快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧



20代女性。先月、帯状疱疹にかかって大変だったとのこと。

お子さんが生まれて9ヶ月。子育て疲れがピークのご様子でした。姿勢からそのことが分かります。

右胸だけを張った姿勢になっていました。右の背中だけ反らせた姿勢といってもいいでしょう。

もちろん、それほど極端ではありません。均整師が観てようやく分かるくらいのものです。

右胸を張った分だけ、右の背中がきゅうくつそうに前に入りこんでいました。

そのいちばんきゅうくつそうなラインに沿って、帯状疱疹が出たようです。

この「右胸張り姿勢」は、肝臓疲労のときに現れやすい姿勢です。

全身の疲労を処理するために肝臓がフル回転していたこの9ヶ月、肝臓自体にも疲労がたまって凝り、右の上半身を体内から引っ張っていたのでした。
e0073240_739348.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


40代女性。「寝ちがえたようです」と、左首を指して。

首の様子ももちろん観させていただきますが、全身とのつながりがさらに大事です。

先の20代女性とは逆に、「左胸張り姿勢」でした。

心臓疲労を表すことが多いです。左胸が前、そして上に行きすぎて左首を押し上げ、動きが取れない状況。

ここ数ヶ月、肉体的というよりは精神的なストレスが多かったと話して下さいました。
e0073240_7395231.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


こちらの女性には均整法12種体型「循環器型」調整、先の20代女性には「消化器型」調整が当てはまります。

お二人に共通するのは、肝臓や心臓疲労の影響で、動きが悪くなっていた箇所に、不調が現れたというところです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


例えばもうお一人、50代女性。もうだいぶよいが、ここしばらく、下向くとめまいがしていたとのこと。

逆に、上を向いていただくと、とても向きにくそうです。言い換えれば、首の前後の動きのバランスが悪くなっていた箇所に現れた不調といえます。

この場合には、均整施術としては、「前後型(頭脳型)」調整が当てはまるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「循環器型(骨格筋型)」「消化器型(左右型)」「頭脳型(前後型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、6月28日発売です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



6月27日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-06-25 07:22 | 姿勢

職場のご同僚の女性、Yさんをご紹介して下さった40代女性。

ご来院の際に、「Yさんが先生のところで施術を受けてきた翌日、ランチを一緒に食べているとき、ふとYさんを見ると、いつも巻き込んでいる肩が開いていてびっくりしました」と話して下さいました。

続けて、「Yさんも体がいろいろと辛くて、運動とか整体とか、何か体にいいことをしなければと思い続けてはいたものの、なかなか行動に移せなかったんです。これで前向きになれるかも」と。

均整を長く受けて下さっている彼女ご自身にも実感があったようです。「動きたくても(何かに一歩を踏み出したくても)、まず体を治さないと動けないですよね」とも。

Yさんのような肩の巻き込みが気になっている人、多いと思います。

体と心はつながっています。

人は辛いときには肩を巻き込ませて背中を丸め、その状況に耐えようとします。

状況が変わり、元気になるにつれ、本来は肩も自然に元どおり開きます。
e0073240_834271.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


ところがあまりに長引くと、巻き込んだままのかたちが残ってしまいます。

その後は気持ちが上向き下向きに関わらず、行動しようとする気持ちを、巻き込み姿勢が邪魔してしまうのです。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


別の40代女性。いつも痛くなるとしたら左股関節なのに、今回は右なのです、とおっしゃっていました。

1年を寒い時期と暑い時期に大きく分けると、寒い時期は交感神経優位で体は左重心、暑い時期は副交感神経優位で右重心となります。
e0073240_728585.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


その切り替わり時期を向かえるまでのストレスなどの状態により、重心が偏りすぎると、股関節や膝・腰他が痛んだりします。

こちら2016年2月6日のブログでは、お正月休み(副交感神経優位)と普段のお仕事での緊張状態(交感神経優位)の落差による膝の痛みについてお話ししましたのでご参考に。

体調に影響するほどどちらかに振れすぎたり、切り替わりの落差が激しかったりしては大変ですが、季節や状況に応じて体がほどよくバランスを変えられるからこそ、人は環境に順応し、健康を保てます。

1年を通して肩が巻き込みっぱなしや、左重心、または右重心であり続けることが、環境に柔軟に対応できず、不調を引き起こすのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。

※均整法では「左右型」「前後型」「回旋型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、6月28日発売です。

e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修




6月27日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

5月~6月毎週月曜日開催:「輪ゴム1本で歪みを整える」セミナー(熊本地震復興支援)


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-06-18 07:52 | 姿勢

「骨盤の下側の調整は、どこと関係があるのですか?」

施術後、首が楽に回るようになった40代男性のお客様からご質問をいただきました。

「実は、首と頭の間に関係があるのです」とお答えしました。

頭頸関節(環椎後頭関節)。頭蓋骨(後頭骨)と頸椎1番で作る関節です。
e0073240_4215164.jpg

後頭骨と仙骨は連動する性質があり、尻もちを強くついたりしたとき、後頭部にも過敏な部分が現れることがあります。
e0073240_6291917.jpg

その場合、痛めたお尻ではなく、後頭部を整えておくと尻もちのダメージが体に歪みとして残らないよう、調整することができます。

逆に今回のように、お尻に見つけた歪みを整えれば、後頭部を解放し、頭頸関節の動きを取り戻すこともできるのです。

いつ尻もちをついたかなど、小さい頃のことは忘れていることもありますから、そこは骨盤の状態を観て、可能性があれば調整します。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


尻もち以外にも、骨盤の下側(骨盤底部)を固めてしまう状況はいくつもあります。

たとえば、毎日長時間のデスクワーク。

特に、疲れて背中が丸まり、坐骨の2点だけでなく、尾骨を含めた3点で座り続けてしまうと、余計に骨盤底部を固めてしまいます。
e0073240_6523987.jpg

尻もちのような、一度の強烈な刺激よりも、日々積み重ねた「尾骨座り」のダメージのほうが、体に響く場合が多いのです。

尾骨は、自律神経の切り替えスイッチ的な役割も持っています。

その周辺にある骨盤底部筋は、交感神経ゾーン(『「自律神経のバランスを整える」って、具体的にどういうこと?(その7)』参照)と言ってもよい筋肉群。
e0073240_6525539.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


仕事に集中したり、心配事が続いたりして、交感神経ががんばると、底部筋も凝って固まります。

「デスクワーク+仕事集中」は、底部筋にとってはダブルパンチ。ここから首や腰など様々な箇所にも凝りが広がってしまいます。

地道な努力ですが、健康に大きな効果をもたらすのは、最後には「よい姿勢に常に心がける」、これにつきるのです。

デスクワーク中は、3点座りではなく、坐骨での「2点座り」をぜひ意識して下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では「骨盤型」「肋骨型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

6月27日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

5月~6月毎週月曜日開催:「輪ゴム1本で歪みを整える」セミナー(熊本地震復興支援)

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

『あなたがいい。超訳手塚治虫』

e0073240_724368.jpg



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-06-11 08:16 | 首こり

50代女性。年に1度受けている健康診断の際、肝臓の数値でひっかかった。

それほど深刻な状態ではないものの、初めてのことなのでびっくりしたし、少しへこんだ、とのこと。

立った姿勢では、右肩がずいぶんと下がっていらっしゃいました。肝臓疲労の際に見られる姿勢です。

ざっくりとしたイメージですが、暴飲暴食から疲労した肝臓はパンパンに膨らんで右肩を押し上げ、ストレスからの肝臓疲労では、逆に肝臓はキューッと縮こまり、右肩を引き下げます。
e0073240_5354336.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


このように肝臓疲労が姿勢に影響する場合もあれば、逆に姿勢のクセが肝臓に影響する場合もあります。

2015年10月17日の記事「腎臓疲労になりやすい姿勢とは?」で、初めて腎臓の数値で再検査になった女性のことをお話ししました。

腎臓は背中側に位置するため、姿勢が後重心になると腎臓を圧迫し、働きが低下します。
e0073240_536696.jpg

ビジブル・ボディ『ヒューマン・アナトミー・アトラス』


今回の肝臓の女性も、ここ最近の疲れにより右肩下がりの姿勢のクセがいつもよりも大きくなり、肝臓に一時的に影響したようです。
e0073240_55744100.jpg

身体均整師会「12種体型シルエットチェック」F4より


施術としては右重心用の施術である、均整法12種体型「右屈型調整」

ちなみに腎臓の記事の女性は、後重心用施術「後屈型」調整が当てはまります。腎臓は2つありますので、どちらか一方に、より重心が偏っていれば右、あるいは左「回旋型」調整も視野に入れて進めます。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


あくまでも均整視点と医学的視点の併用が大切ですので、もしも病院で再検査を促されたら、おっくうがらずに受けて下さいね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

病院での受診も常に頭に置きながら、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。


※均整法では「右屈型」「左屈型」「前屈型」「後屈型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪み(外界からの歪み)か、内臓疲労から来た歪み(内界からの歪み)かを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

6月27日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集

5月~6月毎週月曜日開催:「輪ゴム1本で歪みを整える」セミナー(熊本地震復興支援)

※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)



※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

『あなたがいい。超訳手塚治虫』

e0073240_724368.jpg



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-06-04 08:16 | 肝臓