快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧



夏は旅行の季節でもあります。楽しい反面、疲れがたまると、帰宅後の様々な不調につながります。

20代女性。「2泊の旅行で歩きすぎたのか、先週から左腰が痛いんです」と話しながら、左手を腰に当て、親指で骨盤と背骨の境目くらいを示していらっしゃいます。

仰向けで骨盤の左右を比べると、左の骨盤(腸骨)が右よりもずっと下にあるように感じられます。
e0073240_9323942.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


骨盤自体がずれているのではありません。左腰が反っているのです。

脚も左右で比べてみると、左脚がほんのわずかですが、X脚気味の反りが感じられます。

普段から歩くときに、左脚を外に蹴り押すくせがある様子。そのために左骨盤が前に押されて左腰が入り、反ってしまうのでしょう。

日常くらいの歩数であればそれほど負担はなかったものの、旅行中に一生懸命歩いた分、疲れが左腰に集中したようです。

両膝を立てて左右に倒してみると、左腰の凝りに引っ張られて右に倒しにくくなっています。

この動きの左右差を解消することと、仰向けで下に下がってみえる左骨盤を上げることを目指して施術を進めます。

腰椎や骨盤には触りません。左脚でいつもより押しすぎ、捻じりすぎて痛めている部分だからです。

どこか1ヶ所捻じりすぎの部分があれば、逆方向に捻って、脊柱全体としてバランスを取り合っているところが他に必ずありますから、それを探してほどきます。

すると、タオルを固くしぼって捻ったままのような状態の脊柱がゆるみ、腰椎や骨盤の捻れも解消するのです。

このとき漠然と探すと大変。均整法では、前回記事でお話ししたように、4つおきや5つおきの椎骨の連動を初めとした、様々な指標を用います。

今回はかたちの似た部分の連動「同形相関」がぴったり当てはまりました。

「腰椎と骨盤」をひっくり返すと、「頸椎と頭蓋骨」にどこか似ていませんか?
e0073240_9255821.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


仰向けで両膝を立てた上記の姿勢のまま、素早く頭蓋骨と頸椎との間「頭頸関節」を整えると、連動して骨盤(仙骨)と腰椎の間「腰仙関節」も整い、膝は左右どちらにも同じように倒せるようになりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


「できるだけ患部から遠いところから全体のバランスを取る」が調整のコツのひとつです。

上記のように相関を用いたり、背骨を4つおきにたどって患部から離れる他、患部の側とは逆側へ(健側へ)離れることもできます。

例えば今回の例であれば、患側(左腰側)ではなく逆側の右足先から遠隔操作で左腰を整えるのもひとつの手。
e0073240_86816.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


旅行をはじめ、夏のイベントに向け体を整え、たまった疲れも早めにとる。均整法で先手先手を打ちながら、楽しい夏をお過ごし下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川 直樹, おかの きんや共著/リンダパブリッシャーズ刊)


『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』(田川 直樹, おかの きんや共著/リンダパブリッシャーズ刊)
[PR]
by naotknet | 2015-07-25 06:37 | 腰痛

70代男性。庭で草取りなど、中腰の作業をしているうちに、腰が痛くなった。前に曲げると痛い。後ろに反るのは大丈夫とのこと。

立った姿勢からの前屈動作が全然できなくなっていました。床から手の指先まで、50cmは離れているでしょうか。普段なら床には着かないものの、床上20cmくらいまでは曲げられるそうです。

冒頭の「後ろに反るのは大丈夫」が、調整の鍵です。

均整法では、前後動作に特徴のある体型を「前後型」と呼びます。

さらに、前に曲げる「前屈」が楽で、後ろへ反る「後屈」がしにくいタイプを「F1(フォーム1)」、逆に後屈が楽で前屈がしにくいタイプを「F2(フォーム2)」と、前後型を二つに分けます。

調整をこれらに当てはめればよいのです。今回の男性であれば、まさにF2(後屈型)調整がピッタリでした。

F2を構成する椎骨は、胸椎1番、9番、腰椎5番。
e0073240_9592536.gif

「iris-irisのフリーウェア」


痛めているところはちょうど腰椎5番の付近。そっと触らせていただくと、周囲の筋肉も含めカチカチです。そこには手を加えずに、胸椎1番や9番を調整していきます。

背骨を前後に曲げたり捻ったりするときに、頸椎から腰椎まで1個ずつ、それぞれ動きの担当割り当てがあります。

普段から、例えばデスクワークやスマホのしすぎで胸椎1番辺りを固めてしまっていると、背骨全体の動きの際、そこだけ動きを担当できません。

その分、他の椎骨、上記の男性であれば腰椎5番が割り当てを増やしてがんばりますから、度を超えると、今回のような状態に。

胸椎1番や9番の調整は、固まって動きを担当できなくなっていたところに仕事を再開させる意味があります。

調整後、無事に胸椎1番、9番の仕事は再開し、前屈動作の床上20cmが復活しました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


ここ最近、中腰の姿勢になると、左股関節が「ピキッ」と痛むようになった30代男性。

先の70代男性とは「中腰」が共通点ですが、この方の場合は前後動作よりも、左右に捻る動作に大きな差がありました。左に捻るほうが楽で、右にはその半分くらいしか捻れません。

よって、常に無意識に体を左に捻った姿勢となり、左股関節に体重がかかりやすいのです。

その負担が日常的に続くと「ピキッ」につながります。F6(左回旋型)調整が当てはまります。

フォームは1~12まであります。
e0073240_0233818.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」より


均整法学園ではちょうど今、それぞれのフォーム調整法を学ぶ授業「12種体型」の真っ最中です。授業の様子はこちら↓

夜間コース「12種体型」授業風景
(「身体均整法学園ブログ」より)


すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-07-18 06:05 | 腰痛

今年の1月、自転車で転倒したときに左肩を路面で強打した40代女性。もちろん病院での治療は終わったものの、今もなんとなく左肩に違和感を感じるとのこと。

こんなときに施術をさせていただくのは、主に打撲の真裏にあたる部分。

ぶつかったときに、その衝撃が打撲箇所の裏側を通ってスッと抜けていけばよいのですが、とどまっていると今回の女性のように、「いつまでたっても違和感が……」となります。

おでこなら後頭部、胸なら背中、膝は膝の裏、肩であれば脇の下。打撲の箇所や方向を詳細に伺い、その真裏を探らせていただきます。

今回の女性にも、脇の下の一部分に、かなりの凝りが残っていました。その箇所を視野に入れながら、全身の調整を行います。

施術後、更衣室から「軽ーいっ」と、バンザイのように腕を挙げながら出ていらっしゃいました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


もうひとつ視野に入れたいのが「尾骨」。尾骨は打撲の衝撃が体に残っているかいないかを判断できる大切な骨。

全身どこの打撲であっても、その衝撃が体中の神経や経絡をたどって駆けめぐったのちに、どこかにとどまってしまうと、後々の不調につながります。
e0073240_1728563.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』
経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂



例えば下図のような神経を介して、胃腸や肝臓の付近でとどまれば、半年ほどしてからそれらのどれかに、なぜか調子の悪さを感じるようになったり。

e0073240_13263217.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


原因不明の何らかの不調にお悩みの方は、忘れてしまっている打撲の経験があるのかもしれません。ぜひ一度、均整法視点から尾骨をチェックするとよいでしょう。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では左右型、前後型など、打撲した方向からも体型を12種類に分けて考え、調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-07-11 06:27 | 打撲

「えーっ! あんなに右肩が上がっていたのに、驚異的な下がり方ですねっ(40代男性)」「あ!? 左肩が下がっていたのに上がってる! びっくり! 不思議!!(40代女性)」

施術が終わって鏡の前に立っていただいたとき、肩について驚かれるお客様の多くは、ふだんから肩のラインを気になさっています。

写真に写った姿を見てご自身で気がついたり、散歩中など、ご家族から後ろ姿で「今日も右肩上がってるね」と言われたり。

そのとき、しばらくは注意して過ごしても、またいつの間にかどちらかが上がったり下がったりしているのです。

今回の40代男性は、毎日長時間のパソコン業務により、右肩から右腕、指先までを使いすぎ、「肩甲挙筋(下図の赤丸)」がガチガチに。右肩全体を引き上げていました。
e0073240_9122757.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

40代女性は、慢性的な肝臓疲労から、右肩を押し上げられていました。
e0073240_9254753.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」
ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

男性の肩甲挙筋は、右肩上がり原因の氷山の一角としてとらえ、頸椎5番や手首、肘、そして全体としては12種体型「左右型(外界)」で整えた結果、右肩は下がりました。

女性は、肝臓に関わりの深い胸椎4番や9番による「左右型(内界)」調整が、右肩を下げる調整となりました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆
『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


さらにもうお一人、別の40代女性。やはり右肩上がりでしたが、その見た目のことよりも、右肩の痛みが辛いとのこと。

天井を見上げる動作のとき、首から肩にかけての右側が痛くて見上げられないのです。

整形外科では、頸椎の若干の問題を指摘されたそうです。職場に異動してきた上司と合わなくなってから、とも話して下さいました。

均整法視点から観ると、頸椎の問題の前に、もうひとつあります。「星状神経節(下図の赤丸内、青色を着けた部分)」周辺がバリバリに凝っていたのです。
e0073240_2283294.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』

星状神経節については、小柳弐魄(ニハク)先生が5月の均整東京支部研修で講義して下さいました。

小柳先生の「伊良林鍼灸均整院-AFINA-」ブログ(2015年6月15日記事)に詳しく解説されていますので、ぜひご覧になって下さい。

自律神経(交感神経)の一部ですから、ストレスには敏感に反応し、周囲の筋肉に凝りを生じさせます。

何度か調整させていただいているうちに、タイミングよく、先述の合わない上司さんが再び異動になりました。

星状神経節とその周囲はみるみるうちに穏やかさを取り戻し、天井もすんなり見上げられるようになりました。

同じく星状神経節に関する不調の例では、絵を描かれる30代女性のお客様。

絵を描くためには、腕担当の運動神経で、腕だけ動かしていればいいわけではありません。

頭の中のイメージを紙の上に表そう、細やかな思いを表現しようとして集中すれば、交感神経もがんばって働きます。つられて星状神経節もコリコリに。やはり、天井を見上げるときの痛みとしてのご来院でした。

腕の使いすぎだけではなく、ストレス、何かに集中する時間などの原因が合わさって、その人の肩の上がり下がりに影響するのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

※均整法では左右型、前後型など、体型を12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

7月27日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2015-07-04 06:04 | 美容