやかでも五十肩になります。首(頸椎)から来る場合です。

例えば追突事故によるムチ打ちで頸椎を痛めると、頸椎から肩甲骨周りに向けて伸びる神経の働きに影響し、肩甲骨の動きが悪くなります。

あとは上記と同じく、肩甲骨以外の3つに負担がかかり……と続きますが、肋骨はしなやかなままということも多いのです。

ムチ打ちで痛めた時期が古ければ古いほど、頸椎の歪みをその場で整えればOKという単純なものではなくなります。

首の筋肉の奥、頸椎のキワに、お菓子でいうと「グミ」のようなグニュッとしたスジ状のものがへばりついたようになっているため、指先でとらえたら丹念に引き伸ばして薄くし、何度かに分けて消していかなければなりません。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では歪みを12種類に分けて考え、整えます。横隔膜の動きに関係が深いのは胸椎8番。12種体型では「呼吸器型(内界)」や「骨盤型」を構成する椎骨です。また、追突された場合には、頸椎4番にダメージが残りやすく、4番を含む「前後型」調整が活躍します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-04-25 07:42 | 肩の痛み

体に不調がある場合に、その不調をかたちや動きに置き換え、整えていくのが均整師の仕事のひとつです。

例えば右の肩が痛ければ、左と比べて上がったり下がったり、巻き込んだりしています。

どうなっているかを見極めたら、痛い右肩は避け、他の全身を施術する流れの中で、結果的に左右の肩のかたちができるだけ同じになるように調整を進めます。

ポイントは、まず全体の「捻れをとる」こと。体のどこかに不調、特に痛みがある場合、どこが痛いとしても、全体の捻れの左右差として現れるのです。

立った姿勢で左には捻じりやすく右には捻じりにくかったり、仰向けで両膝を立てて左右に倒してみると、どちらかに倒しにくかったり。

捻れをとる方法は数多くあります。当院では施術の最初に、仰向けになっていただき、どちらかの足を開き、つま先から操作させていただくことが多いです。「内庭(ナイテイ)の整圧」と呼ばれる操法です。

体の捻れが強いとき、胃経の両端、つま先(足の人差し指と中指の間。「2、3趾間」といいます)とほお骨を対角線に結んだ、左右2本のラインに差が現れます。
e0073240_4121834.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



右足の2、3趾間が左よりも狭ければ、左のほお骨が右に比べて狭かったりしますので、まずその状態を解除してから、メインの施術へと進んでいきます。

2、3趾間の操作で、ほお骨の左右差が整えばOKですが、すんなり整わない場合もあります。それもひとつの手がかりとなります。

ライン上のどこかで、操作で加えた刺激が止まってしまうところがあるのかもしれません。

例えば、普段から呼吸が浅くて横隔膜の動きが硬い場合、そこから上に刺激が届きにくかったり。
e0073240_4324268.gif

「iris-irisのフリーウェア」


盲腸や帝王切開など、以前の手術痕のところで止まってしまう方もいらっしゃいます。それらがメイン施術の際に注目して整えるべき箇所にもなるのです。

もし、2、3趾間の狭い側の足に不調があれば、その足は操作しません。狭さを逆の足に移し、逆から操作をします。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、この4月におかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


例えば先日いらした40代男性は、2、3趾間の狭い右側のつま先に痛風の発作が出ていました。そこに操作を加えるようなことはしません。

左足に狭さを移し、左足から操作ができるようにセッティングしてから操作します。

「狭さを移す」って? この春、均整法学園を卒業された皆さんはもうお分かりかと思います。「12種体型」の考え方を使うと、このようなことも可能になります。

この4月開講の夜間コースでも今週、さっそく12種体型の講義が始まりました(今週の「12種体型」授業の様子はこちら「身体均整法学園ブログ」に)。入学された皆さん、来年の春を楽しみに、元気に1年間学んで下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では歪みを12種類に分けて考え、整えます。横隔膜の動きに関係が深いのは胸椎8番。12種体型では「呼吸器型(内界)」や「骨盤型」を構成する椎骨です。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-04-18 04:43 | 整体って?

40代女性。仕事中、長く座っていた後、立ち上がるときにお尻(尾骨周辺)が痛い。

「ぶつけたわけでもないのに、どうしてか分からないのです」とおっしゃっていました。

骨盤の状態を観させていたくと、仙骨と尾骨をつなぐ「仙尾関節(下図参照)」のところで、尾骨がはねていました。
e0073240_457356.gif

「iris-irisのフリーウェア」


「尾骨がはねている??」と思われた方。犬のしっぽを想像して下さい。元気がよくてピンと立った状態です。

もちろん犬ほどはっきりとは分かりませんが、尾骨には元気のあるなし、自律神経の状態が現れます。

はねていれば「元気があってよろしい!」ではありません。状況に応じてはねたりもとに戻ったり、切り替わることが大切なのです。

年度末の時期に、これまで考えられないほどの仕事量に圧倒され、無理やり元気をふりしぼっていたとのこと。

尾骨がはねっぱなしのまま、毎日長時間のデスクワークが続き、仙尾関節に負担がかかりすぎてしまったようです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、この4月におかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


施術としては、均整法12種体型の中から「肋骨型(F8)」調整を選択しました。

F8は「フォーム8」と読み、「縮んでいる姿勢が楽」なタイプ。ちなみにF7はバンザイをしたまま寝るなど、「伸びている姿勢が楽」なタイプです。

F8は頸椎4番、胸椎5番、腰椎1番、そして仙椎4番で構成されます。
e0073240_56469.gif

「iris-irisのフリーウェア」


「座っているところから立つときに痛い」が鍵。言い換えれば「縮んだ状態から伸びるときに痛い=縮んだままが楽」なのです。

仙椎4番の近くにある仙尾関節に向けて刺激が飛ぶように胸椎5番を整えると、連動して仙尾関節にも動きが出てきました。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「縮むのが楽・伸びるのが楽」「前に曲げるのが楽・後ろに反るのが楽」「右に捻るのが楽・左に捻るのが楽」など、動きと姿勢をF1 〜F12まで12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-04-11 07:26 | 腰痛

新年度に入りました。3月から4月にかけての忙しさ、職場内の異動、就職・転職活動など、仕事に関わる様々なストレスから、頭痛を訴える方が増える時期です。

病院では原因が分からず、「首(頸椎)の歪みからでしょうか?」と心配して来院される方も多いです。

このようなとき、頸椎自体に歪みはないものの、肩の凝りすぎから、頸椎が傾いていることがよくあるのです。

左右の肩の凝り方に差があり、より凝った側に引っ張られるように首が傾き、血流や自律神経の働きを乱している場合を考え、肩のラインを整えると、よい調子につながります。

ある30代女性。仰向けに寝ていただくと、まっすぐ上を向いているつもりでも、首を左にかしげたようにしていらっしゃいます。

頸椎の左側のどこかに歪み(変位)があるのかな? とさぐっても、特に見当たりません。首の筋肉自体もやわらかです。

でも、お顔を天井に向けたまま、そっと頭をベッドに置かせていただくと、すぐまたお顔が左に向いてしまいます。

左肩が、肩甲骨一帯を含めてパンパンに凝っていました。

ときどき当ブログでお話しするように、左半身には交感神経の反応が出やすく、なかでも左肩周辺は、交感神経亢進による心臓疲労の様子が現れやすいのです。
e0073240_8203128.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑より


心臓疲労のことを考えず首だけに着目し、歪みのない頸椎や、やわらかな筋肉をさらに施術すると、余計に調子が悪くなる恐れがあります。

左肩をなんとかして、首の左側にかかっているテンションをゆるめなければなりません。

ただ、左肩を直接強めに施術してしまうと、交感神経を通して心臓に余分な負担をかけ、後で内側からさらに凝ってくる場合もあります。

別の40代女性の例ですが、心臓疲労がさらに長引き、左肩は凝りや張りを通り越して、フニャフニャとやわらかくなっていました。

言葉を変えれば、力が抜けたような状態。このようなときには、特に直接左肩を刺激してはなりません。

ではどうすればよいか?

例えば均整法では、首や左肩だけにこだわらず、心臓疲労調整を視野に入れた「循環器型」調整による、全身の体型調整を行います。

循環器型調整により、先の30代女性のお顔は、まっすぐ天井を向くようになりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで10年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに40代女性の訴えは、右首から肩にかけての張り感です。

左肩の力が抜けてしまった分、相対的に右肩が張っているだけですから、右肩を直接なんとかするのではなく、心臓疲労を解消し、左肩に‘適度な’張りを出させ、右肩とのバランスをとればよいのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

本日は午後から「身体均整法学園」入学式(開講式)です。均整法の基本から、上記のような実践例まで、ともにしっかり学んでいきましょう。


※均整法では心臓、肝臓、膵臓、胃腸など、その人のどこに無理がかかっているかを「循環器型」「消化器型」など12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

4月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-04-04 07:23 | 頭痛