快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧



40代男性。長年マラソン他、長距離レースに取り組んでいる。照準を合わせた大会を目指して、ここ何ヶ月かトレーニングを積んできた。たまってきて、自力では取りきれない疲労を解消したいとのこと。

疲労がたまってきた状態を歪みに置き換えると、その人がもともと持っている体質的な歪みに加えて、一時的な歪みが上乗せされています。

施術の前、「立った姿勢」「座った姿勢」「仰向け」「うつ伏せ」などで動きのチェックをします。

そのときに、例えばうつ伏せで膝を曲げ、かかとをお尻につけていくとします。

疲労がたまっておらず、その人の歪みがシンプルに現れている場合は、左は曲がりやすくてお尻にかかとがつき、右は硬くて、なかなかお尻につかないなど、誰が見ても左右の差が分かります。

しかし、今回の男性のように疲労がたまってきている場合、あるところまでは左が曲がりにくいのに、そこから先は右が曲がりにくい気がして、最終的にはどちらも同じくらいに感じる、など、動きの差が分かりにくいのです。

一時的な歪み(新しい歪み)はトレーニングによる筋肉疲労が、もともとの歪み(古い歪み)は、関節や靭帯の慢性的な硬さまでが関与した歪みと言い換えることができます。

同じ曲がりにくさでも、左脚は筋肉疲労による、右脚は膝関節の硬さによると、分けて考えなければなりません。

このようなときの施術で、各部を触りながら、「ここは筋肉疲労、ここは靭帯が硬い、ここは……」と順番に進めていては、とても時間がかかります。

そうかといって、右脚と左脚を同じ「曲がりにくさ」でひとくくりにして、同じ技を施しても、片方は整っても片方はそのままということに。ではどうすれば効率よく効果的に施術を進められるでしょうか。

先日の均整東京支部研修会テーマ「筋肉のトリガーポイント」を均整法的に用いた「回旋型調整(=捻れ取り)」を施術の最初に置けば、筋肉疲労から来ている分の歪みを、一掃することができます。

その後に、靭帯や関節の硬さから現れている、その人のもともとの歪みを整えればよいのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


もともとの歪みに、一時的な筋肉疲労性の歪みが上乗せされた状態のうちに整えておく。今回の男性の選択は、将来の慢性的な不調予防にも、大きな力を発揮します。

一時的な歪みに耐えている筋肉や靭帯、関節は、いずれ慢性的な歪みに変化します。

その上にまた一時的な歪みが乗り、それを放っておいてまた……と繰り返すうちに、下図(4)の状態、一見バランスが取れて姿勢がよいけれど、どこか不自然な見た目に。
e0073240_3354667.jpg

快風身体均整院「理想的な施術回数とペース」より


ここまでくると、一気に(4)から(1)にはなかなか戻らない上に、原因不明の様々な不調のベースとなります。

施術を何度も繰り返しながら(4)から(3)、そして(2)から(1)へと、逆にたどっていく必要があるため、時間がとてもかかるのです。

できれば(2)くらいのうちに、こまめに捻れをとっておきましょう。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※「回旋型」「前後型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-06-27 06:16 | 整体って?

心臓に持病のある70代男性のお客様。ご来院の際には、左肩こりの訴えををよく伺います。

心臓の位置的に、心臓疲労は左肩甲骨の間など、左肩周辺に凝りとして現れやすいのです。
e0073240_8203128.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


この日は左肩ではなく、左のお尻が凝るとのこと。うつ伏せで触らせていただくと、いちばん凝りが強い筋肉は「梨状筋(下図の小さい赤丸)」でした。
e0073240_1623239.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


梨状筋は、坐骨神経(上図、小さい赤丸内からももの裏に伸びる黄色い太い神経)の上に位置するため、梨状筋の凝りは、坐骨神経痛の原因にもなることがあります。

今回の男性はそこまで強い凝りではありませんでしたが、坐骨神経痛予防という意味でも、この梨状筋をやわらかく保つことは必要です。

ではどのようにゆるめればよいでしょう?

同じかたち同士は関連し合うという、均整法独特の「同形相関」で観てみると、今回の男性の施術ポイントがはっきりします。

今回、左肩周辺の凝りには悩まされていなかったものの、触ってみると凝っている箇所はありました。小円筋(下図の小さい赤丸)。
e0073240_1623195.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


大きな赤丸で囲った、小円筋を含む肩周りの筋肉の配列と、梨状筋を含むお尻の筋肉の配列、なんだか似ていませんか?

そこで、均整法12種体型「循環器型」調整により、「心臓疲労を解消→小円筋の凝りがとれ→同形相関により梨状筋もゆるむ」との流れを組み立てることができます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ちなみに、他にもこの筋肉の配列パターンで、似ている箇所があります。
e0073240_16233573.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


左右の目の大きさが違う場合に、股関節を用いた調整法があります。

重心側の目は小さいことが多いため、左右の股関節の動きをそろえ、重心バランスを整えると、目の大きさ調整にもなるのです。

お尻の中の筋肉と、目の奥の筋肉の同形相関としても連動がありそうですね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※「循環器型」「泌尿器型」など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集
 6月22日開催分は、おかげさまで満員となりました。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-06-20 06:18 | 心臓

80代男性。ゴルフのスイングの最後に左手首が痛い。

スイングの一連の動きを真似してみると分かりやすいですが、右打ちの場合、左手首は下図のように、最後に外に捻る動き(「回外(かいがい)」。ドアノブを回すときの動き)になります。そのときに痛いという状況です。
e0073240_15211415.jpg

無料イラスト かわいいフリー素材集|いらすとや


立った姿勢で上半身を左右に捻ってみると、左には捻じりやすく、右に捻じりにくくなっていました。

腕でも足でも、また例えば「寝違え」などのように首でも、体のどこかに捻って痛い箇所があれば、ほとんどの場合、まず体幹にも捻じり動作の大きな左右差があります。

今回の男性であれば、均整法12種体型では、上半身を左に捻じりやすい「左回旋型(フォーム6)」に分類されます。

脊柱を中心にフォーム6調整を進めるうち、何か感じるものがあったのか、左手首を何度か捻じり「お、大丈夫そう」とのこと。

ここ何度かのご来院の際は、立った姿勢での体幹捻じりには、左右差がほとんどありませんでした。

ただ今回は、3日後に控えたコンペに向けて自宅練習に熱が入り、体幹捻じりの左右差がついてしまい、手首に影響が出た様子。間に合ってよかったです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


体幹の捻れは、手足を捻るときの痛みだけに影響するわけではありません。

ある50代男性は、ここ最近、立ったり歩いたりするときに左脚の外側が痛いとのこと。

上記の80代男性と同じく、全体としてフォーム6状態になっていました。

立った姿勢で上半身を左にどんどん捻っていくと、左脚の外側と右脚の内側に体重がかかっていくのが分かると思います。

日常、ここまで極端に体重のかけ方に差があるわけではありませんが、微妙な左右差は時間とともに積もります。

積もり積もって許容範囲を超えると、この男性のように、左脚外側、もしくは右脚内側の不調につながってくるのです。

具体的なフォーム6調整についても説明したいところですが、とても長くなりますので、ひとつの視点だけお話しを。

均整法では歪みを「頭脳型」「骨盤型」「回旋型」「左右型」など12種類、「12種体型」として分類しています。
e0073240_0233818.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より


例えば頭脳型では、故障のある椎骨は頭の方向へ、骨盤型では骨盤の方向へ向かって歪む傾向があります。

同様に回旋型では故障のある椎骨は捻れ、左右型では左右に倒れetc. 施術の際、これら、体型と同じ方向に歪んでいる椎骨を選びます。

すると、今回のお二人であれば、「捻れた椎骨」を探して調整箇所に選ぶと、左に捻じりやすくなっている全体の歪み「フォーム6」を、あちこち触ることなく、ピンポイントで整えることができるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集
 6月22日開催分は、おかげさまで満員となりました。

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-06-13 06:33 | 腕の痛み

今回は同じ「右の腰痛」といっても、視点を変えると原因は様々あるというお話です。

40代男性。最近、デスクワークの時間が長いせいか、座っていると右腰が痛くなる。立って動き出すと楽。

これはまさに座りすぎ。腰の奥「大腰筋」と「腸骨筋」(ふたつを合わせて「腸腰筋」と呼びます)が、座り姿勢を支え続けてコリコリです。
e0073240_7593978.png

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


腰を背中側から調整するのではなく、お腹側から腸腰筋をゆるめると、腰が楽になります。

加えて、ふだんからしっかり歩くこと。それも腸腰筋を使って、動きの中で常にしなやかに保つ心がけが必要です(具体的な方法はこちら体玄塾の志水先生ブログ「ウォーキングウォッチ」をご覧下さい)。

ある50代女性は最近、なぜだか分からないまま、右腰から右股関節前、右もも前が痛くなったとのこと。

整形外科を受診して、レントゲンでは異常なし。もしも痛みが続くようならMRIも撮りましょうと、ひとまず様子を見ることに。

他にもお話を伺っているうちに、どうやら1ヶ月ほど前の頭への打撲に原因のあることが、均整法視点からは明らかになってきました。

打撲についても、病院での受診で脳には異常なしとのこと。もちろん痛みもひいていましたが、そっと頭蓋骨を触らせていただくと、まだほんのわずかに左右差があります。

ぶつけた左側が、キュッと締まったような手触りになっているのです。もちろん均整師が触らないと分からないくらい微妙な手触り感です。

特に左の側頭骨(下図の緑色)がかっちり固まってしまった様子。
e0073240_21442562.gif

「アイリス・アイリスの作業現場」



体はどこかの動きが固まると、それに連動して固まったり、あるいは逆にフラフラ動きすぎる部分が現れます。

今回の女性の場合、左側頭骨と右の骨盤(腸骨)が連動して固まってしまったようでした。

ぶつけた左の頭や痛い右腰、右足は避け、左足先から左側頭骨を狙って整えます。

左側頭骨→右骨盤の順に動きが戻るにつれ、右腰から右股関節前、右もも前と広範囲だった痛みが右もも前だけにと、どんどんせまくなっていきました。ここまでくれば、あとは時間薬でしょう。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


足先から側頭骨を狙うには様々な方法がありますが、当院では「内庭の整圧法」をよく用います(2012年5月26日の記事をご参照下さい)。

別の40代女性も右腰の痛みでご来院。同じく、右骨盤の動きが固まっていました。連動して固まっているところはと探ると、右骨盤の上方にある「胆のう」がとても凝っていました。
e0073240_727479.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


胆のうを狙いつつも、痛い右腰側を避けるために、やはり左足から内庭で胆のうコリをほどきます。

右にある胆のうをねらうときには、左足は45度に開いて。左側頭骨をねらうときには左足は開かずにおくと、頭へと方向が定まります。

均整用語「角度・張力・間」のうちの、「角度」を、狙うべき箇所に合わせていくのです。
e0073240_7383365.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では座りすぎ・立ちすぎなど姿勢から来る歪み、胆のうなど内臓疲労からくる歪みなど、歪みを12種類に分類し、整えます。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

6月22日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-06-06 07:43 | 腰痛