快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧



子育て中の30代女性。抱っこのとき、赤ちゃんを左手で下から支えることが多く、左手首を痛めた。

施術の際、仰向けからうつ伏せになるときなど、痛くてベッドに手をつくことができません。

別の50代女性は絵を描くお仕事。やはり手首を使いすぎたご様子で、左手首(左利きなのです)を痛めていました。

ペンや筆を持ってみると分かりますが、手のひらは下を向きます。抱っこでは手のひらが上を向きます。
e0073240_7254629.jpg

「無料イラスト かわいいフリー素材集 | いらすとや 」


それら同じポーズで毎日長時間、力を込め続けるため、手首の関節に歪みが生じるのです。

ベッドに手をつくときの手首の動きは「背屈(はいくつ)」といいます。背屈するための大事なポイントは2つ。

1つは、手のひらの中の細かな骨、特に手首付近の「有頭骨」が、「月状骨」「舟状骨」との間をなめらかに滑ること。歯車がうまく咬み合って回るような状態です。
e0073240_992012.gif

「iris-irisのフリーウェア」


もう1つは、これらの細かな骨全体が背屈の動きをするときに、橈骨と尺骨の間でやわらかく受け止めてもらえること。

橈骨と尺骨で作られる「橈尺関節(とうしゃくかんせつ)」が、普段から滑らかに動いていればOKです。
e0073240_9114384.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


赤ちゃんを抱っこするときに手のひらが上を向くと、橈尺関節は「開いた」状態になります(下図の左)。言い換えれば、歯車が噛み合っていない状態。

噛み合っていないまま、周囲の筋肉や腱に負担をかけながら抱っこを続けた結果、橈尺関節が固まってしまいます。

逆にペンや筆を持つかたちは、どちらかというと橈尺関節が締まった状態に近いです(下図の右)。

歯車が噛み合っているとはいえ、それを回すことなく長時間、毎日描き続ければ、やはり固まります。
e0073240_9393263.jpg

ビジブル・ボディ『筋肉プレミアム』


手首を整えるためには、もちろん全身とのつながりが大切ですが、今回は、手首周辺だけにしぼってお話しします。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


有頭骨や月状骨、舟状骨のどれかが出っ張って硬くなっているからといって、それ1個だけを押し込んでもなかなか整いません。

このようなときは、先述の「橈尺関節」に注目します。

固まった橈尺関節がまず動くようになると、月状骨をはじめ、細かな骨全体が締め付けられたような、ロックのかかった状態が解除されるからです。

橈尺関節が滑らかに動くためには、橈骨と尺骨が、手のひらを上に向けたときにはおよそ平行、下に向けたときには上図のようにクロスになる必要があります(上図参照)。

ラインでいえば、前腕の中央。抱っこなど、手の使いすぎで腕がパンパンの方の前腕の中では、橈骨と尺骨がクロス、または平行の、どちらかに偏ったままで固まっているのです。

パンパンになった前腕中央ラインをゆるめることが、橈尺関節の調整になります。

経絡ライン「心包経(下図参照)」に当てはめたり、前腕が左に捻じりやすければ、均整法12種体型「左回旋型」を用いて全身の連動として調整したり。
e0073240_8581475.gif

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


……と、結局手首周辺から、全身の連動へとお話は展開してしまいます。

今回の30代女性は「左回旋型」調整により体幹の捻れが整い、橈尺関節が整うと、手のひらをベッドについて起き上がることができました。

もうお一人も、締め切りに向けて描き上げる手応えをつかんで下さったようです。

手首と全身の連動については、
「手首の痛み(ゴルフ編)」

「手首の痛みは猫背が原因?」
もご参照下さい。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

9月28日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-09-26 08:26 | 腕の痛み

30代女性。8月初めに風邪を引き、治ったが、今ものどに違和感が残る。

咳だけがずっと残っている方もこの秋、よく見かけます。

のどの不調や咳の反応が出やすい椎骨は、肩甲骨間の「肺兪(はいゆ)」というツボに近い胸椎3番。

今回の女性も、3番付近に歪みが現れていました。そこだけ凹んでフニャッとしています。

「秋は肺の季節」についてはここ最近、何度も取り上げましたが、全員が全員、秋に体調をくずすわけではありません。

もともと肺に負担をかける姿勢を普段から取っている人が、肺の季節にくずすのです。

今回の女性は携帯ショップにお勤めで、毎日店頭に立ち、ご案内のお仕事をされています。

フロアに設置されている案内用端末を操作する時も立ったまま。その台が低い位置にあり、常にうつむき姿勢になるとのこと。

うつむくためには、体のどこかの部分で支えなければなりません。それがこの女性にとっては、腰椎と骨盤(仙骨)の間だったのです。

腰のその付近をグッと前に入れ込み、背中は後ろに丸め、頭はうつむくというバランスの取り方を無意識にしていました。いわゆる「反り腰」が強い姿勢。
e0073240_75544.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


腰椎と仙骨の間付近で上半身を常に無理なかたちで支えているため、周囲の筋肉がとても凝っていました。

この近く、仙椎2番の両側には「膀胱兪(ぼうこうゆ)」と呼ばれるツボがあり、「肺兪」とシーソーのようにバランスを取り合っています。
e0073240_7105996.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


仙椎2番付近が凝って硬くなった分、胸椎3番付近の力が抜けてしまっていたのでした。

仙椎2番、胸椎3番を含む均整法12種体型「回旋型(別名:泌尿器型)」調整により、胸椎3番によい意味での張りを取り戻させていただきました。

別の女性のお客様(40代女性)は、最近明け方に目が覚めて、そこから眠れないとのこと。

およそ午前3時~5時の間だそうです。この時間帯は「肺の時間」。

各臓器の季節もあれば、1日のうちの時間帯もあるのです。「時間医学」と呼ばれる研究も進んでいます。

肺の時間帯になると、疲労のある肺が無理をして活動を強め、目が覚めてしまうのです。

お仕事が忙しい時期が続き、残業も多く、日中から夜遅くまで、気が付くとトイレにほとんど立っていなかったそう。このような状況でも、仙椎2番は凝り、シーソーで胸椎3番の力が抜けます。

施術としては同じく12種体型「泌尿器型」調整です。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


眠りについての不調には季節が関係することもありますが、1年を通じて多いのは肝臓疲労の影響。

時間帯でいえば午前1時~3時。この時間帯に目が覚める。夜12時を過ぎて「さあ寝るか」と布団に入ってもなかなか寝付けない。これらのタイプの方々は、慢性的な肝臓疲労の可能性大です。「肝の時間」が終わる3時すぎまで、布団の中で悶々としてしまうのです。

この場合には、「肝兪(胸椎9番)」「小腸兪(仙椎1番)」とのシーソーを視野に入れた肝臓調整が功を奏します。
e0073240_719484.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


普段からよい座り方・立ち方を心がけ、自身のウィークポイント臓器に負担をかけかないことも重要です。それぞれの方に応じた、自宅できる改善法も用意しています。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「泌尿器型」「消化器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』


【お知らせコーナー】

9月28日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→


『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2015-09-19 07:54 | 姿勢

40代女性。布団の中から仰向けのまま右腕を伸ばして、目覚まし時計などを取ろうとしたときに肩が痛む。

L(>_<)

このような状況です。

多くの方は、長時間のデスクワークや日々のストレスの影響により肩をすぼめ、巻き込ませたまま過ごすくせがついています。「巻き肩」などとも最近呼ばれています。

さらに左右をよく比べてみると、どちらかがより巻いて、肩先が前に出ています。今回の女性は右肩先が前に出ていました。

体重50kgの人で腕の重さは約3kg。よい姿勢で体の横に腕がぶらさがっているのと、肩が巻いた状態で体の横の線より前にぶらさがっているのとでは、肩関節にとって、かなりの負担の差となります。

e0073240_6401576.jpg


(c)フリーメディカルイラスト図鑑


加えて巻き肩では、ほとんどの肩甲骨が肋骨に貼りついてしまったかのように動かなくなっています。

その分、肩関節の仕事が増え、一方向への痛みから、いずれはどの方向にも動かせない、夜も寝られないほどの本格的四十肩に進んでしまうのです。

今回の女性は、足先から肝臓調整をさせていただくと、施術ベッドの右上に置いたタオルを、難なく取ることができるようになりました。どういうことでしょうか?

肝臓疲労により、右の肋骨全体の動きが硬くなり、肩甲骨もつられて動きが悪くなっていたのです。よって、肝臓疲労を取り除き、肋骨の動きを取り戻すだけでよかったのです。

立った姿勢で右肩先が前に出ていたのも、疲労して凝ってしまった肝臓に引っ張られていたからです。

介護ストレスによる心臓疲労の50代女性は左肩を巻き込ませ、痛めていました。

先ほどの右肩の女性は右足からの肝臓調整、こちらの女性は左足からの心臓調整です。

e0073240_714865.png


e0073240_0111858.jpg


(c)フリーメディカルイラスト図鑑


右足は副交感神経、左足は交感神経の作用が強いといわれています。副交感神経がアクセルとなる肝臓、交感神経がアクセルとなる心臓と、それぞれ使い分けるのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


夏休みの帰省時、実家で飲み過ぎて、丸めたクッションを枕にし、居間の床で寝入ってしまってから右腕を挙げると痛むようになった50代男性。

丸めたクッションに頭ではなく首を置き、アゴが上がった状態で寝ていたため、頸椎がくの字になり、その頂点の椎骨に負担がかかったようです。

アゴを上げて首を曲げたとき(立った姿勢では天井を見上げたとき)、首の曲がる頂点は頸椎4番。そこから下、下頸椎の間から、肩や腕への神経が束になって伸びているのです。「腕神経叢(わんしんけいそう)」と呼ばれます。
e0073240_0132445.jpg


ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


一晩中、首に不自然なかたちをとらせていたために下頸椎に歪みを起こし、周辺の筋肉も凝り、腕神経叢に影響を与えてしまった様子。

こちらの男性の場合は、先ほどの女性お二人のように足先からの内臓疲労調整ではなく、頸椎4番を中心として、背骨全体を整えました。

均整法12種体型の「前後型」に頸椎4番は含まれます。前後型というくらいですから、前後の動きに特徴があります。

「アゴを上げる」「天井を見上げる」、「アゴを引く」「うつむく」なども前後の動きとしてとらえると、今回の男性の調整にぴったり当てはまるのです。

このように、すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では前後型、回旋型など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

9月28日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2015-09-12 06:45 | 肩の痛み

40代女性。8月初めから、左下の歯茎が腫れている。少しずつよくなっているもののまだ完治せず、歯医者を予約した。

風邪でも何でもそうですが、なかなか治らず長引くのは、疲労が積み重なり、体力が落ちている証です。

疲労の中心が体のどこなのか? その例として、3週続けて秋の肺疲労についてお話ししてきました。今回は肝臓疲労です。

漢方視点からは立秋(今年は8月8日でした)~立冬までの秋は「肺」の季節。ここに「肝」はどのようにからむのでしょうか。

秋になり、もともと肺の弱っている人は、肺自体がより疲れやすくなります。

逆に肺がもともと丈夫な人は、さらにアクセルを踏み込める時期のため、他の臓器とのバランスを乱し、足を引っ張ってしまうことがあります。

その関係性の中で、肺に足を引っ張られやすいのが肝臓なのです。

では、肝臓と左下の歯茎はどのようにつながるのでしょうか。当ブログによく登場するこちらの図をご覧下さい。
e0073240_7591051.gif
「肝臓と整体の情報館」

首と各臓器は首から各内臓に伸びる「迷走神経」で結ばれています。図の赤丸や青丸は頸椎の2番、3番付近。

調子の悪い箇所に近い頸椎や胸椎、腰椎には、このように何らかの異常(歪み)があります。今回の女性も、腫れた歯茎に近い頸椎2番の左側に凝りがあり、押すと圧痛もありました。

その歪みが肝臓疲労から、肝臓疲労は肺から、など、背景を探りながら整えるのが均整師の仕事です。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで11年目です(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが昨年立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校


『各地の身体均整院』


『取材・広報』


今回は骨盤経由で肝臓疲労を整えました。下図をご覧下さい。
e0073240_6245332.jpg

仰向けで骨盤の前側を触らせていただくと、骨盤の右(右腸骨)が前に、左腸骨はその影響を受け、相対的に後ろに回転していました。

凝りのある内臓へ向かって背骨は歪みます。例えば胃に向かってはこのように。
e0073240_9394592.jpg

骨盤も同じです。今回であれば、凝りのある肝臓へ向かって右腸骨の後ろが引っ張りあげられたため、結果的に前方回転していたのです。上図に矢印を書き足すとこのような状況です。
e0073240_6294944.jpg
「快風身体均整院ブログ」


肝臓の凝りが骨盤をこのように引っ張れるということは、逆に骨盤から肝臓をほどよく引っ張り返し、よい刺激を送ってゆるめることもできるのです。

肝臓を視野に入れた骨盤調整により、頸椎2番の圧痛もとれてびっくりなさっていました。

骨盤が整えば、連動の強い肋骨も同時に整い、中に収まっている肺のバランスも取れます。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では骨盤型、肋骨型など、体型を12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

【お知らせコーナー】

9月28日開催、均整法研修センター「施術モデル」募集


※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2015-09-05 06:51 | 肝臓