快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧



「食事中、なぜか猫背がひどくなるんです」とお困りの20代女性。

もしも子どもであれば、お母さんから「ちゃんと座って食べなさい!」なんて叱られそうです。

大人ですから、意識して姿勢を正せますが、食べているうちに、気がつくとまた猫背になっているとのこと。

猫背には様々な原因があります。例えばストレスから脳疲労を起こすと、呼吸が浅くなり肩をすぼませ、胸をいつもつめた猫背姿勢をとり続けてしまいます(5月9日の記事もご参照下さい)。

では、食事はどんな関係があるのでしょうか。

食べ物を消化するために胃腸を動かしているのは、「迷走神経(下図の首から下、赤と青ライン)」と呼ばれる自律神経です。
e0073240_7591051.gif

「肝臓と整体の情報館」


胃の上側を左迷走神経(図では青色)、下側を右迷走神経(図では赤色)が主に担当しています。

ほどよく胃を動かせる人はそれほど影響がないのですが、問題は全体的に「副交感神経寄り体質」(5月16日の記事をご参照下さい)の人。

胃のアクセルを踏み込みやすい傾向にあり、胃に食べ物が入ると、必要以上にアクセルを踏んでしまいます。

すると、アクセルの伝導路である両側の迷走神経が、近くにある「胸鎖乳突筋(下図参照)」も縮ませ、アゴが出て背中が丸まる=猫背姿勢を作ってしまうのです。

e0073240_16141977.png

(「ウィキペディア」より)


均整法には「猫背調整」の方法がいくつもあります。

そのうちのひとつが「首を静かに牽引する」方法。がんばりすぎている迷走神経をゆるめて胃腸を整えることにより、猫背も整っていきます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

「寝違え」も上記と同じく、「胃腸や肝臓(の疲労)→迷走神経→胸鎖乳突筋や頸椎」と伝わって起こることがとても多いです。

ただし、寝違えのときに首をひっぱったりしては余計に痛いですから、調整は別の方法を用います。

ゆっくり時間をかけてお腹をゆるめたり、背中から胃腸に関する神経ポイントを調整したり。

そのうちに迷走神経や胸鎖乳突筋がゆるみ、頸椎も整い、右にも左にも顔を向けられなかった首の動きが、徐々に広がってきます。

食事関係が原因する猫背も寝違えも、整えるべきは、「胃腸や肝臓→迷走神経→胸鎖乳突筋や頸椎」の同ルート。

よって、「お腹をゆっくりゆるめる」「背中からの胃腸神経ポイントを調整する」は、そのまま猫背調整にもなるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では、頭の疲れは「頭脳型」、胃腸の疲れは「消化器型」など、歪みを12種類に分類し、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-30 08:07 | 姿勢

40代男性。慢性的に腰が痛かったり重かったり、何年も続いている。

仰向けで両膝を立て、左右交互にゆっくり倒してみると、どちらにも動きが硬く、特に右側に倒すのがきつそうです。

施術の最初に頸椎を整え、頭の疲れを軽減させていただくと、上記の動きが左右同じになりました。ここからさらに細かい部分へと調整を進めます。

頭の疲れは、体の様々な箇所に現れます。前々回にお話した「心包経ライン」が硬くなったり、胃が痛くなったり。

また、頸椎でいえば、頭蓋骨(後頭骨)と頸椎1番の間「環椎後頭関節(下の画像参照)」がガチガチに硬くなることが多いです。

では、頭の疲れの現れている箇所を見つけたとして、均整法ではどのように解消していくのでしょうか。

自律神経から見ると、前回お話ししたように交感神経が高ぶりすぎている場合が多いですから、副交感神経とシーソーを考えてバランスをとっていきます。

内臓からは、胸椎3・5・7番などを通じた胃の調整が、頭の疲れをとることも。

経絡では、心包経ラインが走る前腕や、そこからたどって、肋骨をフワフワにすると環椎後頭関節もフワフワに。

均整法独特の「相関」と呼ばれる考え方も、とても役立ちます。

例えば、環椎後頭関節は「首」の一部ですから、手首、足首などを同じ形同士は相関する「同形相関」として調整すると、これまた不思議なことに環椎後頭関節もゆるゆるに。

首、よりももっと細かく、「関節」で似た形を探してもよいです。

特に現代人に多いのは、親指の「手根中手関節(下の画像参照)」が、パソコンや携帯・スマホの入力疲れでガチガチに固まっている状態。

親指の手根中手関節と「環椎後頭関節」を同形相関として調整します。
e0073240_7283221.jpg

e0073240_7304531.jpg

親指のつけ根のこの関節をしっかりゆるめると、環椎後頭関節も連動してとてもゆるみます。冒頭、今回の男性の頸椎も、この手技により整えさせていただいたのでした。ぜひお試しを。

厳密には親指の手根中手関節は「鞍関節(あんかんせつ)」で、環椎後頭関節は「顆状関節(かじょうかんせつ)」に分類されます。

ただ、解剖学的な分類よりも、見た目で似ているかどうかが大事なのです。例えば下図、ある方向から見ると形が似ている「胃」と「腸骨」のように。
e0073240_21291928.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑



『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


さて、このように考えてくると、体のどこかとどこかは何かしらの連動があることが分かります。

奥様の肩を揉んであげたらついでに腰痛も軽くなったり、外反母趾の痛みが減ったりすることもあるでしょう。

それをたまたまや偶然に頼らず、自律神経的に、経絡的に、内臓的に、そして相関的に、手足の位置や引き具合い、押し具合い、タイミングなど(均整用語では「角度・張力・間」といいます)を合わせて、確実かつ何倍にも効果的に全身のバランスを取る手技が均整法なのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では、頭の疲れは「頭脳型」、胃の疲れは「消化器型」など、歪みを12種類に分類し、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-23 07:06 | 腰痛

「休日になると……」が、不調のキーワードの人、意外に多いです。

休日になると頭痛がする、便秘になる、アトピーの症状がひどくなる、じんましんが出るetc.

逆の人もいます。休日になると、これらが軽くなる。

改善のポイントは自律神経のバランス。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、各内臓にとってのアクセル、ブレーキの役割をしています。

また、ふたつの神経はシーソーのような関係になっていることも覚えておいて下さい。

例えば便秘について見てみましょう。腸にとっては交感神経がブレーキ、副交感神経がアクセルになります。
e0073240_749152.jpg

e0073240_74913100.jpg

「肝臓と整体の情報館」


便秘は様々な原因が重なり合いますが、自律神経のシーソー関係視点からは大きく二つに分けられます。

腸にブレーキがかかって便が出にくくなる「弛緩性便秘」と、腸がアクセルを踏みすぎて必要以上にキューっと締まりすぎて出にくくなる「痙攣(けいれん)性便秘」です。

腸にブレーキをかけがちな人は、全体として交感神経寄りの体質。アクセルを踏みがちな人は副交感神経寄りの体質といえます。

交感神経寄りの体質とは、ざっくりと言えば「緊張しい」なタイプ。周りに気を使いすぎ常にピリピリしていたり、細かいことが気になって落ち着かない人。副交感神経寄りは「のんびりおっとり」タイプです。

「交感神経寄り体質で便秘」の人が平日、仕事に追われて忙しすぎると、活動のための神経である交感神経をさらに使うため、腸にとってのブレーキをさらに踏みこんでしまいます。

ブレーキのかかった腸は動きが止まってダラっと伸びてしまい(弛緩してしまい)、便秘がよりひどくなります。

休日になると、仕事へ回す分の交感神経がOFFになり、腸へのブレーキも解除されやすく、お通じもある程度はよくなるでしょう。

「副交感神経寄り便秘」の人は、もともと副交感神経によるアクセルを踏みすぎて、腸がキューっと締まり気味(痙攣気味)。

仕事の忙しさによる交感神経の働きがほどよいブレーキとなり、腸のアクセルを少しゆるめるので、平日はまだなんとかお通じがあります。

休日になると、仕事へ回す分の交感神経がOFFになり、副交感神経アクセル全開、腸は痙攣が過剰、便秘はひどくなります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


他には、嫌な上司から解放される休日はアトピーの症状が軽くなり、月曜になるとひどくなる人。会社の定時を境に頭痛が起きる人。

緊張時に働いていた交感神経から、リラックス時の副交感神経への切り替わりの落差が大きすぎるのです。

では、嫌な上司が異動でいなくなればいい、となるのですが、現実的ではありませんよね。さらに言えば、似たような環境にあっても、なんとか折り合いをつけ、体調に影響しない人もいるわけです。

違いはどこにあるのか?

「嫌な上司用」交感神経だけをONにするような、偏った使い方をしないところです。

例えば仕事以外の時間がいくつかあると、交感神経の使われ方が分散されます。

趣味に打ち込む、家族と遊びに出かける、カラオケに行く、ジムで汗を流す……いつも嫌な上司用に使っているのとは違う部分の交感神経を日頃から使っていると、全体としてバランスが取れます。

「趣味用」「家族用」「カラオケ用」「ジム用」交感神経を、まんべんなく持つイメージ。

趣味も何もないと、休日に「嫌な上司用」交感神経を使わなくてよくなったとき、他の交感神経もすべてOFF状態。すると副交感神経側へとシーソーが急に跳ね上がってON、その落差が様々な症状につながるのです。

よって施術では、「嫌な上司用」にONになりすぎている交感神経を鎮めるばかりでなく、日頃あまり使われていない「◯◯用」交感神経を見つけてONにしたりと、状況に応じて使い分けるのです。

均整用語では「鼓舞」「抑制」と呼ばれます。

これまでにも自律神経のバランスを取ることについて、書いてきましたので、参考にして下さいね。

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その2)

「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その3)

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では、「頭脳型」「消化器型」「骨盤型」など、歪みをまず6種類に分け、それぞれを「陰(副交感神経寄りタイプ)」「陽(交感神経寄りタイプ)」にさらに分け、合計12種類として考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-16 07:19 | 自律神経

30代男性。右手首が、ある角度に曲げたときだけ痛む。

手首を曲げたり反らせたりするときには、手のひらの中にある細かな骨と骨の間が、なめらかにすべることが必要です。

今回の男性の場合、細かな骨(手根骨)の中でも、「有頭骨(ゆうとうこつ)」の‘頭’の部分の動きが、月状骨や舟状骨との間で引っかかったように硬くなっていました。

e0073240_15541131.gif

「iris-irisのフリーウェア」


動きの硬さが軽いうちは、有頭骨だけ整えれば、手首全体の動きもなめらかになります。

ただ今回、手首よりも実は、肘が硬くなっていることが原因していました。

前腕の2本の骨、尺骨と橈骨の間がつまり、結果的に有頭骨その他の手根骨をはさみこんだようにしめつけていたのです。
e0073240_1557537.gif

「iris-irisのフリーウェア」



この場合には肘に注目しないと、有頭骨の動きを取り戻すことはできません。

では肘の動きはなぜ硬くなるのか?

以前ご紹介した「水平相関」により、肝臓疲労や膵臓疲労の影響を受けていることがとても多いです(2014年12月6日の記事をご参照下さい)。
e0073240_7225465.jpg

「無料イラスト かわいいフリー素材集 | いらすとや 」


もちろん、毎日長時間のパソコン業務や、子育て中の抱っこ疲れなどにより、肘を一定の角度で固めたまま使い続ける動作が原因することも。

「内臓疲労」と「日常の姿勢や動作からの疲労」とを、合わせて考えていく必要があります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


また、もうひとつよく見られる状況として、頭の疲れ(脳疲労)から有頭骨の動きが硬くなっている場合が挙げられます。

手の中指から胸の中央を、経絡ラインでは「心包経」が走っています。

ストレスを抱えて頭が疲れていると、呼吸が浅くなり肩をすぼませ、胸をいつもつめた猫背姿勢をとり続けてしまいます。

胸の中央を走る心包経ラインもつめてしまうことにもなり、頭の疲れの反応として有頭骨その他、心包経ライン上の動きの硬さが現れやすいのです。
e0073240_1645238.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


‘頭’の疲れが有‘頭’骨と関係するのも興味深いですね。均整法では「同形相関」と呼びます。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では、脳疲労なら「頭脳型」、胃腸や肝臓疲労なら「消化器型」など、歪みを12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-09 07:43 |

4月から5月にかけて、多くの会社では新入社員研修が行われます。研修を受ける側、指導する側、みなさんお疲れの季節です。

指導役を任されたある40代女性は、そのストレスから腰痛になりました。もうお一人の40代男性も同じ状況でご来院。

お二人とも、「腰が全体的に……」が共通した特徴です。

こういうときには、仙骨の状態をよく観ます。女性の方は仙骨の下半分から尾骨付近、男性は上半分のお尻がキュッと凝っていました。

骨盤内には自律神経が集まっており、仙骨の上半分には副交感神経の、下半分には交感神経の状態が現れやすい性質があります。
e0073240_4125163.gif

「iris-irisのフリーウェア」


ストレスに対処するため、交感神経ががんばりすぎると仙骨付近は下側が硬く、上側が柔らかくなります。今回の女性の状態です。

今回の男性の場合は、逆に上側が硬く、下側が柔らかい状態。こちらからは何が読み取れるかというと、胃腸や肝臓にとってのアクセルである、副交感神経のがんばりすぎ。飲みすぎ食べすぎによる内臓疲労です。

受けたストレスを解消しようと食に走ることはよくあります。新人研修担当への緊張感解消、また歓送迎会などの影響もあったご様子。

仙骨付近上下の硬さの差2パターン。これらによって不安定となった土台では、どちらであっても上半身を支えることがきつくなり、腰痛へとつながっていくのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、この4月におかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

施術では、仙骨付近の硬いところを直接ゆるめるのではなく、全体の交感神経、副交感神経のバランスを取ります。

人それぞれの疲労箇所が交感神経、副交感神経どちらにつながっているかを考えながら整えると、二つのシーソー関係がつり合い、結果的に仙骨の上下の差も解消するのです。

疲労箇所は、今回の男性であればいちばん凝っていた肝臓であったり、女性であれば同じ悩みの種がずっとループして疲れ果てていた脳であったり。

また、胸椎5〜9番の奥には「大内臓神経」と呼ばれる交感神経が集まっているため、ストレスを普段から感じている人は、背中の真ん中から少し上にかけてがガチガチです。
e0073240_4131235.gif

「iris-irisのフリーウェア」


もしも、仙骨の硬いところを直接ゆるめるのなら、その硬さがどちらの自律神経を通じて、体のどの内臓疲労とつながっているか、そのルートごとすべてゆるめるつもりで操作する必要があります。

それよりも、内臓疲労箇所を特定し、そちら側からゆるめるほうが、はやく深く自律神経バランスを取り、仙骨の上下を整えることができるでしょう。

今回の2パターンの腰痛を、過去記事でもご紹介しています。

仙骨の上半分が硬いパターン

仙骨の下半分が硬いパターン

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では、脳疲労は「頭脳型」、胃腸や肝臓疲労は「消化器型」など、歪みを12種類に分けて考え、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-05-02 04:40 | 腰痛