快風院『均整日記』 kaihuu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に日々の施術の様子を書いていきますので、均整法を受けてみたい方、参考にして下さいね。


by naotknet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧



うつ伏せの施術中、左股関節をカエル足にさせていただこうとしたとき、「股関節がつりそうです~」とおっしゃった40代男性。

ご来院の目的は、左の股関節や腰ではなく、ここ最近起こってきた「左の首こりをなんとかしたい」でした。

実は、左の股関節と左首や肩には深い関係があることは、先月のブログ(2016年7月23日分)でもお話ししました。

復習のためにもう一度おさらいしながら進めます。

均整法では心臓や血管など、循環器系の乱れが現れやすい部位のひとつに股関節をあげています。

柔軟体操などの開脚動作が柔らかかったり、歩くときに大股で歩けるほど、循環器系は快調です。

逆に開脚動作であまり脚を開けなかったり、歩くときに小股になるなど、股関節の動きが硬い人は要注意。

理由のひとつとして腹部の大動脈、静脈のかたちがあげられます。股関節の奥で「逆Yの字」に分かれています。

e0073240_15192845.jpg

「iris-irisのフリーウェア」


動脈と静脈が折り重なるように配置されていることもあり、ここを中心に血管全体の動きが硬くなりやすいのです。

普段から股関節をのびのびとよく動かせば、この逆Y字にほどよい刺激を常に与えることになり、血管全体としてのしなやかさを保つことができます。

さて今回の「首こり」に戻ります。

施術の最初に首の下、肩甲骨の間に触れさせていただくと、左側がヘニャッと柔らかくなっていました。

とても簡単に言えば、モリッと硬く凝っていれば筋肉疲労、柔らかくて力の抜けた感じがあれば、それは体の内側、内臓の凝りから引っ張られている姿です。

ときどきお話する「夏は心(心臓)の季節」。夏の間にたまった「心臓疲労」が響いていたようです。


心臓や腹大動脈が体幹の少し左寄りに配置されているため、体の左側には心臓疲労の影響が現れやすいのです。そのひとつが左股関節なのでした。

このようにして、左首こりと左股関節はつながります。

ちなみに右股関節や右脚には、静脈の状態が現れやすいです。

最近いらした、足のむくみでお悩みの20代女性は、右股関節が左に比べて動きが硬く、開脚しづらくなっていました。

さて、冒頭の40代男性には、これらのことを視野に入れた均整法12種体型「循環器型」調整を進めていました。

もちろん、股関節その他がつりそうだったり、痛かったりするのを無理にギューギューすることはありません。

つらない範囲にポジジョンを合わせたり、別の箇所から遠隔で操作したりしますのでご安心を。

股関節の開きが徐々によくなるにつれ、ヘニャッとしていた左肩甲骨の間に、よい意味での硬さ、弾力性が戻ってきました。


『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


この夏特有の心臓疲労からの不調も、ときどき見かけました。オリンピック観戦です。

70代男性。オリンピック中、深夜の観戦、応援が続き、そのときに変な姿勢でテレビ前にいたら左首を寝違えたとおっしゃっていました。

変な姿勢もきっかけではありますが、根本は寝不足からの心臓疲労です。

夏の旅行先から電話を下さった40代男性。「着いた翌日、右首を寝違えたんですが……」。

右の場合は肝臓疲労。2016130日投稿「なぜ、何もしていないのに、いつの間にか首が痛くなるの?」をご参照下さい。


旅行初日の宴会だけが原因ではなく、たまっていた、夏の疲れからのご様子でしたので、心を鬼にして、「ビールなど、なるべく控えて下さいね」とお伝えしました。帰京後、しっかり整えさせていただきますね。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さい。



※均整法では「循環器型」「消化器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



9月26日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-08-27 09:08 | 心臓


この時期、夏の疲れからの風邪をひかれている方、多いです。どんな歪みとして現れ、どのように整えたらよいでしょうか。

まずは「腰痛」と「足がつる」についてのお話から。夏風邪と関係がないようで、実はとても深いつながりがあるのです。

40代女性。先週、朝起きたら左腰が痛かった。おじぎをすると痛い。

そっと試していただくと、前にほとんど曲がりません。

骨盤の左側、仙腸関節付近がガチガチに固まっていました。同じく左の肩甲骨もガチガチに。


骨盤と肩甲骨は連動して動いたり固まったりしますので、この左肩甲骨が動くようになれば大丈夫そうです。

頭のてっぺん付近を指先でしばらく押さえてから、再度おじぎをしていただくと、30度くらいはおじぎができるようになりました。

その後、仰向けでお腹側の何点かをしばらく押さえてから、再度おじぎをしていただくと、45度を超え、びっくりなさっていました。

頭のてっぺんの調整とお腹調整には共通点があります。それは「膀胱経」。

e0073240_07564872.jpg

こちらの女性は、背中側を上から下まで走る膀胱経ラインが固まって、肩甲骨や骨盤の動きがとれなくなっていたため、頭のてっぺんとお腹で解除したのです。

お腹には「中極(チュウギョク)」という、膀胱経にとっての大事なツボがあります。


動きが固まっているところや痛いところを骨格・筋肉的、あるいは神経的に把握するのはまず大切です。

その後、全身の連動として調整する場合には、経絡ライン調整がとても役に立ちます。

直感で膀胱経に目をつけたわけではありません。

今年は8月7日から立秋となり、毎年ブログ上で繰り返しお伝えしている「秋は肺の季節」がやってきたからです。

肺? 膀胱ではなくて?

実は、肺と膀胱がシーソーのような関係になるのです。

たとえば今月、生まれて初めてふくらはぎがつったとおっしゃる40代女性。

ベッドに仰向けになっていただくと、つま先が天井ではなく、壁のほうを向いていました。

立てば「つま先立ち」のかたちということです。
e0073240_07250219.jpg

頭を触らせていただくと、カチカチに緊張していました。普段よりパソコン作業が増えたらしく、とても頭が疲れてしまっているご様子。

頭の疲れは、様々なルートを通って、全身へ伝わります。

こちらの女性は、先述の膀胱経ラインを伝わっていました。

頭の緊張感が膀胱経を通じて、背中側からつま先をピーンと引っ張り、ライン上のふくらはぎも緊張しっぱなしだったのです。


ルートさえ見つければ、あとはゆるめればいいだけ。ただ、パンパンに張りすぎているときには、直接ゆるめようとしても、歯が立ちません。

そんなときに、均整法では、先ほどのシーソーを用います。

膀胱経とシーソーになる肺経。膀胱経がパンパンな分だけ、肺経は力を取られてヘニャッとなったり、また、その逆が起こったりするのです。

うつ伏せで、「肺兪(ハイユ)」に近い胸椎3番を中心に、12種体型「回旋型」調整。回旋型には「膀胱兪(ボウコウユ)」に近い仙椎2番も含まれます。

仰向けになっていただくと、つま先は天井を向いていました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

季節の変わり目である立秋を境に、夏の疲れから夏風邪をひかれて長引いている方、多いです。ある50代男性もそうでした。

こんなときのお体も、肺経と膀胱経のシーソーとして歪みが現れています。

仰向けの姿勢で、胸の高さがずいぶんと違っていました。左側が高く、右側が低くなっています。

肺経の主要なツボ「中府(チュウフ)」付近の高さです。

こんなときも、中極を用いて骨盤全体のかたちを整えると、シーソとして肩や胸周りのかたちが整い、高さもそろってきます。

e0073240_07421627.jpg

こうしておかないと、風邪を治す力を、体がいつまでも発揮できないのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「回旋型」「左右型」「前後型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



8月22日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-08-20 08:06 | 風邪

前回「骨盤が歪むと眠れない?」では、「骨盤右捻れタイプ」3名の方々の、右脚各部についての不調や、それが不眠にどうつながるかについてお話ししました。

今回はその続きとして、不調が右脚ではなく、左脚に現れた例です。

50代女性。左膝の内側がガクガクして、ときどき抜けるように痛む最近とのこと。

骨盤は前回の3名と同じく右捻れ。ただし、上半身が逆でした。

3名の方々の上半身は、皆さん左捻れだったのです。骨盤とは逆に捻ってバランスを保っている姿勢でした。
e0073240_10370021.jpg

今回の女性は上半身も右捻れ。上半身と下半身がともに右に捻れている状態です。
e0073240_10371893.jpg

「いつもと違いますね、いつもは上半身が左に捻じりやすかったような……」とおっしゃっていました。

過去何度かのご来院時はすべて、他の3名の方々と同じく、上半身が左に捻じりやすかったのです。

ここから考えると、今回の女性はもともと「上半身左、骨盤右捻れ」タイプのはずが、一時的に何かの原因で、「上半身、骨盤ともに右捻れ」タイプになっているようです。

真似してみるとわかりやすいですが、上半身と下半身を同時に右に捻ってみると、左膝の内側がかなり伸ばされるようなかたちとなり、負担がかかります。

そのことをお話しすると「胃から来ているのでしょうか? 胃も最近おかしくて」とのこと。そして、胃の不調の原因も心当たりがあると。

この夏から家庭内の環境が大きく変わり、相当なストレスがかかっているとお話しして下さいました。

前回の方々も合わせて、4名の皆さんが持つもともとのタイプ「上半身左、骨盤右捻れ」は、許容範囲を超えなければ、これまで生活してきた中で身につけた、ご自身がいちばん動きやすい「構え」とも言えます。

スポーツでも職人の世界でも家事でも何でも、構えは大切。
e0073240_12132244.jpg
それが何かの原因で許容範囲を超えると「歪み」となり、歪みのいちばんきつい部分に不調が現れます。
e0073240_12134161.jpg

前回のAさんは子育ての姿勢、Bさんは頭の疲れ、Cさんは長時間の立ち仕事の疲れが積もり、構えの許容範囲を超えてしまったわけです。

今回の女性は、ストレスが胃に来たことで、胃をかばった姿勢を取り、構えが逆転してしまいました。
よって施術としては、胃を中心とした均整法12種体型「消化器型調整」。普段の構えに戻して差し上げました。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


うつ伏せで、胃に関係する椎骨の調整中、「何だか胃がすっきりしてきました」とのこと。

施術後には、上半身は左へもきちんと捻れるようになりました。

「歪み」を自分の体の許容範囲に収めれば、それは「構え」として、自身の力を最大限発揮する、強い味方になるのです。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「消化器型」「泌尿器型」「頭脳型」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



8月22日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』


[PR]
by naotknet | 2016-08-13 09:17 | 整体って?

40代女性Aさん。ときどき右足の甲が痛い。

50代男性Bさん。体を前屈すると、ときどき右足かかと内側が痛い。

40代女性Cさん。ときどき右膝の内側が痛い。

三人の方々に共通することは何でしょうか?

まずは皆さん、「右」ということです。

真似をしてみると分かりやすいですが、立った姿勢で骨盤を右にどんどん捻っていくと、右足裏の内側(つちふまず側)が地面から離れ、外側だけがつくようになります。

普段の生活ではここまで極端ではありませんが、骨盤右捻れタイプの方は、このように右足裏の外側に体重を乗せることがあります。

内側に乗せる人もいます。Aさんがそうでした。骨盤が右に捻れるのを防ぐため、無意識に右の足裏の内側に体重を乗せて骨盤を逆に捻じり、まっすぐしようとするのです。このため、右足の甲を常に不自然に捻り、痛みにつながっていたのでした。

「ときどき」なのは、体の疲れの度合いが大きいときなどに骨盤の右捻れが強まるからです。疲れていないときには、骨盤捻れも小さく、足甲にそれほど負担がかからないのです。

Bさんも同じタイプ。無理して体重を乗せる右足のつちふまず側が常に緊張し、前屈をするとそこにストレッチがかかって痛むのでした。

施術後お帰りの際、靴を前かがみで吐くときに「大丈夫です!」とおっしゃっていました。

Cさんも同じく骨盤右捻れですが、右足甲ではなく、右膝で骨盤を捻り返すタイプ。そのため右膝の内側が伸びすぎて痛むのです。立ち仕事のため、やはり疲れの度合いに応じて「ときどき」となります。

『身体均整法学園 Facebookページ』
快風院『均整日記』、おかげさまで12年目となりました(感謝)。当ブログの考え方の核となる身体均整法。その学園Facebookページが2年前に立ち上がりました。どのようにして身体均整法を身につけていくのか、日々の授業の様子を知りたい方はこちらまで☆

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』


今回の三人の方々の不調は、まだ「ときどき」です。

このような、歪みの少ない状態のうちに、施術によって体を整え、なおかつ自力でも整えるエクササイズを覚え実践すると、不調が慢性化せずにすみます。

たとえば、体重を足の内側にかけ続けると、「舟状骨(下図参照)」の動きが固まります。
e0073240_6444738.jpg

(c)フリーメディカルイラスト図鑑


すると、肝経ライン(下図参照)に、常に渋滞を作ってしまうのです。
e0073240_642459.jpg

経絡図譜のフリー素材集|鍼灸指圧自然堂


眠れないときは、脚の内側の肝経ラインをほぐすとよいといわれます。

原因不明の不眠症などは、舟状骨が固まって、肝経ラインがほぐれなくなった姿の場合もあるのです。

そのときには均整施術で舟状骨を含め、からだ全体の捻れ調整をしましょう。

もちろんその後のあなたに合わせた、ほどよいエクササイズまでアドバイス致します。

すべての不調を、均整法はかたちや動きに置き換える視点を持っています。

医学的視点と合わせて、均整法視点もぜひ、ご活用下さいね。


※均整法では「回旋型(泌尿器型)」「前後型(頭脳型)」「左右型(消化器型)」など、体型を姿勢や動きによって12種類に分けて考え、さらに悪姿勢や偏った動作からか来た歪みか、脳疲労や内臓疲労から来た歪みかを分けて調整します。12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

※あなたのお悩み、痛む箇所をキーワードとして、右欄にある検索窓で、当ブログ内を検索してみて下さい。お悩み解消に役立つ情報が、きっと見つかります→

【お知らせコーナー】

※「身体均整法」「12種体型」がよく分かるDVD、好評発売中です。
e0073240_7201649.jpg

『「運動系の医学」と呼ばれる手技療法-身体均整法入門-』
矢作智崇(身体均整法学園長)指導・監修



8月22日(月)開催:均整法研修センター「施術モデル」募集


※輪ゴムを使った均整法の本、好評発売中です。「鼻水は止まりました! 目も何とかなりますか?」とのお声をいただきました。鼻も目もお辛い方は、103ページの輪ゴムの巻き方がお薦め。目は肝臓と深いつながりがあるのです。また花粉症歴の長い人は、応用として38ページの2本連結した巻き方で2、3日、巻きっぱなしをお薦めします。

e0073240_7291722.jpg

『アレルギー性鼻炎は輪ゴム1本でよくなる』
(田川直樹、おかのきんや共著)




※輪ゴム均整の本を共著して下さった、おかのきんやさんの最新刊です。読むだけで元気になれます。

e0073240_724368.jpg

『あなたがいい。超訳手塚治虫』(おかのきんや著)



『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

『骨盤と整体の情報館』

[PR]
by naotknet | 2016-08-06 07:02 | 不眠